ニップル 英語。 ユニオンとニップルの違いってなんですか?

【通販モノタロウ】

ニップル 英語

概要 [編集 ] 外周部分を支えていると、車輪の中心にあるをつなぐ。 基本的にはハブから放射状に伸びている。 ただし鋳造・射出成形などの一体成形後に生ずる過大な熱収縮応力を逃がす為、わざと斜めや渦巻き状にする事は珍しくない。 スポークを持つ車輪をスポークホイールと呼ぶ。 スポークに相当する部分が円板状になっている車輪も存在し、こちらはディスクホイールなどと呼ばれる。 ディスクホイールの中には、通風や重量軽減あるいは意匠のためにディスク面に穴を開けたものがあり、穴の形状によっては残った部分がスポーク様を示す場合があり、両者の境界はかならずしも明確ではない。 車輪に類するやなどにも、スポークを持つものがある。 スポークという名は、で使われるある種の棒状のから来たもので、初期のスポークホイールが木製であったことからこの名がついた。 同様にの段や、の部材の一部もスポークと呼ばれる場合がある。 またの操縦に使われる陀輪の外周に並ぶ棒状の取っ手も、輪の内側のスポークの延長としてスポークと呼ばれる。 車輪にスポークを与える意義 [編集 ]• 木材のようにのに方向性がある場合、力の加わる方向と材の強さの高い方向を合わせることで、車輪の強度、耐久性を高めることができる。 無駄な部材を削減でき、重量の軽減が可能になる。 スポークの隙間に通風を得ることができるため、では装置などの冷却性の向上が期待でき、やでは横風による走行安定性への悪影響が低減する。 特に、重量が小さく、車両の大きさに対して車輪径が大きい自転車においては影響が大きい。 スポークの隙間に視界を得ることができるため、保守点検などが容易になる。 スポークの配置や形状に意匠を凝らすことでを高めることができる。 用のホイールにおいて顕著。 種類 [編集 ] 車輪に加わる加重を圧縮力として受ける形式であるソリッドスポーク solid spoke と、張力として受ける形式であるワイヤースポーク wire spoke がある。 それぞれに材質や形状の異なる物がある。 両者の中間的な形式もあるが、現在盛んに使われてはいないため割愛する。 ソリッド・スポーク [編集 ] より存在した木製のスポークホイールでは、車軸の下側に位置するスポークが、車体の重量を主に圧縮力として支える。 後に・自動車・オートバイなどのために開発された、他の部分と強固に一体整形されたものおよび、各部材がなんらかの手段で強固に接合されて構成されたものでは、やも複合的に作用するが、一般的にはこちらに分類される。 用途によっては金属のほかに製のものや製のものもある。 ワイヤー・スポーク [編集 ] 車軸の上側に位置するスポークが、車体の重量を主に張力として支える。 このため「テンション・スポーク」と表現することもできる。 鋼鉄を細く引き伸ばして作られたワイヤー()が、比較的小さなで大きな抗張力を発揮することに着目し、自転車の車輪の重量を軽減する手段として開発されたもので、ごろから盛んに使われるようになった。 若干の弾力性を有するため振動・衝撃の軽減にも効果がある。 自動車やオートバイにも広く使われた時代があるが、車両の高速化や大型化への対応に不利であるため、現在4輪車では例外的なものとなり、オートバイでは小形のものや、衝撃吸収性を求められるオフロード車、クラシカルな意匠を求められる製品などに限られるようになっている。 しかし自転車においては現在でも圧倒的に多数を占めている。 ワイヤー・スポークの配置 [編集 ] ワイヤースポークは単独では曲げや圧縮に対してはほとんど抵抗力が無いため、車輪に加わる縦・横・斜めのあらゆる力を張力に変換して受けられるよう、その配置には工夫が凝らされている。 おちょこ 一般的なワイヤースポークホイールでは、リム内周に並ぶスポークを交互に左右に振り分け、ハブの両側にある程度間隔をあけて並ぶに接続する。 これによって隣接する左右のスポークは、リムを頂点とし、ハブの左右フランジを結ぶ線を底辺とする三角形を構成し、一種のとなる。 これが全周にわたって配置されることで、ワイヤースポークホイールは横方向、斜め方向の荷重に対して抵抗力を得る。 上記の三角形が車軸を中心に描く(回転面)は、二枚のを向かい合わせに張り合わせたような形となる。 これを盃の一種であるに例えて「おちょこ」と表現し、車輪の中心面から各フランジまでの、もしくは左右スポークのリム側中間線と左右フランジの中間線とのの大きさを「おちょこ量」と呼ぶ。 ラジアル組みとタンジェント組み ハブへ正に放射状にスポークが接続する形式を ラジアル組みと呼ぶ。 