巻き玉。 【楽天市場】長岡屋茂助あご野焼・す巻・巻き玉子セット:一畑百貨店

【楽天市場】長岡屋茂助あご野焼・す巻・巻き玉子セット:一畑百貨店

巻き玉

ご注文後に、一畑百貨店よりお送りするご注文確認メールにて配送料金を含んだ金額をお知らせいたします。 ご安心下さい。 詳しくはのページをご覧下さいませ。 返送料は当店負担です。 商品の返品・お取替えは商品到着後、8日間以内にご連絡をお願い致します。 クール便はクール便の料金となります。 何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。 まとめてご注文の際は、常温と冷蔵で送料が2口分かかる場合がございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 また、クール冷凍便は、常温便・冷蔵便と同梱発送が出来ません。 ・何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 後ほど、店舗からご連絡いたします。 送料別の商品と送料込の商品を同時にご注文の場合は、以下の送料込商品の扱いもご参照ください。 送料込商品の扱い:1配送先につき、送料込の商品と送料別の商品を同時にご注文の場合、 送料は上記料金表の適用外になります。 後ほど店舗からご連絡いたします。 送料分消費税: この料金表の送料には消費税が含まれています。 離島他の扱い:離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。 ||||| Copyright c 2011 ICHIBATA All Right Reserved.

次の

ワックスコードで作る巻き玉!簡単糸巻きビーズでピアスレシピ【ハンドメイド無料レシピ】

巻き玉

玉巻き器を使わないでかせを毛糸玉にする方法2つ バルト三国で手に入れた毛糸は「かせ(Hank)」の状態の物が多かったので、そのままでは編み始めることができず、自分で毛糸玉(Cake)に巻き直す必要がありました。 私は玉巻き器(Ball Winder)を持っていないので手で巻くしかなかったのですが、実際にやってみると意外と簡単だったので、方法をご紹介したいと思います。 巻き方は2通りあって、道具を使って巻く方法と、指のみで巻く方法があります。 動画でご覧になりたい方は、ページの最後にあるのでご覧ください。 ラップの芯などを使って毛糸玉にする方法 まず最初は道具を使って行う玉巻きの方法です。 用意するもの 必要な道具は、ラップの芯などのある程度の太さと長さがあるものです。 ちなみに私が今回使ったラップの芯の太さの直径は、約3㎝でした。 毛糸の量が少ない場合はもっと細いものがいいのですが、並太や中細で 50g 以上のかせを巻くときは、このくらいの太さがあったほうがやりやすいかなと思います。 後は、毛糸玉にするかせの状態の毛糸です。 かせになっている毛糸は、糸端が結んであるものと、別の糸で縛ってあるものがあるので、気を付けながら糸をほどきます。 かせは、絡まってしまわないように椅子の背もたれなどに引っ掛けておくのが一般的ですが、私は「体育座り」の時のように膝を片方だけ立てて座り、そこにかせを引っ掛けて巻く方が扱いやすいと感じました。 まず初めに、、ラップの芯の上部5㎜~1㎝くらいに1か所切り込みを入れます。 毛糸の糸端10㎝くらいを中に入れて、かせにつながっているほうの糸が外に出るようにして切り込みに引っ掛けます。 毛糸をぐるぐるとラップの芯に巻き付けます。 大体20回くらい。 私は手前から後ろに向かって巻きつけましたが、向こう側から手前でも大丈夫です。 このあたりから形を作っていきます。 毛糸玉の左下から右上に向かって糸を巻きますが、このとき、ラップの芯も同時に、手前に回しながら糸が均等に巻き付くように巻いていきます。 (逆の向きに巻いた方は、右上から右下に向かって糸を巻き、ラップの芯は向こう側に回します。 ) 糸がなくなるまでひたすら同じ方向に巻いていきます。 最後はほどけてこないように、2周分くらいの長さを残して写真のように巻き付け、糸端を入れ込みます。 こんな感じ。 芯から外したときの様子。 芯がしっかりしているので、形がきれいにできます。 使う時は、中心の糸端を引き出して編みます。 道具を使わないで、指のみで巻く方法 まずは、指3本を使って、ラップの芯の時同様、糸をぐるぐると20回くらい巻き付けます。 このとき、糸端は親指で押さえておくとやりやすいです。 ある程度巻けたら、使う指を人差し指と中指の2本に減らします。 こうすることによって、糸玉をスムーズに動かしやすくなります。 ここも巻き方はラップの時と同じ。 そして、ある程度形ができてきて、しっかりとした土台になったら、親指に移して残りの糸を巻きます。 ラップの芯の時同様、毛糸玉を反対方向に回転させながら行います。 人差し指と親指で毛糸玉を挟むようにして繰り出すとスムーズです。 このときも、最初から親指に巻かなかったことで、穴にある程度余裕ができて動かしやすくなっていると思います。 糸が長ければ長いほどきつくなりがちなので、ぜひこの方法を試してみてくださいね! この辺まで大きくなると、もはや親指の長さを超えてしまうので、私は親指と人差し指で毛糸玉を挟みながら巻いています。 この方法でできる毛糸玉は、ラップの芯を使った方法でできたものと比べて糸を引き出すときに若干引っかかりを感じます。 見た目も、道具を使ったときのほうがきれいにできますね。 しかし、両方とも真ん中から糸を引き出すことができるという点では変わりがないので、思い立った時や余った毛糸をちょっとだけ巻きたいという時は、道具を使わないでできるのが高ポイントだと思います。 ちなみに糸の量が少ないときは、ラップの芯ではなくジャンボ針やペンなど、直径の小さいものを使ってください。 そうしないと、玉になりませんw かせの状態の糸を毛糸玉に巻き直すときだけでなく、少しだけ余った糸や作品をほどいて糸の状態に戻すときにこの方法を使うと、次に使う時扱いやすいので、私はこの方法をマスターしてからは、毛糸を巻くときはいつもこのやり方で巻いています。 先日、毛糸のマーケットに出かけ、アルパカの毛糸とか、いろんな毛糸を沢山買いこんできました。 ただ、輪っかになって販売されてた(「かせ」っていうのかな?)毛糸が6個ほどあり、「はて、どうしたもんか・・・」と困ってました。 専用の玉巻き器を買うほどの量でもないし・・・。 よもぎさんのサイト、写真がすごく綺麗だし、説明の文章がわかりやすくて、本当に助かりましたー! 私自身もブログをやっており、編み物に特化してるよもぎさんのブログ、とても参考になりました。 私も、よもぎさんのような分かりやすいブログを心がけたいなと改めて思いました。 よもぎさんは、すごいですね。 手編みに夢中だけど、ちゃんと写真撮ったり、ブログに載せたりとマメにされている!私も見習います! よもぎさんの、玉巻きのやり方のページがとても分かりやすかったので、私のブログの手織り記事で、いつか、リンクを貼らせてもらってもいいかな? ようこさん はじめまして。 コメントありがとうございます! ラップの芯を使った毛糸玉の作り方の記事、ようこさんのお役に立ててよかったです! ちょっとした量の毛糸を巻くのには最適ですよね。 しかもレーザーカッターでつくる本格的なもの!売り物みたいです!! >手織りは大好きだけど作品を作るのが楽しすぎて、ついつい写真を撮り忘れたり、 ブログにアップするより先に他の作品が作りたいと感じてしまったりして、ブログが追いついてませんが・・。 作り方だけでなく、あの時こういうことを考えながら作っていたな~なんていう思い出にもなるし。 ようこさんの手織りに関する情報も、とても豊富で 手織りにあまりなじみのない私にもわかりやすく、興味深かったです。

