サンダーバード アカウント 削除。 質問!ITmedia

サンダーバード アカウント削除 復元

サンダーバード アカウント 削除

サラッと復元できます。 その方法とは・・ スポンサーリンク まずは転ばぬ先の杖!バックアップ! 作業前に必ずThunderbirdを終了して閉じてください。 まず何よりもこんなことが二度と起こらないよう、そしてこれからする作業でミスらないようにThunderbirdのフォルダをバックアップ(コピー)します。 Windows10であれば左下の検索欄、それ以外でもPC(マイコンピュータ)のローカルディスクから探しましょう。 Thunderbirdのフォルダを丸ごと別の場所へバックアップ(コピー)します。 私の場合、G-mailをそのままPOPサーバーへ転送しているだけですのでPOPサーバーのフォルダが残っています。 フォルダの日付に注目すると、 pop. gmail. googlemail-3. アカウント削除前のフォルダ(上記の私の場合pop. googlemail-3. comのフォルダ)を開くと、 Inbox Inbox. msf(受信メールファイル) Sent Sent. msf(送信メールファイル) があります。 gmail. どうでしょうか? 受信メールフォルダが復元されているのではないでしょうか? 何らかの参考になれば幸いに存じ上げます。 もしメールにフォルダ振り分けのフィルタ設定していたらフィルタも元通りにします。 その場合は、試しに「k」を押してみてください。

