大江山 現代語訳。 賛美さる藪の中での悪行: 七分日和のにくばなれ

【現代語訳】大江山/1分でわかるあらすじ|古典の現代語訳

大江山 現代語訳

今は昔のこと。 京の男が妻を連れて、丹波の国へ行った。 妻は丹波の国の出の女だったんだ。 妻を馬に乗せて、自分は、矢十本ほどを背中の箙に入れて、弓を持って、その馬の後ろを付いて行った。 そして、大江山に差し掛かったときに、長い太刀だけを腰に差した、若くたいそう強そうな男と出会って、共に山を越えることになったんだ。 そうやって、二人の男は「どこへ行くのか」などと語らいながら、連れ立って山道を行っていると、若い男が、 「実は、俺の持っているこの太刀は、陸奥の国から伝来の、名のあるものなんだ。 どうだい、見てくれよ」 と、言って、太刀を抜いて、京の男に見せた。 その太刀は、言葉通り、実に美しく立派な太刀だった。 京の男は、この太刀に瞬く間に魅せられてしまった。 欲しくて欲しくてたまらなくなったんだ。 若い男は、そんな京の男のありさまを見て、 「この太刀が要りようですかい? そんなに気に入ったのなら、持っていってくれて構いませんぜ。 ただ、そのおまえさんが持っている弓と取り替えっこならね」 と、申し出た。 京の男が持っている弓は、そうたいした品ではなかった。 どこにでもあるもんだったんだ。 太刀の立派さには、とうてい及ばない、ただの代物。 おかしな話だろ。 でも、この素晴らしい太刀に目が眩んだんだろうね、欲しいばかりの気持ちで、若い男の話に乗って、「これは、いい儲けものだ」と思いながら、さっさと取り替えたんだ。 そうして、しばらく、道中を行っていると、また、若い男が言い出した。 「俺が、弓だけしか持っていないというのはおかしくないかい? 人が通りかかったら笑われやしないか? この山にいる間だけでいいから、矢を二本貸してくれやしないかな。 おまえさんのためにもなることじゃないかい。 こうやって、一緒に山越えをしているんだから、どっちが矢を持っていようと同じことじゃないかな」 京の男はそれを聞くと、確かに言うとおりだな、と思って、また、いい太刀を手に入れて浮かれてたこともあるんだろう、言われるがままに、矢を二本、若い男に渡したんだ。 そうして、若い男は、両手に弓と矢を持ち、京の男は、残りの矢を箙に入れただけで、弓を持たずに、太刀を腰に差していくことになった。 日が高くなり、昼飯を食べようと、藪の中に入ろうとすると、若い男が、 「こんな人が近くを通りそうな所で飯を食べるのはみっともないぞ。 もう少し、奥に入ろう」 と、行って、二人の男と女は、藪の奥へと、どんどん入っていった。 ここらでいいだろう、となり、京の男が、妻を馬から降ろそうとしたところ、若い男は、突然、弓に矢をつがえて、引き絞り、京の男の真ん中に向けた。 「おい、おまえ。 動くなよ。 少しでも動いたら、あっという間に、お前の体をこの矢が突き通るぞ」 と、吐き捨てた。 京の男は、こんなことは思ってもみなかったことだったので、体を動かすどころか、何も言うことさえできなかった。 ただ、矢の真正面に突っ立っていることしかできなかった。 若い男は、言葉を続けた。 「そのまま、奥の方へ行け。 山奥に入れ」 と脅すと、京の男は、命が惜しいばかりに、言われるがまま、さらに七、八町ほど、山の奥へと進んでいった。 そこまで来ると、さらに、 「さっきの太刀と、お前の刀をこっちへ投げろ」 と言い付けた。 京の男は言われるままにするしかなかった。 若い男は、投げ捨てられたその刀をすぐに取り上げると、京の男に飛び掛り、馬の引き縄で、木に強く縛り上げた。 それから、若い男は、京の男の妻に目を向けた。 妻は、年は二十歳ほど、身分は低いながらも、天性のものであろうか、魅惑する眼差しと、美しい顔つきをしていた。 若い男は、この女の姿を見ると、心が奪われ、他のことも考えられなくなり、女の衣を引き脱がした。 それでも、女は嫌がる風を見せなかった。 ただ、強そうな男に言われるがまま、されるがまま、衣を脱いでいった。 それを見て、若い男も着物を脱ぎ散らし、女を犯した。 女は何も言わなかった。 気に縛り付けられた京の男はそれを見ながらも、どうすることもできなかった。 皆、どういう思いでいたんだろうか…。 事が済み、若い男は立ち上がり、着物を着て、京の男の箙を背負い、太刀を腰に帯びて、弓を片手に、馬に乗った。 そして、二人に淡々と言った。 「女、おまえが不憫だと思うが、他にしてやることは無い。 俺は行く。 おい、そこの男。 お前に免じて、殺さずに、このまま行ってやる。 ただ、人が来ないうちに早く行かないとならん。 馬はいただいていく」 そして、若い男は、馬を駆って姿を消した。 