最初に実用化されたワイヤースポークホイールはこの形式であった。 スポークの長さが最短となるため重量は軽くなるが、を受けた際のスポークへの負担が重くなるため、駆動輪や、ハブ側にを持つ車輪には使われなくなった。 リム側にブレーキ装置を持つか、ブレーキ装置を持たない競技用自転車の前輪のほか、などの軽荷重用車輪などに残っている。 ハブへ状にスポークが接続する形式を タンジェント組みと呼ぶ。 トルクの伝達を無理なくおこなえるほか、荷重の分散に優れており、耐久性、衝撃吸収性が高い。 一般的に広く用いられており、多くのバリエーションが存在する。 両者を組み合わせた特殊な形式の製品も存在する(例:のG3スポーク)。 スポーク・ニップル [編集 ] ワイヤースポークの一端にはねじ山が設けられており、ここにスポーク・と呼ばれる特殊な形状のをねじ込む。 その締め加減でスポークの有効長を変化させることができ、それによってスポークにあらかじめ適当な張力を与えることで、車輪の撓みを防ぐとともに、各スポークの長さを微調整することで、ホイールの真円度を出す。 この作業を「振れ取り」と呼ぶ。 ニップルの締め・緩めための工具をニップルレンチまたはニップルまわしと呼び、英語では spoke key または spoke wrench と呼ぶ。 近年、米国資本の自転車用工具メーカが日本国内においてスポークレンチという名称を用いているが、日本では古くからニップルレンチと呼ばれてきた。 特にオートバイ業界ではニップルレンチが多数派である。 規格 [編集 ] 一般的な用途に用いられる汎用品の自転車用スポークおよびスポークニップルには、(JIS)内の、JIS D9420「自転車用スポーク」において、材質、寸法 、品質の規格が定められており、互換性、強度、耐久性の基準となっている。 自転車用スポークおよびニップルのについては、JIS B 0225「自転車ねじ」において規定されている。 金属製スポーク [編集 ] 材質はが基本的なもので、をふせぐためにが施されたものが多く、一部にクロムとしたものも有る。 近年を用いたものが、主としてスポーツ用自転車に多く用いられている。 ステンレス鋼は硬鋼に比較して若干脆いため強度ではわずかに劣るが 、長期に渡って容易に美観を保つことができる。 規格外品として合金や製の軽量な製品も見られる。 繊維製スポーク [編集 ] 用の先進的な製品では、高強度の製品を用いたものが一部に見られる。 これによってさらなる重量の軽減が可能になり、振動吸収性も高まる。 しかし価格は高い。 スポークに用いられる繊維には、・・などがある。 多くの場合これらの繊維はによって棒状に纏められている。 繊維製スポークは金属製のものより断面積が大きい場合が多く、空気抵抗を受けやすいためにエアロ形状(後述)とされる事が多い。 この種のスポークには共通の規格は無く、各ホイールメーカーが独自に設計をおこなっている。 変り種として、出先で通常のスポークが破断した際の応急処置用に、小さく丸めて携帯できる繊維製予備スポークも存在する。 ワイヤー(ワイヤ)とは細い金属線を指す語であるため、非金属の繊維によるスポークを持つ車輪は厳密にはワイヤースポークホイールとは言えない理屈であるが、現在のところ一般的には厳格な区別はされていない。 その他小分類 [編集 ] プレーン・スポーク plain spoke 断面が円形で全長に渡って太さが均一なものをプレーン・スポークと言う。 JISでは自転車用としてNo. 15(15番 径1. 8mm)からNo. 12(12番 径2. 6mm)まで4種類の太さが規定されており、No. 13(13番 径2. 3mm)のみ、部の太さが2種類設定されている。 バテッド・スポーク butted spoke 太さが途中で変化するものをバテッド・スポークまたは段付きスポークという。 両端部を通常の太さとし、中間部を細く絞ったものを ダブル・バテッド・スポークという。 これは、ワイヤースポークの使用過程において破断が生じる場合、被害個所は両端部に集中し、中間部はある程度太さを絞っても強度に余裕があるため、主に軽量化を目的として作られた。 コスト高のため、主に競技用途に用いられる。 JISではNo. 8mm 中間部径1. 6mm)と、No. 0mm 中間部径1. 8mm)が規定されている。 規格外の製品として、頭部・中間・ねじ部の太さがそれぞれ異なるものがあり、これは トリプル・バテッド・スポークと呼ばれる。 最も破断を起こし易い頭部付近のみを太くし、他の部分は均一な太さとしたものを シングル・バテッド・スポークという。 