即 パット 銀行 おすすめ。 競馬のネット購入をスマホで始める方法!馬券購入は簡単だった。おすすめは即PAT|ゆうちょでの投票も簡単|うましる

即PATをする時におすすめの銀行について

即 パット 銀行 おすすめ

そもそも競馬には、JRAが運営している「中央競馬」と地方公共団体が運営している「地方競馬」があります。 いくつか違いはりますが、 一番の違いは「地方競馬は平日でもやっている」という点でしょう。 とりあえず気軽に競馬を始めてみたい方は、地方競馬から始めてみましょう。 しかし、 「楽天競馬」というサービスではなく、楽天の銀行口座を即PAT(JRAが提供する公式サービス)と連携して中央競馬を購入することなら可能です。 (下で詳しく解説!) 楽天競馬とJRA 中央競馬 の関係性 「JRA」「楽天競馬」「楽天銀行」「JRA」「即PAT」などなど、たくさんの用語が出てきて少しわかりづらいので、以下の画像で整理してみました。 楽天競馬とJRAの関係性はいたってシンプルです! このように、楽天競馬(Rakuten競馬)と楽天銀行の違いを理解すれば、楽天競馬とJRAの関係性が理解できると思います。 つまり、、、• 地方競馬を始めたいなら「に登録」• 中央競馬を始めたいなら「楽天銀行口座を即PATに連携」 ということですね。 楽天競馬への登録は無料ですので、これから楽天銀行で中央競馬を始める!という方は、このタイミングで「」にも登録しておくことをおすすめします。 とりあえず登録しておけば、平日いつでも気軽に競馬が楽しめるため便利ですよ。 ここからは楽天競馬の特徴と即PATとの違いをご紹介していきます! そもそも楽天競馬ってどんなサービス? 「楽天競馬」は、全国の地方競馬を購入できる有名なサービス。 特に 月替わりキャンペーンでは最大10%ほどの還元を受けることができます。 映像サービスも充実しており、 スマホさえあればいつでもレース映像を楽しむことが可能です。 ただ何度も言いますが、楽天ユーザーの方には最もおすすめできるサービスです。 楽天競馬と即PATの違いは?他サービスと比較! 楽天競馬と即PATの違いはいくつかあります。 例えば、「提携銀行の数」「楽天ポイントキャンペーンの有無」「スマホアプリに対応しているか」ですね。 そもそも、地方競馬を購入する方法は主に4つあります。 どれも使いやすく特段悪いサービスはありませんが、念のため各サービスの特徴を確認しておきましょう。 スマホアプリがあるため操作性も高く初心者でも使いやすいですし、楽天ポイントが還元されるのも非常に嬉しいポイントです。 競馬を楽しんでるうちにお金が増えていくのですからね! 地方競馬を始めるなら「楽天競馬」か「オッズパーク」 最後に、地方競馬を始めたい初心者におすすめの2つのサービスについて詳しくご紹介したいと思います。 簡単に言うと、楽天銀行ユーザーは「」、その他銀行ユーザーなら「」という感じですね。 ・楽天競馬|楽天ユーザーに嬉しい特典いっぱい! 「楽天競馬」は、全国の地方競馬を購入できる有名なサービス。 ・オッズパーク|CMでも話題の人気サービス! 地方競馬も買いたい!という方には、 CMでも話題の「オッズパーク」をおすすめします。 競輪を購入できることでも有名ですね。 登録もわずか3分と超簡単。 以下のリンクからすぐに登録ができます。

