内臓 脂肪 落とす。 内臓脂肪を減らす食べ物!女性にも男性にもオススメなのはお茶・ヨーグルト・酢!?

内臓脂肪の落とし方10選!内臓脂肪が落ちない理由は?【専門家監修】

内臓 脂肪 落とす

私たちの身体には、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」という、2つのタイプの体脂肪が蓄積されています。 では皮下脂肪型肥満は洋ナシ型肥満ともよばれ、女性に多いとされています。 一方で内臓脂肪と呼ばれるものはやリンゴ型肥満とも呼ばれ男性に多く「隠れ肥満」ともいわれています。 このうち、 特に健康状態に影響を与えるのが、後者の内臓脂肪です。 臓器のまわりに蓄積する? 私たちは、通常は食事から得た栄養素を、身体のエネルギー源として使っています。 使われずに余ったエネルギーは、そのままエネルギーとして持っているわけではなく、体脂肪として身体に蓄えられています。 体脂肪には、先に述べたように内臓脂肪と皮下脂肪があります。 内臓脂肪は、腹部を中心とした、臓器のまわりに蓄積された脂肪のことです。 年齢とともにつきやすくなる 内臓脂肪は、 若い頃よりも中高年の方がつきやすい脂肪です。 特に、男性の方が内臓脂肪を蓄積しやすい傾向があります。 これは、 女性ホルモンが内臓脂肪蓄積を抑えてくれるため。 従って、閉経後の女性は、男性と同様に、内臓脂肪が蓄積しやすくなります。 内臓脂肪が多く蓄積されていると、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの「生活習慣病」発症のリスクが高まります。 これらの疾患は、動脈硬化を引き起こす原因になります。 つまり、脳血管障害や心筋梗塞など、命に関わる病気を発症するリスクが高まってしまうのです。 そのため、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が、身体にとって望ましくない体脂肪と言えます。 実は内臓脂肪は落としやすい? 内臓脂肪は、様々な疾患の原因となるため、できれば蓄積しないように心がけたいところ。 しかし、蓄積されてしまったとしても、手遅れではありません。 内臓脂肪は、ダイエットにより落としやすい脂肪なのです。 ウォーキングを毎日の習慣にしたり、食事内容に注意を払ったり……といった心がけで、効果的に落としていくことができます。 皮下脂肪は、一度ついてしまうとなかなか落ちにくい脂肪ですが、内臓脂肪型肥満は、ダイエットの効果が出やすいタイプの肥満なのです。 男性はつきやすいので注意! 内臓脂肪が増えてしまうその原因はやはり食べ過ぎや高脂肪などが原因になります。 やはり必要以上にカロリーを摂取してしまうと、あちこちに脂肪がついてしまいます。 内臓脂肪は女性よりも男性の方がつきやすいとされていますので、食べ過ぎや飲みすぎには気をつけましょう。 また健康診断で指摘を受けた人も要注意です。 何もしなければ内臓脂肪は落ちることがないので、意識して落とすようにしましょう。 効果的な落とし方とは? 内臓脂肪を落とすためには運動よりもまずは食生活を見直すことが大切です。 お腹まわりの内臓脂肪は、とてもつきやすいのですが、反対に運動などの対策をすればすぐに効果があらわれるといわれています。 内臓脂肪は、 皮下脂肪に比べて生活習慣の影響を受けやすく、とくに男性の場合は女性に比べると多く蓄えられやすいので注意が必要です。 内臓脂肪が増えてしまうと健康課題が増えるので、内臓脂肪を落とすためにしっかりとした食生活の見直しが大切です。 お酒が大好きで、毎日晩酌をするような人であれば、お酒を飲む量を減らすか休肝日を作るだけでも内臓脂肪を減らすことにつながります。 内臓脂肪を落とす方法として、もう一つ効果があるのが運動です。 運動は筋肉トレーニングのような無酸素運動ではなく、ウォーキングのような有酸素運動を日々の生活の中に取り入れることで確実に内臓脂肪を減らすことにつながります。 しかし、有酸素運動は時々やる程度ではあまり効果を発揮することができず、日々の生活に取り入れる必要があります。 たった1日でもサボってしまうと内臓脂肪を減らす効果は半減してしまうといわれています。 なので、毎日短い時間でもよいので運動をするようにしましょう。 運動はどれくらい効果的なのか? 内臓脂肪を燃焼させるためには食事制限も大切ですが、運動が一番です。 一度付いてしまった、 内臓脂肪は運動して燃焼してあげないと減ることはありません。 運動をすることで、内蔵脂肪を燃焼することにもつながりますが。 運動し続けることで、筋肉がつき新陳代謝を良くするので、効率的に内臓脂肪を減らすことにつながります。 