東京 家政 大学 附属 女子 高校。 東京家政大学付属女子高校【板橋区の高校紹介/情報・評判・口コミ】

東京家政大学附属女子高等学校

東京 家政 大学 附属 女子 高校

推薦の基準 昨年度のもの E(A):内申3科計12(14)以上または5科計20(22)以上または9科計36(38)以上、英国数は各3以上。 i (A):3科計11(12)以上または5科計19(20)以上または9科計33(36)以上。 Bの英国数は各3以上。 いずれも( )はB。 3年次の欠席日数20日以内。 検定優遇措置 推薦・一般:英検・漢検・数学検定のいずれかが3級で内申に1点、準2級以上で2点加算。 偏差値や確約と言っているので埼玉県の人ですか? 都内私立は模試の偏差値ではなく内申で決まります。 分かりにくいと思いますが、埼玉県の人は 内の数字が推薦基準になります。 詳しい事は、説明会や文化祭などの機会の個別相談で確認してください。 内部進学の為の枠は少ない様です。 基本的に学部別の推薦人数が決まっていて、それぞれ希望者の中から成績順のはず。 Eクラス 特進 は内部推薦は使わずに全員外部受験です。

次の

東京家政大学附属女子高等学校

東京 家政 大学 附属 女子 高校

東京家政大学附属女子高校について 東京家政大学附属女子高校は、板橋区にある女子校です。 そして全日制普通科となっています。 学校へのアクセスですが、最寄駅はJR 十条駅より5分、都営三田線 新板橋駅より12分、東武東上線 下板橋駅より15分とアクセスが良い立地です。 東京家政大学附属女子高校の偏差値 東京家政大学附属女子高校の偏差値はズバリ偏差値54~60 東京家政大学附属女子高校は偏差値から言っても、上位校レベルの学校です。 同じような偏差値のレベルだと、 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ が私立の中で似た偏差値の学校となります。 関連記事: 東京家政大学附属女子高校と近い偏差値の学校はこちら ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 東京家政大学附属女子高校の倍率 東京家政大学附属女子高校の倍率ってどうよ? 東京家政大学附属女子高校の倍率は、例年平均1.0~1.3倍となっています。 偏差値が高い学校でよく見られる倍率となります。 【推薦(E CLASS)】19年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i-E A )】18年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i-E A )】17年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i-E B )】18年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i-E B )】17年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(i CLASS)】19年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i A )】18年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i A )】17年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i B )】18年度の倍率 女子の倍率 1.0 【推薦(躍進i B )】17年度の倍率 女子の倍率 1.0 【一般(E CLASS)】19年度の倍率 女子の倍率 ー 【一般(躍進i-E)】18年度の倍率 女子の倍率 1.3 【一般(躍進i-E)】17年度の倍率 女子の倍率 1.0 【一般(i CLASS)】19年度の倍率 女子の倍率 1.1 【一般(躍進i)】18年度の倍率 女子の倍率 1.2 【一般(躍進i)】17年度の倍率 女子の倍率 1.0 やはり偏差値から言っても私立屈指の進学校なので、早めの受験対策が必要です。 2018年度は一般で倍率が上がったため、引き続き注意をした方が良いでしょう。  東京家政大学附属女子高校の制服 東京家政大学附属女子高校の制服ですが、女子の制服は、紺色のブレザーに、スカート、リボンとなります。 個人的に制服は非常にシンプルな印象を受けます。 東京家政大学附属女子高校の部活 東京家政大学附属女子高校の部活は運動部も文化部も非常に活気があり、盛んです。 偏差値が高い学校では珍しく、部活に力を入れる学生が多いです。 そのため、部活と勉強の両立が大変かもしれませんが、周りの学生が皆同じ状況なので、逆に切磋琢磨、仲間と一緒に頑張れるのかもしれません。 ドリルチーム部は全国大会優勝、ソフトテニス部はインターハイ出場の実績 があります。 東京家政大学附属女子高校の進路 東京家政大学附属女子高校の進路で多いのは、四年制大学、次に短大、進学準備、専門学校となります。 私立高校の中でも進学校に位置付けられるため、偏差値が高い国公立を目指す学生が多いです。 筑波大や埼玉大などに合格者が出ています。 生徒の中には難関私立大を目指す学生も多く、特にGMARCHレベルの大学への進学率が高いです。 東京家政大学附属女子高校出身の有名人 該当者なし 東京家政大学附属女子高校の文化祭・体育祭 東京家政大学附属女子高校では、年に1度、10月に緑苑祭と呼ばれる文化祭を行います。 文化祭は一般公開されているので、毎年多くの学校関係者や受験生が文化祭に訪れます。 東京家政大学附属女子高校を受験しようと考えている人は、是非この機会に文化祭に参加し、学校の雰囲気を見に行くことをお勧めします。 体育祭の代わりに運動会が6月に開催されています。 東京家政大学附属女子高校の学校見学・説明会 東京家政大学附属女子高校の学校見学・説明会の日程ですが、7月~の説明会、10月の文化祭があります。 私立高校の説明会は回数が少ないため、しっかりと説明会や学校見学の日程を確認してください。 また偏差値が高い学校は、例年倍率も上がるため、満席になる前にしっかり予約が必要な場合は予約を入れるようにしましょう。

次の

大学合格実績

東京 家政 大学 附属 女子 高校

学校名 女子校 東京家政大学附属女子中学校高等学校 住所 〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1 交通 JR埼京線「十条」徒歩5分。 都営三田線「新板橋」徒歩12分。 東武東上線「下板橋」徒歩15分。 電話番号 03-3961-2447 学校長 篠原 善廣 沿革 明治14年和洋裁縫伝習所として創立。 昭和21年現在地に移転。 学制改革により現校名に。 教育方針 自主自律の建学精神のもと、「愛情・勤勉・聡明」を生活信条に、未来を拓くしなやかな女性を育てることを目指しています。 施設・設備 教室にはベランダがついています。 CALL教室、VM教室、コンピュータ室、視聴覚室、ランチルーム、カウンセリングルームなどが整っています。 学習内容 将来を考えるヴァンサンカン・プラン 学ぶ意欲の向上と学習習慣の確立を重視し、全ての教科で、生徒同士が互いに知力を出し合い、学びあうことで課題をクリアしていく協同学習を導入しています。 中高一貫のカリキュラムにより、主要5教科を中心に十分な授業時間を確保し、成長段階に応じた授業とサポートで基礎学力の定着を図っています。 英語では、中1からネイティブによる授業や少人数授業を取り入れており、読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく育てることに力を入れています。 高校では、高3で文系・理系に分かれ、進路別クラス編成となります。 選択科目も設けられ、演習中心の授業が実施されます。 25歳を目標に理想の自分を思い描き、それを実現するために人間力を高める「ヴァンサンカン・プラン」では、生徒の成長段階に応じて、OG講演会やスピーチ大会、マナー講座など、さまざまなプログラムが設けられています。

次の