新型 ヤリス 価格。 【2020年2月10日】トヨタ新型ヤリス フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や価格は?ヤリスGR

【トヨタ新型ヤリスクロス】新SUV2020年8月31日日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

新型 ヤリス 価格

0Lガソリンエンジン- X・Bパッケージ:1,395,000円 X:1,455,000円 G:1,613,000円 -1. 5Lガソリンエンジン- X:1,598,000円 G:1,756,000円 Z:1,926,000円 -1. 3L直4ガソリンエンジンと新開発の1. 5Lハイブリッドの2種類がラインアップされる。 いっぽうの新型ヤリスは、すべて直列3気筒の1Lガソリンエンジン、1. 5Lガソリンエンジン、1. 5Lハイブリッドの3種類だ。 新型「フィット」1. 3Lガソリンエンジン車の走行イメージ 新型フィットが搭載している1. 3Lガソリンエンジンの動力性能は、コンパクトカーでは平均水準のものだ。 登坂路では少しパワー不足が感じられるが、性格は素直で扱いやすい。 直列4気筒のため、エンジンノイズも抑えられている。 新型「ヤリス」1. 5Lガソリンエンジン車の走行イメージ 対する新型ヤリスのガソリンエンジンは、直列3気筒の1Lと1. 5Lだ。 試乗したプロトタイプは、主力エンジンの1. 5Lだった。 新型ヤリスの1. 5Lガソリンエンジンは、排気量に余裕があって動力性能は新型フィットの1. 3Lガソリンエンジンよりも高い。 4,500rpm付近から吹け上がりが活発になり、エンジンを回す楽しさも味わえる。 アクセルペダルを踏み込んだときのノイズは大きめで、3気筒特有の粗さも感じるものの、動力性能は新型フィットよりも高い。 なお、新型ヤリスの1. 5Lガソリンエンジンには、6速MT仕様も用意されている。 新型「フィット」1. 5Lハイブリッド車の走行イメージ ハイブリッドは、新型フィットのほうがパワフルだ。 エンジンは主に発電機を作動させて駆動はモーターが受け持つから、電気自動車と同様に加速は滑らかだ。 アクセル操作に対する加減速の反応も、新型フィットは機敏に感じる。 新型フィットのハイブリッドは、エンジンが発電機の作動に使われるため、速度の増減に関係なく高効率な回転域を維持できる。 そこが、ハイブリッドシステム「e:HEV」のメリットだが、アクセル操作とエンジン回転数が連動しないために、ドライバーには違和感が生じてしまう。 そこで、新型フィットでは効率が下がらない範囲内において、アクセル操作とエンジン回転数を一致させる制御が採用されている。 これも、新型フィットのハイブリッドがすぐれている点のひとつだ。 動力性能についての結論は、ガソリンエンジンは新型ヤリスの1. 5L、ハイブリッドは新型フィットがすぐれている。 走行安定性比較 新型「ヤリス」は、プロトタイプ車をサーキットで試乗した際にも、走行安定性の高さが感じられた 走行安定性は、両車とも先代に比べて大幅に進化している。 搭載されるエンジンに基づく車重や装着タイヤなどによっても異なってくるが、走行安定性については全般的に新型ヤリスのほうが軽快だ。 後輪の接地性が高く、車両の向きが機敏に変わるので峠道などでも曲がりやすい。 対する新型フィットは落ち着いた印象で、ボディがひとまわり大きく感じる。 走行安定性については、良し悪しというよりもクルマの性格の違いと言ったほうがいいかもしれない。 乗り心地比較 新型「フィット」には、15インチタイヤと16インチタイヤ装着車がラインアップされるが、16インチタイヤ装着車のほうが車体とのバランスのよさが感じられた 走行安定性と同様に、車重やタイヤによっても異なるが、乗り心地は両車とも先代に比べて粗さが抑えられて快適だ。 特に、新型フィットの16インチタイヤ装着車は接地性が高く、タイヤが路上を細かく跳ねる感覚が抑えられており、重厚感がともなう。 新型「ヤリス」には、14インチ、15インチ、16インチと大きく3種類の装着タイヤがラインアップされる。 新型ヤリスも、新型フィットと同様に16インチタイヤ装着車の印象がよく、14インチタイヤ装着車については乗り心地がいまひとつという印象を受けた いっぽうの新型ヤリスも、ZとハイブリッドZにオプション設定されている16インチタイヤ装着車は乗り心地や走行安定性など走りのバランスがいい。 だが、14インチタイヤについてはやや硬く感じた。 指定空気圧は、16インチタイヤは前輪が220kPa、後輪は210kPaだが、14インチタイヤは転がり抵抗を抑えて燃費を向上させるため、前輪が250kPa、後輪が240kPaに跳ね上がっていることも影響している。 