新幹線 suica。 モバイルSuica完全ガイド!使い方や新幹線・特急券購入などのメリットまとめ

モバイルSuicaの履歴から新幹線特急券の領収書を発行する方法

新幹線 suica

JR北海道、JR東日本、JR西日本の3社がインターネット予約サイトで新幹線の指定席や自由席を予約し、登録したSuica等ICカードで改札を通過できる新しい予約・改札サービス「」を2020年3月14日乗車分より導入すると発表しました。 参考: 参考:• 既に全駅にSuica対応改札機が設置されていますが、現在のところモバイルSuicaや新幹線定期券等といったごく一部のユーザーに限られています。 予約はえきねっとかe5489から、駅での受け取り不要に 指定席でも自由席でもインターネット予約サイトでの事前購入が必要で、JR東日本のとJR西日本の 東京~金沢のみ から行います。 えきねっとは現在JR北海道とも提携し道内特急の予約も可能です。 会員登録にはメールアドレスとクレジットカードが必要ですが、年会費は不要でほとんどのクレジットカードが登録できます。 e5489も同様にメールアドレスの登録が必要ですが、JR西日本が発行するJ-WESTカード限定の割引もあります 東海道山陽新幹線のEX-ICや関西地区の特急の割引等。 一方クレジット決済のほかにコンビニ決済も用意されており、家族間や若年層の利用には便利です。 駅での受け取りが不要になることから駅で券売機や改札機に並ぶ必要も無くなり、特に私鉄沿線民や早朝深夜の利用者にはメリットが一気に拡大しそうです。 ICカードは全国相互利用対象10種 予約後は紙のきっぷは発行されず、代わりにSuica、kitaca、ICOCA、PASMOといったICカードを登録しておき、それを改札機にタッチする形です。 勿論モバイルSuicaやApple Payを利用したSuicaも使えます。 大宮駅新幹線改札内にある座席票発行機。 ICカードをかざすと乗る列車と号車・座席番号がわかるし印刷も可能。 但し、乗車時に紙の控えがないことから座席番号の確認は難しそうです。 座席の確認方法としては、• えきねっとにログインし予約確認ページで見る• 新幹線改札内の座席票発行機で調べる の2通りがあります。 前者は予約者でないと出来ない反面、複数人でも全員分がわかります。 一方後者はICカードをタッチするだけでその人の乗る列車や発車時刻、号車、座席がすぐわかりますし、控えを印刷もできます。 但し自由席の場合区間のみです。 但しこちらはICカードの登録は任意であり、駅で紙のきっぷを受け取る方法も残されています。 複数人で利用する場合はICカード改札を利用できず、きっぷ受取りが必要になります。 悲願の複数名予約も最大6人まで可能に えきねっと・e5489を使った新しい予約システムでは登録したSuica等にインストールします。 これは複数人でも利用可能ですが人数分のICカードが必要です。 現在モバイルsuica新幹線やスマートEXのICカード改札は会員1名のみの利用に限られていることから、家族旅行などで利便性は一気に向上しそうです。 モバイルSuica特急券廃止で一本化 一方でモバイルSuica特急券は2020年3月13日乗車分でサービス終了が発表されました。 えきねっとに一本化するようです。 モバイルSuica自体が最低限おサイフケータイ、できればビューカードも必要という入会にハードルがあったことは事実でしたから。 勿論モバイルSuicaそのものでの乗車や買い物は今後も利用できる予定で、えきねっとで購入してモバイルSuicaにインストールすることもできます。 Apple PayやGoogle Payでの利用も可能になります。 多くの駅で在来線乗り継ぎも容易に 私鉄も含む 東北新幹線 東京~一関 や上越新幹線 越後湯沢と浦佐以外 であれば在来線もSuicaに対応しているので乗り換えも容易にできます。 勿論JRに限らず私鉄や地下鉄でもSuicaに対応していれば利用可能。 とはいえ未対応の路線や駅もあるので目的地の駅がSuica対応であると解っている場合ならスムーズな乗換えができそうです。 また東京近郊を中心にICカードのみに対応した駅ビル内改札もできており、こういった改札を利用したい場合も有利に働きそうです。 「乗車券」と「特急券」の境が事実上なくなる 日本の新幹線では乗車券 運賃 と特急券 料金 が必要であり、発券方法によってこれが2枚に分かれていたり1枚にまとまっていたり、特に自動改札や乗換え改札を通る上では複雑なのが難点でした。 