耐衝撃性、耐荷重性を確保しながら、重量増加を抑えたい用途に用いられる。 エアロ・スポーク aero spoke 両端部の断面は円形だが、中間部を平たく帯状にしたものがあり、エアロ・スポークあるいは扁平スポークなどと呼ばれる。 その名のとおり空気抵抗の低減を目的としたもので、車輪の回転時にスポークが風を切る際に生じる抵抗を減らすことができるとされる。 わずかでも抵抗を減らしたい競技用自転車に用いられることがある。 これはJISには規定が無い。 ストレート・スポーク straight spoke 通常のワイヤー・スポークに見られる首部の曲げが無くまっすぐなスポーク。 特殊な設計のハブと組み合わされる。 ただし英語ではプレーン・スポークを指して straight gauge spoke と呼ぶことがあるため、この種のスポークは straight pull spoke と呼んで混同を防ぐ場合がある。 註 [編集 ]• 太さが要求される強度に応じて数種類規定されており、長さはリムとハブの寸法によって様々となるため、規定されているのは長さ計測の基準のみ• 日本工業規格 JIS D9420「自転車用スポーク」では、ステンレス鋼製スポークは同サイズの硬鋼製スポークに対して1割程度低い破断強度を許容している。 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

フローバル株式会社 SUS ステンレス 両長ニップル VLN

ニップル 英語

歴史 ニップルはの諸都市の中でも特に早期に形成された都市の一つで、この地における居住の歴史は非常に古く、前6千年紀のにまで遡る。 ニップルは元々沼沢地に形成された集落であり、で作られた小屋が集まってできていた。 その地勢と建材から度々とに苦しめられたが、この土地での居住は継続した。 度重なる災害にもかかわらず人々がニップルに住み続けた理由は不明である。 継続的な居住による瓦礫の堆積の結果として、また部分的には住民の努力によって、ニップルの集落は次第に上昇し周囲の沼沢地よりも高くなった。 ニップルの最初期の層はあまり精工な作りではない手づくねの土器と、親指で印がつけられ一面が平ら、別の面が凹んだ泥レンガに特徴づけられている。 当時の神殿域の形態は不明であるが、前サルゴン時代の全ての地層から死者のと関連すると考えられる遺構が発見されている。 ウバイド期の後、前4千年紀のの都市化を経て前3千年紀のシュメール初期王朝時代に入るとシュメール各地でやのような有力な都市が台頭し、都市国家の枠組みを超えて領域的な国家を形成し始めた。 前田徹は初期王朝時代中盤に周辺の都市国家を服属させて地域的な統合を果たした有力諸都市国家をドイツ史の用語である( Territorialstaat)を参考に領邦都市国家と名付けており、ニップルもそのような都市の1つであったとされている。 ニップルで発見された地方ののビーズ。 白い円のデザインが施されている。 前2900年-前2350年頃。 初期の インダス文明とメソポタミア文明の関係 ()の例。 ニップル自体がシュメール世界全域を支配するような覇権的地位を得ることは無かったが、ニップルの都市神である嵐の神は王権を授ける神として全シュメールから崇拝を集めており、このことがニップルに特殊な政治的重要性を与えていた。 このニップルの特殊な地位を証明するのが、初期の時代から行われていた有力都市の王によるニップル市での建設事業である。 シュメールの有力な王たちは自らの敬虔さを示すためにニップルでの建設事業を盛んに行っている。 取り分けシュメール初期王朝時代に大きな役割を果たし、領域国家への端緒を開いたウルクの王たちは「国土の王」「全土の王」と言った一都市国家という枠組みを超えた称号を採用するようになっていくが、これを授与することになっていたのがエンリル神であった。 ニップルからはウルクの王 ルガルキギンネドゥドゥ ()(ルガルキニシェドゥドゥ)、 ルガルキサルシ ()、、らがエンリル神に捧げた碑文が発見されている。 他にの王もエンリル神への奉献碑文を残している。 ウルク王が幾人もニップルに碑文を残している事実は、初期王朝時代末期のニップルがウルクの支配下に入っていたことを示すであろう。 ニップルで発見されたの壺。 ニップル市はまた、メソポタミアで一般的に用いられる年の数え方の一つである年名法が初めて使用されたことが確認されている都市でもある。 年名法とは各年の重要な出来事(多くの場合王の業績)を固有の名前として与えて記録する方式であり、この方法で記録された最初の年名は「エンシャクシュアンナがキシュを占領した年」である。 