これは、どんなクルマにも当てはまる話なのだが、購入前にはできるだけ複数のタイヤを試乗したほうがいい。 たとえば、新型ヤリスなら16インチタイヤ装着車を試乗して14インチタイヤ装着車を購入すると、乗り心地が違いすぎて後悔する心配が生じるからだ。 特に、コンパクトカーのベーシックグレードは、乗り心地を犠牲にして燃費数値を向上させる傾向が今でも残る。 新型ヤリスのハイブリッドZに16インチタイヤを装着した場合、WLTCモード燃費は32. コンパクトカーは、ほかのクラスに比べてグレードやタイヤの違いに基づく燃費数値と乗り心地の格差が大きい。 そのため、試乗も慎重に行う必要があるだろう。 内装の質感と居住性比較 新型「ヤリス」のインパネ 新型「フィット」のインパネ インパネ周りは、新型ヤリスのほうが質感は高く感じる。 新型フィットも決して悪くはないのだが、ステアリングホイールを2本スポークとするなどシンプルに仕上げているので、デザイン面の個性が強く、グレードによっては安っぽく見えることがある。 新型「ヤリス」のインテリア 新型「フィット」のインテリア 居住性は、前席の座り心地は同程度だが、後席は新型フィットの圧勝だ。 後席は、足元空間が大幅に異なる。 身長170cmの大人4名が乗車した場合、新型ヤリスの後席に座った乗員の膝先空間は握りコブシひとつ少々だが、新型フィットは2つ半もの余裕がある。 ちなみに、先代のヴィッツは、同じ測り方で握りコブシ2つ分であった。 新型ヤリスは、ヴィッツに比べて前後席の乗員間隔が37mm縮まり、後席の床と座面の間隔も32mm減ったから、腰が落ち込んで膝の持ち上がる座り方になった。 ヴィッツから新型ヤリスに乗り替えたいというユーザーは、後席の居住性に注意したい。 4名で乗車するなど、後席を多用するユーザーには新型フィットが適している。 乗降性は、前席は基本的に同等だが、新型ヤリスは運転席と助手席に「ターンチルト」機能がオプション設定されていることに注目したい。 シートが外側に回転しながら、座面が下降することで乗り降りを助けてくれる。 後席の乗降性については、新型フィットのほうがすぐれている。 新型ヤリスはルーフが下がり、足元空間も狭いのでやや乗り降りしにくい。 荷室の広さとシートアレンジの使いやすさ比較 新型「ヤリス」のラゲッジルーム 新型「フィット」のラゲッジルーム ラゲッジルームは、新型フィットのほうが広い。 新型フィットは、燃料タンクを前席の下側に搭載する「センタータンクレイアウト」を先代から引き続き採用しているので、荷室の床面を低くしてラゲッジルームへ多くの荷物を載せることができる。 そのため、新型フィットの後席をたたむとボックス状の空間となって、背の高い物などを積み込むことも可能だ。 新型ヤリスも荷室面積の不足はないのだが、リヤゲートを寝かせたこともあって、背の高い荷物がやや積みにくい。 取りまわし性・視界比較 新型「フィット」のフロントピラーは、奥を細くすることで斜め前方の視界を向上させている ボディサイズは同程度だが、視界は新型フィットがすぐれている。 フロントピラーを2本にして、手前側を太く、前方はフロントウィンドウの窓枠として細くデザインしているので、斜め前方の視界を遮りにくい。 また、サイドウィンドウの下端も水平基調だから、斜め後方も見やすい。 新型ヤリスも前方視界はいいのだが、後方視界が悪い。 サイドウィンドウの下端をうしろに向けて大きく持ち上げているからだ。 後方視界は、車庫入れや縦列駐車のしやすさに加えて、安全性にも影響を与えるので注意したい。 価格比較 新型フィットと新型ヤリスは、ほぼ同時期に発売されるライバル同士だから、価格も拮抗している。 ガソリンエンジンを搭載する買い得な主力グレードで見ると、フィット 1. 3Lのホームグレードは1,718,200円、ヤリス 1. 5LのGグレードは1,756,000円だ。 ハイブリッドは、フィット ホームが2,068,000円、ヤリス Gは2,130,000円となる。 総合評価 ここまで解説したとおり、同サイズのコンパクトカーであっても新型フィットと新型ヤリスはかなり性格が異なる。 新型フィットは後席や荷室が広く、実用重視のファミリーユーザーに適している。 新型ヤリスは、外観デザインがスポーティーで、内装の質感も高い。 いっぽう、後席や荷室は狭いので、おもに前席優先のパーソナルユースに適している。 以前のヴィッツは、ファミリーユーザーもカバーできるフィットに似た性格だったが、新型ヤリスはドライバー優先となり、マツダ「MAZDA2」(旧デミオ)に近づいた。 家族を乗せるなど、後席や荷室の利用が多いのならば新型フィットを、普段は2名乗車で運転の楽しさを求めたいなら新型ヤリスを選ぼう。

