ポケモン 環境メタ。 【剣盾】【評価】こいつ強いな…今の環境によくマッチしてるわww

『結論パ』について解説 ~最強のパーティとは~

ポケモン 環境メタ

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

ポケモン剣盾要注意環境トップメタ!強いポケモンは一体誰だ?

ポケモン 環境メタ

結論パの成り立ち• 最初に結論パという言葉ができたのは、2006年発売のwiiソフト 「ポケモンバトルレボリューション」での対戦環境からで、世代で言うと4世代に当たります。 次世代「ブラック・ホワイト」の発売が近付いた環境終期、 「バンギラス、ガブリアス、メタグロス、サンダー、スイクン」の5匹を固定し、残り1匹に各々好みのポケモンを加えたパーティが安定した強さを発揮するとして広まり、当時のプレイヤーはこれを 『結論パ』と名付けました。 当時の対戦人口は現在よりずっと少なく、それでもこの結論パという言葉を知っている人が多いのは、 動画投稿サイトにて結論パに関する詳細な解説をする動画が人気を集めたからという部分が大きいでしょう。 結論パ=最強なのか 環境終期に考え出され、大々的に名付けられた結論パ。 言葉通りに意味を取ると『 その環境でこれ以上考える余地がない、最強のパーティ』となるでしょう。 しかし、果たしてその認識は正しいのでしょうか。 結論パは最強ではなかった 今も使用パーティ等の記録が残っている当時の大規模大会のデータを調べてみると、やはり結論パの5匹が丸々被っていることが多く、人気であることが伺えます。 しかし、その結果はと言うと 結論パを使用したプレイヤーはことごとく敗退し、vs結論パを見据えて厚くメタを張ったパーティが上位を占めることとなっています。 この事から、4世代での結論パは最強でもなんでもなく 『環境終期に考えられた人気のパーティの名前』程度の意味しか持たないと言えます。 一人歩きしていく結論パ よく調べていけば結論パ=最強ではないことは分かりますが、ほとんどの方はそこまで深堀りして調べることはありません。 当時の動画投稿サイトでは種族値の低いポケモンを多く使ってエンターテイメント性に長けた対戦をする動画が人気を博したのに対し、種族値の高いポケモンを多く採用したパーティは 『厨パ』と呼ばれ、嫌われる風潮がありました。 (厨=中学生が適当に使っても勝てる、の意) そして、結論パは『厨パ』の最たる例として、広く知られるようになります。 今では多くのプレイヤーが開設している考察ブログの数も当時は少なく、 結論パ以外の勝率重視のパーティ情報を知り得る方法は限られていました。 このような要因から、如何に結論パを倒すかを考察していたプレイヤー達をよそに、 プレイヤーより圧倒的に人口が多かった動画視聴者側からの印象として『結論パは4世代最強のパーティ』という意味を確固たるものとしてしまいました。 世代が変わり、結論パ論争再び• 画像中のKPとは、大会中のポケモンの使用率を表します。 プレイヤー名は念の為伏せております。 上の画像は、6世代「オメガルビー・アルファサファイア」環境で行われた大規模オンライン大会の使用率上位のパーティです。 勘違いしやすい点ですが、この画像が意味するのは同じパーティを使って参加したプレイヤーが10人いたというだけで、大会の戦績上位をこのパーティが占めた訳ではありません。 この大会の様子はツイッターでも話題となり、上の画像と同じ部分を切り取ったツイートは多くの方にRTされました。 そして、4世代の頃の最強パーティという意味で結論パを認識していた人はこれを見てこう思うでしょう。 「なるほど、これが6世代の結論パなんだ。 」 歴史は繰り返す• この「化身ボルトロス、ガブリアス、ガルーラ、ゲンガー、バシャーモ、スイクン」の6匹は多くのプレイヤーが考察し使用していましたが、 これも「人気のパーティの一つ」に過ぎず、「最強」という意味合いはありません。 確かに上位までこのパーティで勝ち上がるプレイヤーもいるにはいましたが、メタを張り、全く違うポケモンを使う上位プレイヤーも多くいました。 しかし、当時の対戦環境はあまり分からないという方に「6世代の最強のパーティと言えば?」と聞けば、多くの人が上の画像の印象からこの6匹を挙げるのではないでしょうか。 事実、上の画像が出回った直後は「これが結論パか」「6世代はこのポケモンしか使われていないのか、つまらない」という意見が見受けられました。 4世代の結論パの一人歩きと全く同じ現象が起こっていたと言えます。 文字通りの意味の結論パ=最強のパーティなど存在しない ポケモンの対戦環境はめまぐるしく変化していきます。 結論パと呼ばれたパーティのように人気の編成が広まれば、多くのプレイヤーはそのパーティを倒す方法を考えます。 そして、 メタられる事が当たり前となり勝率が落ちれば、人気パーティの使用者はその形を変えざるを得ません。 ポケモンの種類、技構成、持ち物が全く同じパーティで常に最上位を取り続けられることなど有り得ない訳です。 最強が存在しないからこそポケモン対戦は面白い もし、これ以外使う必要が無い程強い、最強のパーティが存在したら。 もし、プレイヤー全員が全く同じパーティで戦うことしかできない環境になっていたら、ポケモンというゲームの対戦はここまで人気になっていたでしょうか。 答えはNOでしょう。 ポケモンの対戦環境は、あっと驚くような構成のポケモンを採用したパーティが上位に躍り出てくることもありますし、人気のパーティが横綱相撲を見せつけ、やはり強かったと話題になることもあります。 その時々で上位のパーティは移り変わっていくからこそ、プレイヤーは同じゲームに対しても新鮮さを感じ、モチベーションを長く保つことができるのです。 終わりに 今回は誕生から10数年もの歳月が経っている用語、結論パについて解説をしていきました。 ポケモン対戦の長い歴史において、プレイヤーが独自に生み出した用語は数え切れないほどあります。 そして、その用語は当事者のプレイヤーの元を離れ、多くの人の目に止まるとその意味が段々違って捉えられる事も多々あります。 その中で最も有名な用語の一つが結論パと言えます。 これからも、4世代の結論パのように多くの人気を集め、使用率の高いパーティが編み出されるかもしれません。 しかし、いずれそのパーティはメタを張られ、メタに対抗するために形を変えていき、新たな人気のパーティが出回ります。 プレイヤーがいる限り、対戦環境に結論はありません。 参考文献.