こうした年名は当初はニップル市だけで使用されており、ニップル市以外でも年名の使用が確認されるようになるのは後の時代の王の治世になってからである。 領域国家の形成期に年名が登場し、それがニップルでのみ使用され、また王の業績を記す事実は、年名使用が元来はエンリル神から地上世界の統治を委任された「国土の王」「全土の王」がその事績をエンリル神に報告する形式の一つとして成立したであろうことを示す。 前24世紀頃、シュメール全土をウルク王ルガルザゲシが統一したが、彼の支配は間もなく(アガデ)の王(シャル・キン)によって覆された。 サルゴンが建てた王国はと呼ばれ、一般にメソポタミア史上初の統一帝国として扱われる。 ニップルもまたアッカド帝国の支配下に入った。 このことはニップルから発見された文書の中にサルゴンの年名を使用していることがあることから確実である。 アッカドの王(前22世紀頃)の治世初期、アッカドの中心部に近いで反乱が発生し、シュメール地方でもが反乱を起こした。 ウルクやラガシュ、などの都市と共にニップルもこの反乱に加わった。 結局反乱は鎮圧され、以後ナラム・シンはアッカド帝国の最盛期と言われる時代を築く。 ニップル市はこの時に破壊されたが、シュメール地方の秩序回復のためにニップルの再興とエンリル神殿の再建は最重要課題とされ、この事業がナラム・シンの年名に採用された。 アッカド帝国が崩壊した後、混乱期を経て成立した(前2112年頃-前2004年頃)の時代になってもニップルの重要性は維持されていた。 ウル第3王朝の第2代王はニップル近くにプズリシュ・ダガンと呼ばれる貢納家畜の管理所を設置し、第3代の王イッビ・シンは王都ウルの他、伝統ある都市ウルク、そしてニップルで即位式を行っている。 この3つの都市は同王朝において極めて重要な都市として扱われ、歴代の王は「三大都市であるウル、ウルク、ニップルのあいだを駆けめぐるといってよいほどに巡幸した」(前田)。 前2千年紀 ウル第3王朝時代にメソポタミアにが大規模に浸透し、やがて前2004年頃にによってウル第3王朝が滅ぼされると、アムル人の王朝やアムル人を兵力として抱え込んだ王朝が各地に成立した。 ウル第3王朝の滅亡からの滅亡(前1595年頃)までの時代を古バビロニア時代と呼び、とりわけバビロンの王がメソポタミア全域を支配下に置く以前の時代をという(を参照)。 これはとという2つの都市に拠点を置く王たちが覇権争いの中で中心的な役割を果たしたことによる。 この争いの中でもやはり、王権を授ける神エンリルの座であったニップル市は大きな重要性を持ち、その支配を巡って激しい争いが繰り返された。 特にイシンの王たちはウル第3王朝の後継者という立ち位置を強く意識しており、公式には「国土の神、強き王、ウル王」を称していた。 「正義」の観念に従う正しい支配者であることを証明するために、ニップル市に特典が与えられることもあったと見られる。 イシン王はニップル免税特権を与えたことが文学作品に残されている。 その中でイシュメ・ダガンは「その内部も外部も天のように美しい町ニップル 、天と地の大きな帆柱に私は楽しい思いをさせ、金の支払いから除外し、その軍隊には武器を下に置かせた。 以前にはニップルも調達しなくてはならなかった金銀の貢をニップルの住民には免除した。 」と語っている。 一方のラルサの王も自らを「ニップルの地の羊飼い」と称している。 メソポタミアの混乱と分裂は最終的にの王によって終止符が打たれた。 ハンムラビが属する王朝を一般にバビロン第1王朝と呼ぶ。 バビロン第1王朝の覇権が確立すると、メソポタミアの宗教的中心としてバビロンが浮上していった。 エンリル神の持っていた神性やその神話がバビロンの主神に吸収され、エンリル神殿たるエ・クル神殿の重要性は低下した。 さらに、ハンムラビの後継者(在位:前1749年-前1712年)治世中の前1739年、シュメール地方全域で数年間にわたる大反乱が発生し、その結果としてシュメール地方は大きな打撃を受けた。 ニップルも著しい損害を被ったものと見られ、残された文書からは反乱の後にその耕地・家屋が異常な低価格で取引されていたことがわかっている。 そして前1720年にはニップルの文書記録は途絶え 、恐らくはニップルは居住地として断絶したものと見られる。 バビロン第1王朝はその後時代とともに衰退と縮小を続け、その末期の歴史は具体的にはわからない。 前16世紀になると、数世紀来バビロニアに侵入していたが新たな王朝を建てた(カッシート朝、バビロン第3王朝)。 カッシート人はバビロニアの伝統を重視すると共に、古いシュメールの文化をも掘り起こそうとした人々であった。 