内臓脂肪を燃焼させるためにオススメの運動はずばりウォーキングです。 ウォーキングをするときにただ歩くのではなく、 通常よりも早いペース、早歩き程度の早さで走ることで、心拍数を上昇させ脂肪を燃焼しやすくします。 また、10分~20分程度の時間ウォーキングでは内臓脂肪を落とすことにはつながらないので、最低でも30分~1時間程度は歩き続ける必要があります。 また、ウォーキングである以上は肩で息をするような、激しい運動をする必要はありません。 むしろ、テンポよくリズミカルに呼吸を続ける程度がベストなウォーキングの方法です。 そして、その方が脂肪の燃焼にも効果を発揮します。 「毎日、ウォーキングする暇が無い」と 言う人にオススメなのが水泳です。 水泳は有酸素運動でありながら、短い時間で全身を動かすことができるので、消費カロリーがとても多いので内臓脂肪を減らすのにオススメな方法です。 スポンサーリンク 筋トレや腹筋は効果的? ダイエットといえば有酸素運動と思われがちですが、もちろんウォーキングやランニングなどの運動は効果的です。 有酸素運動だけではなく、もっとハードに動ける方は筋トレを加えてみてはいかがでしょうか? 内臓脂肪はお腹周りに溜まりとても目立ってしまいますが、筋トレとくに腹筋を継続に行う事によって、見違えるほどお腹は引っ込んできます。 もちろん筋肉量をアップする事で代謝アップにもつながりますので、ダイエットにもおすすめです。 腹筋を行う場合は毎日もしくは1日おきに行い、徐々に回数を増やしていくことをおすすめします。 最適でも3カ月腹筋を行うときっとお腹の脂肪は少なくなっている事でしょう。 その他の筋トレのおすすめはスクワットです。 太ももは人体の中でもっとも大きな筋肉なので、スクワットをする事によって代謝アップ効果が期待でき、結果、内臓脂肪も減少してきます。 わずかな時間を利用してできるのもおすすめする一つのポイントです。 食事の改善でスッキリ落としましょう 内臓脂肪を落としてお腹を凹ませたいと思う人は少なくないでしょう。 お腹についてしまった、内臓脂肪を落とすためには「バランスの良い食事」を取ることが大切です。 まず、基本としては「1日3食」です。 「痩せたいなら食べる回数を減らせばいい」と思いがちですが、食事の回数を減らすことで、カラダが飢餓状態になり次の食事で普段以上にエネルギーを溜め込もうとして余計なカロリーを蓄えてしまいます。 なので、欠食は内臓脂肪を溜め込むもとになるので、食事の回数を減らさないようにしましょう。 そして、当たり前のことですが、 油分、脂肪の取りすぎは内臓脂肪を溜め込む結果になるので、なるべく油を減らすことで内臓脂肪を落とすことができるようになります。 また、内臓脂肪を減らすためには動物性たんぱく質ではなく、食物性たんぱく質を取るようにしてください。 植物性たんぱく質ならカラダの中に余計な脂肪を溜め込まずにすみます。 オススメの食材は緑黄色野菜や、オクラや山芋などの食材です。 こういった食材にはビタミンやミネラル、食物繊維が多いので、カラダの内側からキレイしてくれます。 それに肉の変わりに低カロリーな海草や、キノコ、こんにゃくなどを食事に取り入れることで内臓脂肪を減らすことにつながります 腹八分目 いくら内臓脂肪を撃退する有酸素運動エクササイズを行っても、それ以上の食事摂取をしてしまっては意味がありません。 できるだけ食事は腹八分目で済まし、消費カロリーよりも摂取カロリーを多く取らないようにしましょう。 玄米でアディポネクチンを増やす? 玄米や大豆は脂肪燃焼ホルモンと呼ばれるアディポネクチンを増やすといわれています。 普段は白米を食べている方は玄米にするだけでも内臓脂肪対策ができますのでおすすめです。 玄米は食感もよく腹持ちも良く、さらに食物繊維などの栄養素も豊富に含まれているので取り入れてみてはいかがでしょうか? スポンサーリンク お茶も一つの方法! 毎日飲む水分ですが、何を飲んでいますか? 水?コーヒー?お茶?ジュース?様々ですが、普段口にする飲み物をお茶に変えるだけでも内臓脂肪対策になります。 例えば、 杜仲茶。 杜仲茶は脂肪の吸収を抑える働きがあります、味もスッキリしているのでおすすめです。 その他、食事と一緒に黒烏龍茶を飲むこともおすすめです。 簡単に落とすには断食? 「健康のために内臓脂肪を減らしたい!」という人でも、一生懸命スポーツをしたり、筋トレをしたりするのには抵抗があるという人には簡単に内臓脂肪を落とす方法がオススメです。 基本的にカラダに蓄積されてしまった脂肪を落とすためには摂取カロリーよりも多くカロリーを消費しなければいけませんが、それはとても大変なことです。 