次の

メガメタグロス : メタ・グラス・メタグロス|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン 環境メタ

もう少し具体的に、ここでは シングルレート(1対1形式)で誰が使っても勝ちやすいポケモン(使用率No. 1)ということにしましょう。 「そんなの能力高いやつ一番に決まってんじゃんバーカバーカ!」という方もおられると思います。 断言しますが、昔は別として 今やベストに位置づけるモンスターはそんな単純に決まりません。 ヒットポイント(HP・体力 、攻撃力、防御力、特攻力、特防力、素早さの6つがすべて高いやつが圧倒的かと言われると、 違うのがこのポケットモンスターの世界です。 他に タイプ、特性、覚える技、アイテムとの相性、専用アイテムの有無がここに関与してきます。 第八世代ではメガシンカやZ技はなくなりましたが、 ダイマックスやキョダイマックス、ダイマックス技、キョダイマックス技など新たな要素で今までの強さの順位がガラッと変わる可能性もあります。 それらが複合的に評価されたとき、ようやく優秀さや本来の力が判明するのです。 さてそれでは、過去作では一体どんなポケモンがどんな風に評価され、その王座を手に入れたのかを1匹ずつ解説してからソード・シールドの予測を立てていきましょう。 シリーズ別歴代最強ポケモン ここでは、 第一世代から第七世代までのベスト1を調査し、その理由をすべて記述していきます。 対戦で使用禁止の伝説は例外的に初代のみ別枠で掲載していくことにします。 第一世代 ミュウツー(禁止伝説級) 誰も文句を言うはずがない初代王者。 実質弱点なしのエスパータイプ、当時最強の技「ど忘れ、ふぶき、サイコキネシス」を覚える万能性、全能力トップクラスであり、先手をほぼ確実に取れる バランスブレイカー。 吹雪という技は相手を30%の確率で戦闘不能にする現在の「ぜったいれいど」に加えて、威力120,命中90というダメージもあるような初代最強技の1つです。 そして当時はミュウツーより確定で早いのはマルマインのみでした。 さらに、当時はでした。 初代は先に打ったら勝ち。 自己再生も覚えるため、HPも回復できますので隙は1ミリたりともありません。 細かいことをいうと、当時の能力はアルセウス様をもぶち抜く 種族値744相当であったため、太刀打ちできる術は皆無だったのです。 ああ、なんてカッコいいのだ ケンタロス(禁止制限前) エスパータイプ全盛期のおかげで不遇の格闘タイプがおらず、相手を倒せれば反動なしで打ち続けられる「はかいこうせん」やチート技「ふぶき」を使って先に殴って終わらせる 暴力的なポケモンでした。 素早さランキングでは151匹中、9位で特攻も高くなかったのですが、覚える技と能力バランスがよく、苦手とする相手が現れないために とりあえず出したもの勝ちという立場を確立していました。 次点では水エスパーの スターミー、ミュウツーと同速でスターミーを倒せる サンダースがよくパーティに入っていました。 第二世代 カビゴン 第二世代では仕様変更でカビゴンの特防が大きく上昇し、強化されました。 きのみというアイテムが出現し、イメージ技の「ねむる」は1ターンで起きられるようになり、「ねごと」で寝ていても他の技を使って攻撃できるように。 それだけでなく、「のろい」(鈍い)という技で攻撃と防御を1段階上げられるようになり、一度使うと攻撃力4倍になる「はらだいこ」や、30%の確率で無条件に戦闘不能にする「じわれ」など型も豊富な 破壊神カビゴンが環境を支配しました。 次点では、攻撃力2倍にする専用アイテム「ふといホネ」でエアームドをも突破できる 太い骨ガラガラ、弱体化したものの先手でじわれを使って抹殺する ケンタロス、クロスチョップで防御上昇を無視できる エレブー、鋼タイプがまだ少ないのでヘドロばくだんと水技で多くの相手に等倍以上の ドククラゲ、タイプ優秀で能力の高い サンダー、伝説の決勝戦を繰り広げた有名なきあいのハチマキきしかいせい ヘラクロス「むし!!!