教えてくださってありがとうございます 英語。 「返信ありがとうございます」の英語|ビジネスメールでも使える7例文

ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

教えてくださってありがとうございます 英語

Example "he wrote to her, informing her of the situation" B Thanks for the heads up. - a warning that something is going to happen, usually so that you can prepare for it: Example - Nick gave me the heads up about the meeting. (事実や情報を与える、伝えること) 例 "he wrote to her, informing her of the situation" (彼は彼女に状況を伝える手紙を書いた) B Thanks for the heads up. (注意をありがとうございます) - これから起こることへの注意(通常準備できるよう): 例 - Nick gave me the heads up about the meeting. 'cheers' is a simple way of saying thank you in the UK. (アドバイスをありがとうございます。 (本当に使える情報をありがとうございました。 とても助かりました。 ) お役に立てれば幸いです。 You know you should really make more effort with your studies.... Thanks, that's great advice to take on. もっと勉強に注力しなさいよ。 ありがとう。 その素晴らしいアドバイス実行するよ。 You know you shouldn't eat sugar too much because it's bad for your health.... Oh great, I didn't know that 健康に悪いからあんまり砂糖を取っちゃいけないんだってよ。 そうなんだ、それは知らなかった。 When you want to show appreciation for advice or information we can use the expressions listed above. Let's look at a short dialogue to make it clear: Fay - Hey Ann Thank you so much for letting me know I appreciate the advice! Ann - Don't mention it, Fay. You know you can always come to me if you need anything. This is a good way of showing gratitude toward a friend or co-worker. 助言または情報を提供してくれたことに感謝を表したい時には上記の表現を使用することができます。 明確にするために短い会話を見て見ましょう: Fay フェイ - Hey Ann Thank you so much for letting me know I appreciate the advice! やあアン。 教えてくれてありがとう。 あなたのアドバイスに感謝しているよ! Ann アン - Don't mention it, Fay. You know you can always come to me if you need anything. どういたしましてフェイ。 何か必要な場合はいつでも私に言ってね これは友人または同僚に感謝を示すための良い方法です。 When you say thank you 'so' 'much' you are in actual fact saying, 'thank you to a great extent, a great deal' for the advice. And when you add, it will come in handy, you are saying that it will turn out to be useful some day. Because you did not have this information previously, you did not know, but, now you know. 'Thanks a million' is usually said informally. When you say this, you are actually saying 'thank you very much' for the information. You may also add 'I really appreciate it'. The adverb 'really' used in the second part of the third statement means 'very' and the verb to 'appreciate' in this context means to recognize the full value of the information. So, you may say: Thank you so much for the advice. It will come in handy. or Thank you so much for the information. Now I know. or Thanks a million for the information. I really appreciate it. 例:Thank you so much for the advice. It will come in handy. 「教えてくれてありがとうございます。 とてもためになります。 」 例:Thank you so much for the information. Now I know. 「教えてくれてありがとうございます。 やっとわかりました。 」 例:Thanks a million for the information. I really appreciate it. 「教えてくれてありがとうございます。 感謝しています。 」 本当に感謝の意を伝えたい時は、"so"や"much"をつけると強調できます。 お礼と共に、何がありがたかったか伝えるとよいでしょう。 "Thanks a million"はカジュアルに使われます。 これは"thank you very much"と同じ意味です。 "I really appreciate it"(感謝しています)はお礼を繰り返し、「あなたの情報をありがとう。 」をより強調できます。 Thanks, that's really useful', shows that you are going to use the information that was given to you. It also implies that you weren't aware of this information before and that you have learnt something new. 'Thanks, I didn't know that' shows that you have just learnt something new and are thankful for it. 'Thank you for your advice' is a good thing to say when someone has given you advice. To make it more informal, you could say 'thanks' instead of 'thank you'. 'Thanks' is better for friends and family. Thanks, that's really useful'(ありがとう、それは役に立ちます)は、その人の教えてくれた情報を使うつもりであることを表します。 これは、それについて知らなかった、新しいことを学んだというニュアンスです。 'Thanks, I didn't know that'(ありがとう、知りませんでした)は、知らなかったことを教えてもらい感謝していることを表します。 'Thank you for your advice'(アドバイスありがとうございます)は誰かがアドバイスしてくれたときに使えます。 'thank you' を 'thanks' に変えるとよりインフォーマルになります。 友達や家族に対しては 'thanks' の方がいいです。 These are the phrases I would use to give thanks to someone who is helping me out in some way, whether it be advice, information I didn't already know, etc. I would say I use the phrase, "Thanks for letting me know" the most because it is very common and can be used for any type of information given,.

次の

英語で「教えてくれてありがとう」と感謝を伝えるフレーズ集

教えてくださってありがとうございます 英語

natukitukinaさん、 ______________ 長い間、英語を教えてくれてありがとうございました。 Thank you very much for teaching English for a long period of time. __________________________________ です。 先生の授業はとても楽しかったです。 I enjoyed your class very much. 私はこれからも英語の勉強をがんばります。 I will keep my hard work studying English. 先生も頑張ってください。 I wish you best of luck. 本当にありがとうございました。 Once again, thank you so much.

