新型コロナ 収束時期。 新型コロナウイルスはいつ終わる?収束時期の見解やSARSやMARS流行時との比較も

歴史が示唆する新型コロナの意外な「終わり方」

新型コロナ 収束時期

何をもって新型コロナは「終息した」と言えるのか。 過去のパンデミックの場合は(写真:issei Kato/ロイター) 新型コロナウイルスのパンデミックは、いつ、どのようにして終わるのだろうか。 歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる。 もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わる。 「感染症の終息はとても混沌としている」 「『いつ終わるんだろう』と人々が言う場合、それは社会的な終息を指している」と、ジョンズ・ホプキンス大学の医学史学者、ジェレミー・グリーンは言う。 つまり、病気を抑え込むことによって終わりが訪れるのではなく、人々がパニック状態に疲れて、病気とともに生きるようになることによっても、パンデミックは終わるということだ。 ハーバード大学の歴史学者、アラン・ブラントは、新型コロナウイルスでも同様のことが起こっているという。 「経済再開の議論を見る中で、いわゆる『終わり』は医学的なデータによって決まるのではなく、社会政治的なプロセスによって決まるのではないかと、多くの人が思っている」。 エクセター大学の歴史学者、ドラ・バーガは言う。 「(感染症の終息は)とても混沌としている。 過去の例でも、終息の理由がなかなか明確には説明できない。 流行の終息は誰のためなのか、誰が終わりを宣言できるのか、なかなか見えてこない」。 2014年、アイルランド王立外科学院のスーザン・マリーは、アイルランド農村部の病院のフェローだったときに、その状況を目の当たりにした。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 エボラ出血熱は感染力が強く、致死率も高いおそろしい病気だ。 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。 しかし、人々の恐怖は明らかだった。 「街中でも病院でも、みな不安に駆られていた」と、マリーは近ごろ『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に発表した論文で述べた。 「肌の色がそういう色であるだけで、バスや電車のほかの乗客から、怪しまれるような視線を向けられた。 咳を1度でもしようものなら、周りから人が遠ざかっていった」。 アイルランドで恐怖だけが続く中、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の流行は終わったと宣言した。

次の

新型コロナの収束時期について

新型コロナ 収束時期

目下の第一波に関して言えば、収束は「数か月後」くらいとしか言えませんが・・。 そもそもパンデミックは、短期間に急速に感染者が増加して、医療崩壊を引き起こす様な感染症を言います。 従い、年単位でダラダラと続く様な感染症は、パンデミックにはなりません。 また、感染者が国民(人口)の一定割合に到達すれば、「集団免疫」が形成されて、自然に収束に向かいます。 そう言う意味では、短期間で収束させるためには、やや極論ですが、爆発的な感染(オーバーシュート)を引き起こした方が、早期に収束に向かいますよ。 ただ、そうなると医療崩壊に陥って、感染症だけではなく、多くの医療行為に著しい影響を与えてしまいますので・・。 すなわち、パンデミックの対策とは、感染者数のグラフで言えば、東京タワーみたいな、短期間に尖った形ではなくて、緩やかな山の形にしようとしている訳です。 何もしなければ、東京タワー型になりますが、それを人工的に、高さを抑えて期間が長い様にしようとしている訳です。 言い換えれば、対策してもしなくても、感染者数の総計は、そんなに変わらないです。 しかし、医療崩壊を引き起こさなければ、亡くなる人は減るし、感染症以外で、普段なら救える命も、今まで通り救えます。 従い、たとえば「政府の対策が悪いから、この感染症が長引いている!」みたいな批難は、そもそも大間違いなのですが。 でも、政府が正しい対策をすればするほど、収束する時期は、後ろに行ってしまうことになります。 とは言え、何年も続くこともありません。 仮に1年間で、日本人全員(約1.3億人)が感染するとしても、一日あたり平均350人くらいでしょ? 昨日は、1日で500人以上くらいの患者数でしたっけ? 仮に現在のペースが続けば、1年以内には日本人全員が感染して、完全な集団免疫が形成されるので、その後は「タチの悪い風邪」くらいの扱いになりますよ。 とは言え、今のペースが続いた場合、医療崩壊が現実的になってしまいますが・・。 また、実際に集団免疫が形成されるのは、それよりも早いので、第一波に関して言えば、収束は長くて半年前後と言うところ。 早けりゃ、2~3ヶ月くらいかも知れません。 ちなみに、第一波による感染拡大(感染者数)が多ければ多いほど、第二波,第三波の被害(感染者数)は軽微になると言う関係になり。 逆に押さえ込みがソコソコ成功した場合、第二波などもそれなりの被害になりますが、第一波を上回る可能性は低いとは思います。

