参議院 選挙 投票 率。 19歳の投票率は28%に低下…参院選全体は49%

参議院議員選挙投票率

参議院 選挙 投票 率

総務省は2019年7月23日、第25回参議院議員通常選挙の18歳・19歳の投票状況を発表した。 抽出調査の結果、18歳が34. 68%、19歳が28. 05%、全体では48. 80%といずれも前回の参院選の投票率を下回った。 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案が2015年6月に成立し、2016年7月の参議院議員通常選挙から適用された。 第25回参議院議員通常選挙は、2019年7月4日に公示、7月21日に投票日を迎えた。 調査対象となる18歳と19歳の有権者数は1万1,914人。 調査の結果、投票率は18歳男性が33. 38%、18歳女性が36. 07%、19歳男性が26. 79%、19歳女性が29. 43%。 男女別では男性が30. 02%、女性が32. 75%と女性のほうが2. 73ポイント高かった。 年齢別では 18歳が34. 68%、19歳が28. 05%と19歳の投票率の低さが目立った。 なお、2016年7月に行われた前回の参院選の投票率は、18歳が51. 17%、19歳が39. 66%、全体では54. 70%だった。 《工藤めぐみ》.

次の

参議院議員選挙投票率

参議院 選挙 投票 率

r1sangiinsen. metro. tokyo. html 東京都の状況は以下の通りです。 34 女 24. 03 平均 25. 20 これは低い!東京都の選挙、まだまだですね。 参議院の選挙制度について 参議院の選挙制度についてまとめました。 参議院の選挙権、被選挙権について まず、選挙には選挙する人と選挙を受ける人の権利、選挙権と被選挙権があります。 選挙権を有する者、これは、満18歳以上の日本国籍を有する者を指します。 外国人は選挙権がありません。 この選挙権の年齢が下がったのがこの数年での変化です。 そして、被選挙権を有する者、これは、満30歳以上の日本国籍を有する者です。 これも外国人にはその権利がありません。 年齢については今後議論される可能性はあります。 参議院の選挙制度について 参議院議員選挙は、比例代表選出議員選挙(比例代表選挙)と選挙区選出議員選挙(選挙区選挙)、この二つから構成されています。 この二つの選挙制度での議員投票開票がが同時に行われます。 参議院の任期について 参議院議員の任期は6年です。 そして、選挙は一斉には行われず、3年に一度、半数を改選する参議院議員選挙がおこなわれます。 参議院には衆議院と違い、解散がありませんので、全ての議員は途中で任期が終了することは基本的にありません。 このように3年選挙の間隔を空けている理由としては、一斉に選挙することで政治的空白期間ができることを防ぐためとされています。 まとめ 参議院選挙は2019年の夏7月21日です。 選挙速報、投票率について東京都のデータ、選挙についてまとめました。 日本の国会や政治に関する記事のリンク集 <関連情報>.

次の

年代別・選挙別に振り返る参院選の投票率|今回の参院選の投票率はいかに?! | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

参議院 選挙 投票 率

参院選の投票率は近年、50%台で推移している。 1980年に74・54%とピークを記録した。 その後は急落し、政治不信が広がるなかで迎えた95年に史上最低の44・52%を記録。 「参院無用論」まで出た。 投票率を上げようと、98年の参院選からは投票時間を2時間延長したり、不在者投票の条件を緩和したりした。 前々回(2013年)は52・61%で、前回(16年)は54・70%とほぼ横ばいだ。 若者の投票率の低さも目立つ。 総務省のまとめでは、20歳代の投票率は全体より20ポイント近く下回る傾向が続いている。 こうした低投票率や政治的無関心に対して、日本学術会議は14年、「政治の民主主義的正統性を揺るがしかねない問題」と警鐘を鳴らした。 朝日新聞が7月13、14日に実施した世論調査(電話)では、参院選に「大いに関心がある」と答えた人は18%。 調査方法が異なるため単純比較はできないものの、前回参院選の投票1週間前の調査では「大いに関心」は27%だった。

次の