きかせ たい の は。 代えのきかない強み”を身に付けたい――市場価値の高いDBエンジニアを目指す / キャリアアップ 転職体験談

2020.03子どもの声・気持ちを聞かせてください-新型コロナウイルス感染症拡大|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

きかせ たい の は

システム開発・保守エンジニアから、DBエンジニアへの転職 多くのビジネスの根幹を支えるデータベース(以下、DB)。 情報システムには不可欠な存在だが、DBを専任で扱うITエンジニアは決して多くないのが現状だ。 DBエンジニアが持つ知識・スキルは、総じて市場価値が高い。 しかし、その役割や必要性が十分に認知されていないためか、キャリアの選択肢としてイメージしにくいと感じる人もいるだろう。 今回、紹介する奥野勝大さん(30歳)は、Oracleを中心としたDB技術に特化した事業を展開する「コーソル」に所属するDBエンジニアだ。 以前は、独立系中堅システムインテグレータ(SIer)に5年間勤務していたが、あるDBエンジニアと出会ったことを機に、自らの専門性を求めてコーソルへの転職を決意した。 その経緯とはいかなるものだったのか、現在の状況と併せて話を聞いた。 独立系SIerで、開発・保守を広く経験 「自分の代わりはいくらでもいる」と考えたことがきっかけ 新卒で入社した独立系の中堅SIerで、5年間ほど業務システムの開発・保守に携わった奥野さん。 出版社の経理システムや医療機関の電子カルテ作成システム、外資系生命保険会社の営業用アプリケーションなど、幅広い案件を手掛けていた。 しかし、案件ごとに求められるスキルセットが変わるため、一貫したスキルを身に付けられなかったという。 次第に、奥野さんは将来のキャリアに不安を抱くようになった。 「同期で入社したメンバーの誰に業務内容を聞いてみても、自分のやっていることとあまり変わりがなかったんです。 プロジェクトを円滑に回すうえで、『誰でも仕事ができるようにする』ことは大事だと頭では理解はしていましたが、『自分の代わりはいくらでもいるんだな』と感じずにはいられませんでした」と、奥野さんは当時を振り返る。 そんな風に感じていたころ、奥野さんはある開発プロジェクトで、外部から来ていた1人のDBエンジニアと出会った。 「そのエンジニアは、 DBに関する全般の業務をすべて1人で担当していました。 DB周りで何かあったら、わたしたちはその人を頼るしかない。 転職を意識し始めたものの、新規事業部メンバーへの抜てきなどによって会社からの期待を感じたため、なかなか一歩を踏み出せない状況が続いた。 実際に転職に踏み切るには、2年の歳月を要したという。 「会社に対する思い入れもあって、2年間はもやもやしながら過ごしていましたね。 でも、27歳を迎えたとき、新しいことに挑戦するなら、未経験でも『若い』という可能性で採用してもらえる、このタイミングしかないと思いました」 「DBエンジニア」という新たな道を選択 わずか2週間でORACLE MASTER Silverを取得 自分固有の価値となる特定分野のスキルを極めるために、本格的に転職活動を始めた奥野さん。 DBエンジニアに興味を持ったのは、「たまたま尊敬できるDBエンジニアに出会った」ことがきっかけだった。 しかし奥野さんは、「自分はその両方を身に付けて、いずれはコンサルティング業務に携わりたい」と考えたという。 転職サイトで「Oracle」「DB」といったキーワードで企業を検索したり、エージェントを利用したりしながら、最終的には2社を検討した。 そのうち1社はコンサルティング会社で、こちらの方が奥野さんの志向に近かった。 しかし、面接を重ねるうちに、奥野さんはコーソルに心が惹かれていったという。 「コーソルは何度も面接をしてくれたり、『この社員と話してほしい』と誘ってくれたり、心からわたしのことを知ろうとしてくれました」 業務内容だけでなく、人を大切にする姿勢からも高い意識を感じた奥野さんは、コーソルへの入社を決意した。 転職活動期間はおよそ7カ月。 無事内定を獲得した奥野さんだったが、コーソルへの入社には1つだけ条件があった。 入社までに残された期間は、たった2週間だった。 奥野さんは前職でSQLなどのDB言語に触れた経験はあったものの、断片的にしか関わったことがなかったので、まずは用語に慣れるといった基礎から始めなければならなかった。 奥野さんはこの勉強漬けの2週間を、「大学入試のとき以上でした」と語る。 自宅にOracle環境がなかったため、主に教科書での詰め込み学習だったが、無事に資格取得を果たした。 専門性を追求しながらも、幅広い周辺知識を習得 DBエンジニアの市場価値の高さがやりがいに コーソルに入社してからの約2年間、奥野さんはサポート業務に携わった。 Oracle DB製品のサポート業務というのは、システム開発者や管理者などからのOracle DBに関する問い合わせに、電話やメールなどを通して技術支援する業務だ。 具体的な用語や機能が分からないところからのスタートだったので、苦労の連続だったという。 「お客さまは『知っていて当然』と思って問い合わせてくるので、『分かりません』という回答はあり得ません。 入社までは、前職や資格取得を通じて得たDBの知識を生かせる部分が何かしらあるだろうと思っていましたが、ほとんどなかったですね。 むしろ、サポート業務を通じて得た知識が事前にあれば、前職の開発業務をもっと効率化できたのにと思いました」 技術書や過去事例を調査したり、実機検証を行ったりしながら、徐々に知識を身に付けていった奥野さん。 厳しいスタートではあったが、日々成長実感を得られることに面白さを感じるようになっていった。 入社3年目に、奥野さんはサポート業務を卒業し、現在はOracle DBの設計・構築を行うサービス業務を担当している。 もともとコンサルティングという顧客寄りの仕事を希望していた奥野さんにとって、顧客と会話しながら、本番環境を触って作業を進めるいまの業務はうってつけだ。 非常にやりがいを感じ、新たな知識も身に付けられるようになった。 「サポート業務のときは、Oracle DBの知識習得に集中していましたが、設計・構築業務ではネットワークやハードウェアといったシステム環境全体の知識が求められます。 業務を通してより幅広い知識が身に付くようになりましたね」 さらに、前職の経験もいまでは強みになっているそうだ。 開発業務を経験していることで、開発全般の流れや、各フェーズで何が必要とされているかが分かるので、顧客と話しやすく、仕事も進めやすい。 当時は「こんな広く浅い経験じゃ何もできない」と思っていた前職での経験が、DBエンジニアになって十分に生かせている。 奥野さんは、「DBエンジニアの必要性」を現場で強く感じているという。 顧客先に行き、DBA(データベース管理者)という肩書きで仕事をしている人と話すと、思った以上に知識がなかったりするそうだ。 「自分の仕事は市場価値が高いと実感できますし、大きなやりがいを感じています。 DBの知識はアプリにもつながるし、ネットワークにもつながります。 製品知識を極めれば、セールスという選択肢もある。 DBエンジニアは多様なキャリアパスを描きやすい仕事だと思います」 最後に、今後の目標について聞いた。 「DB技術という専門性を、今後もより深めていきたいですね。 そして、その専門性に業務知識をプラスして、お客さまにもっと踏み込んだサービスを提供していきたいです」 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