毎日運動したり、食べる量を減らしたりすることはとても大変なことです。 そんな人におすすめな方法が「ファスティング」 断食 です。 1日~2日間、食べ物は一切食べずに、ただ酵素ドリンクなどで過ごす。 これはすることで、大幅にカロリーを減らすことが出来ます。 また、断食中にサプリメントなどを摂取することで、より断食の効果を高めることができるとされています。 この断食を月に1~2回するだけで、徐々にカラダの中から内臓脂肪を減らすことができます。 また、ときどき断食をすることで、胃腸をやすめることに繋がるので、胃腸の調子がよくなるといううれしい副作用もあります。 断食がキッカケで、食事が腹八分目で押さえられるようになったり、食生活を見直すキッカケになったりすることもあるので、他の方法に比べて簡単な断食をして、内臓脂肪を減らしてみてはいかがでしょうか? 内臓脂肪を減らした成功者の口コミ! 私は昔から太りやすい体質で、まず最初にお腹に現れるタイプでした。 毎日1時間のウォーキングと食事も食べ過ぎない様に、腹八分目を意識して生活していました。 野菜中心の生活にもしたところ、2か月でウエスト6センチ!!この調子でまだまだ頑張ります。 白米を玄米に替えて、同時にサプリメントも取り入れた所、無理なく2週間でお腹周りがマイナス4センチ!!ビールも多少控えてはいますが成果がすぐに現れました。 内臓脂肪におすすめ! こちらはファンケル。 腸内環境を良好にし、体重・体脂肪を減らすことで高めのBMIを改善! ファンケルの機能性表示食品です。 コチラもおすすめ! まとめ 内臓脂肪は見た目だけではなく、健康にも悪影響を与えますので、日々の運動や食事などで改善していくことがおすすめです。 ちょっとの工夫で内臓脂肪対策できますので、日々の継続を意識して行う事が大切です。

次の

内臓脂肪を食事で落とす!おすすめメニューを紹介!

内臓 脂肪 落とす

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 近年、単なる痩せるダイエットではなく、毎日をヘルシーに楽しみながら痩せやすい体質を目指す「健康志向」がトレンドとなり、暮らしに「お酢」を積極的に取り入れている人が増えています。 では、実際にどんな効能があるのかご存知ですか?今回は、ダイエットやメタボリックシンドロームなどにお悩みの方に嬉しい「内臓脂肪」を減らす効果について、医学博士の渡辺尚彦先生に伺いました。 内臓脂肪とは 脂肪は、体の蓄積部分によって「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2つに分けられます。 おなか(上半身)を中心に、内臓のまわりについた脂肪が「内臓脂肪」です。 近年気にする人が大変増えてきた「メタボロックシンドローム」は、「内臓脂肪」が過剰に蓄積されたことによって引き起こされます。 また、「糖尿病」や「高血圧」などの生活習慣病を引き起こすリスクとなるのも、「内臓脂肪」です。 内臓脂肪と皮下脂肪の違い 内臓脂肪と皮下脂肪は、蓄積する場所が異なります。 内臓のまわりに付く内臓脂肪に対し、皮下脂肪は、腰まわり、おしり、太ももなど皮膚のすぐ下につく脂肪のこと。 肥満には、内臓脂肪がついた「内臓脂肪型肥満(りんご型)」と、皮下脂肪がついた「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)」の2種類があり、脂肪の種類やつき方によって、体型に大きな違いがあります。 「内臓脂肪型肥満(りんご型)」は腹部がぽっこりと出た体型に、そして「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)」は下半身に脂肪がついた体型になります。 内臓脂肪はどこにつく? おなかの中にある腸間膜(ちょうかんまく)という腸を固定する膜に蓄積します。 腸間膜のまわりは、脂肪がつきやすく、落としにくいとも言われます。 内臓脂肪が多いとどうなる? 内臓脂肪が増えすぎると、脂肪細胞からインスリンのはたらきを阻害する物質や、血栓を作る物質(悪玉アディポサイトカイン)が分泌されます。 すると、インスリンのはたらきが悪くなるため、脂質異常症や糖尿病の状態となります。 また、内臓脂肪が増えると、肥満(メタボリックシンドローム)につながるだけでなく、高血圧、脂肪肝、動脈硬化など、健康状態に悪影響が及びます。 生活習慣病を中心とした病気の原因に 肥満に付帯した様々な生活習慣病を引き起こす内臓脂肪。 中でも「脂肪肝」には注意が必要です。 