ドコモ 生体認証 登録。 【ドコモ】スマホ認証の設定方法&使い方

生体認証機能

ドコモ 生体認証 登録

生体認証とは?その仕組みについて解説 まずは、生体認証の概要とその仕組みについて見ていきましょう。 生体認証の概要 生体認証は別名バイオメトリック認証とも呼ばれます。 本人確認をおこなうために、指紋や眼球の虹彩などの身体的特徴を情報として利用した認証システムです。 最近では、スマートフォンにも生体認証が用いられており、利用経験がある方も多いのではないでしょうか。 その他にも、オフィスなどの関係者以外立ち入り禁止区域への出入り口に生体認証を用いて出入りを制限するなど、非常に多くの場面で利用されています。 生体認証の仕組み 生体認証の仕組みは、身体的特徴や行動的特徴などの固有性の高い特徴を事前に読み取り、データとして登録しておくことで、認証時に照合して本人確認をおこないます。 デジタルデータとして生体情報を数値化して保存しているため、指紋などの登録情報を画像で比較しているわけではありません。 そのため、パスワードなどと違って第三者が偽装しづらいという特徴を持ちます。 また、認証にかかる時間がパスワード入力などと比べると、格段に早い点も特徴の一つです。 生体認証にはどのような種類があるのか 現在利用されている生体認証の種類はさまざまですが、そのなかでも比較的利用頻度の多いものを中心に紹介します。 指紋認証 生体認証のなかで最も利用されるものが指紋認証でしょう。 指紋認証は指の指紋を識別要素とし、読み取り装置が小型で導入コストが抑えられるメリットがあります。 スマートフォンでも指紋認証が搭載された機種が発売されており、パスワードなどを入力せずともワンタッチでロック解除できるようになっています。 しかし、指紋認証は指の状態が認識精度に影響するため、手荒れが激しい人は認証が通りづらい、などのデメリットもあります。 顔認証 顔認証は顔の輪郭や目鼻の形状、位置の特徴を識別要素とする認証方式です。 こちらも指紋認証と同じく、スマートフォンに機能が搭載されたものが発売されているため、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。 手軽におこなえる認証ですが、マスクやメガネ装着時、顔の経年変化によって認識精度に影響を及ぼすデメリットもあります。 静脈認証 静脈認証は、手や指の内側にある静脈の特徴を識別要素とします。 精度が高く、偽装が困難である特徴を持つ認証方式です。 静脈認証は主に、関係者以外立ち入り禁止区域の出入り口に、出入りを制限するために用いられることが多くなっています。 デメリットとしては、静脈認証用の装置が大型であることや、体調変化などによって認証精度に影響することが挙げられます。 そのほかの生体認証の種類 生体認証のなかでは、指紋・顔・静脈が頻繁に利用されますが、ほかにも次のような身体的特徴、行動的特徴を利用した生体認証が存在します。 音声(声紋)• DNA など 導入コストや精度の問題などから、あまり私たちには馴染みのない生体認証もありますが、技術の進歩によって、今後これらの認証方式が一般的に使われるようになるかもしれません。 また、生体認証は二段階認証として用いられることも多く、パスワードなどによる一般的な認証と組み合わせてセキュリティ強度を高くするために利用されることもあります。 生体認証はどんなところで使用されているのか 生体認証はさまざまな場面で使用されていますが、最も身近な例としてはスマートフォンでの本人確認でしょう。 スマートフォンのロック解除で、指紋認証や顔認証が用いられています。 その他には、次に挙げるような場所や場面で生体認証が使用されます。 パソコン端末などへのログイン• 空港の出口ゲート• 企業での入退出管理• コンサート会場での本人確認 など パソコン端末などへのログインは、一般的にはパスワードを入力してログインしますが、指紋認証や静脈認証などでログインできるものもあります。 空港の出口ゲートでは、顔認証とAI(人工知能)を組み合わせて、税関検査上の混雑緩和や検査待ち時間の短縮に活用されています。 