次の

【トヨタ新型ヤリスクロス】2020年8月31日「NEW SUV」日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

新型 ヤリス 価格

ルーフのブラックが太いCピラーのところまでアクセントとして入っている。 リアテールランプ回りの造形も凝っている トヨタは新型クロスオーバー、ヤリスクロスを8月31日に発表、発売する見込みである。 このほど傘下販売店に専用ウェブサイトによる商品概要を提示、これに基づき販売店では既納ユーザーを中心にティザーキャンペーンをスタートさせており、先行予約は7月中旬から始まるという。 この段階で、新型ヤリスクロスについてわかっている情報のすべてをお伝えしていこう。 新型ヤリスクロスは、ヤリスのTNGAによる「GA-B」プラットフォームをベースに本格的なコンパクトクロスオーバーSUVに仕立てている。 プラットフォームはヤリスと共用だが、ボディパネルはまったく別の専用設計。 通常、ハッチバック車をクロスオーバー化する際に、車高を上げて樹脂製バンパーやフェンダーアーチ、ルーフレールなどを装着するのがほとんどだが、ヤリスクロスのボディパネルはまったくの専用設計となっている。 大流行しているクロスーバーSUVの市場に、本腰を入れて投入する、トヨタの本気を感じさせるものだ。 ライバルのホンダヴェゼルに比べると全長はマイナス160mm、全幅マイナス30mm、全高マイナス15mmだから、わずかに小ぶりといえる。 ホイールベースはヤリスよりも10mm長い。 最低地上高は170mmでヤリスよりも30mm高く、ヴェゼルよりも15mm低い。 5Lと1. 5Lハイブリッド ヤリスクロスに搭載されるパワーユニットは1. 5Lガソリン&同ハイブリッドを搭載し、それぞれ2WD、4WD、CVTとの組み合わせる。 5Lが120ps/14. 8kgm 、1. 5Lハイブリッドが91ps/12. 2kgm+モーターの80ps/14. 4kgmと、ヤリスに搭載している1. 5L、ガソリン&同ハイブリッドと同じである。 WLTCモード燃費はハイブリッド2WDが31. 1km/L、同4WD28. 0km/L、ガソリン2WD19. 4km/L、同4WD18. 新型ヤリスクロスの走行シーン ヤリスクロスのグレード構成は上級からZ、G、Xでヤリスとまったく同じとなるもよう。 タイヤサイズは最上級のZが215/50R18インチアルミホイール、中間で売れ筋のGは205/65R16インチアルミホイールで18インチもオプションで選べる。 Xは205/65R16インチスチールホイールを履く。 各グレードの装備差はZがLEDヘッドランプ、LEDリアコンビランプ、本革巻きスポーツステアリング、本革巻きシフトノブを採用。 GとXはプロジェクター式ハロゲンヘッドランプでLEDヘッドランプとLEDリアコンビランプはメーカーオプション。 ステアリング&シフトノブはウレタンとなる。 ボディカラーはモノトーン8色、2トーン7色。 具体的にはモノトーンがテーマカラーのプラスゴールドメタリック、ホワイトパール、シルバーメタリック、ブラックマイカ、センシュアルレッド、ベージュ、グレイッシュブルー、ダークブルーマイカ。 2トーンカラーはルーフのブラックとの組み合わせがプラスゴールドメタリック、ホワイトパール、ブラックマイカ、センシュアルレッド、ベージュ、グレイッシュブルーの6タイプ、ルーフがプラスゴールドメタリックとボディがブラックマイカの組み合わせが1タイプのみの構成となる。 