脂肪肝は、悪化すると肝臓がんを引き起こす原因にもなります。 肝臓に負担がかかるお酒を普段飲まない人でも、生活習慣による内臓脂肪の蓄積は、病気のリスクも高めます。 さらに、認知症の原因になる可能性もあります。 便秘や逆流性食道炎の原因に 飲酒が多く、油っぽいものをよく食べる、ストレス、過食など、胃液をたくさん分泌する生活習慣は、逆流性食道炎のリスクも高まります。 <逆流性食道炎になりやすい人の特徴> ・油っぽいものをよく食べる ・飲酒の機会が多い、過食しがち ・ストレスがある ダイエットの悪循環の原因に 満腹中枢が鈍くなってしまい、過食につながるため、ダイエットの妨げになってしまいます。 内臓脂肪はどうやって増える? 呼吸や心臓の拍動、体温調整など、私たちの体では自然にエネルギー消費が行われています。 しかし年齢とともに、生きていくためのエネルギー消費である基礎代謝の量が落ちていきます。 すると、摂取した栄養を消費しきれず、内臓脂肪は増えやすくなります。 つまり、内臓脂肪は「増やさない」こと、そして「減らすこと」を同時に心がけることが、健康的なエネルギーのバランスを保つために大切です。 内臓脂肪の役割とメリット 内臓脂肪は、健康上は減らすことが大切ですが、最低限必要な脂肪でもあります。 内臓脂肪には、内臓の正しい位置を保ち、内臓への衝撃を和らげる役割があります。 肋骨ではすべての内臓を守りきれないため、内臓脂肪にもメリットがあるのです。 内臓脂肪が女性につきやすいのは、子宮を守るためとも言われています。 また、つきやすいが落としやすいのも内臓脂肪の特徴です。 日本人は内臓脂肪がつきやすい傾向がある? 日本人は、内臓脂肪がつきやすい傾向があると言われています。 ただ、日本人だから、というのは一口に言うことはできず、個々人の食生活や生活習慣によって脂肪のつき方には差が出ます。 皮膚の下に蓄積された皮下脂肪型の肥満「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)」は、女性に多く見られる傾向があり、内臓脂肪で上半身の肥満を中心とした体型「内臓脂肪型肥満(りんご型)」は、男性に多く見られる傾向があります。 特に、食べすぎや運動不足が大きな原因となるのがりんご型。 また、血圧が高い人は、太っている傾向がありますが、痩せていても血圧が高い人がいるといったように、個体差があります。 実は、日本人の4割は、後者に該当するとも言われています。 急な運動で、体に怪我をしたり血圧を上昇させないようにしましょう。 有酸素運動をする ランニングだけでなくウォーキング、サイクリングなども有酸素運動です。 体脂肪を燃焼させるには「毎日30分程度」がおすすめ。 30分は1日の目安です。 1日おきであれば、1時間。 そして、まとまった時間がない時には、15分に分けても構いません。 その場合、朝晩の通勤やお買い物の時に駅まで歩いてみるなど、積み重ねができそうな運動にしましょう。 「継続」が最も大切です。 歩くスピードも、さっさと少し早めに歩くのがポイント。 普段友人と歩きながら話していて息切れしない程度で構いません。 お酒 食欲を高めるホルモンが、胃と脳から分泌されるため、食べ過ぎ・飲みすぎの原因となります。 果実 果物のやさしい甘さにも脂質が含まれるため、食べ過ぎは避けたほうが良いでしょう。 また、満腹になりづらいことから、つい食べ過ぎてしまいがちです。 【おすすめの食品】• お酢 「酢酸」が脂肪を燃やしてくれるたんぱく質を生み出してくれます。 脂肪を燃やすアディポネクチンを含む食べ物 ・玄米 ・大豆 ・トマト ・オクラ ・ひじき• その他(飲み物) ・緑茶:「カテキン」は、運動中のお腹の脂肪が燃えやすくなります。 適度な運動をしながら摂取しましょう。 食物繊維を多く含んだ食べ物 ・海藻類(わかめなど) ・オクラ ・アボカド ・ゴボウ ・にんにく 余計な脂質は落とす 何事も、余分な摂取は厳禁です。 無駄な脂身を食べないこと、そして、鶏肉の皮は落とすといった工夫ができたら理想です。 調理方法は揚げ物よりも煮物 揚げ物は油を多く使うため、なるべく油を避けた煮物中心の食生活を心がけましょう。 しっかりと睡眠をとることから、生活習慣を見直しましょう。 病気になってからでは手遅れです。 たとえ今、予備軍であっても、血圧の上昇をはじめ、日常にひそむストレスの解消や十分な睡眠、そして食生活と、肥満解消に取り組みながら健康な体を維持しましょう。 【監修者紹介】 渡辺尚彦[ワタナベヨシヒコ] 医学博士。 東京女子医科大学東医療センター元教授、愛知医科大学客員教授、早稲田大学客員教授、日本歯科大学臨床教授、聖光ヶ丘病院内科医師。 高血圧を中心とした循環器疾患が専門。 1987年から連続携帯型血圧計を装着開始。 以来24時間365日、血圧を測定し続けている。 『血圧を下げる最強の方法(アスコム)』など著書多数。

