ツナ缶 レシピ。 家事ヤロウ|ツナ缶そうめんの作り方レシピ

豆腐とツナ缶で「ほぼチキンナゲット」!安ウマレシピ

ツナ缶 レシピ

ツナ缶アレンジレシピ【教えてもらう前と後】 ツナ缶が簡単に様々なお料理に大変身しちゃいます。 村田明彦シェフのツナ缶でおやきレシピ うまい棒のチーズ味とめんたい味を使った簡単おやき! 材料 ツナ缶・・・1個 チルドうどん(または冷凍うどん)・・・1玉 うまい棒(チーズ味)・・・1本 うまい棒(めんたい味)・・・1本 卵・・・1個 ショウガ 水 《あん》 めんつゆ 水 水溶き片栗粉 作り方 1.ツナ缶は油を切ります。 うどんはざく切りにします。 3.うまい棒の袋を小さく開けて空気穴を作り、袋ごとこなごなに潰します。 7.鍋に水で薄めためんつゆを加えて熱し、水溶き片栗粉でとろみをつけます。 梅沢富美男さんのツナのナゲットレシピ 豆腐とツナで驚くほど美味しいナゲットが完成します。 材料 ツナ缶・・・1個 木綿豆腐・・・1丁 片栗粉・・・大さじ1 鶏がらスープの素・・・小さじ1 マヨネーズ・・・大さじ1 溶き卵・・・1個 作り方 1.木綿豆腐は電子レンジで使用可能なキッチンペーパーで包み、電子レンジで3分ほど加熱して水切りをします。 梅沢富美男さんのツナのフワフワおぼろ豆腐レシピ 酢を加えることで、ホロホロのおぼろ豆腐が! 朝食にもピッタリの優しい味わいのレシピです。 材料 油揚げ・・・1枚 豆乳・・・200cc ザーサイ ツナ 中華スープの素 しょう油 ネギ(小口切り) 酢・・・小さじ1 水菜 ラー油 作り方 1.油揚げをオーブントースターで3分ほど焼き角切りにしておきます。 2.鍋に豆乳を入れて温めます。 3.ザーサイをみじん切りにします。 4.器に油を切ったツナ・ザーサイ・中華スープの素・しょう油・ネギ・酢を入れておきます。 森泉さんのツナハンバーグレシピ 森泉さんのおばあ様が作ってくれていたというハンバーグです。 パン粉の代わりにクラッカーを使用することで香ばしさがアップします。 材料 ツナ缶 玉ねぎ 卵 クラッカー 大葉(細切り) マヨネーズ 作り方 1.クラッカーを密閉袋に入れて閉じ、上から麺棒を転がしながら粉々に砕きます。 2.玉ねぎはみじん切りにします。

次の

5分で完成!簡単「ツナ缶」アレンジ朝ごはんレシピ5選

ツナ缶 レシピ

【材料】12個分• ツナ缶…80g• Aコーン缶…50g• 餃子の皮…12枚• 水…50ml• サラダ油…大さじ2• ピザ用チーズ…60g 【作り方】• ボウルに汁を切ったツナ缶と Aの材料を入れて混ぜ合わせる• 餃子の皮の淵に水を薄く塗ったら、1を中央に乗せてひだを作って閉じる• フライパンに油を敷いて熱し、2を円形になるように並べたら中火で2分程焼く• 焼き目がついてきたら、水を回し入れて蓋をして3分程蒸し焼きにする• 蓋を取り水分を飛ばしたら、隙間にチーズを散らせる• チーズがカリッとなったら、フライパンに器をかぶせて裏返して完成 【材料】約18個分• 木綿豆腐…1丁• ツナ缶…1缶• A卵…1個• A片栗粉…大さじ5• Aマヨネーズ…大さじ1• サラダ油…適量• ライムの薄切り…適量• レッドキャベツのスプラウト…適量• Bサワークリーム…90g• Bパセリのみじん切り…大さじ1• B塩…少々 【作り方】• 豆腐をキッチンペーパーで包み、600Wのレンジで1分半加熱する• 重みのあるもので重石をして、粗熱が取れるまで水切りをする• ボウルに1を入れたら食感が残る程度につぶす• 汁を切ったツナ缶と Aの材料を3に加えて、よく混ぜ合わせる• フライパンに1cm程の深さまで油を入れて熱する• 4をスプーンですくい楕円形にしたら落とし入れて、両面がこんがりするまで揚げ焼きにする• 器にライムを敷き、ナゲットを乗せたら根本を切ったスプラウトを乗せる• Bの材料を混ぜ合わせたソースを好みで添えたら完成.

次の

教えてもらう前と後|ツナ缶アレンジレシピ【ナゲット・おぼろ豆腐・おやき・ハンバーグ】梅沢富美男さん・森泉さん参戦!

ツナ缶 レシピ

Sponsored Link 家事ヤロウ ツナ缶そうめんの材料• そうめん 2束• オイル漬けのツナ缶 1缶• 醤油 大さじ1• オリーブオイル 大さじ1• 黒コショウ 少々• レモン 適量 家事ヤロウ ツナ缶そうめんの作り方• 鍋にお湯を沸かし、袋の表示時間通り そうめんを茹で茹で上がったら、氷水で冷やし水気を切りボウルに入れる。 そこへ、オイル漬けのツナ缶を汁ごと全て入れ良く混ぜ合わせる。 ツナ缶がそうめんに なじんだら醤油、オリーブオイル、黒コショウを加え良く和える。 お皿に盛りつけて、お好みでレモン汁を回しかけて完成。 まとめ とっても簡単で美味しい「ツナ缶そうめん」 是非参考に作ってみてください。

次の