行き先は分からない。 若い男が遠くに行った後、妻は、男の縄を解いた。 男はなんとも言いようの無い顔つきをしていた。 女はぽつりぽつりと、だがしっかりと言った。 「あなたのお心は、何も言えないほど、情けないばかりです。 今日からこの先々、あなたのようなお心では、きっと、頼みにできないでしょう」 男は返す言葉が無かった。 黙って、妻と共に丹波山を越えていった。 若い男の心持ちは、なんとも太く、見上げたものだ。 奴は、女の着物を奪っていくことが無かった。 京の男の心は、どうしようもなく情けない。 山の中で、たまたま行き会った男に弓矢を渡すなど、愚かとしか言いようが無い。 若い男の行方か? 知らんな。 噂にも上っていない。 掻き消えた、としか言いようが無い。 そういう風に語り継がれているな。 2009年9月公開の映画に合わせて訳してみました。 もちろん、この説話は、『今昔物語集』中で一二を争うくらい有名なものだと思います。 芥川龍之介の短編小説『藪の中』の原案、そして、『藪の中』を映画化した、黒澤明監督の『羅生門』の元になっているからです。 本説話が、現在のところ『今昔物語集』以外に見られないことから、芥川がこれを題材にして小説を書いたことは疑いようがないでしょう。 また、黒澤監督の『羅生門』はこの説話にをミックスして作られていることも、知られています。 さて、映画『TAJOMARU』はどのようにこれらの題材をアレンジするのでしょうか。 興味があります。 芥川『藪の中』から、「藪の中」という慣用句が出来ています。 それぞれに、食い違う発言から、「真実」が分からない、という意味で使われていますね。 その意味と「藪」の雰囲気が見事に合っていたからこそ、慣用句にも成れたのでしょう。 本説話では、藪の中の出来事は「藪の中」にはなっていません。 詳細まではっきりと語り継がれています。 誰が語り継いだのか? それは、現場にいた夫婦の他にないでしょう。 このようなことは、隠そうとしても隠し果せないことです。 この説話をお読みになった方は、「若い強そうな男」(原文「若キ男ノ大刀許ヲ帯タルガ糸強気ナル」)への話末評をどのように思いますか? 違和感を覚えませんか? 京の男の武具を言葉巧みに奪い、縛り上げ、その妻を犯し、馬をも盗んで、姿を消した、若い男に「心持ちが、太く、見上げたものだ」(原文「今ノ男ノ心、糸恥カシ。 男、女の着物ヲ不奪取ザリケル」)と、悪行を犯しても、女の衣まで盗んでいかなかったことを誉めているのです。 また、京の男を不甲斐ない存在にしています。 無用心、無計画、単細胞、さんざんにその愚かさを責めています。 これは、巻29の特性と言えるでしょう。 巻29の副題は「付悪行」です。 この世界で、仏法に縛られず自由に生きる悪の存在。 彼らへの畏怖を描いている巻です。 それゆえに、このような話末評になっているのでしょう。 最後に、訳するに当たって、使わざるを得なかったやや難しいことばの意味の補足を書いておきます。 「町」は、距離の単位で、一町は約100m。 説話中では、七八町(7,800m)ということなので、かなり山奥での出来事だったことが分かります。 「箙」(えびら)は背中に背負う形の矢を入れる竹製の筒です。 今で言う「メッセンジャーバッグ」のようなものだとお考えください。 できれば、本説話の原文をお読みいただいて、それから芥川『藪の中』、黒澤『羅生門』、そして、新作の『TAJOMARU』をご覧になると、より楽しめると思います。 ちなみに、私は、『TAJOMARU』の映画の主題歌、の『PRAY』も楽しみにしています。 ・ご兄弟である「兄さん」と「弟さん」が協力して、日々面白いネタを探索し、交替でそれらを紹介されています。 お互いのネタにおくり合っているコメントも見所。 「兄弟ブログ」として名を馳せていらっしゃったところに、「姉さん」も加わり、さらにパワーアップ!• ・どのような食べ物にも渾身の愛を注ぐ奇食ハンター、リムさんのページです。 日本各地は言うに及ばず、海のむこうの不思議な食べ物にも手を伸ばしていらっしゃいます。 ・日本人の固定化されたスイス観を打破する、スイスの殿のブログです。 世界一(と思われる)の消火栓アートのデータベース!! 言霊にとり憑かれている私としては「スイスドイツ語」のコーナーにとっても興味が惹かれます。 ・お姿は、ブログのざっくりとした文体と、ソリッドなデザインとは、まるで印象の違っていらっしゃいました。 「えっ、この華奢なお方があのような鋭いネタをっ!」と心の中でそっと思っておりました。 これからもキレのいいネタを期待しております。 別サイトの「モスウオッチング」がオススメです。