次の

【内臓脂肪の落とし方】「内臓脂肪」を減らしてヘルシーにやせる3つの方法

内臓 脂肪 落とす

10代の若い頃はなんともなかった。 20代も、前半なら特にお腹を気にすることはなかったと思う。 でも、 30代に差し掛かったあたりから急速にお腹に脂肪が!! そんな人は非常に多いです。 お腹に脂肪がついてはじめて、「あ、もう若くないんだ…」と感じてしまうのだとか。 服を着ているときはあまり気にならなくとも、脱げば(逆に)すごい体型。 お腹に脂肪が溜まっていると、年齢以上に老けて見られてしまいます。 お腹の脂肪を落としたいと思っても、なかなか体型が変わらずダイエットを諦めてしまう人も多いですよね。 でも、お腹の脂肪を落とす方法はたくさんあります。 そして、 意外と簡単にお腹の脂肪を落とすことはできるんです。 確かに1日や2日でお腹の脂肪が変わることはありません。 ですが、1ヶ月あれば確実にお腹の脂肪は落とせます。 このページでは、 お腹の脂肪に悩む男性のために、お腹の脂肪を落とす方法を徹底考察してみました。 お腹の脂肪が気になる方は、ぜひ自分にあった方法を見つけてくださいね。 お腹の脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪の2種類 一言でお腹の脂肪がヤバいといっても、実は お腹の脂肪は2種類に分けることができるってご存知ですか??お腹の脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があるんです。 どちらも問題のある脂肪なので、まずはその違いを見てみましょう。 内臓脂肪は男性に付きやすい まず、内臓脂肪は腹筋と内蔵の間につく脂肪のことで、腹部がぽっこりと膨らんだ体型になりやすいことが特徴です。 他にも 内臓脂肪は女性よりも男性に多く、短期間で蓄積されやすいという傾向もあります。 内臓脂肪がついてもなかなか気づくことが難しいです。 見た目に現れにくいので、気づかないうちに大量の内臓脂肪がついていた、なんてこともありえます。 自分でも意外と気づきません。 中年男性に多いような、パンパンに膨らんだお腹は皮下脂肪よりも内臓脂肪が蓄積されています。 皮下脂肪は女性に付きやすい 皮下脂肪はお腹の皮膚の脂肪のことです。 つまんでブヨブヨと感じる脂肪で、 皮下脂肪は逆に男性よりも女性に付きやすい です。 皮下脂肪は見た目に現れやすく、場所によっては少しの皮下脂肪でも体型に大きな影響があります。 お腹周りだけでなく二の腕や太ももにも付きやすいので、悩む女性は非常に多いです。 内臓脂肪とは違いパンパンに膨らむような太り方でなく、ぶよぶよとたるんだような太り方になります。 内臓脂肪は付きやすく、皮下脂肪は付きにくい お腹に脂肪が付きやすいと感じる人は多いかもしれませが、先程の2種類によって脂肪の付き方は異なります。 皮下脂肪はゆっくりと蓄積される傾向がありますが、 内臓脂肪は短期間で蓄積されてしまうという特徴があります。 内臓脂肪は男性は簡単に内臓脂肪を蓄えてしまうということですね。 しかも自分では気づきづらいのがやっかいな点です。 内臓脂肪は落としやすく、皮下脂肪は落としにくい 逆に、内臓脂肪は落としやすいのですが、皮下脂肪は落とすために時間が必要です。 ゆっくりと蓄積されるので、そのぶんゆっくりと分解されるということですね。 お腹の脂肪が落としにくいと感じるのはこのためです。 目につきにくい内臓脂肪から分解されま、目に止まりやすい皮下脂肪はあとになって分解される ので、お腹の脂肪は落としにくいと感じるのです。 お腹の脂肪を落とす方法 食生活の改善 お腹の脂肪の特徴がわかったところで、本題のお腹の脂肪を落とす方法について考えてみましょう。 まず第一に、お腹の脂肪を落とすために一番必要なのは食生活の改善です。 お腹の脂肪が気になる人は必ず食生活に問題があります。 あなたも思い当たるフシがありますよね。 食生活さえ完璧に改善すれば、お腹の脂肪を落とすことができるといっても過言ではありません!一つ一つ見てみましょう。 食生活のポイント カロリー制限 食べ過ぎの人はカロリー制限をしましょう。 極端に落とす必要はないので、 一日の適正摂取量範囲内にすることが目標です。 一日に必要なカロリーは年齢や性差、体格によって違います。 下のサイトで、あなたが一日に必要なカロリーが計算できるので参考にしてみてください。 