オキシ クリーン レンジ フード。 面倒な換気扇掃除は、オキシクリーンを使って一発できれいに!

[オキシクリーン]レンジフードまわり、冷蔵庫、オーブンレンジのお手入れ。

オキシ クリーン レンジ フード

レンジフードフィルターの油汚れを落とす3つの条件 油汚れを効果的に落とすには3つの条件があります。 これらを満たすおそうじ条件は、 『お湯で希釈した油落とし用(アルカリ性)洗剤の中に、レンジフードフィルターをドボ付けする』 となります。 油まみれのレンジフードフィルターは、発泡スチロール容器にドボ付けする。 ドボ付けお掃除にピッタリなのが、発泡スチロール容器です。 贈り物の冷凍食品などが郵送されてくるときに使用されるアレですね。 ) 理由は 発泡スチロールの保温性の高さ。 油汚れはお湯の方が良く落ちる。 基本的な事ですが、油汚れは水よりもお湯の方が良く落ちます。 これは、誰もが感覚的にわかることだと思います。 ですので、油汚れのお掃除は、お湯に溶かし洗剤を使用する。 ということが言えます。 しかし、洗剤をお湯で希釈しても、時間とともに温度がさがれば効果は半減してしまいます。 の点、 発泡スチロール容器は温度が下がりにくいのでおすすめです。 ふたをすれば、さらに保温性が保たれます。 中には、大サイズのフィルターなど、この容器に入らない場合もありますので、その場合は、さらに大きめの容器が必要になります。 レンジフードフィルター掃除に使用する洗剤は、話題のオキシクリーンでOK! 油汚れを溶かしてくれる洗剤はいろいろあります。 例えば代表的なのが花王のマジックリンですね。 緑色の容器のロングセラー商品です。 他にも、ホームセンターやドラッグストアには、いろいろな油落とし洗剤が売っています。 今回は、今流行りのオキシクリーンを使用します。 流行りだけでなく、その効果は確かです。 オキシクリーンは過炭酸塩ベースの弱アルカリ洗剤。 また、とても安心な洗剤で、特に皮膚が弱くない人は素手で使用してもまったく問題あり増せん。 元々はコストコで売っていたオキシクリーンですが、今では薬局でもホームセンターでも購入できます。 油落とし用の用途以外にも、衣類の漂白にも使えます。 レンジフードフィルターお掃除の手順を写真でご紹介。 そこにオキシクリーンを溶かします。 そして、フィルターをドボ付けします。 今回は、2リットルのお湯に大さじ一杯のオキシクリーンを投入しました。 そうするとこんな状態になります。 オキシクリーンはお湯で溶かすと発砲します。 勝手にアワアワになります。 この状態で汚れ状況に応じて、5分~20分ほど待ちます。 ときどきゆすって水流を発生させてあげると、さらに効果的に落ちてくれます。 途中取り出して、刷毛などで擦ってみます。 刷毛を使う理由ですが、フィルターには無数の空気の通り道(穴)が開いています。 その一つ一つの穴周辺に入り組んだ油汚れは、スポンジなどでは取れませ。 凹凸の凹の部部に入り込んだ汚れをどう掻き出すかがポイントです。 今回は発泡スチロール容器での清掃をご紹介しましたが、実際にはフィルターが漬かるくらいの容器であればなんでおOKです。 発泡スチロール容器にちょっと一工夫。 お湯を張った容器ですが、おそうじが終わって油まみれの汚水を流す時は重くて大変ですね。 そこで、あらかじめ容器の底に穴をあけておきます。 丸めたティッシュとサランラップを使用して、簡易的な「栓」を作ります。 そして、作業が終わったら、その「栓」を外すと汚水が排出されるようになります。 おそうじをキッチンのワークトップで行い、あらかじめ容器の端をシンクに端かけしておけば、排出先も楽チンですね。 まとめ この発泡スチロール容器でフィルター付け置きお掃除方ですが、非常に効果的なお掃除テクニックです。 このためだけにでも、発泡スチロール容器を常備しておくといいと思います。 もし、ご自宅になければ、ホームセンターに行ったときにでも、購入してみましょう。 発泡スチロール容器は、レンジフードフィルターのお掃除以外にも、活躍してくれますから。 楽に落ちると分かれば、おそうじも楽しくなります。 フィルターにいきなり洗剤をかけてブラッシングしても、なかなか油汚れは落ちません。 おそらく8割近い方が、すぐに擦りたくなる症候群をお持ちだと思います。 ですが、擦るのはぐっとこらえて下さい。 オキシ付けしている間に、お子様の送迎など、他の行動ができますから。 まずは、オキシクリーンを溶かしたお湯洗剤に付け置きをしてみましょう。 追記:他のお掃除でも実行できる応用テクニック これまでは、発泡スチロール容器を使用したレンジフードフィルターのお掃除方法を書いてきました。 この「発泡スチロールでオキシ付けお掃除術」は、いろいろなお掃除で活躍してくれます。 ガスコンロの五徳の汚れはなかなか落ちません。 それもそのはずです。 料理中に拭きこぼれた水分が五徳に付き、熱で固まる。 これの繰り返しですから。 ですので、ガスコンロの五徳も、レンジフードフィルターと同じように、発泡スチロールで高温オキシ付けしましょう。 これで、油汚れやコゲなどの汚れが緩まり、落としやすくなります。 レンジフードフィルターをオキシ付けする時に、五徳も一緒に投入してもいいと思います。 ですが、レンジフードフィルターと五徳が接触している部分だけ、塗装がおかしくなる場合がありますので、注意して下さい。 奥のクルクル回転するシロッコファンの汚れも気になりますね。 シロッコファンのメイン汚れは油汚れ。 ですので、フィルターと同じように、オキシ付けします。 ここでポイントになるのが、発泡スチロール容器のサイズです。 レンジフードフィルターに必要なサイズは、そのフィルターが入るような広い面積です シロッコファンの場合は、面積よりも深さの方が必要になってきます。 そして、次にシロッコファンを投入します。 ふたがあればふたをします。 ときどき、容器をゆすり水流を作ってあげると、油よごれが早く緩みます。 その後に、シロッコファンを取り出し、 歯ブラシなどで物理的に擦っていきます。