次の

Thunderbirdにメールアカウントを追加する

サンダーバード アカウント 削除

設定を行う際には、「Infovalley御利用情報のお知らせ」を用意して下さい。 設定の各入力項目は、半角英数の直接入力で行って下さい。 以下、Thunderbirdを標準でインストール後、初めて起動した場合を例に説明しています。 Thunderbirdを起動すると、以下の画面が表示されます。 初めて起動する場合は、次の画面<メールアカウント設定>画面が自動的に表示されます。 「アカウントのセットアップ」の下にある「メール」をクリックします• <メールアカウント設定> 画面が表示されます。 Thunderbirdが自動で、受信サーバと送信サーバの情報を検索します。 設定が見つかったら、[手動設定]をクリックします。 [メールアカウントのセットアップ」画面が開きます。 1 「受信サーバー」の欄に「受信メールサーバ」の内容をを記入します 2 「送信サーバー」の欄に「 sfmx. valley. jp」と入力します。 3 「送信サーバー」の「ポート番号」で、「 587」を選択します。 4 「ユーザ名」の「送信サーバー」欄に、メールアドレスを入力します。 5 「再テスト T 」ボタンをクリックします。 valley. jp 「御利用情報のお知らせ」に記載 されている「受信メールサーバ」の項目 110 接続の保護なし 通常のパスワード認証 送信サーバ SMTP 固定) sfmx. valley. 正しい設定を入力した場合、指定されたサーバーを調べることにより見つかりました」と表示されます。 1 「指定されたサーバーを調べることにより見つかりました」と表示され、エラーがないことを確認します。 2 「完了 D 」ボタンをクリックします。 設定内容に誤りがある場合、以下のように何らかのエラーが表示されます。 1 エラー表示を確認します 2 設定内容を見直します 3 「再テスト T 」ボタンをクリックします 4 エラーが出なくなり、「見つかりました」という表示になったら、、 [完了 D ]ボタンをクリックします。 jp パスワード サービス利用パスワード サーバのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式 受信サーバ POP3 xxx. valley. jp 「御利用情報のお知らせ」に記載 されている「受信メールサーバ」の項目 110 接続の保護なし 通常のパスワード認証 送信サーバ SMTP 固定) sfmx. valley. jp 587 接続の保護なし 通常のパスワード認証 ユーザ名 受信サーバ サービス利用ID 例)〇〇〇 送信サーバ メールアドレス 例)〇〇〇 valley. 警告メッセージが表示されます。 1 「 接続する上での危険性を理解しました」にチェックをつけます 2 [完了 D ]ボタンをクリックします• アカウント設定画面が表示されます。 1 「OK」ボタンをクリックし、画面を閉じます。 引き続き、 を実施して、新規アカウント作成を完了させてください。 送受信を行うことでパスワードが保存され、新規アカウント作成が完了します。 また、メール設定を確認・変更する場合も、以下の手順で行います。 1 「ローカルフォルダー」をクリックします 2 「このアカウントの設定を表示する」をクリックします• <アカウント設定> の画面が表示されます。 ローカルフォルダーが表示されています (1)Infovalleyメールアドレスの下にある「サーバー設定」をクリックします• 「サーバ設定」の画面が表示されます。 受信メールサーバ POPメールサーバ)について確認していきます。 1 サーバーの種類が POPメールサーバである事を確認します 2 「サーバー名」に[xxx. valley. valley. サーバに残す場合、「ダウンロードしてからXX日以上経過したメッセージは削除する」 」と「ごみ箱に移動したメッセージを削除したらサーバからも削除する」にもチェックを付けてください。 本設定については、 をご参照下さい。 <アカウント削除> の画面が表示されますので、「OK」をクリックして下さい。 送信サーバの設定を確認します 1 「送信(SMTP)サーバ」をクリックします。 2 Infovalleyの設定がされたアカウントを選択します 文字の背景が水色になします) 3 「編集」をクリックします。 <送信(SMTP)サーバ> の画面が表示されます。 1 「サーバ名」に「sfmx. valley. jp」を記入します 2 「ポート番号」に「587」を選択します 3 「接続の保護」は「なし」を選択します 4 「ユーザ名」にメールアドレス(例:xxx valley. jp を入力します。 valley. jp 2 ポート番号 587 3 接続の保護 なし 4 認証方式 平文のパスワード認証(安全でない) 5 ユーザ名 メールアドレス 例)xxx valley. <アカウント設定>の画面に戻ります 1 「OK」をクリックします <アカウント設定> の画面が閉じます。 引き続き、 を実施して、アカウント設定の確認を完了させてください。 送受信を行うことで、正しいパスワードが保存され、 アカウント設定の変更が完了します。 Thunderbird のツールバーから、 [作成] ボタンをクリックします。 <作成> 画面が表示されます。 1 あて先に、自分のメールアドレスを入力します 2 件名を入力します 3 メール本文を入力します 4 メールを作成後、[送信] ボタンをクリックします (次項のパスワード画面入力画面は出てこない場合は、正しいパスワードが保存されています)• より、<送信(SMTPサーバの設定)> をご確認下さい。 メールが送信できているか確認します。 1 [送信済みアイテム] フォルダを確認します。 先ほど作成したメールが表示されていれば、送信用パスワードを保存できています。 [受信] ボタンをクリックします。 (次項のパスワード画面入力画面は出てこない場合は、正しい受信用パスワードが保存されています)• <パスワードがまだ保存されていない場合、保存されているパスワードが正しくない場合> 受信サーバへのパスワード入力の画面が出ます 1 サービス利用パスワードを入力します 2 「パスワードマネージャーに このパスワードを保存する」にチェックをいれます 3 「OK」ボタンをクリックします• [受信トレイ] フォルダを確認します。 新しいメールが表示されていれば、受信用パスワードを保存できています。 メールの編集方法について設定を変更します 1 「編集とアドレス入力」をクリックします。 2 「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外します。 初期設定では、受信済メールをサーバに残す設定になっており、複数のパソコンで、同じメールアドレスを共有している場合や、出先などで、WebMailを使用してメールを読む事ができます。 1台のパソコンのみでメール送受信する場合は、「受信済メールをサーバに残さない」設定にしていただく頂くことをお勧めします。 下記は、その操作方法です。 Thunderbird の画面を表示します 1 設定されているInfovalleyのメールアドレスををクリックします 2 「このアカウントの設定を表示する」をクリックします• <アカウント設定> の画面が表示されます。 (1)Infovalleyメールアドレスの下にある「サーバー設定」をクリックします• 「サーバ設定」の画面が表示されます。 受信メールサーバ POPメールサーバ)について確認していきます。 1 「ダウンロード後もサーバにメッセージを残す」のチェックをはずします 2 「OK]ボタンをクリックし、画面を閉じます。 以上の設定で、受信済メールのコピーをサーバに残さず、すべて受信することができます。 Thunderbird の画面右上を確認します。 1 画面右上にある、三本線のアイコン をクリックします 2 表示されたメニューから[オプション」を選択します 3 表示されたメニューから、さらに「オプション」を選択します• オプション画面が開きます 1 「セキュリティ」タブをクリックします 2 「パスワード」タブをクリックします 3 「保存されているパスワード」ボタンをクリックします• 「保存されたログイン情報」の画面が開きます• 時は、次の操作をおこなってください。 1 「パスワードを表示する」を選択します 2 「はい」を選択します。 表示されたパスワードが、「サービス利用パスワード」と一致しているか、確認します。 valley. valley. jp メールアドレス サービス利用パスワード• [B]受信メールサーバのパスワードを変更したい 時は、次の操作を行ってください。 valley. jp」を選択します(文字の背景が青色になります) 4 「削除」ボタンをクリックします 5 [閉じる」をクリックします 6 「OK」ボタンをクリックして、オプション画面を閉じます 7 「受信」ボタンをクリックします 8 サービス利用パスワードを入力します 9)「パスワードマネージャにこのパスワードを保存する」にチェックを入れます 10 「OK」ボタンをクリックします これで、受信用パスワードが保存されました。 valley. jp」を選択します(文字の背景が青色になります) 2 「削除」ボタンをクリックします 3 [閉じる」をクリックします 4 「OK」ボタンをクリックして、オプション画面を閉じます 5 「作成」ボタンをクリックします 6 メールの作成画面で、あて先、件名、本文を入力します 7 「送信」ボタンをクリックします。 8)「サービス利用パスワード」を入力します 9 「パスワードマネージャにこのパスワードを保存する」にチェックを入れます 10 「OK」ボタンをクリックします 11 送信済トレイをクリックします 先ほど送信したメールが送信済トレイに格納されている事を確認します。 これで、送信用パスワードが保存されました。

次の

Thunderbird メールの設定

サンダーバード アカウント 削除

Thunderbird のメールのアカウント削除はどこにあるのか? とりあえずメールのアカウント登録から始める。 2ペインの左側にある「ローカルフォルダ」などを選択する。 ウィンドウ右側にある「新しいアカウント作成」の「メール」をクリックし、自分のメールアドレスを登録する。 登録するとウィンドウ左側のツリーにアカウントが表示される。 このアカウントを削除しようと思い、このアカウント名(メールアドレスなど)を右クリックするが、「アカウント削除」という項目はない。 そこで、右クリック後のコンテキストメニューで「設定」を見る。 設定はウィンドウ右側にある「このアカウントの設定を表示する」をクリックしても見られる。 アカウント設定にて「サーバ設定」から「セキュリティ」まで一通り見ても「アカウントの削除」という項目はない。 設定ウィンドウをよく見ると左下に「アカウント操作 A 」と書かれたプルダウンメニューがある。 このメニューの一番下に「アカウントを削除」がある。 私がよく見ていないだけかもしれないが、すぐに気づかなかった。 削除できるのはメールアカウントだけでなく、フィード(ブログとニュース)など追加したものは同様の操作で消せる。 【Thunderbird のメールアカウント削除】.

次の