天皇誕生日 2019。 天皇誕生日どうなる?2019年は平日に!2020年から新しい天皇誕生日施行!

天皇誕生日2020年。意味や由来、イベント。国で最も記念すべき日

天皇誕生日 2019

こんにちは!ひ~ちゃんママです。 2019年、10月22日には即位正殿の儀が行われ、天皇陛下が国内外に即位されたことを宣明されました。 10月22日は、2019年限定の祝日でした。 国民の祝日ってどうやって決まるのでしょう? そして、 平成天皇陛下の誕生日は、12月23日。 昨年までは、国民の祝日の日でしたね。 昭和天皇の誕生日は、4月29日で、平成になるまでは4月29日は天皇誕生日として祝日でした。 さて、 2019年は5月1日に天皇陛下が即位されましたので、12月23日はどうなるのでしょう。 また、 2020年からの天皇誕生日は? 天皇誕生日と祝日について、疑問になった事を、今回調べてみました。 天皇誕生日と国民の祝日について 天皇誕生日の歴史 天皇誕生日は、天皇陛下のお誕生日であり、国民の祝日の一つです。 古くは、天長節と呼ばれていました。 この天長節という名前は大変古く、中国の唐の時代に期限が遡るようです。 日本では、光仁天皇の時代(775年)10月13日(11月10日)に、天長節の儀が執り行われたそうです。 明治以降は、即位した天皇の誕生日に合わせて天長節が定められました。 第2次世界大戦後は、昭和23年に祝日法が制定され、国民の祝日として昭和24年より「天皇誕生日」が定められました。 非常に古い歴史があるのですね。 国民の祝日とは 国民の祝日は、「国民の祝日に関する法律」で定められています。 第1条では、国民の祝日の定義がされています。 第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。 国民がお祝いをし、感謝をする日として定義されていることが、とても意義深いですよね。 2019年の国民の祝日は、天皇陛下が即位される年であり、次の日が、例年と異なり即位に関する休日が定められています。 5月1日:天皇即位の日 10月22日:即位正殿の日の行われる日 ちなみに、2020年は東京オリンピックの開催により、平年とは国民の祝日が異なります。 2020年のカレンダ-は、注目ですね。 2019年の天皇誕生日は? 2019年は、国民の祝日である天皇誕生日はありません。 平成天皇(上皇)の誕生日は、12月23日、今上天皇の誕生日は2月23日ですので、2019年に限り天皇誕生日がなくなっています。 このようなことは、祝日法の制定以来初めてのことだそうです。 平成天皇の誕生日はどうなる? 明治天皇の誕生日11月3日は「文化の日」、昭和天皇の誕生日4月29日は「昭和の日」になっています。 平成天皇の誕生日はどうなるのでしょうか? 12月23日は、現在、国民の祝日ではなく平日になっています。 Wikipediaでは、次の用に記載されています。 上皇の誕生日:12月23日平成時代は祝日とされた第125代天皇明仁の誕生日であるは、退位後の元年()より平日に戻る。 これは存命である先帝たる上皇の誕生日も祝日にすることが、今上天皇との間で「二重権威」を生ずるとの懸念を払拭するため、の付則で定められたものである。 平成天皇の誕生日については、天皇退位特例法に定められているのですね。 2020年以降の天皇誕生日は? 2020年以降の天皇誕生日は、今上天皇の誕生日2月23日になります。 したがって、2020年2月23日は祝日です。 天皇誕生日には、次のような行事が行われます。