えきねっと・e5489で予約新幹線eチケットサービスでは、スマートEXやモバイルSuica新幹線と同じく専用商品という扱いで両者が一つにまとめられます。 そもそも遠距離では普通列車のみで行くことが運行本数の少なさや乗換えなども含めて困難なことも多く、青春18きっぷの利用を除けば現代においては合理的でない選択肢となりつつあります。 近年徐々にJRがネット割引を強化しているという話を何度かしていましたが、これで対象者が一気に広まり航空便と同じく早割化、オンライン化をすすめていく確信が一気に高まったと思います。 参照: 参照: そもそも日本の鉄道は地域格差が大きく、長距離列車の切符はオンラインでも窓口でも場所や時間の制約が大きく、お世辞にも便利とはいえない状況ですから。 比較的普及度の高いSuicaやICOCAを使うオンライン予約はある意味もっとも合理的だと思います。 参照: 参照: 9. 「東京都区内」「仙台市内」扱いも事実上なくなる 片道200kmを超える乗車券での「東京都区内」等の扱いも、エクスプレス予約やモバイルsuica特急券同様に無くなります。 購入期限のない基本料金では一律200円引きですが早期購入割引も設定するようです。 トクだ値からJRE POINT特典チケットまで新幹線eチケットに統一される その後2020年6月、2021年夏をめどにえきねっとの大幅リニューアルが発表されました。 参照: ここでは従来窓口や一部券売機のみで対応していた• 株主優待や大人の休日倶楽部会員価格での新幹線・在来線特急チケット• JRE POINTから交換する「特典チケット」および「アップグレード」 がえきねっとでも予約可能になると発表されたのですが、いずれも 新幹線はすべてeチケットとなり紙のきっぷでの取り扱いはしないことが明記されています。 既に新幹線用回数券は縮小傾向にありJR東日本および北海道新幹線・北陸新幹線においてはこの新幹線eチケットサービス開始と同時に回数券は発売終了しています。 背景には窓口業務の簡略化と転売対策があると考えられます。 株主優待券は売買譲渡可能ですが、大人の休日倶楽部もえきねっともJRE POINTも会員制であることから(中途半端にまとめたMy JR EAST IDなんてのもあるけど)利用状況のデータベース化による将来的な臨時列車や割引運賃の設定をより柔軟にすることも可能になるでしょう。 窓口も券売機も不要で地方インフラ維持に期待 JRは民営化以来、都心部の混雑路線で発券、改札のスピードアップと高効率化を進めてきました。 Suicaは券売機でのきっぷ購入が不要、改札機での読取が正確、再利用も可能です。 余剰スペースの有効化 例:きっぷ売り場を売店に転用 やイレギュラーリスク回避 例:紙切れ、釣銭切れ、可動部の詰まりや磨耗がない にも大きく貢献しています。 参照: この流れを地方にも広げていくのが新しい新幹線予約システムです。 地方は経済規模が小さく鉄道への依存度の低いので、Suicaの運賃計算システム構築や改札機導入も費用対効果の面でなかなか普及せず、新幹線駅を中心としたかなり限定的なものに過ぎません。 とは言え 労働人口減で旧来の窓口さえ維持するのが困難なのも事実。 ただでさえ需要の少ない地方駅に、豊富な商品知識と端末操作スキルを持った駅員を何人も常駐させるのはもはや合理的でなくなっています。 既にみどりの窓口を廃止し指定席券売機に置き換えた駅は東京近郊含め数多くあります。 そこで遠距離きっぷをオンライン販売化、モバイルSuicaのように専用の端末もカードも不要であれば、利用頻度の低い層にも使いやすく、駅まで買いに行く必要もなくなります。 TGVやICEといった海外高速鉄道や航空便では当たり前の仕組みが、ようやく日本の新幹線にも「普及」しそうな兆しです。 Suica自体は必要だけど。 またSuicaは 在来線で使えないが新幹線の通る地域 盛岡市や秋田市など でもSuicaカードの発売が始まります。 現状でもNEWDAYS等の駅構内は勿論、市中のコンビニやイオン等で買い物は可能ですし、有効期間が最後の利用から10年と長いので数年に1度でも上京の機会があれば利用可能です。 しかも新幹線予約なら残額ゼロでも使えます。 Suicaは「都心部でいかに多くの乗客を効率的に捌くか」を基に開発されました。 それが「地方部でいかに限られた人員やインフラで捌くか」という方向にも向かい始めたとも言えそうです。 そういえば2018年4月には関東近郊で新幹線でもチャージ額引き落としによるSuica利用は始まったのですが、十分な残額が必要なことやオートチャージにも対応していないことから早くも収束しそうな予感です。 参照:.