次の

十訓抄『大江山』現代語訳

大江山 現代語訳

「十訓抄:大江山」の現代語訳 和泉式部、保昌が妻 めにて、丹後 たんごに下りけるほどに、京に歌合 うたあはせありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、詠みけるを、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合せがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、(歌を)詠んだのを、 定頼中納言戯 たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなく思 おぼすらむ。 」と言ひて、 定頼中納言がふざけて、小式部内侍が(局に)いた時に、「丹後(の母のもと)へおやりになった人は(帰って)参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」と言って、 局 つぼねの前を過ぎられけるを、御簾 みすより半 なからばかり出 いでて、わづかに直衣 なほしの袖をひかへて、 局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり(身を)乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立 大江山を越え、生野を通って行く道のりが(京から)遠いので、(母がいる丹後の)天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、(母からの)手紙もまだ見ていません。 と詠みかけけり。 と(歌を)詠みかけた。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 (定頼は)思いもかけぬことに、驚いて、「これはまあなんとしたことだ。 こんな(=当意即妙に歌を詠む)ことがあろうか、いや、あるはずがない。 」とだけ言って、返事もできず、(引っ張られている直衣の)袖を引き払って、お逃げになった。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部(内侍)は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿 きやうの心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 こうしたことは(小式部内侍にとっては)ごく普通の当然のことであったけれど、あの(定頼中納言)卿の心の中には、これほどの歌を、すぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 (十訓抄) 脚注• 和泉式部 生没年未詳。 平安時代中期の名高い歌人。 歌合 歌人が左右二組に分かれ、歌の優劣を競う催し。 直衣 男性貴族の平服 出典 十訓抄 参考 「国語総合(古典編)」三省堂 「教科書ガイド国語総合(古典編)三省堂版」文研出版.

次の

60.小式部内侍 大江山~ 小倉百人一首

大江山 現代語訳

「十訓抄:大江山」の現代語訳 和泉式部、保昌が妻 めにて、丹後 たんごに下りけるほどに、京に歌合 うたあはせありけるに、小式部内侍、歌詠みにとられて、詠みけるを、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合せがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、(歌を)詠んだのを、 定頼中納言戯 たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなく思 おぼすらむ。 」と言ひて、 定頼中納言がふざけて、小式部内侍が(局に)いた時に、「丹後(の母のもと)へおやりになった人は(帰って)参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」と言って、 局 つぼねの前を過ぎられけるを、御簾 みすより半 なからばかり出 いでて、わづかに直衣 なほしの袖をひかへて、 局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり(身を)乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天の橋立 大江山を越え、生野を通って行く道のりが(京から)遠いので、(母がいる丹後の)天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、(母からの)手紙もまだ見ていません。 と詠みかけけり。 と(歌を)詠みかけた。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 (定頼は)思いもかけぬことに、驚いて、「これはまあなんとしたことだ。 こんな(=当意即妙に歌を詠む)ことがあろうか、いや、あるはずがない。 」とだけ言って、返事もできず、(引っ張られている直衣の)袖を引き払って、お逃げになった。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 小式部(内侍)は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿 きやうの心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 こうしたことは(小式部内侍にとっては)ごく普通の当然のことであったけれど、あの(定頼中納言)卿の心の中には、これほどの歌を、すぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 (十訓抄) 脚注• 和泉式部 生没年未詳。 平安時代中期の名高い歌人。 歌合 歌人が左右二組に分かれ、歌の優劣を競う催し。 直衣 男性貴族の平服 出典 十訓抄 参考 「国語総合(古典編)」三省堂 「教科書ガイド国語総合(古典編)三省堂版」文研出版.

次の