ズッキーニ 種類。 ズッキーニとは何科の野菜?旬の時期や種類・品種は?

ズッキーニの種類!色も名前も異なるいくつかの種類がある!?

ズッキーニ 種類

夏野菜の代表格、ズッキーニ。 今の時季はスーパーで見かけることも多いのではないでしょうか。 一般的に出回っているのは定番の「緑色のズッキーニ」ですが、実は「黄色のズッキーニ」も存在します。 そんな緑と黄色のズッキーニ、味や風味・食感・食べ方に違いはあるのでしょうか…?そこで今回は、この2色のズッキーニを実際に食べ比べてみました! 緑と黄色のズッキーニ、見た目の違い 早速、2色のズッキーニを比べてみましょう。 どちらも表面は滑らかで、きゅうりにあるようなトゲや凹凸もなく、鮮やかな色でおいしそう!では中身は…? ザクっと半分に切ってみると、どちらも断面は淡白な色合い。 硬さにもあまり違いはなく、皮の色以外はほぼ同じでした。 「生・炒める・茹でる」の3パターンを食べ比べてみました まずは、下ごしらえから! ズッキーニの下ごしらえは、とても簡単。 流水でよく洗い、へたの部分を包丁でカットします。 次に輪切りや乱切りなどメニューに合ったサイズにカットしましょう。 塩をふりかけるか塩水に漬ければOK。 約10分経ったら水分を拭き取ります。 この一手間で、ズッキーニはすごくおいしくなるのだとか! 下ごしらえが済んだら、早速調理方法で両者を比べてみましょう。 緑と黄色のズッキーニを、生(=輪切り)、炒め(=半月切り)、茹で(=スティック)の3パターンで食べ比べ。 緑色のほうが少し苦味が強いという意見が挙がりました。 はたまた、黄色のズッキーニは緑色に比べて味が薄く青臭さもないようで、どんな食材にも合う優等生といえそう。 生で食べるなら黄色のほうが万人ウケしそうですね。 あまり味がしない。 緑のズッキーニは、炒めることでズッキーニ本来の味わいが強く出るのかコクがある味わいに、逆に黄色はさっぱりした淡白な味になりました。 黄色のズッキーニには「塩をかけたらおつまみになりそう、スティック菓子感がある」という意見もありました。 食感の他には色の違いがわかるだけ。 結果はこちら。 サラダなど生で食べる場合は黄色、ソテーにする場合は緑色…など、 メニューによって使いわけると楽しいかも! 茹でて野菜スティックとして食べるなら両方使うのもいいですね。 色とりどりで華やかさがグッと増します。 入手が簡単で身近な野菜であるうえ、「生」「炒め」「茹で」と調理方法の幅が広い今が旬のズッキーニ。 家庭でもさまざまな料理に活用できること間違いなし! 2色のズッキーニを活用して、料理の幅を広げてみては? 参考文献:『花図鑑』(草土出版).

次の

ズッキーニとは何科の野菜?旬の時期や種類・品種は?