その他にも、企業での入退出管理やコンサート会場での本人確認など、さまざまな場面で生体認証は使用されています。 また、2018年にアメリカにオープンしたレジ無しAIコンビニの「Amazon Go」では、顔認証技術を応用して、入店後に商品を手にして退店するだけで決済までおこなえる「Just Walk Out」を実現しました。 生体認証はセキュリティとして本人確認をおこなうだけでなく、利便性の向上や新たなサービスでも活用されるシステムなのです。 生体認証を利用するにあたってのリスクや注意点 最後に、生体認証を利用する際に知っておきたい注意点やリスクについて紹介します。 身体的特徴の経年変化や一時的な変化による注意点 生体認証は、身体的特徴などを利用して認証するものであるため、成長や老化などの経年変化によって特徴が変化してしまうと、認証ができなくなります。 また、けがや病気などで身体的特徴が変化することも考えられ、変化するたびに再登録が必要です。 ほかにも、化粧や汚れ・汗などの一時的な変化によって、認証できなくなることも。 生体認証は、身体的特徴を数値としてデジタルデータ化しますが、一定の境となる値を設けてその範囲内であればOKとみなすものです。 そのため、完全一致でなくても認証を通過することも考えられます。 これらのことから、生体認証は高精度であるものの、完全に信頼して良いものではないことは覚えておきましょう。 データ盗難時の再登録が困難 生体認証のデータが盗まれた場合、再登録は困難です。 なぜなら、生体認証で登録する身体部位は、特徴を変えて再登録することが簡単にできないからです。 もし、あなたの生体認証データが盗まれてしまった場合、その情報を悪用されることも考えられます。 例えば、指紋情報が盗まれてしまえば、あなたの指紋情報を利用している生体認証は第三者がいつでも突破できるようになるかもしれません。 生体認証は、非常に便利で高精度なものですが、再登録が困難であることは注意点として覚えておいてください。 技術の進歩で偽装が可能になりつつある 生体認証は偽装が困難であることが大きな特徴ですが、技術の進歩によってその前提が覆されてしまうかもしれません。 例えば、偽装が困難とされる静脈認証や虹彩認証でも、現在の高性能なプリンターにかかれば、紙に印刷した情報でも突破できる可能性があるのです。 カメラの精度も良くなり、高解像度の写真を簡単に手に入れることができるようになっているため、生体認証の偽装が可能になりつつあります。 もちろん、生体認証技術自体も進歩しているため、無機物では認証をおこなわない「生体活動認証技術」が用いられているものであれば、これらの偽装を見抜くことが可能です。 しかし、生体活動認証技術はすべての生体認証で利用されているわけではないため、生体認証を利用する際には、偽装されるリスクについても考慮しておかなければなりません。 生体認証は非常に便利ですが、上記のように、経年変化などで再登録が必要であることや、技術の進歩により偽装が可能になりつつある、といった注意点やリスクは覚えておかなければなりません。 もし、生体情報が盗まれてしまうと、その情報が悪用されることも考えられます。 このように、私たちの日常生活には気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。 被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。 コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。 ぜひ一度ご相談ください。 【監修】 リサーチセンター 【株式会社フーバーブレインについて】 株式会社フーバーブレインは、サイバーセキュリティソリューションとして、情報通信技術(ICT)を悪用した外部からの不正プログラム(マルウェア)攻撃に対する防御の提供と、企業の内部関係者によるデータベースへの不正アクセス、情報漏えい等を防止する対策に加え、業務状況の可視化による業務効率改善および働き方分析の支援を行っています。 ログアウト.