次の

競馬やtoto向きネット銀行の選び方

即 パット 銀行 おすすめ

競馬は毎週地上波のテレビでメインレースが放送されて馬券は買わないまでも気になっている方はそれなりにいらっしゃるはずです。 しかし競馬をやったことがなくてかつ少しだけ競馬を始めたいと思った人の中には「どうやって馬券を買ったらいいの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますよね? 競馬場で買ったり、「WINS」と呼ばれる場外馬券場で直接「紙の馬券」を買えるのはもちろんのこと、馬券は「特定のインターネット銀行口座」を持っていればすぐに購入することが可能です。 しかしすでにネット銀行の口座を持っていればその日のうちに買う事ができますが、ネット銀行の口座を持っていない場合は数日掛かってしまうので、もしCMなどの影響で馬券を買いたいと思った方は早めにネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。 対象のネット銀行はいくつかあるのでそれらの違いを見ていきましょう。 初心者がネットで馬券購入を始めるなら「即PAT」 現在、日本中央競馬会JRAが公式に会員を募集しているのは3種類。 「即PAT」と「APAT」、「JRAダイレクト」といった種類になります。 このうち「APAT」はJRA専用の口座を開設しなければならないですし、開設完了まで2か月くらい掛かる過去の産物ですので初心者の方はあまり気にしなくていいです。 「JRAダイレクト」はクレジットカードを利用して馬券を買うという少し恐ろしい方式ですし、購入回数が3回、最低購入金額が1,000円、購入限度額が50,000円と非常に使いにくいのでこちらも初心者には全くおすすめできません。 なので今から馬券を買ってみたいと思う初心者の方には「即PAT」というネット投票システムに登録することをおすすめします。 「即PAT」は下記に紹介する特定のネット銀行口座があれば 即日馬券の購入が可能になりますが、ネット銀行の口座がまだない場合は先にネット銀行の口座を開設する必要があります。 開設までおおむね1週間くらいは掛かる銀行が多いので、始める人はあらかじめネット銀行の口座を開設しておきましょう。 馬券のネット購入におけるおすすめ銀行口座 馬券の購入に必要となる銀行口座は6種類から選ぶことになります。 銀行名 口座開設手数料 ATMへの入金手料 ATMからの出金手数料 口座開設までの期間 ジャパンネット銀行 開設、維持共に0円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 スマホアプリがあれば5~7日程度 楽天銀行 開設、維持共に無料 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 3万円以上はどこでも無料。 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 スマホアプリがあれば2日~2週間程 三井住友銀行(SMBCダイレクト) 開設、維持自体は無料だが三菱住友銀行の口座が必要 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 三菱東京UFJ銀行 開設、維持無料 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 住信SBIネット銀行 開設、維持無料 無料 ランクに応じて2~15回無料。 それ以外は110円。 1週間程 ゆうちょ銀行 開設、維持共に無料 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 郵便局の窓口なら30分程度(通常営業時間内) 三井住友や三菱東京UFJ、ゆうちょも悪くはないのですが、 ネット銀行は24時間営業しているのが大きいですよね。 また競馬に使うネット口座を新たに作る場合、重要なのはATM利用に際する手数料だと思います。 セブン銀行などは多くのネット銀行が使用できますが、上記の通り一回入金するのにも平均200円くらい掛かる銀行が多いです。 一気に口座に預けられる人であれば手数料はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが・・・これから競馬をやろうと思っている人たちの中には「必要な場合だけ入金したい」と考えている人も多いと思います。 1回の手数料はたかが200円くらいでも、積み重なれば大きいものです。 仮に200円の入出を1年間、52週間続けたと仮定するなら1万円を超えてしまいます。 これは出来るだけ抑えたいですよね。 というか200円あれば後2つ新しい馬券を買う事ができるのでそういう意味でも勿体ないです。 ちなみに日本中央競馬会JRAの支払いは非常に有能で、「即PAT」なら馬券の払い戻しは出金すれば即日口座に振り込まれます。 手数料を抑えるなら住信SBI、多用途ならジャパンネット銀行 結論ですがATM取引の手数料を抑える目的であれば 住信SBIネット銀行を使用するのが一番ではないかと思います。 ATMでの預入手数料0は本当に大きいです。 毎週ATMにお金を入れても手数料が掛からないということですからね。 対応しているATMも多く、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミマとかにあるやつ)など多くのコンビニATMや銀行ATMで預け下ろしができます。 正直競馬をやっていると土曜で資金が全てなくなってしまった場合など追加で預け入れをしたいシーンはよくある(いいことではないが)ので本当におすすめの銀行です。 中央競馬以外にも地方競馬、競輪、ボート、オートレース、LOTOなどほとんどの公営競技に対応しているのもポイントですね。 そしてそもそもSBI証券などと関連する投資関連の会社でそういった方面にも強いので、投資にも興味がある人は住信SBIネット銀行で口座を一つ作っておいても損はないと思います。 こちらの住信SBI公式サイトから口座開設ができます。 でも悪くはないしヤフオクなど様々な用途に利用できるのでこれらも初心者にはおすすめです。 競馬の賭けは「100円」から買えるとても取り組みやすい競技だと思いますので、ぜひやったことない人にも挑戦してみて欲しいです。

