ワイテルズ な かむ。 ワイテルズメンバーの顔バレ画像!本名・年齢などプロフィールも紹介!

【WhiteTails】ワイテルズについてNakamuさんより 【伝書鳩】|Kanata|note

ワイテルズ な かむ

名前合ってますよ!! どれからとかはあまり気にせずに、面白そうと思ったゲームの再生リスト全再生するのをお勧めします!特に我々ださんは編集もわかりやすいので名前も覚えやすいかと思います。 挿絵も良き。 第三期も予定されてるっぽい。 ファンなら必ず 見とくべき。 〃 質問に答える系の動画、記念動画 これを見ずに配信で質問され てる方がいるのですがこれで大体答えられてます。 これを見てか ら配信には行きましょう! ワイテルズさんはほとんどの動画に目を通せているかと思います…ので推しがいらっしゃるのであれば、その方が出てるものは全部見るといいかもしれません。 我々ださんはどれ見てもキャラが引き立っているので面白いと思います。 最近の再生リストを片っ端から見るのがいいかもですね。 【字幕色】 我々ださん 色と名前がとなり合わせです。 さん省略します) 灰色グルッペン 赤トントン 緑ゾム 濃い緑オスマン 青鬱先生 大先生 水色コネシマ 黄シャオロン ピンクロボロ 茶エーミール 紫ショッピくん 白ひとらんらん ワイテルズさん 〃、ひらがなです opにあります 黄きりやん 赤ぶるっく ぶるーく 青きんとき 緑しゃーくん 水色なかむ 紫スマイル 誤字脱字ありましたらすみません。 長々と書き連ねてしまいましたが参考になれば幸いです!.

次の

[ネタバレ]ワイと我々で行く『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』むつー卓第6陣[感想]|ユカシ(グッズデザイナー&イラストレーター)|note

ワイテルズ な かむ

名前合ってますよ!! どれからとかはあまり気にせずに、面白そうと思ったゲームの再生リスト全再生するのをお勧めします!特に我々ださんは編集もわかりやすいので名前も覚えやすいかと思います。 挿絵も良き。 第三期も予定されてるっぽい。 ファンなら必ず 見とくべき。 〃 質問に答える系の動画、記念動画 これを見ずに配信で質問され てる方がいるのですがこれで大体答えられてます。 これを見てか ら配信には行きましょう! ワイテルズさんはほとんどの動画に目を通せているかと思います…ので推しがいらっしゃるのであれば、その方が出てるものは全部見るといいかもしれません。 我々ださんはどれ見てもキャラが引き立っているので面白いと思います。 最近の再生リストを片っ端から見るのがいいかもですね。 【字幕色】 我々ださん 色と名前がとなり合わせです。 さん省略します) 灰色グルッペン 赤トントン 緑ゾム 濃い緑オスマン 青鬱先生 大先生 水色コネシマ 黄シャオロン ピンクロボロ 茶エーミール 紫ショッピくん 白ひとらんらん ワイテルズさん 〃、ひらがなです opにあります 黄きりやん 赤ぶるっく ぶるーく 青きんとき 緑しゃーくん 水色なかむ 紫スマイル 誤字脱字ありましたらすみません。 長々と書き連ねてしまいましたが参考になれば幸いです!.