次の

巻き玉でアクセサリー♪刺繍糸とウッドビーズでお手軽かわいい巻き玉の作り方!【ハンドメイド無料レシピ】 巻き玉 作り方

巻き玉

【ハンドメイド無料レシピ】 巻き玉 作り方 巻き玉って知ってますか? 一見難しそうに見える巻き玉ですが、やってみると意外と簡単! ウッドビーズに刺繍糸を巻きつけるだけなんです! 刺繍糸も光沢のものや普通のもの、カラーを何色か使ったりとアレンジも自在! 刺繍糸をほぐし、針に通します。 【ポイント】 なるべくきちんとほぐしましょう! ここであまりほぐさずにそのまま針に通してしまうと、ウッドビーズに巻き付けるときにきれいに巻きづらくなります 2. 刺繍糸を通した針をウッドビーズに通し、刺繍糸を巻きつけていきます。 針を通したとき、刺繍糸を5センチくらい残して巻き付けていきましょう。 【ポイント】5センチくらい残した部分を手で持ちながら巻き付けていくと、ゆがんだりせずにきれいに巻きやすいです。 なるべくウッドビーズの表面が見えなくなるよう、丁寧に巻き付けていきましょう! ここで最後の仕上がりが左右されます! どんどん巻き付けていきます。 【ポイント】糸がねじれてしまったり、細く束になった状態で巻いていってしまうと、仕上がりが美しくなりません。 丁寧に! 慎重に巻いていきましょう。 糸を巻き終えたら、下側と同じように少し余裕を持たせた状態で糸をカットしましょう。 【ポイント】今回は単色ではなく、何色か巻いていきたかったので、ウッドビーズ4分の1くらいのところで終わりにしています。 すべての色を巻き終えました! ウッドビーズの穴に、Tピンを通します。 【ポイント】 今回はビーズの穴が埋まるほどキツキツに糸を巻きつけたので使っていませんが、ビーズの穴が大きい場合や強度を持たせたい場合は、Tピンを通したあとに接着剤をつけることをお勧めします! Tピンを、なるべくグッと押し込めます。 Tピンを通し終えるとこんな感じです。 Tピンの先端を、ヤットコ等で丸くします。 詳しいやり方はをご覧下さい。 Tピンの先端を丸めました。 アクセサリーを作ろう! 先ほど作ったTピンの丸いカンに、9ピンを通します。 そしてそこにパールビーズを通し、9ピンの先端を処理します。 下には、プレートチャームも添えてちょっとレトロなピアスができました。 いかがでしょうか! 刺繍糸を巻きつけるだけで、こんなに簡単に巻き玉アクセサリーが作れるとは、私自身も驚きましたし感動しました!

次の