献立 いろいろ みそ。 献立いろいろみそつゆ/みそ|ブランド|イチビキ株式会社

つけてみそかけてみそVS.献立いろいろ

献立 いろいろ みそ

名古屋と言えば、「名古屋めし」の愛称で親しまれる様々な絶品料理があることで有名です。 そのなかでも共通して言えることは 味噌味の料理が多いこと。 他県の人から「どの料理にも味噌かけるだろ」といじられるほど、名古屋の人たちは味噌好きで知られています。 代表的なのは、味噌おでんに味噌煮込みうどん、そして味噌カツなど。 うどんは、かなりバリカタ、スープは、甘くて、こってりして、塩味もしっかり。 白米入れて食べたい。 — usa41 usa41 名古屋のイラスト教室 土曜クラスだん。 皆さん美しい色で描いてくださる!ランチは地雷やのイートインに入り、天むすでなくて味噌カツ注文! — 眼福(がんぷく)ユウコ gampy う〜んどれも美味しそう! 名古屋の人たちのみそ好きはよ〜くわかりましたし、そのことは知っている人も多いはず。 しかし最近、その味噌好きが暴走して 衝撃的な商品を生み出してしまったという報告が届いて周りを驚かせているんです。 その話題の商品がこちら。 名古屋人、何にでも味噌をかける癖を拗らせて、とうとう味噌をアイスクリームにする。 — うそつきなすび UsotukiNasubi は?みそアイス?! でももしお店に並んでるのを見かけたら、思い出としてまんまと買っちゃうかも・・・。 味噌とアイス、どう考えても合いそうにありませんが、一体どんな味なんでしょうか。 実際に食べてみた人たちの感想がこちら。 献立いろいろみそアイス、意外といけました。 みそというか、なかに餅ソースがはいってるせいか五平餅みたいな感じ。

次の

日常献立

献立 いろいろ みそ

味噌さえ塗っときゃ何でもご馳走になると思っとる名古屋人。 私もそんなNAGOYANの一人です(もっとディープなのは三河人?)。 さて、NAGOYANの一家に一本は常備されている(と言われている)「つけてみそかけてみそ」ですが、実はその対抗商品として「献立いろいろみそ」というのがあります。 びみょーに「つけてみそかけてみそ」の方が甘いような…気がするので、山でちゅぱちゅぱするにはこちらに軍配が上がります。 帰宅直後、あまりにお腹が空いて倒れそうなとき(いわゆるシャリバテしそうなとき)も、とりあえずエネルギー補給するためにちゅぱっとするときがありますが、この場合は「献立いろいろみそ」かな。 料理に使うとなると、献立によって適性があると思うので、「つけてみそかけてみそ」と「献立いろいろみそ」を使い分けてます(その日の気分にもよる)。 で、早速IPDLで調べてみると…。 「つけてみそかけてみそ」(第5109026号)の指定商品は「味噌を使用してなる菓子及びパン,味噌を使用してなるドレッシング・焼肉のたれ,みそだれ 」。 ちなみに最近、「つけてみそ」と「かけてみそ」は別個独立に出願されてます。 ブームが巻き起こった(らしい)ので、念のために出願されたのでしょうか。 一方、「献立いろいろみそ」の登録商標は「献立いろいろ」(第3326647号)。 指定商品は「調味料」で、この登録商標は味噌以外の調味料にも使われています。 シリーズモノの商標なんですね。 ちなみに、私はびみょーにマヨラーでもあるので、味噌とマヨのハイブリッドも多用します。 まあ…どーでもよいハナシでしたが、また次回も見ていただける方、ぷちっと押していただけると嬉しいです。 一例をご紹介いたします。 ・新規事業・フランチャイズ化をお考えの方は「 」へ。 ・ネット上でネーミングなどを使用するときは「 へ。 ・商標に関して実際にどんなトラブルがあるかは「 」へ。 ・「 」では商標に関してよくあるご質問をQ&A形式でご紹介しています。