次の

英語の「ありがとう!」会議やメールで使える感謝の132フレーズ

教えてくださってありがとうございます 英語

どちらも正しい。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、現在は「いただく」の方が使用頻度が高いようです。 A.教えてくださり(教えてくださいまして)ありがとうございます。 教えていただきありがとうございます。 どちらも同じ場面で、同じ目的で使われています。 A,Bに主語を加えて常体 普通体 にすると、.. (あなたが)教えてくれて、ありがとう.. B. 私はあなたに 教えてもらって、ありがとう となります。 Aは、教えてくれた人を直接敬っていて、敬意が強く感じられるのに対し、 Bは、教えてもらう側 私 を低めることで間接的に教えってくれる人を敬っていて、教えられる側の感謝の意が感じられます。 一般的に「ありがとう」の前にくるのは「~してくれる」です。 自宅を訪ねてきた友人に感謝の意を伝えたい場合、「来てもらってありがとう」と言うよりも、「来てくれてありがとう」と言うのが自然な言い方です。 したがって目上の者 父 から目下の者 私 に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 父 に視点をおけばその人物 父 を尊敬する「(父が私に)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 私 に視点をおけばその人物 私 を低める「(私が父に)いただく」が使われます(謙譲語)。 間接的に敬意をあらわす謙譲語よりも、直接敬意を表す尊敬語のほうが、自然な表現なのです。 ただし、相手の意志ではなく、自分 私 の都合で相手が行動するような場合は「~くださる」は使えません。 「くれる」は相手の意志で行動することですが、相手は別に来たいわけではないが来ざるえないだけで、私 店 の意志で相手が来ることになるから「もらう」がふさわしい。 「もらう」のは私で、私が相手から恩恵を被ることを要請する。 ということですが、「もらえないか」というぼかした表現よりも、「くれないか」という私の意志を明確にした表現のほうが自然だと思います。 <蛇足> 最近の研究によれば、 《現代日本人が最も好む敬語がこの「いただく」だ。 「くださる」は「くれる」の尊敬語、「いただく」は「もらう」の謙譲語だが、「いただく」の使用頻度のほうがはるかに高い。 日本人はそんなに「もらう」のが好きなのか、と言いたくなるほどだ。 》 とのこと(野口恵子氏) なお、必ず反論するBAくれオジンが被せ回答ををするかもしれません。 「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」「〜いただきまして」 知恵ノートが使えなくなるので引っ越しました。 詳しくは下記をご参照ください。 「〜くださり」「〜くださいまして」と「〜いただき」】 以下は一部の抜粋(重言)。 1 本日はご来店くださいましてありがとうございます。 2 本日はご来店いただきましてありがとうございます。 どちらの形が正しいのか。 結論を先に書くと、どちらもOKです。 どちらを主体に考えるのか、という違いがあるだけです。 【客が】(店に)ご来店くださいまして 【私が】(客に)ご来店いただきまして 下記も1 と同様の表現と言えるでしょう。 論理的に考えると「くださいまして/くださり」が正しい、という説もありますが、一般にはどちらも認められています。 下記が代表的な考え方です。 40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。 (URLは略) ==============引用開始 【解説1】「御利用いただく」は謙譲語I,「御利用くださる」は尊敬語である。 つまり, 「 自分側が相手側や第三者に 御利用いただく」,「 相手側や第三者が 御利用くだ さる」という基本的な違いがある。 しかし,立てるべき対象は,どちらも同じであり, また,恩恵を受けるという認識を表す点も同様であるため,どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである。 【解説2】謙譲語Iの「御利用いただく」の使い方には,問題があると感じている人たち もいる。 その理由としては,「利用する」のは相手側や第三者なのだから,尊敬語で ある「御利用くださる」を使うべきだということなどが挙げられているようである。 しかし,「御利用いただく」は,「私はあなたが利用したことを 私の利益になるこ とだと感じ 有り難く思う」という意味を持った敬語である。 「利用する」のは相手 側や第三者,「御利用いただく」のは自分側,という点がやや理解されにくい敬語で あるが,自分側の立場から相手側や第三者の行為を表現した敬語であり,敬語の慣用 的な用法として特に問題があるわけではない。 ただ,このような「いただく」の用法 に対しては,その受け止め方に個人差があり,不適切な用法だと感じている人たちも いる。 【「教えてくださり」? 「教えていただき」?】 (URLは略) ================引用開始 現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。 ですが、両方とも正しい言い方です。 ================引用終了 下記も信頼できるサイトです。 ==============引用終了 使い分けが書いてありますが、当方にはよくわかりません。 こう言う考え方もできるのでしょう。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 ==============引用終了 使い分けが書いてありますが、当方にはよくわかりません。 こう言う考え方もできるのでしょう。 個人的には下記のように考えています。 長〜い話なので結論部だけ。 ================引用開始 「〜してくださりありがとうございます。 」 「〜していただきありがとうございます。 」 これは否定できないから、厳密に言えば「くださり(まして)/くださいまして」なんだろう。 論理的に考えるとそうなってしまう。 しかし、現実にはどちらも使われているし、どちらも「間違い」とは言えない。 困ったことに個人的な語感では「〜していただきまして」のほうが自然。 NHKの調査でも、「〜していただきまして」が優勢のようだ。 こうなってくるとなんとも言えない。 ちょっとだけ屁理屈をこねる。 「〜してもらってありがとう。 」はたしかにヘンだが、下記の形ならおかしくないだろう。 「〜してもらってありがたい」 「〜してもらってありがたかった」 これを丁寧にしたのが「〜してもらってありがとうございました。 」と考えるならそんなにおかしくないかも。 無理か……。 ================引用終了 結論から言えば、どちらも正しい日本の敬語です。 簡単にその違いを説明します。 つまり、相手の動作に視点を置いた言い方が「くださり(尊敬語)」であり、自分に恩恵が渡ることを視点を置いた言い方が「いただき(謙譲語)」です。 なお、「くださり(尊敬語)」と「いただき(謙譲語)」の使い分けは難しいですが、一般的には、感謝の意を強く表したいときには「いただき」を用い、尊敬語を使って立てる必要がある人(目上、お客)には「くださり」を使う傾向があります。 (知恵袋のように相手の素性も分からない《場》では「いただき」の方が相応しいと思います).

次の