(NN)」や耐久ポケモンが挙がり、バラエティに富んでいます。 第三世代 メタグロス(同率1位) 新たに特性という概念が加わり、攻撃力低下など能力低下を無視できるクリアボディに、 超優秀な 鋼エスパータイプ、最強クラスの能力バランスと攻撃力の上がる強力な攻撃技「コメットパンチ」で環境の中に。 他に「だいばくはつ」も覚えられ、強引に突破したりできました。 しかし、主力の「コメットパンチ」と「じしん」を半減以下にする ファイアーや サンダーや 水タイプ、効果抜群の攻撃をしてくる炎技を使う ボーマンダなどに弱い側面もありました。 ボーマンダ(同率1位) 特性いかくで出た瞬間に相手の攻撃力を下げるので実質防御力があり、強力な攻撃性能に加え、「りゅうのまい」で 攻撃と素早さを上げて 全突破を狙う暴君。 特攻もあり、苦手なはずの鋼タイプも「かえんほうしゃ」などで焼き尽くしています。 当時はタイプで攻撃と特攻の能力の採用が決まっていたために「ドラゴンクロー」は特殊技でりゅうのまいとの連携はありませんでした。 上から殺しにくる ラティオスに弱かったりしました。 チイラで強引に耐えて攻撃力を上げる「ケイジローボーマンダ」は有名です。 この世代ではまだ技が充実していなかったりして、タイプ一致より積み技やコンボが主軸の受けポケモンが多い頃でした。 そのため、対戦で使われる種類は第二世代よりさらに多くなっています。 キノガッサ、ヌケニン、ソーナンス、ドーブルなどのハメ系などが増え、カムラやチイラのみで計算された戦略が増えて活躍できるポケモンが増えました。 第四世代 ガブリアス 技ごとに物理と特殊と別れた時代。 超火力の「げきりん」をあらゆるポケモンを先に倒すことのできる絶妙な素早さで葬る 高火力の象徴・ 受け不可能なポケモンとまで言わしめた凶悪なトップメタ。 鋼タイプ以外に強いドラゴンタイプと、鋼タイプに強い地面タイプ、地面無効の鋼タイプを滅殺する最低限の特攻と「だいもんじ」を擁していました。 特性を生かした砂パーティや高い能力を活かした耐久型、特殊に特化した不意打ち型など何が なんだかわからない戦法の多さで、 この世代の頂点に君臨します。 君は102や201ガブや205型の意味を知ってるか。 次点ではバンギラス、メタグロス、スイクン、サンダーとなり、ガブリアスを加えたこの5匹は 結論パと呼ばれ、 これ以上の構成がない最高最強の組み合わせのパーティとして知れ渡っています。 第五世代 ハッサム 賛否両論あるかと思いますが、これはレーティングデータにおける動かぬ証拠があります。 (参考サイト1:) (参考サイト2:) 第二世代に登場してから強化され続けてきた赤のメタルボディ。 鋼・虫という後出し可能な 抜群の安定感に、高い攻撃性能と柔軟に行動できる技のラインナップでイッシュ地方の栄光を勝ち取りました。 パーティの穴を補いやすい性能を持ち、器用な立ち回りができる点が評価されています。 先制技の「バレットパンチ」を高威力で打てる上、「つるぎのまい」で強化できたり、「バトンタッチ」で他のポケモンに安全に受け継いだりと単純ながらも対策が取りづらい相手です。 実は当初は第五世代は逆風で使いづらいのでは、と言われていました。 次点でバンギラス、ガブリアス、ウルガモス、ウォッシュロトムなど対策しないと1匹で全抜きしてくるポケモン勢揃いです。 受けループ、天候パなど多くのコンセプトパーティが流行りました。 第六世代 メガガルーラ まさかの第一世代のポケモンが第六世代の王者となりました。 メガシンカして得られる 特性おやこあいは ノーリスクでダメージを1. 5倍し、技の追加効果の判定が2回という反則気味の性能です。 急所の判定も2回あるし、身代わりや気合の襷などの防御系の技や持ち物を貫通し、 特定の技では先制であれば約5割の確率で相手を行動不能にします。 