グローベックス。 グローベックス・インターナショナル株式会社

Globex(グローベックス)とは|金融経済用語集

グローベックス

CMEのグローベックス先物・5分足リアルタイムチャート(12時間スパンの表示) NYダウのリアルタイムチャート ナスダックのリアルタイムチャート VIX指数(1年分です) 日足単位の投資家心理の変化を表す指標(バロメーター)です。 緑側なら強気相場、赤側だと弱気相場を示すインジケーターです。 緑色なら上がる、 赤色だと下がると予想する投資家が多いということになります。 ダウ平均のテクニカル分析(パラボリック)(1ヶ月スパン) 下段はMFI(Money Flow Index)マネー・フロー・インデックスという指標です。 MFIはRSIよりも感応度が低いのですが、出来高も計算し、日中の値動きも考慮してシグナルラインが動きます。 (期間:12) NYダウ工業株30種平均の日足(3ヶ月スパン) 下段はRSIとストキャスティクス(Stochastics)というオシレーター系指標で分析しています。 DJIA Dow Jones Industrial Average Chart Daily(1年スパン/週足) 移動平均線は短期2本と長期2本を表示して、テクニカル的なダマシを回避します。 4本とも上向きで推移していれば基調は強く、それぞれバラバラのモメンタムを表す相場は方向感が定まらない値動きと判断できます。 ダウ平均の超長期チャート(過去の時系列・月足) 移動平均線は短期と長期の2本(26週と52週)を表示して、テクニカル的なダマシを回避します。 CME日経平均の先物もグローベックスに上場しているので、24時間の値動きがあります。 重大な経済ニュースが報道されると瞬時に売買材料が織り込まれて、売買チャンスが発生します。 ボラティリティーが高まるのは東京株式市場でも米国株式市場でも同じで、寄り付き直後となります。 ただ、Nikkei225と比較すると、の方が大引け間際の引成注文が多いです。 当サイトで掲載しているはほぼ全てが時系列となっています。 ストキャスティクス(Stochastic oscillator)は、アメリカのジョージ・レーン(George Lane)という超有名なの開発者によって考案されました。 値幅分析系の指標で、一般的にはファースト・ストキャスティクスとスローストキャスティクスを組み合わせて、逆張りタイミングを計る指標として用いられます。 CMEのDJIAはシカゴ先物とも呼ばれています。 このページでは、CMEのを時系列でリアルタイムチャートに表示して、RSIやストキャスティクスなどのテクニカル指標で分析しています。 先物はグローベックス先物で、12時間スパンのシグナルが出るようになっています。 速報を受けた株式市場の動きと時系列データを解析することで、目先の予想が可能です。 ナスダックが下落してもダウ・ジョーンズ工業株30種平均が上昇することはよくあります。 最近は上海総合指数の影響力が強まっており、日経平均株価だけでなく世界中の株式市場が上海総合指数との連動性を強めてきています。

次の

日経平均先物 CME SGX 大取 夜間 リアルタイムチャート

グローベックス

NYダウ先物のリアルタイムチャートです DJIAのリアルタイム罫線です。 緑色の文字色のときは上昇していて、赤色のときは前日比で下落していることを意味します。 リアルタイムのグローベックスの数値です。 アルゴリズムトレードにより毎秒凄まじいスピードで価格変動が発生していますが、分足で分析すればモメンタムが把握しやすくなります。 ナスダックの価格変動です。 ザラ場の値動きを比較することで、どのセクターに資金が集中しているかがわかります。 NYダウ先物はCMEのグローベックスで取引されています。 グローベックスはシカゴ・マーカンタイル取引所が運営している電子取引所のシステムのことです。 シンガポール証券取引所(SGX)の価格がお昼の時間帯に参考にされてきましたが、CMEの日経平均株価先物の取引時間が延長されたことでシカゴ先物が注目されるようになりました。 東証の取引システムが最新バージョンになった後もデイトレーダーは増加していて、リアルタイムチャートが株価予想に必須となっています。 ダウ平均の先物はラージよりもミニの方が売買高が多いため、現在の株価の趨勢を正確に反映しています。 ここで表示しているリアルタイムチャートのローソク足は15分足とラインになっています。 NYダウ先物で相場を張りたいときはCMEのオプションだけでなくeワラントも検討してみましょう。 複雑なテクニカル指標を複数使いこなすよりも、単純移動平均線を数本表示させて株価予想した方が良いことも多いです。 罫線では一目均衡表を指定の日数だけ移動させて表示させることができます。 ボラティリティーインデックス指数が上昇しているときは投資家の動意が期待できる局面といえます。