次の

即PAT会員のススメ|馬券購入に使える銀行口座比較

即 パット 銀行 おすすめ

こんにちは。 くまなりブログ管理人のなかちゃんです。 ネット購入するならどの銀行がおすすめなのでしょうか? 「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「じぶん銀行」 いっぱいありすぎて、どれがいいかわからない。 そんなお悩みを解消していくため、私の考えをシェアしていきます。 恐らく、現金換算して3万円ほどの損失はあるかと思います… 詳しくは後述。 楽天スーパーポイントとは• 100円~200円につき1ポイント貯まる!• 1ポイント=1円で様々なお店でポイントを使える ショッピングでは楽天市場はもちろん、サンドラック、ビックカメラ 飲食店では、マクドナルド、すき家、ミスタードーナツ、くら寿司 などなどポイントが使えるお店を上げていったら日が暮れちゃいます… 「石を投げれば楽天スーパーポイントが使えるお店に当たる」といっても過言ではないほど数多くのお店で楽天スーパーポイントを使うことが出来ます。 即PATで貯まるスーパーポイント 即PATでたまるポイントは金額関係なく入金をしただけでポイントが貯まります。 ポイントとしては、1~3ポイント(口座のランクに応じる)がもらえます。 仮に毎週土、日曜日に競馬を楽天口座から即PATへ入金した場合、月に8ポイントもらえます。 年間で約100ポイントも貯まるので、気づいた時にはすき家の牛丼が食べられちゃいますね!! なんだそんなものか。 と思った方もいるかもですが、塵も積もればなんとやら。 なんてことを言ってる他サイトもありますが、そんなうまい話はないのでご注意を。 上記の銀行ATMだと、• セブン銀行=セブンイレブン• イオン銀行=ミニストップ、ローソン、ファミリーマート• ゆうちょ銀行=ファミリーマート• ローソンATM=ローソン このようになります。 いざって時に、コンビニさえ近くにあれば、軍資金に困ることはないでしょう。 馬券予想をしすぎてスマホの電源が切れてしまった…なんて場合には、仕方なく現金購入する場合もあるでしょう。 そんな時にも安心です!!! ちなみに、ATMを設置している競馬場だと、• 東京競馬場• 中山競馬場• 京都競馬場 上記3つはイーネットのATMなので楽天銀行なら利用可能(手数料は最大で月7回まで無料) 残念ながら、中京競馬場・阪神競馬場は、りそな銀行ATMなので利用できません… 中京競馬場・阪神競馬場、その他場外馬券場(ウインズ)を利用する方はお近くのコンビニまでダッシュしましょう! 対応しているコンビニが多い:大勝ちしたら入金しよう もし、現金で馬券購入をした際には、お金を入金することもできます。 3万円以上の入金ならいつでも手数料無料で入金が出来ちゃいます。 穴馬をあてて大勝ちした場合には、迷うことなく入金しちゃいましょう。 即PATへの入金方法として、楽天銀行をおすすめしているので、あまり入出金をすることはないと思いますが… とはいえ日常使いをするにも楽天銀行はおすすめです。 買い物や食事に行った際にも必ず必要になる現金。 急な用事で現金が必要な時もATM手数料が無料なので、心置きなくお金を下ろすことができますね。 手数料無料は激熱すぎる… 私はギャンブル狂なので、まだいける!まだいける!!と熱くなってしまうタイプです。 一日に何度もコンビニATMに向かうこともしょっちゅう。 200~300円ほどの手数料ですが、月に何回も取られていたと考えると、どれだけ損をしてきたのか… 私のように、ショックで枕を濡らさないためにも、楽天銀行使いましょう! \\たったの5分で簡単登録// 地方競馬もするなら楽天銀行が熱い! JRA競馬しかやらない人にとってはあまり関係がない話かもしれませんが、楽天銀行は地方競馬との相性がサイコーにいいんです!! 楽天銀行の口座を持っている人は、楽天競馬にも登録しましょう。 口座開設が完了したら この流れを守れば、競馬で勝たなくても1000ポイント以上を無料でゲットできちゃうので、やらなきゃ損ですね! 楽天口座を作る手順:5分あれば申し込み完了です。 楽天会員の方も、そうでない方も簡単に申し込み出来ちゃいます。 入力が完了した後は、カードの種類を決めましょう。 普段使いと、即PATで使うのみなら、パンダデビットカード・デビットカードのどちらかを選びましょう。 可愛いのが好きならパンダ、シンプルが好きなら普通のデビットカードがいいですね。 デビット機能なんていらない! 普通のキャッシュカードがいい!と思う方もいるかもですが、普通のキャッシュカードの場合だとポイントの優遇がありませんので、単純に損しちゃうので注意です。 デビット機能も使わなければ、普通のキャッシュカードと同じなので、気にせず行きましょう。 カードを選んだら、また簡単な入力をしていきます。 これは本人確認の方法なのですが、口座開設をスムーズに行うためにはアプリで本人確認を済ませたほうが、速く手続きが終わります。 ということ。 私の場合は本人確認を含めた口座開設の手続きは2日で完了しましたので、アプリを使えば爆速です。 あとは、最後にサービスの申し込み有無を問われるので、簡単に入力したら完了です。 私の場合、実際にキャッシュカードが届いたのは10日後でした。 おさらいしておくと、• 一般的な情報の入力• カードの種類を選ぶ• 楽天公式アプリで本人確認• 完了 といった流れですね。 アプリで本人確認が出来てしまえば、申込から10日~2週間程度でキャッシュカードGETです。

次の