例えば、一日3000kcalしか消費しないのに、毎日4000kcalキロカロリー摂っていたらどんどん太ります。 当たり前ですよね。 逆の場合だと、体はエネルギーを生み出すために脂肪を分解します。 カロリー摂取量が少なければ少ないほど痩せやすいということになります。 ですが、カロリーは少なければ少ないほどいいというわけではありません。 カロリーとは活動するためのエネルギーのことなので、人間が生きていく上で絶対必用です。 慢性的なカロリー不足になると病気のリスクも高まりますし、栄養が不足しては元も子もありません。 そのため、 現時点で一日の必要カロリーに達していない人はカロリー制限をする必要はありません。 摂りすぎている人だけ制限するように心がけましょう。 単純ですが、実践するとなると難しいですよね。 しかし、継続することで確実にお腹の脂肪を落とすことができます。 食生活のポイント たんぱく質を取る もしあなたにカロリー制限が必要だとわかっても、必ずたんぱく質は摂取しましょう。 カロリー制限をしてエネルギーが不足すると、体は脂肪だけでなく筋肉も分解してしまいます。 筋肉が分解されると代謝が落ちて、一日に消費するカロリーが減るという恐ろしいスパイラルに陥ります。 お腹の脂肪を落とす時にも、筋肉はできるだけ落としてはいけません。 筋肉が落ちると基礎代謝が下がるので、将来的に太る可能性が高まります。 30代、40代の男性だと、一日の推奨摂取量は60グラムです。 例えば、1日卵2個、牛肉150グラム、アジ一尾で補うことが可能です。 下に、一般的な食品100グラムあたりのタンパク質含有量を記載してみました。 肉や魚だと、だいたい2割くらいがタンパク質量だということがわかると思います。 乳製品類のタンパク質含有量• カマンベールチーズ 19. 1グラム• クリームチーズ 8. 2グラム• ヨーグルト 4. 3グラム 食生活のポイント 食物繊維を取る あなたは野菜をしっかり食べていますか?お肉やご飯をしっかり食べる男性は多いと思いますが、野菜をしっかり食べる男性は思いの外少ないそうです。 食事の前に、食物繊維を摂取する癖をつけましょう。 食前に食物繊維を摂ることをオススメする理由は、食物繊維は食べ過ぎを防いでくれるから です。 食物繊維は胃の中で水分を吸って膨れ上がります。 そのためたくさん食べたような満腹感を感じることができ、食べ過ぎを防いでくれます。 糖は摂りすぎる脂肪の蓄積の原因になるのですが、食物繊維は糖の吸収を抑えてくれる効果もあります。 ご飯を食べる前にキャベツなどの食物繊維のたっぷりはいった食物を食べるだけも効果は抜群です。 男性が一日に必要な食物繊維の量は20グラム。 日本人の平均摂取量は14グラムです。 食物繊維は野菜に含まれる他、改装にも豊富に含まれます。 意識的に摂取しましょう。 食生活のポイント ビールを控える ビールには大量の糖が含まれており、お腹に脂肪がつく原因となります。 糖だけでなく、 肝臓がアルコールの処理に回ってしまうので、脂肪の分解が後回しになってしまう のです。 ビール腹のおじさんはボヨンとお腹が出っ張っていますよね。 お酒を飲むとおつまみも進んでしまうので、さらにお腹に脂肪がつく原因になります。 本気でお腹の脂肪を減らすのであれば、ビールそのものを控えましょう。 もし、どうしてもお酒が飲みたいのであれば、ビールではなくウィスキーや焼酎を飲むようにしましょう。 ウィスキーや焼酎に代表される蒸留酒はほとんど糖を含んでいません。 そのため、ビールほど飲んでも直接太る原因にならないのです。 また、糖は含まれているのですがビールよりもハイボールのほうがカロリーは少ないので、ハイボールにシフトするのも良いでしょう。 食生活のポイント 不飽和脂肪酸を摂る お腹の脂肪を落とすために、油には気を使いましょう。 普段使っている油をオリーブオイル、えごま油等の植物油に変更しましょう。 バターやマーガリンに含まれる油は飽和脂肪酸、植物性や魚類に含まれる油は不飽和脂肪酸と呼びます。 不飽和脂肪酸の特徴は、脂肪の増加に繋がりにくいこと です。 逆に飽和脂肪酸を摂りすぎると、コレステロールや中性脂肪の増加の原因になります。 一番オススメな油が「エクストラヴァージンオリーブオイル」とよばれるオリーブの実を絞っただけのオイル。 体内で脂肪細胞が増加することを防いでくれるので、ダイエットに最適です。 お腹の脂肪を落とす方法 漢方 お腹の脂肪を落とす漢方薬も高い人気があります。 有名なのは 防風通聖散ですね。 防風通聖散は18種類の生薬を使用した漢方薬です。 防風通聖散を飲むと脂肪細胞が活性化され、お腹についた余計な脂肪が分解されます。 