次の

開封後1年冷蔵していた はまだ食用に使えるでし

献立 いろいろ みそ

名古屋の味噌文化から誕生した味噌だれ 『献立いろいろみそ』は、日本で一番売れている加工味噌。 東海圏だけでなく全国的に人気らしい! 実際にお料理をつくってその理由を確かめてみよう! 本場の「みそだれ」のうまさを家庭で手軽に! 名古屋といえば味噌カツや味噌煮込みうどん、味噌おでんなど「味噌文化」が有名。 それぞれの家庭で特製の「みそだれ」を手作りする家庭もあるほど、味噌愛は深いらしい。 関西人の記者はソースに囲まれて生きてきたので、味噌には縁があまりなかったが、初めて味噌カツを食べたときはあまりのうまさに「知らなかったことを後悔した」ほどだ。 イチビキ株式会社(愛知県名古屋市)の 『献立いろいろみそ』(450g・標準小売価格 税抜375円)は、これ一本でいろいろな料理がつくれる便利なみそだれをつくりたいという思いから誕生した大ヒット商品。 豆味噌文化の本場である中部圏の味付けを徹底的に研究し、試作を繰り返したというアレンジレシピはなんと1000種類以上! 地元の人の根強い支持もあり、日本で一番売れている加工味噌へと成長したという。 これはうれしい! 今回はその中から、『献立いろいろみそ』を使った豚バラ大根をつくって実際に食べてみよう。 『献立いろいろみそ』を使って、豚バラ大根を作ってみた! 一般的な味噌といえば、袋入りかプラスチックのケース入りが多く、あまり使い勝手が良いものではない印象がある。 中身のモレが気になったり、時間がたつと乾燥してカピカピになってしまったり、それは味噌にとって当たり前だと思っていた。 が、『献立いろいろみそ』は、「使いやすくて保管もできて、繰り返し使える容器を」と本気でパッケージにこだわっているからすばらしい。 パッケージ上部には、ゼリーやアイスなどの包装でよく見かける「スパウト」と呼ばれるキャップ付きの注ぎ口がついていて、中身を出しやすいし空気が入りにくいから乾燥にも強い、保存にも適した形状になっている。 中身を実際に出してみると、赤褐色の濃厚そうなみそだれが登場。 コクのある豆みそに米みそをブレンドし、鰹と昆布のうまみを加え、甘みを加えてねりあげたみそだれだという。 カツやフライにそのままかけるだけでも、甘いみそだれが油と相性抜群でかなりおいしい。 しかも化学調味料無添加。 今回は、ブランドサイトにあるおすすめレシピを参考に「豚バラ大根」にチャレンジ。 豚バラ肉と大根を用意して、作っていこう。 豚肉は塊のまま下ゆでし、ひとくち大にカット。 大根は食感を感じられる大きさで半月切りに。 鍋に豚肉と大根を入れて、水を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にしてアクを取る。 あとは適量の『献立いろいろみそ』と酒を加えて、お肉が柔らかくなるまで煮込むだけ。 通常40~45分煮るが、圧力鍋などがあれば短時間で料理できるし、何より味付けが簡単で料理上手でなくともラクに作れたのがうれしい。 みそだれの絡め具合にもよるが、ごはんがよく進むおかずができあがった。 甘い味付けなので子供も喜んでパクパク食べていた。 ちょっと濃いめにつくれば酒のアテにもぴったりで、また食べたくなる味に仕上がった。 また、ほかにつくってみた中でおいしかったのが「みそ焼きおにぎり」。 おにぎりをフライパンで焼き、『献立いろいろみそ』を塗ってまた焼くだけなのだが、こうばしい香りがしてかなりおいしかった。 お弁当にもおすすめだ。 『献立いろいろみそ』はシリーズ4品を展開中! 味噌文化に縁のない人にでも広く受け入れられそうな『献立いろいろみそ』シリーズは、「献立いろいろピリ辛みそ」、「献立いろいろ肉みそ」、「献立いろいろみそ白」といった仲間たちもラインナップ。 いずれも公式サイトの「おすすめレシピ」に数々のメニューが掲載中。 一番売れ筋の『献立いろいろみそ』は150g・300g・450gの3種類があり、全国のスーパーやイチビキ公式通販サイトにて取扱い中。 「かける・あえる・煮る・炒める」がこれ1つでOKという最強時短みそだれは、お弁当や夕飯のマンネリ化を解決してくれるはず。 ぜひ一度ためしてみて。

次の