クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞。 クラリネットをこわしちゃった ・・・ フランス語の歌

フランスの童謡「クラリネット壊しちゃった」の邦訳について

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon フランスの古い行進曲 オパ キャマラード オパ オパ オパ! 『 La Chanson de l'oignon 玉ねぎの歌』は、18世紀後半のフランスの軍人ナポレオン・ボナパルトが率いた大陸軍やインペリアルガード(皇帝親衛隊)が歌っていたとされるフランスの古い行進曲。 作詞・作曲は不詳。 曲名は『 Le Chant de l'oignon』との表記もみられる 様々な歌詞が存在するようだが、大筋の内容としては、「油で揚げたタマネギ(玉葱)がうまいから好き。 食べれば強くなるぞ。 だがオーストリア人にはやらないよ。 」といったストーリーが歌われている。 「油で揚げたタマネギ」とは、オニオンリングのことだろうか?タマネギは乾燥させれば長期保存が可能であり、大航海時代から商船や軍隊の食糧として親しまれてきた食材だ。 歌詞の一例・日本語訳(意訳) 1. 油で揚げたタマネギが好き うまいから俺はタマネギが好き 油で揚げたタマネギが好き タマネギが好き タマネギが好き Refrain: : Au pas camarade, au pas camarade, Au pas, au pas, au pas. : 進もう戦友よ 進もう 2. Refrain. 油で揚げたタマネギ一つで 獅子奮迅の戦い 3. Refrain. だけどオーストリア人にやるタマネギはない 犬どもにやるタマネギはない クラリネットをこわしちゃったとの関係は? 注目すべきは、何度も歌われる歌詞の繰り返し部分(リフレイン)。 日本でも有名なフランスの童謡『』とメロディも歌詞もまったく同じリフレインが登場するのだ。 仮に、フランスの行進曲『 La Chanson de l'oignon 玉ねぎの歌』がナポレオン1世の時代に作詞・作曲された曲であるとすれば、フランスの童謡『クラリネットをこわしちゃった』がこの行進曲を参考にして作られた童謡である可能性がかなり高まることになる。 ただ、『 La Chanson de l'oignon 玉ねぎの歌』自体についても作詞・作曲の経緯について確定的な資料が見つかっておらず、同曲が『クラリネットをこわしちゃった』の原曲なのかについて断定的な結論を出せないのが現状のようだ。 ちなみに、ナポレオン戦争との歴史的関係については、音楽サイト「世界の国歌・行進曲」内のページ「」で解説しているのでこちらも是非参照されたい。 ルーツはナポレオン戦争? 一説によれば、『玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon』が生まれた歴史的背景・由来として、フランス革命戦争・ナポレオン戦争における戦闘の1つである1800年6月の「マレンゴの戦い(Battle of Marengo)」の名前が挙げられるようだ。 挿絵:マレンゴの戦い(出典:Wikipedia) この「マレンゴの戦い」は、イタリア北部の町マレンゴにおいて、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍がオーストリア軍に対して勝利を収めた歴史的戦闘。 プッチーニのオペラ『トスカ』でも言及されている。 戦闘中かその前後か詳細は不明だが、「マレンゴの戦い」に関係する戦場において、あるときナポレオンはパンに勢いよく何かをすり込んでいる兵士を見かけた。 一体パンに何をすり込んでいるのか、ナポレオンはその兵士に尋ねると、「タマネギです!力強い歩みで栄光への道を!」と兵士は答えたという。 『玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon』は、このタマネギエピソードが元になっているという説だが、これを裏付ける客観的な資料などは残っていないようだ。 一説には、イギリスがフランスを「カエル」と揶揄した名残とも。 『クラリネットをこわしちゃった』、『月の光に』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳 『クラリネットをこわしちゃった』の原曲として知られる『玉ねぎの歌』など、日本でも比較的有名なフランスの行進曲・愛国歌・軍歌を特集.

次の

童謡「クラリネットをこわしちゃった」のフランス語原曲の歌詞と英語版・日本語版歌詞

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

オパ,オパ,オパ. ぼく、クラリネットのドの音をなくしちゃった ぼく、クラリネットのドの音をなくしちゃった もしパパが知ったら タララ もしパパが知ったら タララ パパはいうだろうな「おお!」 パパはいうだろうな「ああ!」 「おまえはリズムを分かってないな」 「おまえはみんながどう踊るのか知らないな」 「おまえは踊ることができないんだな」 「テンポのいいステップで」 さあ行進だ 仲間たち ステップ・ステップ・ステップ さあ行進だ 仲間たち ステップ・ステップ・ステップ! わたしだったらこんなふうに訳すかな? Au pas! でもお話のながれからいったら「ステップ」よりなのかな、と。 だから両方織り交ぜてみました。 ほかにもいろんなバージョンのフランス語歌詞があるし、とらえ方もいろいろ、ひとそれぞれでいいと思います。 フランス語の歌詞に出てくる bis とは「くり返し」にあたります。 オパ,オパ,オパ. - J'ai perdu le mi. オパ,オパ,オパ. - J'ai perdu le fa. オパ,オパ,オパ. - J'ai perdu le sol ジェペるデュ ルソル J'ai perdu le la ジェペるデュ ルラ J'ai perdu le si... ジェペるデュ ルスィ・・・ それじゃみなさん、 BON DIMANCHE!! 108• 204• 146• 284• 115• 110• 148• 137• 心地よい音• 規則正しい文法• エスプリのきいた表現• 発音が悪くても結構通じるところ。 筆記体での綴りがきれい• 大好きなフランスで使われている言葉だから• 表現が日本語に似ている感覚• フランス音楽と言葉が素敵だから• フランス料理が好きだから• フランス人の思考回路が理解できるから• トイレの発音が綺麗感動! ずっと綺麗な言語だって思っていたけど、知れば知るほどますますそれを実感できるようになってきた• フランス人に自由を感じるから• 日本でいう「変わり者」でもすんなり友達になれる人が多い• ロジックだから• 比喩表現が多くておもしろいから• 単語が一つ一つ柔らかくて可愛い印象• 彼氏の母国語だから• フランスチーズが好きだから• wifiの言い方が可愛い• もう何年も勉強してきてしかもまったく使いこなせていないので、いまさらやめられない。 自分が見栄っ張りだから•