かれらはニップル市を復興し、エ・クル神殿も再建されその壮大さを取り戻した。 前1千年紀以降 カッシート人の王朝が崩壊した前12世紀以降、ニップルの状況はあまりわからなくなる。 都市として消滅したわけではなく、イシン第2王朝(前12世紀半ば-前11世紀)や「海の国」第2王朝(前11世紀)時代には建築活動と宗教的生活が継続しており、「海の国」第2王朝の王 シンバル・シパク ()の時代にはエ・クル神殿の修復が行われている。 しかし、同時にこれはカッシート滅亡以降、前8世紀以前におけるニップルでの活動を示す最後の証拠史料であり、また1948年以降の調査ではカッシート王朝滅亡以降200年余りにわたる時期の考古学的痕跡がほとんど見つかっていない。 明らかに当時のニップルの人口は劇的に減少し、ジッグラト周辺に僅かな住民が暮らすだけとなっていたと見られる。 その後にはニップルは文書史料に全く登場しなくなる。 この事実はニップルが完全に居住地として打ち捨てられたことを暗示するが、ジッグラトとその付属施設は前10世紀と前9世紀の間も幾人もの王によって修繕され続けていた可能性がある。 ニップルの周囲は砂漠と化していたが、少数の役人が常駐してたかもしれない。 このニップルの衰退と放棄はニップルを流れていたユーフラテス川の支流が西に移動したことと関係しているであろう。 前9世紀以降、がオリエント世界全体を包括する帝国を構築した()。 ニップルはこの帝国の下で再び繁栄を取り戻した。 しかし、アッシリアの崩壊の後、ニップルの宗教的中心としての役割は次第に失われた。 それでも経済的にはなおバビロニアの重要な都市の1つであったと見られ、特に(アケメネス朝、前550年頃-前330年)の王(クセルクセス1世、在位:前486年-前465年)治世中の市破壊の後には、バビロニアのサトラペイア(属邦、ダフユ)の経済的な中心としての役割を果たしたかもしれない。 前4世紀のによる征服を経てバビロニアの支配権を握った(前311年-前63年)の時代にはニップルはなお相当数の住民を抱えていたと見られ 、かつてのエ・クル神殿が要塞に転用される一方、神殿の敷地内は住宅と街路で満ちた。 ニップルの要塞は(パルティア、前247年-後224年)時代も継続して使用され、前250年頃まで改築が繰り返された。 しかしながら、パルティア時代に入って以降、紀元前後頃までのニップルやその周辺(ウルク等)について記す文書史料はほとんどなく、当時の活動を伝える考古学的遺物も存在しないことから、1世紀余りにわたってバビロニア中心部での活動が低下した時期があった可能性もある。 (226年頃-651年)時代にはかつてのエ・クル神殿の場所に築かれた要塞も墓地として使用されるだけとなった。 それでも古代のジッグラトの周りに泥レンガの小屋が建てられて人々はそこに住むようになり、小村落としてニップルにおける居住は続いた。 バビロニアに相当する地域は時代初期には大きく衰退していたものと思われ、9世紀頃のアラブの地理学者たちがこの地方に言及することはほとんどない。 ニップルにおける居住の痕跡は800年頃に途絶える。 一方でのにおいてはニップル主教が10世紀まで任命され続けていた。 この称号は10世紀当時にはニップルの北西50キロメートルの位置にあるニル( Nil)の町のものと統合されていたが、ニップルの古さ、そしてかつての重要性故に、教会の権限が移転した後にもこの称号には権威が残されていたと考えられるであろう。 考古学 バビロニア語の粘土板文書。 ニップルの地図が記載されている。 前1550年頃-前1450年頃。 ニップル遺跡はの南西約180キロの位置にあり、幅1. 5キロメートル前後の規模を持つ。 この遺跡を構成する遺丘の複合体はたちからはヌファル( Nuffar)と呼ばれており、最初期のヨーロッパ人の探検家たちはニファル( Niffar)と言う名で記録した。 ニップルは シャット・エン=ニル ()運河の両岸に位置しており、この運河はの最初期の流路の1つと同じ場所にある。 現在のニップルはユーフラテス河床との河床の間に位置するようになっている。 遺跡の最高地点は周囲の平野から30メートルほど盛り上がった円錐形の丘である。 これはシャット・エン=ニル運河の北東にあり、アラブ人によって Bint el-Amiror(王子の娘)と呼ばれている。 ニップル遺跡における最初の発掘は1851年、19世紀の発掘家の中でも最も高名な人物の一人、卿(Austen Henry Layard)によって行われた。 本格的な発掘はののチームによって1889年から始められたもので、 ジョン・パネット・ピーターズ ()と ジョン・ヘンリー・ヘインズ ()の指揮で1900年まで4シーズンにわたって行われた。 