東方 壁紙 android。 Androidのスマートフォンで壁紙を設定/変更する方法

【Appliv】Bad Apple!! Live Wallpaper

東方 壁紙 android

ロック画面に動画を設定するのは、なかなか気の利いたギミックです。 今どきのスマートフォンなら、デフォルトの壁紙でも、いくつか動画が用意されているはずですが、AndroidやiOS端末向けに 「動く壁紙」を自作する場合は、サードパーティーのアプリが必要になります。 動く壁紙を作れるiPhoneアプリ iOS端末なら、『』がおすすめです。 これは動画やGIFアニメ、あるいは複数の静止画像をつなぎ合わせて「Live Photos」を作ってくれるアプリです(あるいは自分のiOS端末で撮った「Live Photos」も使えます。 けれども、Live Photosは容量を食いますし、ほかにこれといった用途もないので、たぶん多くのユーザーは、この設定を早々とオフにしていることでしょう)。 動く壁紙を作れるAndroidアプリ Androidの場合は、『』『』『』といったアプリがあります。 ただし、ロック画面用の動画制作アプリというのは、かなりマイナーな分野なので、どのアプリもちょっと不安定で、操作にも違和感があるかもしれません。 でもこれを使えば、あなたのスマートフォンにちょっと楽しい仕掛けを仕込むことができます。 おもしろいGIFアニメを表示させる ロック画面は、GIFアニメを表示させるのにうってつけの場所です。 高精細で、縦長の動画なら最高ですが、こうしたファイルはそう多くありません。 それから、キャプション付きのGIFファイルは避けましょう。 リンク先の動画は、私が作ったグリンチがです。 「お化けの登場シーン」のような自撮り動画を作成 Redditユーザーのnetpastorさんは、自撮り動画を作成して、ロック画面に設定しています。 撮影には特に凝った仕掛けは必要なく、暗い部屋で撮るだけでこのような動画が作れます。 netpastorさんの場合は、画面に入らないところでランプをくるっと回して、自分に明かりを向けたそうです。 秘密の写真の隠し場所にも iOS端末の場合は、『intoLive』を使って、2枚以上の静止画像を1本の「アニメ」にまとめることができます。 見た目は出来の悪いスライドショーのようですが、これには1つ、とても実用的な使い道があります。 これを活用すると、などの重要な情報を、一見普通のロック画面の裏に隠せるのです。 これなら、ロック画面で見られるのでアクセスは容易ですが、誰にでも簡単に見られてしまうほど無防備でもありません。 とはいえ、基本的にはこうしたものは、ちょっと楽しいギミックにすぎません。 それでも、送られてきたテキストメッセージを見ようとしてスマートフォンを手に取った際、ほんの数秒でもクスッと笑えるひとときが持てるなら、それで十分ではないでしょうか。 Image: Source: , Google(, , ), , Nick Douglas - Lifehacker US[] 訳:長谷 睦/ガリレオ.

次の

東方水着壁紙Project for Android

東方 壁紙 android

ホーム画面 ロック画面 「ホーム画面」の壁紙を設定する まずはホーム画面の設定方法をご紹介していきます。 ホーム画面の設定はとても簡単です。 はじめにホーム画面の空いているところをタップして長押しします。 ホーム画面の空いている箇所を長押し 次に「壁紙」をタップすると、壁紙の変更画面が現れます。 「アルバム ギャラリー 」や「フォト」内にある画像、プリインストールされている画像を選択できます。 「壁紙」をタップし、好きな画像を選択します 選んだ画像が壁紙として設定されたので、ホームボタンをタップしてホーム画面に戻ります。 ホームボタンをタップ すると選んだ画像がホーム画面に設定されました。 選択した画像が壁紙に設定されました ホーム画面の壁紙の設定方法は以上です。 「ロック画面」の壁紙を設定する 次にロック画面の壁紙を設定していきます。 今は海の写真に設定されていますので、この壁紙を別の壁紙へ変更したいと思います。 壁紙を変更する前の「ロック画面」 まずはアプリボタン、設定とタップ。 ホーム画面で「アプリボタン」>「設定」とタップ 次に個人設定、壁紙とタップします。 「個人設定」>「壁紙」とタップ するとロック画面とホーム画面、どちらの壁紙を選ぶかの選択肢があらわれるので、ロック画面をタップしてください。 「ロック画面」をタップ ちなみに「ホーム画面とロック画面」をタップすると、同じ壁紙をホーム画面とロック画面の両方に設定することができます。 次にプリインストールされている画像 Xperiaの壁紙 か、アルバムの画像を選ぶかの選択肢が現われます。 今回はプリインストールされている画像を選択します。 今回は「Xperiaの壁紙」をタップ 好きな画像を選んで、「壁紙を設定」をタップしましょう。 好きな画像を選び、「壁紙を設定」をタップ ロック画面へ移ると、選択した壁紙が設定されているのを確認できます。 ロック画面の壁紙が変更されました 「テーマ」を設定する 続いて「テーマ」についてご紹介します。 テーマとは、ホーム画面とロック画面だけでなく、通話画面や設定画面といった すべての画面の模様を1つのテーマで設定するというものです。 端末によっては「着せ替え」と表示されている場合もあります。 テーマの設定は、 ホーム画面の空いてる場所を長押し > テーマ という手順を踏むことで設定できます。 ホーム画面の空いてる場所を長押し > テーマ アプリを使ってより自分らしく設定する スマホで撮影した画像以外に、例えばデジカメで撮った画像やWeb上で見つけた画像を壁紙にしたいときもあると思います。 しかし、サイズが合わないために壁紙できない場合があります。 そんなときはアプリを使って画像を壁紙サイズに変更してしまいましょう。 今回は人気アプリ「 壁紙ぴったん」を用いて壁紙を設定する方法をご紹介していきます。 し、ホーム画面上の「壁紙ぴったん」をタップするとメイン画面が現れます。 「壁紙ぴったん」のアイコンをタップ 画面中央の「ギャラリーから画像を選択する」をタップし、壁紙にしたい画像を選択してください。 「ギャラリーから画像を選択する」をタップし、好きな画像を選択します 次に画像の大きさを、親指とひと差し指をつかって調節していきます。 赤い枠内が壁紙となる部分になるので、お好みで設定してみてください。 画面右側のスマホのマークをタップ ホーム画面に戻ると、選んだ画像が壁紙に選択されていることを確認できます。 ホーム画面の壁紙として設定することができました 作業はたったのこれだけ。 とてもカンタンですよね!はじめて挑戦してみた私でもすぐに壁紙を変更することができました。 「壁紙ぴったん」をインストールする アプリ名 壁紙ぴったん 開発 shirobakama724 価格 無料 ダウンロード.