次の

クラリネットをこわしちゃった 歌詞の意味・日本語訳

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

こんにちは、ツチヤです。 以前からずぅーーーーーーっと思ってたんですが、童謡の「クラリネットをこわしちゃった」がひどい曲だなぁと思ってたんです。 おそらく誰もが聞いたことがあって、殆どの人が歌詞までわかると思います。 最悪歌詞がわからなくてもメロディーはわかるはずです。 そんな「クラリネットをこわしちゃった」に関する話です。 歌詞を思い出してください 歌詞をそのまま載せるとアレがアレかもしれないので控えますが、今回この記事を書くにあたって、やはり同じようにこの曲に対して不満を持ってる方はかなりいるようです。 まずは 歌詞を思い出してください。 話はそこからです。 気になる人は動画を見てください。 そしてリンクも貼っておくので、 歌詞を頭に叩き込んでください。 気にならない人はそっ閉じ願います。 歌詞: これが日本版の原曲かどうかわかりませんが、おっさんの声が「怖ぇぇ」と言う感想しかありません。 同じように感じた人も少なからずいるはずです。 徐々に壊れていく恐怖 さて、では歌詞が頭に入ったと思います。 では一番から順に見ていきましょう。 まず 一番で、「 出ない音がある」にもかかわらず、なかなか白状しません。 どの程度壊れているのか隠そうとしています。 子供心に壊れた(若しくは壊してしまった)のを白状したくない気持ちもわかります。 次は 二番です。 ここでは「 三音」出ていません。 この時点で白状すればいいものをずっと「どうしよう」としか言っていません。 どうにかしようとする気はあるんでしょうか。 そして極め付けは 三番。 僕はクラリネットがどういう楽器か知りませんが、よくよく歌詞を見てみると「 ド~シって…つまり全部の音じゃねぇの?」と思いました。 そしてここにきて本性が出ています。 どうやってぶっ壊したのかは謎ですが、「見つけられたら怒られる」と言う 直接的な表現に変わっています。 見つかりたくないのは明白です。 ここまで追ってきて思うんですが、一番の時点で「気付いてたよね?」と言ってやりたいんです。 でも無駄にテンションが高い ご存知の通り、「オ パッキャマラド」や「パオパオパ」など、壊れているにも関わらす 無駄にテンションが高く、 はしゃいでいるようにさえ見えます。 「全然反省してないな、オマエ」と思わざるを得ません。 ですが、ここにはしっかり意味があったようです。 元はフランスから 実はこの曲、原曲は「J'ai perdu le do de ma clarinette」というフランスの楽曲なんです。 「クラリネットをこわしちゃった」(仏語原題:J'ai perdu le do あるいは J'ai perdu le do de ma clarinette)は、の歌曲を基にした日本の。 あの 謎の呪文のような歌詞「オーパッキャマラド(Au pas, camarade)」は、フランス語でざっくり説明すると「オーパ(Au pas)=歩く」、「キャマラド (camarade)=仲間、同志」みたいな意味のようです。 つまり「友だちよさぁ行こう!」といった意味です。 広告 原曲紹介 正確に言うと原曲ではなくフランス語版です。 フランス語がわかるわけではないですが、同じようなところもあれば違うところもあります。 色んな説があって、同じような意味合いの曲もあれば、全く違う意味のものもあるようです。 当方クラリネットこそ吹いてないものの、アマチュア吹奏楽団で指揮者を務めている者です。 私も昔はひでぇ歌だと感じていましたが、それなりの知識を得ると見解が変わります。 まず、いくら楽器が繊細といえども全ての音が出なくなるということは楽器を叩き割りでもしない限り考えられません。 ここで重要なのがクラリネットがリード楽器であるということです。 リーコーダーの様に吹けばなるものではないのです。 クラリネットは本体にリード(木製の振動体)を装着して演奏します。 リードを装着しないと音はでません。 ここでまず考えられるのが子どもはリードを装着せずに楽器を吹いたのではないかということです。 仮にリードを装着していてもある程度吹き口に圧をかけてリードを締めることをしないと、これまた音はでません。 クラリネットは学校で習うリコーダー程簡単に音が出る楽器ではないのです。 この歌は子どもが知識のないまま楽器を吹こうとしたが、知識や経験が足りず演奏できなかったことを「楽器を壊してしまった」と勘違いしているところに面白味があるのではないでしょうか。

次の