種族値に換算すると攻撃が213となって 全ポケモンランキング1位になってしまったり、低いはずの特攻も116相当で破壊力は止められない化け物です。 「ちきゅうなげ」というレベルと同じダメージを与える固定ダメージ技で50レベル戦では最低ダメージ100を確保しているところや、先制攻撃で威力の高い「ふいうち」、確定で攻撃力が1段階上がる「グロウパンチ」でただでさえ最強の攻撃力を1ターンに2段階上げたり、 満場一致で最強と言われるポケモンでした。 文句なしのぶっちぎりの1位です。 第七世代 ミミッキュ 公式の愛の力により、種族値は920匹中、392位なのに 第七世代で1番強いポケモン。 能力値は高くないのになぜミミッキュは1番になれたのでしょう?まずは唯一のゴースト・フェアリーという特徴的なタイプです。。 抜群を取れるのはゴーストか鋼のみなのも優秀ですが、何よりも最強たらしめるのが 特性ばけのかわです。 何が何でもあらゆる攻撃ダメージを最初の1度だけ無効化します。 「つるぎのまい」で攻撃を2倍にしたり、先制攻撃「かげうち」やタイプ一致優秀高火力技「じゃれつく」、まもるやみがわりすら貫通する特殊状態異常「のろい」や攻撃力半減させる「おにび」等多彩な補助技を駆使したり、万能さは ポケモン界1といえます。 後に「ドレインパンチ」を習得し回復してきたり、専用Z技「ぽかぼかフレンドタイム」の超火力で全てを亡き者にする実力を持ちます。 素早さ種族値も絶妙な96という寵愛を受けたとしか思えない能力です。 第一世代:素早さとタイプ(エスパー) 第二世代:変化技と高耐久 第三世代:合計種族値 第四世代:高火力 第五世代:万能性と突破力 第六世代:メガシンカ(専用アイテムと特性) 第七世代:特性とZ技 見事に1位となった背景とカラーが時代を想像させるものとなっています。 この流れからすると、次は新要素の キョダイマックス・キョダイマックス技がトレンドになってきそうです。 第五世代からは環境を牛耳るポケモンの先制技や、補助技、追加効果のある技などの 技の豊富さが共存していることもわかります。 また、最初から最後までトップメタポケモンに他に共通しているのは 弱点が少ないことです。 よって、 弱点の少ないタイプ構成で、高い決定力と豊富な技をもつキョダイマックスできるポケモンが最強ポケモンに君臨する可能性はとても高いです。 そして、流れからすると過去に名誉を得られた子が輝くことのないように調整されていくのだと思います。 現在、調査中ですが恐らくと睨んでいます。 まとめ• 伝説を除いた 最強のポケモンは世代ごとに移り変わっていた• 対戦における強さを決める要因も時代とともに変化していた• 全世代に共通してトップメタポケモンは弱点が少ない• どの世代でも恐らくノーマルタイプは万能で使いやすいことがわかった• 変化技でHPを減らす防御型が一度も首位になっていないことがわかった• 前作品までで強かったポケモンは今でも実力があるポケモンが多い• 次回作はキョダイマックスができるポケモンが最強となる可能性が高い 参考サイト一覧 感想 こんな動画も見つけました。  第七世代の世代別ランキングでは第七世代が強すぎるのですね。 ということは 第八世代も全く新しいポケモンが上位を占領するかもしれません。 図としてのデータは【】をご参考にしてください。 ポケモン愛をここで語ろうかと思いましたが、それは発売後にTwiterでつぶやくことにします。 僕は元々マイナーポケ使いで、ハリテヤマが相棒だったのですがガラル地方にはいないとの噂で泣いています。 次の相棒は誰になるのやら。 12月6日(金)から開催されるガラルビギニングで次の最強候補がわかるのが今から楽しみですね。 2019年11月15日、新たなポケモンの歴史が塗り替えられるのを期待して待ちましょう!•

次の