防風通聖散に使用されている生薬• 防風 ボウフウ• 黄ごん オウゴン• 大黄 ダイオウ• 芒硝 ボウショウ• 麻黄 マオウ• 石膏 セッコウ• 白朮 ビャクジュツ• 荊芥 ケイガイ• 連翹 レンギョウ• 桔梗 キキョウ• 山梔子 サンシシ• 芍薬 シャクヤク• 当帰 トウキ• 川きゅう センキュウ• 薄荷 ハッカ• 滑石 カッセキ• 生姜 ショウキョウ• 甘草 カンゾウ 防風通聖散は第2種医薬品に分類されます。 第2種医薬品とは、一般用医薬品のなかでも健康上のリスクが比較的高めな医薬品のことです。 防風通聖散はドラッグストアや薬局で購入できますが、WEBでも販売されています。 副作用は、下痢や食欲不振、発疹等や、肝機能障害を引き起こす可能性もあります。 参考 お腹の脂肪を落とす方法 サプリ 漢方薬ではなく、サプリメントでお腹の脂肪を落とす方法もあります。 お腹の脂肪に関する悩みに関する悩みを抱える人は非常に多いので、酵素サプリや、ブラックジンジャーのサプリなどいろんな商品が販売されています。 お腹の脂肪を落とすサプリは、葛の花サプリがオススメです。 葛の葉由来イソフラボンにはお腹の内臓脂肪、皮下脂肪を落とす効果が認められています。 なかでも人気なのが、葛の葉由来サプリメントの 「 シボヘール 」です。 シボヘールは機能性表示食品で、お腹の脂肪を落とす明確な根拠が消費者庁に届けられていて、30代40代の男性で使用する人が多いです。 公式のキャンペーンページから申し込むことで、初回980円で手に入れることが可能です。 もちろん、いつでも内容の変更・解約が可能です。 シボヘールは一日にかかるコストも100円以下なので、サプリメントでお腹の脂肪を落とすなら試してみて損はありません。 お腹の脂肪を落とす方法 筋トレ お腹の脂肪を落とすために、食事と合わせて筋トレをしてみましょう。 ダイエットというとランニング等の有酸素運動のイメージが強いですが、有酸素運動単体のダイエット効率はそれほど高くないんです。 そのため、ダイエットをする場合でもまずは筋トレをするのが正解です。 筋肉は体の中で最も基礎代謝の大きい部位です。 筋肉をつけることができれば、それだけ痩せやすい体になることができるんです。 お腹周りの筋肉は、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋の4種類に分かれます。 腹筋をガッチリ鍛えると割れた腹筋を手に入れることが可能ですが、体幹トレーニングも行い全身の筋肉をまんべんなく鍛えましょう。 スクワット 有名なスクワットですが、実は筋トレBIG3と呼ばれる複数の筋肉を鍛えることのできる超重要トレーニングの一つなのです。 基本のトレーニングのような印象ですが、筋トレの猛者にもキツい、ハードなトレーニングとしても有名です。 なぜお腹の脂肪を落とすためにスクワットをおすすめするかというと、 スクワットは全身の約70%を占めるといわれる下半身をまんべんなく鍛えることができ、基礎代謝の向上に役立つからです。 レッグレイズの正しいやり方• 両手を広げ、仰向けで寝転がる• 下半身を垂直になるまで上げていく。 膝を少し曲げてもOK• 垂直になるまで足を上げたら、2秒停止• 息を吐きながらゆっくりと足を戻す お腹の脂肪を落とす方法 有酸素運動 単体ではダイエット効果の低い有酸素運動ですが、筋トレと合わせて行うことでお腹の脂肪を効率的に落とすことができます。 有酸素運動を行うときですが、筋トレの後に行うようにしましょう。 通常、有酸素運動を始めた時「糖5:脂肪5」の割合でエネルギーに変換されます。 一方、筋トレの後に有酸素運動を行うと、「糖3:脂肪7」程度の割合まで脂肪の燃焼の割合が増えるんです。 筋トレと合わせて有酸素運動をすることで、効率よくお腹の脂肪を落とすことができます。 ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳など、自分にあった方法であれば何でも構いません。 ある程度余裕をもって、長時間続けることができる運動を選ぶことがベターです。 キツすぎると、酸素が足りず脂肪を十分に燃やすことができなくなります。 お腹の脂肪を落とす方法 ヨガ 脂肪燃焼のためにヨガをやっている人も多いですよね。 女性のイメージの強いヨガですが、ヨガに取り組む男性も最近では少しずつ増えてきました。 ヨガを行う時は、通常の呼吸法は使わず腹式呼吸を使います。 腹式呼吸は胸式呼吸と違い、お腹周りの筋肉を使用するんであす。 福祉呼吸をし続けるとインナーマッスルが鍛えられ、徐々にお腹はスッキリしてきます。 