このほか、安心パッケージの「トヨタセーフティプラス」は5ドアハッチバック車のヤリス並みの進化バージョンを全グレードに標準装備する。 GRヤリスも2020年9月4日に発売されるので、現行の標準車とクロスを合わせて3ファミリーが出揃い、今秋からの拡販攻勢に名乗りを上げることになる。 登録実績のカウントは「ヤリスシリーズ」に含まれるので、トータルだとピーク時では月販2万台の大台を突破し、軽自動車を含めてもトップブランドに浮上するのが濃厚になっている。 新型ヤリスクロスの価格は? 5L車のガソリン車が220万円~、ハイブリッドが250万円~になると予想 気になるのが価格だ。 ヤリスクロスのライバル車は、他社だとコンパクトSUVの人気車とされるホンダヴェゼルで、燃料タンクを前席の下に搭載した。 そのために後席と荷室が広い。 仮にヤリスクロスの価格が同程度の装備を採用したヴェゼルよりも高まると、割高感が生じてしまう。 ヤリスクロスは若干安く抑えるだろう。 ヴェゼルの2WDの価格は、1. 5Lガソリンエンジンを搭載する「X ホンダセンシング」が220万5093円、「ハイブリッドX ホンダセンシング」は258万6018円だ。 そうなるとヤリスクロスの価格は、ガソリンエンジンを搭載する2WDが220万~250万円、ハイブリッドは250万~290万円くらいになるだろう。 ベースとなるヤリスの価格は、ガソリンエンジンの「Z」が192万6000円、「ハイブリッドZ」は229万5000円だから、ヤリスクロスは25万円くらい高くなる計算だ。 ちなみに日産の販売店によると、2020年6月24日に発売される「キックス e-POWER・X(2WD)」の価格は275万9900円という。 「2トーン仕様」は286万9900円だ。 衝突被害軽減ブレーキなどは標準装着されるが、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラーは、セットオプションの設定になる。 ヤリスクロスは、身内となるトヨタのSUVとも比較される。 まずC-HRの価格は、1. 2Lターボを搭載するベーシックな「2WD・S-T」が240万円、ハイブリッドの「2WD・S」は273万円だ。 ヤリスクロスは、C-HRに比べると20万円ほど安い。 トヨタ「ライズ」は、全長が4mを下回る5ナンバーサイズのSUVで、エンジンは直列3気筒1Lターボだ。 この「2WD・Z」は206万円だから、ヤリスクロスはライズに比べて15万円以上高くなる。 このようにヤリスクロスの価格は、トヨタ車同士で比べると、ライズよりは高くC-HRに比べると安い。 ライバル比較ではヴェゼルとキックスを少し下回る価格だ。 先行予約が開始するのは7月中旬。 価格を含め、最新情報が入り次第お伝えしていこう。 証言1:首都圏カローラ店営業担当者 「カローラ店はネッツ店と並びコンパクトクラス車では高いシェアを確保しているので、新型ヤリスクロスへの期待感は大きい。 既納客を中心にお客さんへの呼びかけをスタートさせたところだが、反応は申し分ない。 7月中旬から始まる先行予約では、1万円相当のギフトカタログを提供するなどして受注確保を最大限に盛り上げたい。 8月31日の正式発売以降の注文になると、納期は来年にずれ込む可能性がある」。

