久しぶり に 英語。 英語で「お久しぶりです」って何て言う?ビジネスメールでの丁寧な表現から会話表現まで

日常英会話の表現 「久しぶり」と言われたら

久しぶり に 英語

Long time no see. をあまり使わないか、どうかは なんてuKnow? にたくさんいるネイティブやバイリンガルの人からも たくさん意見が欲しいところですよね。 個人的な日々の体験でいうと、やはりそこまで多くはないけれど 冗談っぽい感じで言ったり、ちょっと「敢えて感」のある使われ方をしているなあと いう印象です。 とある英語のプレゼンで一度登壇して忘れ物をしてバックステージに戻った スピーカーが、"Hi, long time no see. " といって会場の笑いを誘っていました。 上記三つは大げさな表現などではなく、ごくごく日常的に 使われているデイリーユースの表現だと思います。 かなりの頻度で耳にします。 私の場合は「Long time no see!! 」というのをあまり使わないっていうのは全く意見反対ですね。 現に私がアメリカに帰る度に私もまた私の友人らも、ほぼ確実に使う、使ってくる表現の一つです。 もちろん、「定番」って言っちゃ~定番かもしれませんが、人と会った時に "Hi! " という定番のあいさつをするかしないか、とぐらいに、これはやはり状況がぴったりの関係の人であればネイティブも地域別や人種別、どんな人であるかに限らず、すごく使うはずだと思います。 もちろん、その後に詳細の「how many years has it been? 」(何年ぶりだっけ?)とか、「I really missed you」(本当に会いたかった!!)というような表現で続けるかもしれませんが、まずは「Long time no see!! 」から始めると思いますよ~!! Long time no see. を使うかどうか、もっと言えばそれを使う・使わないという意見を持っているかどうかというのは、その人自身の使用状況や周囲の人たちとのやりとりなどの経験によって分かれるものだと思います。 私個人の経験的にはあまり聞いた覚えはありませんが、だからと言ってLong time no see. が不自然かと言われればそうでもないようにも感じます。 ただこれは、「長い間会っていないね」という時間の長さに焦点を当てた言い方であるように感じます。 セレンさんがおっしゃるように、「あえて」言う表現と言えるかもしれませんね。 さて、一般に私たちは、会う相手が久しぶりの人でも、つい昨日も会ったばかりの人でも、とりあえず「相手の調子はどうか」を気に掛けるのが普通ではないかと思います。 Long time no see. やIt's been a while. のように「久しぶりだね」と言いつつ、同時に「(会っていない間)調子はどうだった?」といったニュアンスまで含んだ会話がそこで生まれるのが人間らしい挨拶のコミュニケーションと言えるのではないでしょうか。 私が個人的によく耳にしていたのは、まさにその「調子はどう?」を前面に押し出した How have you been? 「調子はどうだった?・どうしてた?」 です。 Hey, how have you been? 「やあ、どうしてた?」 It's been a while. How have you been? 「久しぶりだね。 どうしてた?」 この一言を添えるだけで相手に次の発話を促すことにもつながりますね。 ご参考になれば幸いです。 (しばらくぶり。 (ずいぶん会ってなかったね。 「長い年月」といった感じでしょう。 (しばらく会ってなかったね。 Long time no see. は, これまで数回しか聞いたことがありません。 ちなみに, 次のようにする必要ありません。 例 It's been a long time since I saw you last. You can use any of these expressions:- 1. So nice to see you again! You are expressing that you are happy to see the person again. It's been awhile. You are expressing that it's been awhile since you saw the person. Where have you been all this time? This is just a way of expressing that you have not seen the person in a long time. You have just met a person you used to socialize with a long time ago. You are wondering where this person has been all this time that has gone by. Where have you been? or Long time no see! How is everything going? or It's been a while since we last met. How are you doing?

次の

「久しぶり/久しぶりに」は英語で何?する、食べた、お久しぶりですねなど徹底解説!

久しぶり に 英語

It's been a while お久しぶり 「お久しぶり」は英語でit's been a whileと訳せます。 先輩や目上の人や友達もこのことを言ってもいいです。 ビジネス的にこの「お久しぶり」の方が多いです。 例えば、 It's been a while. How have you been? お久しぶり。 元気にしていますか? 2. Long time no see お久しぶり 「お久しぶり」は英語でlong time no seeとも訳せます。 Long time no seeは中国の「好久不見」からの直訳しました。 それで普通の英語の語順と違いますが、これは自然に言える表現です。 この表現もあまりカジュアルすぎません。 例えば、 Long time no see. How are you? お久しぶり。 会話ではこれだけを使うと少しおかしく感じるかもしれません。 普通はこういうふうに使います。 B:It has been a while, I've been doing well. Yourself? B: Heeeey, good. You?

次の

お久しぶりって英語でなんて言うの?