これはアメリカの調査隊によっておこなわれた中東の遺跡での初の発掘でもある。 1948年から1990年の間には シカゴ東洋研究所 ()の指揮で19シーズンの発掘が行われた。 これにはと アメリカ東洋研究所 ()も時折参加した。 シカゴ東洋研究所はアッバース・アリザデ(Abbas Alizadeh)の指揮で2019年4月にニップルで調査を再開した。 ニップルでは神殿の粘土板文書群は神殿自体ではなく周辺の遺丘から発見された。 この特徴は(古代のギルス)と同様である。 神殿の南東区画には壁はなく、 シャット・エン=ニル ()と繋がった大きな窪地によって区切られ、平均訳7. 5メートルの高さと52平方メートルの広がりを持つ三角形の塚があった。 ここで前3千年紀から(アケメネス朝)時代までの時代にわたる大量の粘土板文書が発見された。 神殿のほぼ真正面で時代のものと思われる巨大な宮殿が発掘され、その周辺とこれらの遺丘の南側で、様々な時代の大量の粘土板文書が発見されている。 この中にはカッシート時代の文書群、ハカーマニシュ朝時代の商業文書群が含まれていた。 ニップルの遺丘の上からはアラブ時代の初期から10世紀までのユダヤ人の町が発見されており、その家々には多量の(呪文を書いた鉢)があった。 ただし、ニップルで発見されたペルシアの文書に登場するユダヤ人の名前によって、ニップルにおけるユダヤ人の居住地はもっと古い時代から存在したことが示されている。 エンリル神殿 ニップルには嵐の神の神殿(エ・クル)があった。 現在知られているエンリル神殿はの王(在位:前22世紀末頃-前21世紀初頭頃)によって初めて建設(再建)されたもので、その後ニップルの歴史を通じて修復と再建が繰り返された。 エンリルに捧げられた神殿がそれ以前の時代から存在したことは疑いないが、ウル・ナンム以前の神殿の建造物は発見されていない。 恐らくそれは現在残るジッグラトの下に埋もれているものと思われる。 ウル・ナンムによる建設事業はエ・クル神殿の全域を改修・再建する大規模なものであった。 この時代の建造物は床面より上の壁が残されていないため、下部構造しかわかっていない。 神殿は北西-南東面を短辺、北東-南西面を長辺とする長方形で、外側から見て南西面の最も左端にメインエントランスがあった。 神殿の外壁はバットレスの凹凸が取り巻いており、特にメインエントランス両脇のバットレスは他の壁よりも若干大きく、その外部は幅15センチメートル、深さ17センチメートルの3本の垂直の溝で装飾されていた。 神殿のプランはのジッグラトの境内にあった2つの初期王朝時代の神殿と類似性が見られる。 神殿の外周はジックラト等と共にさらに道を隔てて壁で囲われていた。 この神殿はカッシート朝時代に大規模に再建された。 この再建によってウル第3王朝時代の神殿遺構は大きく壊されており、床面しか残されていない。 カッシート時代に建造された基礎は元々あったウル第3王朝時代の構造を正確に踏襲してはいない。 神殿の平面プランについては、シカゴ東洋研究所の"Nippur I: Temple of Enlil, Scribal Quarter and Soundings"のPLATE. 15を参照されたい。 古バビロニア時代の大規模な修復活動を示す痕跡は見つかっておらず、神殿本体ではウル第3王朝の下部構造体の直情にカッシート時代の基礎が見つかっている。 カッシート時代の建造物は元々の神殿の構造を正確に受け継いではいなかったが同様のプランによって建設されていた。 カッシート時代を通じて各部屋・壁など増改築・修復が繰り返された。 それぞれの工事の年代や順番などの関連付けは明確ではない。 この神殿はカッシート朝滅亡後のニップルの居住地としての事実上の放棄を経てアッシリア時代に再建された。 アッシリア時代の神殿遺構は損傷が激しく、包括的に理解できるのは一部の部屋に限られる。 残存している部屋の壁はカッシート時代のそれを踏襲しているが、一部の部屋は仕切り壁が追加されるなどしており、用途などが変更されたものと見られる。 粘土板文書 ニップルからは30,000点とも言われる粘土板文書が発見されており、古代の政治・社会について貴重な情報を現代に提供している。 ニップルから発見された前5世紀の粘土板文書群には当時の政府機構と密接なかかわりを持った商人であるムラシュ家( Murash)に関わる文書が含まれており、前5世紀のハカーマニシュ朝時代のニップルの状況とハカーマニシュ朝の行政の姿に光を当てている。 ハカーマニシュ朝は前539年にメソポタミアを征服した。 