次の

ドコモ、dアカウントのログインを生体認証に限定する「パスワードレス認証」を2020年2月に提供へ

ドコモ 生体認証 登録

2段階認証とは 一般的にアプリやWebサイト等にログインする時に、「ID」と「パスワード」の入力をすると思います。 2段階認証とは、 IDとパスワードの入力以外に「SMS」や「電話音声」などで送られてくる コードを入力して、本人確認を行うシステムのことです。 コードは自分のスマホなどの登録した端末に送られてくるので、何らかの方法でIDとパスワードが漏れてしまった場合でも、 端末さえ無くさなければ不正アクセスを防ぐことができるできます! セキュリティの観点から2段階認証を導入している企業やWebサイトは増えてきています。 自分がいつ不正アクセスの被害を受けてもおかしくないので、 2段階認証を導入しているサービスがあれば今すぐ設定をしましょう! ドコモでも2段階認証はできるので、まだ設定してないドコモユーザーの方は簡単にできるので今すぐやりましょう! ドコモでも不正アクセスがあった 実際ドコモでも 2018年8月にドコモオンラインショップで不正アクセスがあり、iPhoneXが不正購入される被害が約1,000件もありました。 これらも2段階認証をしていなかった人が被害にあってしまったようです。 このようなことから、 ドコモでは今まで以上に2段階認証を設定することを推奨しています。 NTTドコモ より dアカウントで2段階認証を設定してみる では、ドコモのdアカウントではどうすれば設定できるのかを解説していきます!• 自分のスマホの画面• ログインしようした端末の画面 この2つがそれぞれどのように表示されるのか、他の端末からのログインを拒否するにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。 自分のスマホの画面にはどのように表示されるか 確認方法は 「アプリ操作」を設定しています。 他の端末からdアカウントのIDを入力してログインしようとすると、自分のスマホ画面にはこのように許可を求める通知が来ます。 見覚えがないのにいきなりこの通知がきた場合は必ず「いいえ」と押すだけで拒否できます。 拒否すると自分の端末にはこのような画面が表示されると思います。 ログインしようとした端末の画面にはどのように表示されるか dアカウントのIDが一致すると次のような画面が表示され、許可を求める通知が相手側の方にいっています。 ちなみに 「信頼できる端末として登録する」のところにチェックを入れた状態で許可された場合、次回以降は2段階認証をしなくてもログインできるようになります。 拒否された場合は「2段階認証が拒否されました」と表示されるので、ログインすることができません。 補足:他の端末からのログインを許可した場合 「はい」を押した場合、つまり許可した時はどういう流れになるのか見ていきます。 他の端末からログインするには以下の手順を踏む必要があります。 dアカウントのIDを入力• 相手から許可される• パスワードを入力 ドコモの場合は許可された後にパスワードを入力します。 なので万が一許可してしまっても、パスワードさえ漏洩してなければログインはされないので安心ですね。 自分のスマホに許可を求める通知が来るので「はい」を押すとこのような画面が表示されます。 許可されるとログインしようとした端末もパスワードを入力する画面に切り替わります。 上の部分は最初に入力したIDも表示されています。 これで正しいパスワードを入力するとログインすることが出来ます。 まとめ:もしもの時のために二段階認証は必ず設定しておこう もしもIDやパスワードが漏れてしまっても、 二段階認証に設定していれば自分の端末の方に許可を求める通知が来るようになるので安全性が高まりますよね。 信頼できる端末にチェックしておけば、二段階認証は一回やるだけで次回以降は省略できるので面倒臭くないです。 設定も簡単にできますし、ドコモユーザーの方は今すぐ設定しておきましょう!.