久しぶり に 英語

ビジネスシーンなど丁寧な表現が必要なメールで「お久しぶりです」と伝える場合のフレーズをご紹介します。 基本的な例文は以下の通りです。 英文:It has been a long time since I last contacted you. 和訳:前回のご連絡から、長い間ご無沙汰しております。 英文:It has been a while since we last met. 和訳:以前お会いしてから、ご無沙汰しております。 このように、丁寧なメールや手紙等では「It has been a while long time since」の後に具体的な情報を付け加えるのが基本の表現になります。 ビジネスメールで久しぶりであることを伝える場合には、以前に仕事で関係があったことを相手に思い出してもらえるような情報を付け加えると、なお良いでしょう。 随分年月が経過してしまい、忘れられている可能性がある場合には、具体的な年数や案件名などについて触れると丁寧です。 英文:It has been a while since I last visited your office. 和訳:前回貴社を訪問してから、ご無沙汰しております。 英文:It has passed two years since we last worked together on the ABC project. 和訳:ABCプロジェクトの件でご一緒してから、2年が経ちました。 また、長い間連絡していなかったことを詫びる表現もあります。 英文:I apologize for not having contacted you for a while. 和訳:ご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。 英語のビジネスメールでは、「お久しぶりです」という前置きは簡潔にまとめ、速やかにビジネスの用件や本題につなげるようにしましょう。 友人同士など、親しい間柄でのメールで「お久しぶり」と伝えたい場合のカジュアルな表現をご紹介します。 英文:Long time no e-mail. 和訳:しばらくメールしていなかったね。 英文:Hi, it's been a while. 和訳:やあ、ひさしぶり。 英文:We haven't had much contact recently. 和訳:最近連絡取り合ってなかったね。 久しぶりということを伝えた後に、「お元気でしたか」「お元気ですか」のような近況を伺う言葉を続けると、自然な流れになり、相手も返信しやすくなります。 「お元気ですか」は、「How have you been? 」や「How are you doing? 」が一般的な表現です。 英文:We haven't seen a while. How are you doing? 和訳:しばらく会ってなかったね。 元気にしてる? 英文:Sorry I haven't written you for a while. How have you been? 和訳:しばらく連絡していなくてごめんね。 お元気ですか。 ビジネスなどのフォーマルな場面で久しぶりに再会した相手には「こんにちは、お元気ですか」という一般的な挨拶だけでなく、「お久しぶりです」という一言も付け加えたいですよね。 丁寧な言い方をしたい場合には、「It's been a while~」「I haven't seen you~」等を使って、「お久しぶりです」を表現するのが良いでしょう。 具体的な例文は以下の通りです。 英文:It's been a while since we last met. 和訳:前回お会いしてからしばらく経ちましたね。 英文:I haven't seen you for a long time. 和訳:長い間ご無沙汰しております。 「お久しぶりです」ということを伝えた後、「お元気ですか」という挨拶につなげると丁寧でスムーズです。 会話も続けやすくなりますよ。 英文:I think it has been about one year since we worked together. How have you been? 和訳:お仕事でご一緒してから約1年ぶりですね。 お元気ですか? 「お久しぶりです」の後に、「お会いできてうれしいです」と付け加えるのも丁寧な表現です。 英文:It has been a long time since we met last time. I'm happy to see you again. 和訳:前回お会いしてから長い間経ちましたね。 またお会いできて嬉しいです。 英文:I don't remember when we saw last time. It's great to see you again. 和訳:前にお会いしたのはいつでしたでしょうか。 またお会いできて嬉しいです。 実際の会話では、再会できた喜びを表現し、笑顔で明るく伝えることも大切です。 カジュアルな会話での「お久しぶりです」には以下のような言い方があります。 英文:Long time! 和訳:久しぶり! 英文:Long time no see. 和訳:久しぶり。 英文:It's been a while. 和訳:久しぶり。 英文:It's been so long! 和訳:久しぶり! 英文:How long has it been? 和訳:いつ以来かなあ? 英文:I've missed you. 和訳:会えなくて寂しかった。 英文:Happy to see you again! 和訳:また会えてうれしい! カジュアルな挨拶でも、「久しぶり」の後に「お元気ですか」と続けることはよくあります。 「久しぶり」と「お元気ですか」はセットで覚えておくと良いでしょう。 英文:Hi, it's been a while! How have you been? 和訳:やあ、ひさしぶり!元気だった? 英文:It's been forever since I last saw you. How's it going? 和訳:前に会ったのすごく前だよね。 元気? このように、カジュアルな表現は多岐にわたりますので、その時の気分に合わせた表現を使ってみて下さい。 「お久しぶりです」のスラングには以下のような表現があります。 決して丁寧な表現ではないので、ビジネスや目上の方とのやり取り等では使用しないようにしましょう。 聞いた時や見たときに意味が分かると、役に立つかと思います。 英文:It's been yonks! 和訳:久しぶり! 「yonks」は「長い期間」という意味です。 英文:LTNS. 和訳:久しぶり。 「LTNS」は「Long Time No See」の頭文字を取った略語で、オンラインのチャットやSNS、ハッシュタグなどで使われます。 「お久しぶり」のハッシュタグとしては、「 LTNS」の他、「 longtimenosee」もよく使用されています。

次の