次の

[オキシクリーン]レンジフードまわり、冷蔵庫、オーブンレンジのお手入れ。

オキシ クリーン レンジ フード

換気扇の清掃ってとっても大変ですよね。 油ギッシュですごく汚い。 でも、 最低でもワンシーズンに 一度くらいはやらないと 恐ろしいことになり、 後で泣きを見ることになったりしますよね。 しかし、 そんな油ギトギトで汚い換気扇を 簡単に綺麗にする方法が実はあるのです。 その方法とは 「 オキシクリーン」 を用いて漬け置きする方法です。 というわけで今回は、 私が最高の洗剤だと信じて疑わないコストコの超お勧め商品 「オキシクリーン」 を使用して、 換気扇の清掃を行い 非常に簡単で感動するくらい綺麗になりましたので、 そのやり方・行ってみた具合・感想を紹介いたします。 こんなのを重層等でごしごし磨くとか想像しただけで大変ですね。 ですが オキシクリーンで、 簡単に綺麗になるのであれば あまり触ることなく清掃できるので、 とても楽でありがたいですね。 オキシクリーン溶液を作る という訳で 換気扇をオキシクリーンで清掃していきます。 まずは桶にオキシクリーンを カップ一杯(4のライン)入れます。 これでオキシクリーン溶液の完成です。 オキシクリーンを4のラインで1杯入れてお湯に溶かす• 換気扇を外し、オキシクリーンの入ったお湯に入れる• 6時間以内を目安に放置する。 時間がたったらお湯を流し水ですすぐ• 乾かして取り付ける といった具合になります。 最後に 正直こんなに簡単に綺麗になるとは思っていなかったので驚きました。 今まで行ってきたオキシ漬けの中でも特に効果を実感できました。 しかも 、歯ブラシ等で擦るよりはるかに綺麗になります。 一度でもオキシクリーンで、 換気扇の清掃を行うと、 もう今までの換気扇のお掃除方法には絶対戻れ無いと言い切れます。 本当にとーっても簡単になので、 皆さんも良かったら是非お試し下さい! 凄くおススメですし、気持ちいいぐらい綺麗になります。 という訳で今回はこんなところで。 では、また。

次の

レンジフード(換気扇)の分解掃除方法7ステップ!業者の費用相場は?

オキシ クリーン レンジ フード

サラサラしている• 水に溶けやすい• 消臭効果がある• アルカリ性である• 中性に近いアルカリ性のため、絹や毛などのデリケートな生地にも使える• 油汚れに強い• 皮脂などのタンパク質の分解に効果がある オキシクリーンや重曹と同じく、アルカリ性で兄弟のように近しい性質を持っていますが、 アルカリ性の強さ:オキシクリーン>セスキ炭酸ソーダ>重曹となっていて、セスキ炭酸ソーダはちょうど中間に位置しています。 漂白・除菌までできるオキシクリーンは強め!重曹は食べ物にも使えるとあって安全性はあっても洗浄力や分解力はもっとも低いということがわかります。 上記を踏まえて考えると、 程よい洗浄力と水にも溶けやすいセスキ炭酸ソーダは一番使い勝手がいいということになります。 セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく、洗浄力も程よいので、漬け置きできないものや場所などの拭き掃除や毎日の洗濯や洗い物に使用 キッチンの掃除 茶渋などのしつこい汚れにはオキシ漬け…セスキでは取りきれない、まな板や茶渋などの頑固な汚れには、2週間に1回オキシ漬け 毎日の洗い物にはセスキ漬け…食後の食器はセスキ水に漬け込み、お湯とスポンジで洗い流すだけでOK 布巾の洗濯 テーブルや汚れを含んだ場所を拭いた後の布巾はオキシ漬け…汚れも落とせて、除菌もできるから一石二鳥です。 洗い物を拭いただけの布巾はセスキ水…もみ洗いするだけで十分!毎日の洗濯にセスキを使いましょう。 ガス周りやレンジフードの掃除 レンジフード内のギトギト油や汚れがしっかりついた五徳はオキシクリーン…オキシクリーンを溶かした液をスポンジに染み込ませ汚れを取るように分解させていきます。 油とホコリが混ざったしつこい汚れにはキッチンペーパーでパックするのも効果的! ガス周りやレンジフードの外側はセスキ水…レンジ周りはセスキ水で拭き取り掃除、五徳はオキシ漬けで汚れを分解します。 レンジフードの外側やレンジ周りはセスキ水を吹きかけ、スポンジで軽くこすり、最後に雑巾で拭きます。 お掃除後、油がウロコのようになっていたレンジフードはまっさらの状態になり、レンジフードやレンジ周りもピッカピカに! 数年溜め込んでいたレンジフードカバーに至っては、汚れている部分と汚れをとった後の比較ができるように掃除してみたところ、その差が面白いほどよくわかりました。 オキシとセスキを使ってお掃除すると時間をかけずに面白いほど油汚れがよく落ちるということがわかったので、これからは間を開けずに定期的にお掃除していきたいと思います。

次の