筋肉質な体でなく、ほっそりした体を目指したいのであればヨガを試してみるといいかもしれません。 ただし、ヨガで消費するカロリーは少なく、筋トレ+有酸素運動運動よりも効率はよくありません。 なので、できるだけ早くお腹の脂肪を落とす人には向いていません。 どうしても運動をしたくない人、運動が苦手な人は選択肢として検討してもいいかもしれません。 お腹の脂肪を落とす方法 マッサージ 運動ではなく、マッサージでお腹の脂肪を落とす方法もあります。 マッサージで脂肪を落とす場合、リンパの流れを改善しむくみを解消することが目的となります。 リンパ管は主に体内の老廃物の処理の役目を果たしています。 体の緊張が長く続いたりして血行が滞ると、コリやむくみ、疲労の原因となります。 リンパマッサージと聞くと女性のイメージが強いですが、男性でも女性と同じようにリンパを改善すると体に良い効果があります。 お腹周りの脂肪をガシッとつかみ、上下にブルブルと震わせてみましょう。 背中側の脂肪も震わせて、リンパの流れを改善させることを意識してください。 筋トレや有酸素運動など、他のお腹の脂肪を落とす方法と併用することで効果もアップします。 お腹の脂肪を落とす方法 ダイエットアイテムの活用 お腹の脂肪を落とすために、ダイエットアイテムを活用してみましょう。 ダイエットアイテムのみだとお腹の脂肪を落とす効果はそこまで高くありません。 しかし、他の方法と組み合わせることによってお腹の脂肪を早く落とすことができます。 EMS EMSは気になる部分に貼り付け、電気を送って筋肉を刺激するタイプのダイエットアイテムです。 もともとは医療用の器具だったのですが、最近では一般の筋トレ器具として認知が高まってきました。 自分で筋トレをしなくとも、張っているだけで筋肉に刺激が与えられてトレーニング効果 を得ることができます。 トレーニングの時間のないときや、他のトレーニングに加えて使用することで早くお腹の脂肪を落とすことができます。 ただし、お腹周りの筋肉を鍛えることはできるのですが、お腹の脂肪を直接落とす効果はありません。 そのため、他の方法と併用しないとしっかり効果を実感することは難しいでしょう。 バランスボール 女性のイメージの強いバランスボールですが、男性が使っても同じように効果を発揮します。 体幹トレーニング、ヨガ、エクササイズ等、用途もたくさんあるので持っていて困ることはありません。 バランスボールを使ったお腹周りエクササイズ• 足を肩幅ほどに開き、膝が90度になるようにバランスボールの上に座ります。 両手を合わせ、上にピンと伸ばします。 腕を伸ばしたまま、息を吐きながら体を横に倒します。 倒し終えた後、ゆっくりと元の姿勢にもどります。 腹筋ローラー 腹筋ローラーを使って体幹、腹筋を鍛えることができます。 簡単そうにみえて、実はかなりキツイトレーニングです。 お腹周りだけでなく、腕や背中も鍛えることができます。 足を伸ばしたままだと初心者は持ち上げることができないと思うので、最初は膝をついた上体でトライしてみましょう。 ある程度筋肉量のある方や、お腹の脂肪がある程度落ちて体がスッキリしてきた方におすすめです。 加圧シャツ 加圧シャツはスパンデックスという特殊な素材を組み込んだシャツのことで、 着ているだけで加圧効果を発揮しお腹の引き締め、体幹トレーニングになります。 ですが、実際そんなに筋トレやダイエット効果を実感できないケースも多いそうです。 使用するときは、他の方法の補助程度に考えましょう。 お腹の脂肪を落とす方法 アプリを活用する Googleでお腹の脂肪を落とす方法と検索すると、【 お腹の脂肪を落とす アプリ】という予測キーワードが出てきます。 実は、お腹の脂肪を落とすためのアプリも意外と多く存在しているのです。 もちろん、アプリをダウンロードするだけでお腹の脂肪を減らせるわけではありませんので、アプリの内容に従ってトレーニングや食事制限をする必要があります。 トレーニング方法や食事方法をコーチングしてくれるので、一人で努力することが難しい人は試してみるといいかもしれません。 まとめ いかがでしたか? お腹の脂肪を落とすのにもいろんな方法があることがわかりましたね。 大事なのは、自分にあった方法を選び、それをきちんと継続することです。 方法もどれか一つだけでもなく、複数の方法を並行して行うことで効果は高まります。 筋トレ+有酸素運動+サプリメントや、ヨガ+漢方などまずは自分がやってみたいと思う方法から試してみることをおすすめします。 早ければ、1ヶ月程で目に見えて効果が現れてきますよ。 お腹の脂肪を減らす方法を実践して、理想のボディをゲットしちゃいましょう!•

次の