次の

2019年は“天皇誕生日”なし!ネット上には「12月23日を平成の日に」という声も

天皇誕生日 2019

天皇誕生日2019はどうなる? 日本政府が発表した2019年の祝日によると、2019年は、1948年の祝日法の施行以来、天皇誕生日がない初めての年となることが決定しました。 すなわち、 2019年には天皇誕生日という祝日はありません。 この理由としては、誕生日が12月23日の天皇陛下が2019年4月30日に譲位されたこと。 そして、2月23日の皇太子さまが同年5月1日に新天皇に即位されたことによります。 新しい令和の世の天皇陛下は2019年2月23日に59歳となられますが、この時点では皇太子殿下であり、天皇陛下ではありませんでした。 一方、上皇陛下は86歳となられる2019年12月23日には、既に御譲位されておられており、天皇誕生日ではなくなっておrます。 スポンサーリンク 天皇誕生日12月23日は今後どうなる? 報道によりますと、これから数年は、この12月23日は日本の祝日になる、ということはなさそうです。 しかし、昭和天皇の誕生日である4月29日は現在、昭和の日という祝日になっております。 昭和天皇の誕生日である4月29日は、平成元年(1989年)1月7日の御崩御直後に、祝日法改正で「みどりの日」として国民の祝日とされました。 平成19年(2007年)からは「昭和の日」と名称が変更されて今に至ります。 また、明治天皇の誕生日である11月3日は現在文化の日、祝日となっております。 これは、御崩御から15年後の1927年に明治天皇を偲ぶべく「明治節」として新たに祝日として制定され、 戦後の1948年に、11月3日は「国民の祝日に関する法律」によって「文化の日」と改められた。 という経緯があります。 このように、今後、12月23日が祝日になる可能性は残されていますが、現在のところ、それは決定されておりません。 ただし、大正天皇の誕生日は祝日になっておりません。

次の

天皇誕生日2018年~2021年の変化!国民の祝日カレンダーで比較!

天皇誕生日 2019

2018年12月23日が最後の祝日に 【12月23日は祝日 今年が最後】 12月23日の天皇誕生日は、天皇陛下の生前退位に伴い、今年が最後の祝日となる。 平成の間はクリスマスシーズンに祝日があるのが当たり前のように感じられていたが、それも今年までだ。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 2019年5月に今上天皇が退位され、現在の皇太子さまが即位されます。 現在、12月23日は天皇誕生日として 祝日ですが、 それも 2018年が最後となってしまいます。 平成30年間ずっと12月23日は天皇誕生日で祝日だったのだから、 来年からも名称を変えて祝日でいいじゃん!上皇誕生日みたいな。 って思うんですけど政府は甘くないですね。 スポンサーリンク 2019年12月23日は平日に 政府はすでに「祝日法」を改正し、2019年以降の12月23日は 平日となります。 でも上皇になるからって誕生日の祝日を廃止にするのって変ですよね。 以前の天皇の誕生日が現在祝日になってるのは皆さんご存知でしたか? 11月3日は文化の日として祝日になっていますが、実は 明治天皇の誕生日です。 そして、 4月29日は昭和の日で祝日ですが、名称の通り 昭和天皇の誕生日です。 こう考えると今上天皇の誕生日12月23日も名称を変更して 祝日のまま保てばいいのではないでしょうか。 しかし、政府が2019年以降の12月23日を平日に変更したのは理由がありました。 スポンサーリンク 次の天皇誕生日はいつになる? 12月23日が天皇誕生日として平成30年間は祝日でしたが、 2019年からの天皇誕生日はいつになるのでしょうか。 2019年からの天皇誕生日は、現在の皇太子さまの誕生日 2月23日となります。 ということは、最初の天皇誕生日は 2020年2月23日となります。 気になってiPhoneのカレンダーで調べてみたのですが、2020年2月23日は天皇誕生日として変更されていました。 仕事が早いですね。 といことで、2020年2月23日が新たな天皇誕生日となり、 この年は3連休となります。 2月22日( 土)、23日( 日)が天皇誕生日、24日( 月)が振替休日となります。 スポンサーリンク 一般参賀も最後に 今上天皇の誕生日12月23日は毎年一般参賀として、 一般の方が皇居に行けば天皇陛下にお会いできる行事があります。 2017年は、天皇陛下が退位するとあって1日だけで5万2,300人もの方が皇居へ足を運んだそうです。 今年は最後ということで、これまで以上に多くの一般の方が訪れることでしょう。 このチャンスを逃したらもう2度と今上天皇のご尊顔を生で拝見することができないかもしれません! みなさんお時間があればぜひ皇居へ足を運んでみてください!.

次の