次の

生体認証機能

ドコモ 生体認証 登録

ドコモのdアカウントを2段階認証にする Last update 2019-07-27 01:21:20 2018年8月、docomoのオンラインショップに不正アクセスがあったことが判明し、勝手にユーザー請求でiPhone Xが大量に購入されていることが判明しました。 ドコモのオンラインショップでは、コンビニでの受け取りが可能なため、アカウントを乗っ取られて勝手に高額商品を購入される可能性があるようです。 今回は、こうしたdアカウントの乗っ取りや不正アクセスを防ぐ、dアカウントの2段階認証の設定方法を紹介します。 また、2段階認証を設定すると、ドコモのメールを設定し直さないと使えなくなります。 このページではメールの再設定方法なども紹介します。 Sponsored Link 目次• 2段階認証とは? 2段階認証とは、ドコモの サービスにログイン もしくはサインイン するときに、パスワードだけでなく、ドコモから送られてきた6桁のランダムな数字を入力しないとログインできなくする機能のことで、現在ではドコモだけでなくGoogleなど様々なアカウントでも使われているセキュリティ機能です。 セキュリティ番号はSMS ショートメール で届くので、その電話を持っていないと使えません。 逆に携帯電話を盗まれたりすると、いくら2段階認証を設定しても乗っ取られてしまう可能性があるので注意が必要です。 なお、2018年 dアカウントを2段階認証にするには ドコモの「dアカウント」を2段階認証に対応させるには、まず、iPhone もしくはスマホ のWi-Fiをオフにします。 コントロールパネルを出し、「Wi-Fi」が青の場合はタップして・・・ オフにします。 白地であればオフです。 今回の設定がすべて終わるまで、Wi-Fiをオフにしておいてください。 上にある「」をタップします。 dアカウントのID メールアドレス とパスワードを入力します。 「セキュリティ」にある「2段階認証の設定」をタップします。 「設定する」をタップします。 「2段階認証利用設定」の「利用する」にチェックを入れ、「上記内容に変更する」をタップします。 するとドコモから SMS ショートメール が届きます。 このSMSに記載されている6桁の数字をメモします。 先程の画面が「セキュリティコード」入力画面になっているので、記載されていた6桁のセキュリティコードを入力し、「完了する」をタップします。 2段階認証がオンになりました。 今後、ドコモのサービスにログインする場合、初回はこのようなセキュリティコードの入力が求められます。 実際にはどんな感じになるか、以下、見てみます。 アプリで2段階認証を利用するには デフォルトではSMSにセキュリティコードが送られてきますが、「dアカウント設定」アプリで2段階認証を許可させることもできます。 このアプリによる2段階認証を利用すると、いちいち6ケタのコードを入力しなくても、「はい」をタップするだけで認証ができます。 ダウンロード先は以下をタップしてください。 アプリの設定 アプリで2段階認証を利用するには、まずWi-Fiをオフにします。 アプリを立ち上げると利用規約が表示されるので、「同意する」をタップします。 使い方の説明が表示されます。 「次へ」をタップして進めてください。 通知を許可するか聞いてくるので、「許可」をタップしてください。 「ご利用中のdアカウントを設定」をタップします。 このようなエラーが出た場合、Wi-Fiをオフにしてください。 (「戻る」をタップします) 「ネットワーク暗証番号」を入力します。 ドコモのネットワーク暗証番号を忘れてしまった場合は、を参考にしてください。 生体認証 生体認証とは「指紋認証」や「顔認証」のことですが、これをオンにしておくといちいちパスワードを入力しなくても、すぐにログインできるようになります。 「設定する」をタップします。 iPhone Xの場合は顔認証 Face ID)になります。 「OK」をタップします。 生体認証の設定が完了しました。 このまま2段階認証の設定を続けます。 「次へ」をタップします。 dアカウント設定の基本画面が表示されます。 「セキュリティ」をタップします。 「2段階認証の設定・変更」をタップします。 「2段階認証設定」をタップします。 もう一度ネットワーク暗証番号を入力します。 現在、2段階認証はSMSによる「セキュリティコード」の入力なので、「アプリに変更する」をタップします。 