新たな支配者たちは自分の領地を管理する現地人の協力者を必要としていた。 この現地の協力者たちの姿をニップルの商人ムラシュ家に見ることができる。 少なくとも3世代続いたムラシュ家は、領主たちが保有していた土地を借り受け、これをさらに別の借主(小作農)へ又貸しするという事業を営んでいた。 ムラシュ家はさらに国家から得た灌漑用水の利用権、種子、農具、家畜を土地を貸した小作農たちに販売していた。 仲介者としての報酬として土地の所有者たちは小作料と税金の一部をムラシュ家が確保することを認めていた。 さらにムラシュ家は土地を担保にして銀を貸し出していた。 多くの農民がこの貸付を必要していたと見られ、彼らは間もなく土地を失っていくこととなった ハカーマニシュ朝時代には灌漑が改良され、移住者が増大し、人、人、キッシア人、人、人(その多くはに強制移住させられた人々である)、人、人、などがこの地域に引き寄せられた。 残されたムラシュ家の文書はこの多用な住民構成を反映し、契約文書の3分の1に非バビロニア人の名前が登場する。 ドレヘム文書 ニップル近郊にあったドレヘム( Drehem)、即ち古代のプズリシュ・ダガン( Puzrish-Dagan はメソポタミア史における時代の再分配拠点として最も良く知られた集落であり、ニップルの南東8キロメートルの位置にあった。 ここから発見された数万点の粘土板文書が世界各地で保存されている。 どのような形で発掘されたのかは不明であり、いずれの国のコレクションも全て「購入」されたものである。 日本にも約400枚が平山コレクションとして存在する。 プズリシュ・ダガンは(前21世紀頃)の王によって恐らく統治第39年頃に設立された。 膨大な文書史料によってその運営について様々な知見が得られている。 プズリシュ・ダガンにはウル第3王朝の支配地各地から集積された家畜(ウシ、ヒツジ、ヤギ)を集積する一種の倉庫・飼育場が設置されており、ここからそれらが神殿、役人、そしての王宮へと再分配された。 ここに集積される家畜は1年あたり60,000頭から80,000頭に達した。 このような設備が首都ウルではなくニップルの近郊に設けられたのは、その主目的が何よりもニップルのエンリル神を始めとする神々への犠牲家畜を用意するためのものであったことによる。 この神名と地名は人名の構成要素として使用される場合などにはしばしば互換的な用いられ方をした。 やでは人名の一部として神の名が頻繁に用いられたが、ニブルタ・ル(「ニップルからきた男(児)」)のような人名においてはEN. 以降のウル第3王朝の王は首都ウル、父祖の地ウルク、聖都ニップルを月単位で巡幸し、それぞれの神々に犠牲を捧げた。 これは神々への祭儀権を王が特権として保持していることを示すものであり、特にニップルのエンリル神への犠牲奉納は最も重視された。 江上・五味訳ではニップール、ここでは記事名に合わせてニップルに改めている。 , p. 149• 649 「ニップル」の項目より• 382-383 「ニップル」の項目より。 , p. www. metmuseum. org. 2020年6月閲覧。 , p. 156• , p. , p. , p. , p. 182• , p. 111• , p. 187• , p. , p. 156• 202-205• , pp. 201-202• , p. 105• 207• , p. , p. , p. , p. 285• , p. 190• 199• 236• , Austen H. Layard, Harper, 1856 also in reprint by Kessinger Publishing, 2007,• , Volume 1, John Punnett Peters, G. Putnam's sons, 1897• -, Volume 2, John Punnett Peters, G. Putnam's sons, 1897• , H. Hilprecht, 1903• Fisher, Clarence Stanley, Excavations at Nippur: plans, details and photographs of the buildings, with numerous objects found in them during the excavations of 1889, 1890, 1893-1896, 1899-1900: v. 1 : Topography and city walls, Philadelphia : Department of Archaeology of University of Pennsylvania, 