次の

JR東、新幹線「eチケット」で使い勝手よくなるか

新幹線 suica

新幹線のチケットに書いてある「市内」や「都区内」について 私は埼玉県に住んでいるのですが、埼玉から大阪まで行くために旅行会社を通じて新幹線のチケットを購入すると、次のような新幹線のチケットが送られてきます。 この赤丸に書いてある(都区内)や(市内)というのは、東京都区内から乗って大阪市内で降りるのであれば、この新幹線のチケット1枚だけで足りるということを意味します(追加料金なし)。 例えば、ここでは「東京(都区内)」と書いてあるので、東京都区内のJRの駅ならば、上野や池袋など、どこからでもこのチケットで乗れます。 東京駅で新幹線に乗り換える際も、乗り換え口(連絡乗車口)でこの新幹線のチケットを改札機に通せばOKです。 新大阪駅に着いたあとは同じように在来線への連絡乗車口の改札機でチケットを通し、在来線に乗り換えたら大阪市内であればこのチケット1枚だけで降りることができます。 ここまでは特に説明するまでもなく誰でも迷わずにできると思うのですが、 SuicaなどのICカードを併用するとなると、どうしていいのか迷ってしまうと思うので説明したいと思います。 埼玉県から大阪駅に行きたいとき、在来線から新幹線への乗り換えはどうしたらいいの? 埼玉から大阪へ行く場合、いったん東京駅までは在来線で行って、そこで新幹線に乗り換える必要があります。 このとき、東京駅までSuicaで乗った場合は 「埼玉県内で乗車した記録のあるSuica」と 「無傷の新幹線チケット」が手元にありますよね。 このようにすれば、Suicaのほうでは埼玉県から東京都区内に入るところまでの料金が引き落とされ、新幹線のチケットのほうには入場のスタンプが印字されます。 ただ、混雑時は駅員が拡声器を使って繰り返しアナウンスしてるので迷うことはないでしょう。 ここは新幹線連絡改札口です。 ご入場の方は新幹線のチケットを入れたあとにSuicaでタッチして下さい このような意味のことをずっとアナウンスしています。 新幹線から在来線に乗り換えて下車するときはどうするの? 新大阪駅に着いたあとは、新幹線のチケットで在来線への連絡改札口を通り、在来線に乗り換え、大阪市内の駅で新幹線のチケットを使って改札口を出て下さい。 もし大阪市内の駅ではなく、大阪市外で降りる場合は、下車駅の自動精算機を使いましょう。 自動精算機に新幹線のチケットを入れ、そのあとにSuicaを入れます。 そうすると、 大阪市内から乗ったという乗車記録がSuicaに書き込まれるので、戻ってきたSuicaで改札口を出ればSuicaから不足金が引き落とされて外に出ることができます。 また、精算時にSuicaではなく現金を入れた場合は精算券が出てきますので、その精算券で改札を出ることができます。