次の

スマホの壁紙に動画を表示させる方法

東方 壁紙 android

2010 年頃でしょうか、 Android 2. 1 Eclair の端末が普及し始めたのは。 Eclair からライブ壁紙というものが実装され、待ち受け画面でも背景を動かすことができるようになりました。 それに伴って、嬉々として個人的にライブ壁紙アプリを作ったりしたものです。 当時はサンプルコードが Android SDK に同梱されていたので見よう見まねでどうにかなりましたが、現在ではサンプルにライブ壁紙が無くなっていたので今回はサンプルを作成してみようかと思います。 ライブ壁紙の仕組み ライブ壁紙といっても所詮 Surface でできています。 イメージとしては、待ち受け画面の背景が SurfaceView でできていると思ってもらえれば問題ありません。 SurfaceHolder lockCanvas で Canvas を取得し、そこに描画していくのがセオリーとなります。 今回作成するもの パラパラ漫画の要領でアニメーションライブ壁紙を作成する。 用意するアニメーション用の画像はカメラで動画を撮影し、連番で切り出したものを使用。 実装 ライブ壁紙アプリとはいっても、通常のアプリとは異なり Activity を必要としません 設定画面を作る場合はこの限りではない。 WallpaperService を継承したクラスだけで作成できます。 では、まずはコードを見てみましょう。 AndroidManifest. xml LiveWallpaperTest. kt package jp. supersoftware. livewallpapertest import android. graphics. BitmapFactory import android. graphics. Canvas import android. graphics. Rect import android. Handler import android. service. wallpaper. WallpaperService import android. util. Log import android. view. SurfaceHolder import java. lockCanvas canvas?. jpg". decodeStream inputStream canvas. e "LiveWallpaperTest", e. uses-feature では android. software. これは、アニメーションを含む壁紙を使用または提供することを明示します。 WallpaperService を継承したクラスを application の配下に設定します。 service の android:permission 属性には android. permission. WallpaperService を利用する場合必須となります。 intent-filter には、通常設定する android. intent. action. MAIN ではなく、ライブ壁紙アプリであることを宣言する android. service. wallpaper. WallpaperService を設定します。 meta-data にはライブ壁紙設定用の xml ファイルを指定します。 xml の中身はほぼありません。 次にソースコード。 WallpaperService を継承したクラスがサービスとして動作します。 描画関連は更にその配下の Engine を継承したクラスで行われます。 ここで Surface を操作していく形となります。 onSurfaceCreated: Surface が作成されたときのイベントハンドラーです。 onSurfaceChanged: Surface が作成されたとき、画面が回転したときのイベントハンドラーです。 onSurfaceDestroyed: Surface が破棄されたときのイベントハンドラーです。 onVisibilityChanged: ライブ壁紙が可視・不可視になったときのイベントハンドラーです。 基本的には onSurfaceChanged や onVisibilityChanged で可視状態になったときに描画スレッドを開始して、 onSurfaceDestroyed や onVisibilityChanged で不可視状態になったときに描画スレッドを停止します。 アニメーション用の画像は今回 assets に入れてあるのでそこから読み出しています。 あとは fps 調整のディレイを計算して次回描画のタイミングを設定するだけです。 実行結果.

次の