1905• Fisher, Clarence Stanley, Excavations at Nippur: plans, details and photographs of the buildings, with numerous objects found in them during the excavations of 1889, 1890, 1893-1896, 1899-1900: v. 2 : The Fortress, Philadelphia : Department of Archaeology of University of Pennsylvania, 1907• 157• McGuire Gibson, James A. Armstrong and Augusta McMahon, The City Walls of Nippur and an Islamic Site beyond: Oriental Institute Excavations, 17th Season, 1987, Iraq, vol. 60, pp. 11-44, 1998• Gibson, McGuire; McMahon, A. , p. , p. 15の図版を参照。 , p. , p. , p. 210• , p. , p. , p. , p. Hilgert, Markus; Clemens D. Reichel 2003. , p.

次の

メカニックアカデミー

ニップル 英語

グリースニップルとは、機械にグリースを注入するための注入口です。 注入部分は、スプリングによって内側に玉が押し付けられる逆止弁がついています。 潤滑油に増ちょう剤を加えて半固体状にしたグリースを注入する際に使用するグリースガンを接続すると圧力がかかり、給脂配管にグリースが注入されます。 グリースニップルは、グリースガンを接続する部分の接続口の角度によって、A型、B型、C型の3種類があります。 他にも、ピンタイプやボタンヘッドなどの種類があります。 素材は、ニッケルメッキやステンレスなどが利用されます。 ニッケルメッキは耐食性や耐久性に優れ、ステンレスは耐熱性や強度が優れているため、素材によってさまざまな特徴を持ちます。 おすすめ• 脱脂洗浄• おすすめ メーカー ミスミ ミスミ 栗田製作所 栗田製作所 ミスミ 三和金属工業 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 栗田製作所 エスコ 栗田製作所 エスコ NTN 栗田製作所 エスコ 栗田製作所 エスコ 栗田製作所 栗田製作所 エスコ エスコ エスコ エスコ 栗田製作所 エスコ 栗田製作所 エスコ エスコ エスコ 栗田製作所 栗田製作所 エスコ エスコ エスコ 栗田製作所 エスコ エスコ エスコ エスコ シリーズ名 CAD• 通常価格 税別 88円~ 数量別スライド値引 100円~ 数量別スライド値引 69円~ 110円~ 110円~ 数量別スライド値引 2,597円~ 48円~ 250円~ 2,090円~ 169円~ 618円~ 268円~ 140円~ 数量別スライド値引 119円~ 数量別スライド値引 937円~ 349円 200円~ 297円 42円 428円~ 297円 98円~ 400円 178円~ 数量別スライド値引 397円~ 5,822円 1,157円 754円 850円 36円 1,668円 2,495円~ 1,684円 1,454円 809円 587円~ 105円~ 数量別スライド値引 226円 1,341円 297円 587円~ 349円 789円 421円 2,567円 通常出荷日 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 3日目 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 1日目 在庫品1日目~ 当日出荷可能 1日目 お見積り 3日目 1日目 在庫品1日目 当日出荷可能 1日目 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 1日目 当日出荷可能 1日目 1日目 1日目 在庫品1日目 当日出荷可能 1日目 在庫品1日目~ 当日出荷可能 1日目 当日出荷可能 1日目 1日目 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 1日目 1日目 1日目 在庫品1日目~ 当日出荷可能 1日目 1日目 1日目 1日目 当日出荷可能.

次の