所有しているスマホの機種名にチェックを入れ、「上記内容に変更する」をタップします。 2段階認証をアプリに設定できました。 右上の「閉じる」をタップします。 アプリで認証する 2段階認証をアプリに設定している場合、ドコモのサイトなどにログインしようとすると、iPhoneなどのスマホのロック画面に通知が表示されます。 ここをタップすると・・・ ログインするか尋ねてくるので、「はい」をタップします。 また、すぐにパスワードを変更してください。 ログイン許可を通知しました。 これでドコモにログインできます。 アプリで2段階認証ができない 私がそうだったのですが、アプリで2段階認証をしようとしたら、通知が来るもののそこから先に進めません。 ドコモのサポートに連絡したところ、どうもサポートの方でも同じ症状が出るようで、いろいろ調べてもらったら解決方法が分かったので紹介します。 いったんインストールしてある「dアカウント設定」をアンインストールします。 削除していいか聞いてくるので、「削除」をタップします。 もう一度「dアカウント設定」をインストールします。 「dアカウント設定」アプリを立ち上げ、初期設定をします。 2段階設定の画面を開き、「2段階認証の確認方法」が「アプリ」になっているので、これを「セキュリティコード」に変更します。 SMSによるセキュリティコードの受信に変更します。 「上記内容に変更する」をタップします。 で、ここからもう一度二段階認証をアプリに設定します。 すると無事、2段階認証をアプリで利用することができるようになりました。 2段階認証でログインする どこでもいいのですが、ドコモのサイトのログイン画面を表示させます。 IDとパスワードを入力し、ログインします。 すると2段階認証を設定したときと同じようにセキュリティコードが記載されたSMSが届きます。 この6桁のコードを覚えておき・・・ 表示された入力欄に記入します。 ログインできました。 このように2段階認証をオンにすると、初回のログインでセキュリティコードの入力が求められます。 6桁の数字の組み合わせは、ピッタリ100万通りになります。 1秒間に1通り入力すると仮定すると、約11日 278時間 かかる計算になり、当てずっぽに入力してもほぼ不正ログインは不可能になるでしょう。 ドコモのメールの設定 dアカウントを2段階認証にすると、今まで使えたドコモのメールが送信できなくなる場合があります。 試しに2段階設定にしてから新しくメールを送信しようとすると・・・ ずっと送信中になったままで、メールが送信できません。 こういった現象が起こった場合は、もう一度プロファイルをインストールしてやります。 dアカウントでログインしていない場合は、ログインします。 Wi-Fiがオンになっていると、アクセスできないので、Wi-Fiをオフにしてください。 「iPhone初期設定」をタップします。 「次へ」をタップします。 iOS12からプロファイルのインストール方法が変わりました。 この画面が出ない場合は、古いiPhoneの可能性があります。 その場合の場合へ進んでください。 「許可」をタップします。 プロファイルがダウンロードされました。 「閉じる」をタップしてください。 設定を開きます。 「プロファイルがダウンロードされました」をタップします。 右上の「インストール」をタップします。 iPhoneのパスコードを入力します。 もう一度右上の「インストール」をタップします。 今度は画面下に出てくる「インストール」をタップします。 インストールが完了しました。 右上の「完了」をタップします。 古いiPhone iOS11以前 の場合 警告が出ますが、「許可」をタップしてください。 右上の「インストール」をタップします。 iPhoneに設定しているパスコードを入力します。 「このプロファイルは署名されていません」と表示されますが、右上の「インストール」をタップします。 今度は画面下の「インストール」をタップします。 インストールが完了しました。 右上の「完了」をタップします。 iPhoneの初期設定が完了しました。 閉じてしまって構いません。 iPhone初期設定プロファイルをインストールすると、いろいろなブックマークがホーム画面に表示されますが、 全部削除してしまって構いません。 メールアプリを立ち上げて、再び送信してみます。 今度はちゃんと送信されました。 「送信済みボックス」を開くと、ちゃんとメールが振り分けられていました。 関連ページ• 最終更新日 2019-07-27 01:21:20 Sponsord Link.

次の