次の

【新型GRヤリス】2020年9月4日「RZ/RS/RC 3グレード」発売!最新情報、馬力、価格、発売日は?

新型 ヤリス 価格

スポンサーリンク トヨタ、新型ヤリスが、2020年2月に発売されました。 ヴィッツからヤリスに名前が変わり、名前だけでなく、デザインや中身も大きく変わりました。 新型ヤリスはまだ発売されてばかりですが、とても注目されており、営業マンの元には様々な声が寄せられています。 また、ネット上にも色々な口コミが集まってきています。 新型ヤリスは、どんなところが良いのか。 どんなところがイマイチなのか。 ディーラー営業の友人からの情報や、ネット上の情報を集計して、 欠点、短所、長所、口コミ評判を中心に紹介します。 欠点については、どうすれば欠点をカバーすることができるのか。 という視点も付け加えて紹介します。 今回の記事は、直接営業マンに聞いたお客さんからの声だけでなく、多くのネット上の意見も網羅しています。 新型ヤリス購入の参考にしてもらえればと思います。 新型ヤリスの欠点その1:室内が狭い 新型ヤリスで最も多かった悪い口コミ、評判は、「室内が狭い」ということです。 新型ヤリスは、ボディサイズはヴィッツからそれほど変わっていないものの、室内寸法は結構狭くなっています。 ボディ寸法 ヤリス ヴィッツ 全長 3,940mm 3,945mm 全幅 1,695mm 1,695mm 全高 1,500mm 1,500mm ボディサイズは、全長が5mm短くなっているだけで、ほとんど変わっていませんね。 一方の室内寸法はというと・・・、 室内寸法 ヤリス ヴィッツ 室内長 1,845mm 1,920mm 室内幅 1,430mm 1,390mm 室内高 1,190mm 1,240mm 室内長は75mm短くなり、室内幅は40mm広くなっていますが、室内高は50mm低くなっています。 しかも、ヤリスは台形で上部を絞ったようなデザインをしているので、体感的には室内寸法の数字以上に狭く感じます。 ネット上でも、ヤリスは狭いという声が多く挙がっています。 ヤリス、4人乗るにはキビシイかも。 特に後部座席が狭い。 — おーたか ohtaka1022 時間空いたので新型ヤリス見に来た。 狭いのとリアシートの寝かせが出来ないのが痛い — 江崎 稔 esakings 営業マンの友人も、室内が狭いから、ホンダのフィットにお客さんを取られてしまったという例がいくつもあり、 狭さに関してはどうしようもない。 3人以上で乗る人には向いていない。 と言っていました。 室内が狭い。 という欠点に関しては、対策のしようがありません。 3人以上で乗る機会が多いなら、素直に他の車を選ぶのが吉です。 スポンサーリンク 新型ヤリスの欠点その2:後ろの視界が悪い 新型ヤリスはリヤガラスが小さく、後部の視界がとても悪いです。 もちろん、昔からある バックモニターでも良いですね。 運転に自信がない方、試乗をしてみて、そういった補助機能がほしいと思ったら、つけておきましょう。 新型ヤリスの欠点その3:デザインがイカツい 新型ヤリスは、デザインがツリ目でイカツイ、獰猛(どうもう)なデザインとなりました。 新型ヤリス 出典 トヨタの公式プレスリリースでは、ヤリスのデザインは、「鋭い加速で、弾丸のようにダッシュ!するイメージ」という風に説明されています。 特に、ヴィッツには、「ジュエラ」という女性向けのグレードがあったのですが、ヤリスでは廃止されています。 そのため、 女性を中心に、デザインに関する残念な声が多く挙がっています。 ということでした。 デザインに関しても、ユーザー側で改善できる部分は少ないです。 可愛い感じの車が良いのなら、パッソなんかが良いかもしれません。 