次の

【WhiteTails】ワイテルズについてNakamuさんより 【伝書鳩】|Kanata|note

ワイテルズ な かむ

・この話はフィクションです。 ご本人とは一切関係ありません。 ・腐向けではありません ・モブがちょっとだけ出てきます。 ・今回も1時間クオリティです。 ・誹謗中傷はやめてください。 作者は豆腐メンタルです。 それではどうぞ! [newpage] シャ「…こうしてここにいるの、いつからだっけ。 」 シャークんはワイテルズの皆に恨みを持つ奴に監禁されていた。 恨みというよりも妬みに近いかもしれない。 毎日言われるのは『お前が自分からワイテルズの前から姿を消すなら解放する。 それが一番あいつらには辛いはずだからな』ということ。 もちろん断固拒否しているが、もうそろそろ精神的に限界だ。 このままだとOKしてしまうかもしれない。 だが、シャークん自身には恨みは無いらしく、いっさい危害は加えられていない。 ただ、扉とベッドと小さい窓しかない部屋に閉じ込められ続けている。 窓が小さいせいで、窓から光は少ししか入ってこない。 トイレもシャワーもあるので、全く外に出るチャンスは無い。 シャ「…………皆に会いたいな。 皆とまた笑いたい。 ゲームしたりして、わいわいしたい。 」 シャ「誰でもいい…。 」 [newpage] ~なかむ side~ シャークんが行方不明になって2ヵ月がたった。 必死でシャークんを探しているが、手掛かりすら見つからない。 ワイテルズのメンバーは焦りがつのっていた。 ………………そんな中、Tつぐさんから連絡が来た。 電話に出てみると、それはなかむがずっと待ち望んでいた知らせだった。 なか「Tつぐさんどうしました?」 T「なんとなく目についた家が怪しいと思ってなんか数日観察してたら、二人暮らしのはずなのに沢山の食材買った奴が、シャークんの着てたパーカーっぽいの持って出てきた。 ゴミ捨て場にパーカー捨ててったからすぐにKCに回収してもらって、まっちゃんに頼んで付いてた髪の毛のDNA解析してもらった。 」 なか「っ結果は!?」 T「そのことでNakamuに頼みがあるんだけど、そっちにシャークんの髪とかあるなら持ってきてくれない?解析するから。 」 なか「わかりました!どこ行けばいいですか?」 T「シャークん探すために、結構近くのアパート一時的にKCと借りてるからそこ来て。 まっちゃんとケイタもここに居るし。 あ、住所は送ったよ。 」 ・・・ ・・ ・ なか「シャークんが髪切ったときのが残ってました。 これ使えますか?」 T「まっちゃんどう?」 まっ「余裕で結果出た。 パーカーについてたDNAと完全に一致したよ。 」 KC「ってことは、やっぱシャークんはあそこにいるってことか。 」 T「KC予想してたの!?」 KC「そりゃーね。 二人暮らしとは思えない量の食材買ってるし、洗濯物も多いし種類あるし。 周囲を警戒してるのバレバレだし。 …まあ、一つだけ不自然に小さい窓の部屋あるし、確実にあの部屋だろうな。 シャークんいるの。 」 なか「じゃあすぐ乗り込まないと!」 KC「…まあ俺の指示で、もうケイタとMくんとてんてんが乗り込んでるんだけどな。 」 なか・T・まっ「「「いつの間に!?」」」 KC「Nakamu来る前に待機させてた。 それで鑑定の結果わかってすぐ電話して乗り込ませた。 警察も呼んどいたから、もし犯人だったら捕まるはすだぞ。 てか、そろそろ帰ってくるんじゃない?」 ケイ「ただいまー。 」 M「ただいまー。 」 てん「ただいまー。 」 シャ「えっと………おじゃまします。 」 なか「シャークんの声した!」ダッシュ! そしてなかむは玄関にいるシャークんの姿を見るなり、思いっきり抱きついた。 なか「シャークん!!!!」 シャ「うおっ!?」 シャ「…なか、む?」 なか「怪我はない!?あと酷いこととかされたりしてない!?何か言われたりとか…!」 シャ「何もされてない。 ただ部屋からずっと出してもらえなかっただけだ。 幸い、俺には恨み無かったらしいからな。 飯ももらえたし、シャワーもあったから大丈夫だ。 薄暗いとこに閉じ込められてるせいで精神的にはきつかったけど。 」 ミナツド「「「 監禁にしては結構快適そうだな。 精神的には辛そうだけど。 」」」 なか「ならいいけど…。 でもほんとよかったぁ…!」 シャ「俺どれくらいいなかった?いまいちわかんなくて…。 」 T「2ヵ月だよ。 」 シャ「そんなにですか!?どうりで…精神的にまいると思った。 あの申し出をOKしなくて本当によかった…。 」 KC「なんか言われたの?」 シャ「毎日毎日『お前が自分からワイテルズの前から姿を消すなら解放する。 それが一番あいつらには辛いはずだからな』って言われてました。 」 なか「うわ、そいつら俺たちのことよくわかってるな。 シャークんいなくなるとか絶対嫌だもん。 現に今みんな暗いし。 あまりしゃべんなくなってきてるし。 」 シャ「……そっか。 」 そう呟いたシャークんはどこか嬉しそうだった。 ……シャークんは皆に必要とされてるのが嬉しかったのだ。 まあ、心配させてることの申し訳なさも半分あったのだが。 だが、それでも嬉しかった。 シャークんはワイテルズが大好きだったから。 ・・・・・・ ・・・・・ ・・・・ ・・・ ・・ ・ 上機嫌で帰ってきたなかむに、きりやんは疑問符を浮かべた。 シャークんが見つからないせいで、最近みんな暗かったからだ。 なか「ただいま!」 きり「おかえりなかむ。 」 なか「……入ってきていいよー!」 ガチャッ シャ「…えっと…ただいま。 」 きり「シャークん!?!?!?なんで…連絡もつかなかったのに!?」 ぶる「きりやん!今シャークんって……シャークん!シャークんだ!!」 ぶるっくはシャークんに勢いよく抱きつく。 シャークんは久しぶりに感じるあったかさに頬が緩んだ。 そんな2人を見ながら、スマイルときんときは安心したように座り込んだ。 きりやんはぶるっくに羨ましそうな視線を送っていて、なかむはニコニコしながらシャークんとぶるっくのことを見ている。 スマ「…無事でよかった…!」 きん「ほんとにな…!シャークん今までどこ行ってたの!?」 シャ「なんかずっと薄暗い部屋に監禁されてた。 シャワーもトイレもあったから逃げるチャンスもなかったし…携帯もとっくに充電なんか無かったし…。 だから連絡できなかった。 心配かけてごめんな。 」 ぶる「ほんとだよ~。 でも無事でよかった。 」 きり「ぶるっくいつまで抱きついてんの。 ずるい。 」 ぶる「ああ、ごめんごめんwきりやんどーぞ。 」 きり「…生きててくれてありがとな。 正直、お前がいないのきつかった。 お前がいないとつまんないよ。 」 そう言ってきりやんはシャークんを抱きしめた。 きん「……きりやんずるい。 …無事でよかった。 最近はみんな心配すぎてしゃべんなくなってきたんだ。 だから帰ってきてくれて、ほんとによかった。 」 今度はきんときがシャークんを抱きしめた。 きん「スマイルはやる?」 スマ「ああ。 」 最後にスマイルにシャークんは優しく抱きしめられる。 それがあまりに優しくて、シャークんは張りつめていたものが弾けてしまった。 シャ「っ……ごめんスマイル。 肩かして。 」 スマ「おう。 」 次から次へとシャークんの頬に涙がつたっていく。 シャ「…………ごめん。 ほんとは大丈夫なんかじゃなかった。 何もされてないのは本当だけど…。 ほんとは辛かった。 閉じ込められてるのもそうだけど、皆と会えないのが何より辛かった…!」 スマ「そうか。 頑張ったな。 」ナデナデ シャ「ありがとスマイル…。 」 スマ「どーいたしまして。 」ナデナデ シャ「 本当に帰ってこれたんだなぁ。

次の