次の

Suicaで乗れる!新幹線eチケットの要点

新幹線 suica

広告 タッチでGo! 新幹線を利用する Suicaで新幹線に乗れる代表的なサービスは「タッチでGo! 新幹線」です。 Suica、PASMOなど手持ちの交通系ICカード乗車券を登録しておけば、新幹線特急券などをいちいち購入せずに、普段の電車に乗るように新幹線に乗車できます。 登録は自動券売機などで可能です。 東北・上越・北陸新幹線の首都圏限定のサービスです。 詳しくは「」のページをご覧ください。 新幹線eチケットを利用する JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」に手持ちのSuica、PASMOなど交通系ICカード乗車券を登録し、新幹線eチケットを購入すると、そのICカードで新幹線に乗車できます。 えきねっとへの登録はインターネット上で無料で可能です。 東北・北海道・上越・北陸・秋田・山形新幹線限定のサービスです。 タッチでGO! 新幹線と違い、遠距離でも使えます。 詳しくは「」のページをご覧ください。 スマートEXを利用する 「スマートEXサービス」に手持ちの交通系ICカード乗車券を登録し、事前に新幹線のチケットを「スマートEX」で購入すると、そのICカードで新幹線に乗車できます。 東海道・山陽新幹線限定のサービスです。 詳しくは「」のページをご覧ください。 そのほかに新幹線を利用できるSuicaとしては、「Suica FREX定期券」「新幹線区間が含まれるSuica定期券」「モバイルSuica特急券」の3つがあります。 これら以外のSuicaで新幹線には乗れません。 普通のSuicaで最寄駅から電車に乗り、途中で新幹線に乗り換える場合は、新幹線乗換改札口で精算しなければなりません。 Suicaで新幹線駅まで来て、紙の特急券で新幹線に乗る 上記のような新幹線のきっぷを持たずに、最寄駅から普通のSuicaでJR線に乗車した場合はどうなるのでしょうか。 八王子駅でSuicaで中央線に乗車し、東京駅で新幹線のきっぷを購入し、新幹線乗換改札口から新幹線ホームに入る、といったケースです。 このときは、最寄駅からSuicaで乗車し、東京駅新幹線きっぷ売り場でSuicaを提示すれば、精算してくれます。 そのきっぷ売り場で新幹線の紙のきっぷを購入し、新幹線に乗りましょう。 新幹線のきっぷを買ってある場合 新幹線の紙のきっぷは買ってあるけれど、Suicaで最寄駅に入場する場合もあると思います。 たとえば、東京都区内発の新幹線回数券が手元にあり、都区外からSuicaでJR在来線に乗車する場合などが考えられます。 この場合は、最寄駅でSuicaを使って電車に乗り、東京駅の新幹線乗換口の自動改札機に回数券を挿入した後にSuicaをかざします。 すると、最初の駅から東京都区内までの運賃がSuicaから自動精算されます。 たとえば、川崎駅からSuicaで東海道線に乗り東京駅まで行き、東京駅から東北新幹線に回数券で乗車する場合を例に考えてみます。 この場合は、Suicaで川崎駅に入場し、東京駅の新幹線乗換口で回数券を自動改札機に挿入し、SuicaをかざせばOKです。 Suicaで品川駅まで行って、東海道新幹線に乗る場合なども同様です。 Suicaで東海道新幹線には乗れませんが、東海道新幹線乗換改札口での精算は可能です。 紙のきっぷで新幹線に乗り、Suicaで降りる 上記の逆のケースを考えます。 たとえば、仙台から東京都区内まで新幹線回数券(紙のきっぷ)を利用して、川崎駅で下車する場合にSuicaが使えるか、ということです。 この場合は、下車時にSuicaで自動改札口をを通り抜けることはできません。 紙のきっぷで川崎駅まで行き、川崎駅の精算機で精算する必要があります。 広告 「Suica FREX定期券」「Suica FREXパル定期券」で新幹線に乗る 「Suica FREX定期券」「Suica FREXパル定期券」は、Suicaを使ったJR東日本の新幹線定期券です。 これらは新幹線定期券「FREX」にSuicaの機能が付いた定期券で、券面のFREX区間内で、新幹線自由席に乗車できます。 新幹線停車駅が2駅以上含まれる「Suica定期券」 在来線用の普通の「Suica定期券」であっても、 新幹線停車駅が2駅以上含まれる場合はJR東日本の新幹線を利用できます。 ややわかりにくいので具体的に説明しますと、たとえば東京駅から宇都宮駅までの在来線のSuica定期券を持っていたとして、これを新幹線自動改札口にかざすことで、同区間の新幹線自由席に乗車できます。 このとき、新幹線の特急料金はSuicaから差し引かれます。 つまり、 Suica定期券区間内に含まれる新幹線停車駅相互間のみ、新幹線自由席を利用できるのです。 ただし、新幹線入場時にチャージ残額が1,000円未満の場合は、新幹線自動改札機を入場することはできません。 また、東海道新幹線は利用できません。 これは、東海道新幹線がJR東海に所属するからです。

次の