スポンサーリンク 新型ヤリスの欠点その4:エンジンの音がうるさい 新型ヤリスでは、1. 5Lエンジンが3気筒エンジンになっています。 ヴィッツの1. 3Lエンジンは、4気筒でした。 エンジンの気筒数が減ると、どうしても音や振動が気になってしまいます。 走りをとってヤリスにした方 ガソリンATでお悩みの方 ハイブリッドをお勧めします ヤリスは3気筒です ミキサーの様な音を覚悟してください ハイブリッドは低中速帯のトルクが中々素晴らしいのでお楽しみいただけるのではないでしょうか— 夢がもりもりつつじもり szk666nurunuru エンジンの音がうるさい、気になるという口コミは、特に1. 5Lのガソリン車に試乗した人から多く挙がっています。 0Lガソリン車の方がうるさいはずですが、そっちははじめから諦めのようなものがあるのかもしれませんね。 車内を静かにするには、静音計画というグッズが有効です。 私が特に効果があると感じているのは、「エンジンルーム静音シート」「ロードノイズ低減マット」「風切り音防止モール」の3つです。 エンジンルーム静音シートは、ボンネット裏に貼り付けてエンジン音を低減するためのシートです。 アクセルを踏み込んだ時のエンジン音が低減されます。 ロードノイズ低減マットは、フロアマットの下に敷くマットです。 フロアマットの形に合わせて切り取って下から敷くと、タイヤが転がる、ゴーッという音が軽減されます。 できれば3つ買って、前後とトランクルームにも敷くと効果的です。 風切り音防止モールは、高速走行中の風切り音を低減するものです。 ドアと車体の密着度を上げて、風切り音の侵入を防ぎます。 できれば2つ買って、前後4枚のドアに使うとより効果的です。 ドアを少し強めに閉めないと半ドアになりやすくなるので、その点は要注意です。 新型ヤリスの欠点その5:価格が高い 新型ヤリスは、ヴィッツよりも、10万円~20万円程度高くなっています。 ヴィッツ F M(1. 0L) 120万3,400円 F(1. 0L) 134万9,700円 ジュエラ(1. 0L) 148万9,400円 F(1. 3L) 150万9,200円 ジュエラ(1. 3L) 172万3,700円 U(1. 3L) 182万500円 ハイブリッドF 185万3,500円 ハイブリッドジュエラ 200万9,700円 ハイブリッドU 211万5,300円 ヤリス X B(1. 0L) 139万5,000円 X(1. 0L) 145万5,000円 G(1. 0L) 161万3,000円 X(1. 5L) 154万3,000円 G(1. 5L) 175万6,000円 Z(1. 5L) 192万6,000円 ハイブリッドX 199万8,000円 ハイブリッドG 213万円 ハイブリッドZ 229万5,000円 新しい低燃費エンジンである、ダイナミックフォースエンジンが採用されていない1. 0Lガソリン車も、とても高くなってしまっています。 新型ヤリスが高いという口コミは、特に1. 0Lガソリン車を検討している方から多く挙がっています。 ヤリス欲しいけど高いよね…— メイリオメイ okunom 価格に関しては、値引き交渉や、今乗っている車を高く売ることで負担額を減らすことができます。 このサイトでは一括査定を推していますが、 車を売るなら一括査定を使わないともったいないので、一度査定をしてみてください。 カタログ燃費はヴィッツがJC08モード燃費、ヤリスがWLTCモード燃費で公開されているので直接比較はできませんが、実燃費で比較すると、 1. 新型ヤリスは、電気自動車やプラグインハイブリッド車を除けば一番低燃費です。 営業マンの友人も、「燃費の良さ」を一番のアピールポイントにしているということでした。 スポンサーリンク.

次の