ズッキーニ 種類

もくじ• そんなきゅうりに対して、ナスの魅力は噛むと口の中で蕩けるようなコクの強い味ですよね。 html 味に違いはあります! 緑色が一般的ですが、黄色のズッキーニもあります。 この2種類は色だけでなく、もちろん味の違いもあります。 緑色は苦みが少し強い 緑色のズッキーニは 味が濃く、苦みや青臭さが少しだけ目立ちます。 きゅうりとナスの魅力を併せ持った味ですが、緑のズッキーニはどちらかと言うと、きゅうりの味にかなり近いです。 黄色は味のクセが弱い 黄色のズッキーニは、緑色より味が薄いです。 これだけだと緑色の方が味わい豊かなのでは?と誤解するかも知れません。 表面にストライプの凹凸があるのが特徴の品種で、一般的な緑色のズッキーニに比べて、苦みや青臭さは少なく、皮は柔らかめです。 味は一般的なズッキーニはきゅうりやナスに近い淡白な味わいですが、ズッキーニロマネスコはナッツのような、コクの強い食味が感じられるらいしいです。 数あるズッキーニの品種の中でも人気が高く、最上の味と食感だと言われています。 irasutoya. html? そんな外側の食感とは反対に、中心部分はフワフワやトロトロという表現が当てはまるくらいに柔らかいです。 煮物のようにしっかり火を通して加熱しても、皮に近い部分は程好く硬くて煮崩れしてませんが、中心に近付くほど柔らかくなって、煮崩れもしやすくなります。 サラダの具材として生に近い状態で食べると、外と中心の硬さの違いがよく解ると思います。 ズッキーニは見た目がきゅうりに似ていますが、実はカボチャの仲間だったりします。 カボチャでも、ペポカボチャという種類のカボチャの仲間です ハロウィンになるとよく見かけるようになる変わったカボチャですね。 cookpad. 完全に剥いてもいいですが、まだら模様に剥くと、見た目が綺麗になります。 皮は剥いても剥かなくても良いですが、生で食べる場合、ヘタと実の先端部だけは必ず取るようにして下さい。 これら2つの部分は苦みがあるので、残したままだと、少し食べ辛いです。 特にヘタの部分は苦みが強いので、生で食べるなら取ってから食べましょう。 生で食べるなら黄色のズッキーニがおススメ! 緑のズッキーニも黄色のズッキーニも生で食べられますが、生で食べるのにおススメなのは黄色のズッキーニです。 黄色のズッキーニは緑のズッキーニに比べて、少し柔らかく、食べやすかったりします 特に中心部はフワフワで柔らかいです。 また、青臭さや苦みも少ないので味が悪目立ちせず、他の食材とも合わせやすいです。 naver. しかし、一口食べるか切り口を舐めるかして 「苦い!」と感じたら危険な可能性があるので、食べるのは避けて下さい。 因みに、苦みが強い場合はどうやって調理しても残ってしまうので、危険がなかったとしても食べるのはおススメしません。 苦みの原因はククルビタシン ズッキーニの苦みの正体は、「 ククルビタシン」というウリ科の植物に含まれる苦み成分です。 ククルビタシンは少量摂取する分は何の害もありません。 しかし、多量に摂取すると、嘔吐や下痢と言った食中毒症状を催す可能性があります。 ズッキーニのククルビタシンの含有量は基本的に少ないですが、稀に多い場合があります。 なので、ズッキーニがいつもより苦いと感じたら食べないようにして下さい。 pal-system. コクが出て栄養素の吸収も良くなる油調理は、ズッキーニには最適な調理方法です! 焼く 表面を焼き、塩コショウやパセリやバジルなどのハーブと合わせるだけの、シンプルな調理でも美味しく食べられます。

次の

ズッキーニ

ズッキーニ 種類

夏野菜の代表格、ズッキーニ。 今の時季はスーパーで見かけることも多いのではないでしょうか。 一般的に出回っているのは定番の「緑色のズッキーニ」ですが、実は「黄色のズッキーニ」も存在します。 そんな緑と黄色のズッキーニ、味や風味・食感・食べ方に違いはあるのでしょうか…?そこで今回は、この2色のズッキーニを実際に食べ比べてみました! 緑と黄色のズッキーニ、見た目の違い 早速、2色のズッキーニを比べてみましょう。 どちらも表面は滑らかで、きゅうりにあるようなトゲや凹凸もなく、鮮やかな色でおいしそう!では中身は…? ザクっと半分に切ってみると、どちらも断面は淡白な色合い。 硬さにもあまり違いはなく、皮の色以外はほぼ同じでした。 「生・炒める・茹でる」の3パターンを食べ比べてみました まずは、下ごしらえから! ズッキーニの下ごしらえは、とても簡単。 流水でよく洗い、へたの部分を包丁でカットします。 次に輪切りや乱切りなどメニューに合ったサイズにカットしましょう。 塩をふりかけるか塩水に漬ければOK。 約10分経ったら水分を拭き取ります。 この一手間で、ズッキーニはすごくおいしくなるのだとか! 下ごしらえが済んだら、早速調理方法で両者を比べてみましょう。 緑と黄色のズッキーニを、生(=輪切り)、炒め(=半月切り)、茹で(=スティック)の3パターンで食べ比べ。 緑色のほうが少し苦味が強いという意見が挙がりました。 はたまた、黄色のズッキーニは緑色に比べて味が薄く青臭さもないようで、どんな食材にも合う優等生といえそう。 生で食べるなら黄色のほうが万人ウケしそうですね。 あまり味がしない。 緑のズッキーニは、炒めることでズッキーニ本来の味わいが強く出るのかコクがある味わいに、逆に黄色はさっぱりした淡白な味になりました。 黄色のズッキーニには「塩をかけたらおつまみになりそう、スティック菓子感がある」という意見もありました。 食感の他には色の違いがわかるだけ。 結果はこちら。 サラダなど生で食べる場合は黄色、ソテーにする場合は緑色…など、 メニューによって使いわけると楽しいかも! 茹でて野菜スティックとして食べるなら両方使うのもいいですね。 色とりどりで華やかさがグッと増します。 入手が簡単で身近な野菜であるうえ、「生」「炒め」「茹で」と調理方法の幅が広い今が旬のズッキーニ。 家庭でもさまざまな料理に活用できること間違いなし! 2色のズッキーニを活用して、料理の幅を広げてみては? 参考文献:『花図鑑』(草土出版).

次の