か た やきそば レシピ。 極上ソース焼きそば byコウケンテツさんの料理レシピ

極上ソース焼きそば byコウケンテツさんの料理レシピ

か た やきそば レシピ

作り方• にんじんは皮を剥いておきます。 にんじんは短冊切りにし、ニラは4cm幅に切ります。 しいたけは石づきと軸を切り落として5mm幅に切ります。 ボウルにあんの材料を入れてよく混ぜ合わせます。 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、焼きそば麺を加えて中火でほぐすように炒めます。 麺がほぐれたら強火にして丸く形をととのえるようにし、フライ返しで押さえつけながら焼きます。 両面こんがりと焼き色がついたら麺を取り出します。 同じフライパンにごま油をひき、中火で熱し、豚こま切れ肉、1、もやしを入れて豚こま切れ肉の色が変わるまで炒めます。 2を加えて中火のまま加熱し、全体にとろみがついてきたら火から下ろします。 皿に4をのせ、6をかけて完成です。

次の

エスニック風 フォーの揚げやきそば 作り方・レシピ

か た やきそば レシピ

作り方• 生姜は皮を剥いておきます。 小松菜は根元を切り落とし5cm幅に切ります。 玉ねぎは5mm幅に切ります。 生姜、ニンニクは千切りにします。 フライパンにサラダ油、2、鷹の爪の輪切りを入れ弱火で熱し、ニンニクの香りが立ったら牛こま切れ肉を入れ中火で炒めます。 水溶き片栗粉を回し入れ、とろみがつくまで中火で煮たら火から下ろします。 フォーはパッケージの表記通りにゆで、湯切りします。 ボウルに入れ薄力粉をまぶします。 6をお皿に盛り付け、4をかけて完成です。

次の

ゴゴスマ「中華 一流のプロ直伝!四川飯店 菰田欣也シェフ流 常識が覆る!絶品 焼きそばのレシピ・作り方」

か た やきそば レシピ

玉ねぎは1cm幅のにする。 キャベツは食べやすい大きさに切る。 豚肉は3等分に切って塩、こしょう各少々をふる。 中華麺をさっと水洗いし、ペーパータオルで水けを拭く。 酒大さじ3、しょうゆ小さじ1をふり、軽くもんでなじませる。 麺は油がついているので、水でさっと洗って臭みを取る。 フライパンに油大さじ1を熱し、2を広げて入れ、こんがりとがつくまで焼く。 上下を返し、同様に焼いていったん取り出す。 フライパンに麺を広げ、へらで押さえながらこんがり焼きつける。 フライパンをきれいにして油大さじ1を熱し、豚肉を入れて炒め、肉の色が変わったらキャベツ、玉ねぎを順に加えて炒める。 具をフライパンの端に寄せてあいたところに3を戻し入れ、ソースの材料を混ぜて麺にかけ、ほぐしながらからめる。 もやしを加え、全体を炒め合わせる。 麺にソースを吸わせてから野菜と炒め合わせると野菜のシャキシャキした食感が残る。 器に盛り、削りがつおをのせて、青のりをふり、紅しょうがを添える。 切り方 皮をむく(1) 上下を落として皮をむく。 皮をむく(2) 残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。 輪切り 玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。 みじん切り(1) 縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。 みじん切り(2) 90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。 右側から細かく切るとみじん切りに。 くし形切り(1) 根元を切らないよう、根を切り落とす。 くし形切り(2) 包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。 薄切り 縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります 画像のもの。 形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。 横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横 輪切りと同じ向き に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。 サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。 基本の扱い方 1枚ずつはがす(1) 少量を使うときは、まるのままの状態で、かたい軸のつけ根に包丁を入れます。 1枚ずつはがす(2) そこから指を入れて1枚ずつはがします。 1枚ずつはがす 葉を大きいまま使うとき ロールキャベツなど、葉を大きいまま使いたいときに。 葉をはずしやすいように、芯(しん)のまわりに包丁を入れ、ぐるりと芯をくりぬき、水にくぐらせてラップに包み、電子レンジ強で約2分加熱します。 ラップをはずし、外側から1枚ずつ葉をはずします。 加熱によってしんなりするので、破れずうまくはがせます。 加熱しすぎないように、大きさによって時間調整を。 電子レンジがない場合は、熱湯につけても。 大きい鍋にたっぷりの湯を沸かし、芯をくりぬいたキャベツを入れ、表面がしんなりしたら1枚ずつはがします。 芯を落としてからはがす 半割りのキャベツから葉をはがすときは、芯の両側から斜めに包丁を入れて芯を取り除き、その切り口から指を入れてはがすとスムーズ。 軸を取る 葉脈の厚い部分はかたいので、用途によっては除きます。 かたい部分の両脇に包丁を入れ、切り取ります。 ゆでて使う 葉を大きいままゆでるときは、かたい軸の側からさっと湯に通し、ざるに広げてさまします。 春キャベツはやわらかく、クタッとなるのが早いので注意。 電子レンジ加熱の場合は、洗って水をきらずに耐熱皿に入れ、ラップをかけて加熱します。 切り方 ざく切り 葉を3〜4等分して重ね、横にして端から用途に応じた大きさにザクザク切っていきます。 炒めもの用は大きめに 炒めものなどにはやや大きめの切り方で。 何枚か葉を重ねて切ればスピーディー。 特に、春キャベツはやわらかく、加熱するとすぐにクタッとなるので、大きめに切るとよいでしょう。 せん切り(1) キャベツを四つ割りにして軸のかたい部分を切り取ります。 せん切り(2) 内側と外側の2つに分けます。 せん切り(3) 外側の部分をまな板に押しつけてなるべく平らにし、端からせん切りにします。 内側も同様にして切ります。 1枚ずつはずして、扱いやすい大きさに切って重ね、端からせん切りにしても。 せん切り(4) 切ったらすぐに冷水に放し、シャキッとさせます。 変色を防ぐ効果も。 皮むき器でせん切りに 扱いやすい大きさに切ったら、葉をはがさず、大きめの皮むき器や薄切り用スライサーでせん切りにします。 手でちぎる 半分や四つ割りなら、葉を手で一口大にちぎりながら芯も取り除きます。

次の