次の

コロナ、1週間で感染リスクなし? 隔離2週間は必要か [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナ 収束時期

オンラインで新型コロナウイルスに関する質問に答える山中教授(13日、京都市内) 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えようと、京都大の山中伸弥教授がインターネットで情報発信を続けている。 海外発の科学論文や報道に関するまとめ、自らの提言を次々に自身のホームページにアップ。 所長を務めるiPS細胞研究所とは関係なく、あくまで個人の発信という位置付けだ。 感染症や公衆衛生の専門家ではないにもかかわらず積極的に行動している理由は何か。 京都新聞社の取材に山中氏が社会に伝えたい思いを語った。 政府の緊急事態宣言から14日で1週間。 -約1カ月前から、ホームページで積極的に情報発信をしている。 どのような思いで始めたのか。 「日本では2月末というかなり早い時期から、政府による休校要請などの対策を打ち出した。 しかし3月中旬になると街に人があふれるようになった。 身近な知人も大規模な集会をしようとした。 これは大変なことになると思い、情報発信を始めた」 -自身は2月末の時点でどのように事態を捉えていたのか。 「1、2週間がヤマ場というのはものすごく誤解されると思った。 緊急事態宣言も1カ月頑張ろうというニュアンスで発信されていると思うが、心配している。 1カ月だけの辛抱だと多くの人が思っている気がする。 僕は専門家ではないが、かなりの確率で1カ月では元通りにならないと確信を持って言える。 継続して我慢していかないと駄目だ。 中国や米国の状況を見ていてもそう思う」 -感染者数の拡大が収まるにはどのようなケースがあり得るか。 「三つしかない。 一つは季節性インフルエンザのように気温などの理由でコロナウイルスが勢いをなくすこと。 だが気温にかかわらず世界中でまん延していることからすれば、そうでない可能性は高い。 そうなると後は二つ。 ほとんどの人が感染して集団免疫という状態になるか、ワクチンや治療薬ができることだ。 ワクチンや治療薬は1年ではできないのではないか。 最低1年は覚悟しないといけない。 ダッシュと思って全力疾走すると、まだ(ウイルスが社会に)残っているのに力尽きることになってしまう」 -覚悟を決めるには専門家からの情報が重要だが、さまざまな意見もある。 例えばPCR検査についてはもっとやるべきという意見があった一方、十分な数を行っているという専門家もいた。 「医療現場の関係者へのPCRが不十分だと言う人は多い。 さまざまな病院で院内感染が起こるようになり、フェイズ(段階)が変わった。 医療現場では徹底的にPCRで調べ、誰が働き続けられてどの病棟を閉めるべきか判断しないといけない。 そのためには医療機関のクラスターをきちっと調べることが必要だが、それができていない。 確かに以前はいろいろな意見があったが、だいぶ一致してきているのではないか」 -とはいえ一般の人々からすれば、専門家が議論する過程をリアルタイムで追うのは難しい。 「なるほど。 それはそうだ」 -専門外の人間がどのように情報を取って、どうやって1年間を頑張ればよいのだろうか。 「僕の方が聞きたい面もある。 情報発信でも試行錯誤を続けている。 正解を知っている訳ではまったくない。 僕も含めてどんなペースで走ったらいいのか分かっていない。 しかし最初が大事。 いいペースを見つけて走りだすとうまくいく」.

次の