次の

CMEグループとは|金融経済用語集

グローベックス

NYダウ先物のリアルタイムチャートの分析 CMEの日経平均先物やNYダウ先物をテクニカル分析をするうえで便利なのがリアルタイムチャートです。 NYダウ先物のリアルタイムチャートでRSIやボリンジャーバンドなどのテクニカル分析をしてまとめています。 CMEのグローベックスのテクニカル指標から予想しています。 仕手株を空売りしたりベトナム株に投資をしているまぐちゃんのブログです。 持ち株の配当金だけで生活するランティエを目指しています。 DJIAはNASDAQと相関性があり、ナスダックが暴騰しているにも関わらずダウ平均がマイナス圏で推移するということはほとんどありません。 ナスダック採用銘柄が人気株となり株価指数をリードしていると、徐々にNYダウ先物の先高感が高まり、乖離が縮小するというローソク足のパターンがあります。 一目均衡表やポイントアンドフィギュア、エリオット波動の理論は習得が難しく、機関投資家などのプロが好んで使用する傾向があるようです。 CMEの日経平均先物やDJIAはプログラム売買によるアルゴリズム取引が盛んで、意外にMT4で作成したオリジナルのインジケーターが有効なときがあります。 CMEのグローベックス先物のリアルタイムチャートです。 NYダウ工業株30種平均のリアルタイムチャートです。 グローベックスの各種指標をテクニカル分析しているページです。 ナスダックとダウ平均との乖離をリアルタイムに比較しています。 CMEのグローベックスに上場している日経平均225株価の日足です。 世界の株価指数の一覧です。 東京株式市場に上場している個別株のザラ場の日中足を多数並べて、動意があった株がわかるようになっています。 日本株ADRの一覧をチェックすることで、翌日の個別銘柄の寄り付きを予想できます。 ドル円をリアルタイムにテクニカル指標で解析して、株価への影響が強まらないか確認しましょう。 Nikkei225の直近5日間の騰落率と前日終値 NYダウにおける 先物のリアルタイムチャートをピボットや一目均衡表などの信頼出来るテクニカル指標で分析しています。 株価予想は一般的には難しいとされていますが、ボリンジャーバンドや移動平均線乖離率などのテクニカル分析でリアルタイムに解析すれば精度を改善することができます。 下落する可能性が高いローソク足のパターンは、高値圏で保ち合いを形成したあとに陰線が示現し、その直後にチャートの窓をあけて急落する動きです。 株式用語を確認しながらニューヨークダウ先物をリアルタイムに売買するために必要な知識が自然と身につきます。 チャートにおける株価予想に必要な証券用語と、基本的なローソク足の組み合わせを解説しています。 VIX指数のボラティリティーとダウ理論により株価推移のランダム性を研究しています。 株の買い時や売り時を予想するために必要な補助線の引き方、トレンドラインの見方です。 英語の株式格言を日本語に翻訳しています。 株式相場の知見をさらに広げるための情報です。 NYダウ平均先物の影響を強く受けてCMEの日経平均先物のトレンドが決定する傾向があります。 ほかにもドル円相場やWTI原油先物、商品価格の値動きに注目です。 円高になれば輸出関連株が売られて、日経平均寄与率の高いハイテク株が急落して全体の地合いが悪化するというパターンがよくあります。 NYダウ先物のリアルタイムチャートを日本時間の夜中までチェックしても、翌日日経平均225の寄り付き前にチェックすると急変動しているときがあります。 なぜなら大陰線になったということは数々のテクニカル指標の節目を割り込んでいる可能性が高く、前日で入った空売りの買い戻しで超短期間の踏み上げ相場が期待できるためです。 そのため、信用取引の貸借倍率をチェックして、売り残が多く積み上がっていないか確認してみましょう。 グランビルの法則によれば、上昇相場で移動平均線から乖離して高値を更新しているときは売り時で利益確定のチャンスとされています。 これは NYダウ平均先物のグローベックスでも適用できる優れたチャートの見方だと思います。 リアルタイムチャートの下値支持線に接近した水準では押し目買いが入るため買い方有利ですし、直下にはトレンドラインがあるのでロスカットの基準にもなります。 ダウ・ジョーンズ、NK225、ドル円(それぞれ3ヶ月レンジの時系列データです。 ) RSIやストキャスティクス(Stochastics)などのオシレーター系指標は、ボックス相場でのサヤ取りでは不適ですが、トレンドフォロー手法であれば抜群に有効なテクニカル分析です。 ダマシは移動平均線を複数表示したうえで、使い勝手が良く理論を習得している分析手法を併用すればほとんどが回避できるようになります。 しかし一定の確率で必ずリアルタイムチャートのダマシにはあってしまいますので、あらかじめ決めておいたロスカットの設定は厳守しましょう。 NYダウのリアルタイムチャートや日経平均の時系列チャートで日足のトレンドや週足の方向感を研究しています。 MT4などで使用するテクニカル指標はデフォルト設定のまま使ってもあまり良い結果を得ることができないかもしれません。 ニューヨークダウ先物の予想で有効なオリジナルのインディケーターがたくさんありますので、検索して探してみましょう。 NYダウ先物のローソク足のパターンを予測する FTSE100(イギリスの株価指数) 一目均衡表は時間の理論やエリオット波動にも似た波動の理論など全てを習得しなければ使いこなせないとされている難しい解析手法です。 一目均衡表の雲と株価の位置関係はNYダウ先物のリアルタイムチャートでもすぐに使える便利なローソク足における予測方法です。 CCI(コモディティ・チャネル・インデックス)やパラボリックはポジションをドテンするときのタイミングを測るために有効なインディケーターです。 チャートでよく表示するローソク足は英語で「Candle」といい、発音はキャンドル・スティックといいます。 CMEの日経平均先物の高値や始値が視覚的に分かりやすいうえに、始値から終値にかけての実体がはっきり分かるという特徴があります。 移動平均線のゴールデンクロスは5日と25日が注目されていますが、13週と26週のゴールデンクロスは注目度が低く使える指標であるにも関わらず信頼性が高いです。 NYダウ平均先物のリアルタイムチャートで指数を予想するときは、トレンド相場ならパラボリックSARが使いやすいです。 ボリンジャーバンド(Bollinger bands)はドル円相場でのエントリーポイントを探すときに有効で、バンドウォークのときは乖離が始まるまでポジションをホールドした方が良いです。 テクニカル指標のストキャスティクス(Stochastic oscillator)はスロー線の方がダマシが少ないうえにサヤ取りするうえでの利幅も多くとれるので注目です。

次の