代えのきかない強み”を身に付けたい――市場価値の高いDBエンジニアを目指す / キャリアアップ 転職体験談

きかせ たい の は

システム開発・保守エンジニアから、DBエンジニアへの転職 多くのビジネスの根幹を支えるデータベース(以下、DB)。 情報システムには不可欠な存在だが、DBを専任で扱うITエンジニアは決して多くないのが現状だ。 DBエンジニアが持つ知識・スキルは、総じて市場価値が高い。 しかし、その役割や必要性が十分に認知されていないためか、キャリアの選択肢としてイメージしにくいと感じる人もいるだろう。 今回、紹介する奥野勝大さん(30歳)は、Oracleを中心としたDB技術に特化した事業を展開する「コーソル」に所属するDBエンジニアだ。 以前は、独立系中堅システムインテグレータ(SIer)に5年間勤務していたが、あるDBエンジニアと出会ったことを機に、自らの専門性を求めてコーソルへの転職を決意した。 その経緯とはいかなるものだったのか、現在の状況と併せて話を聞いた。 独立系SIerで、開発・保守を広く経験 「自分の代わりはいくらでもいる」と考えたことがきっかけ 新卒で入社した独立系の中堅SIerで、5年間ほど業務システムの開発・保守に携わった奥野さん。 出版社の経理システムや医療機関の電子カルテ作成システム、外資系生命保険会社の営業用アプリケーションなど、幅広い案件を手掛けていた。 しかし、案件ごとに求められるスキルセットが変わるため、一貫したスキルを身に付けられなかったという。 次第に、奥野さんは将来のキャリアに不安を抱くようになった。 「同期で入社したメンバーの誰に業務内容を聞いてみても、自分のやっていることとあまり変わりがなかったんです。 プロジェクトを円滑に回すうえで、『誰でも仕事ができるようにする』ことは大事だと頭では理解はしていましたが、『自分の代わりはいくらでもいるんだな』と感じずにはいられませんでした」と、奥野さんは当時を振り返る。 そんな風に感じていたころ、奥野さんはある開発プロジェクトで、外部から来ていた1人のDBエンジニアと出会った。 「そのエンジニアは、 DBに関する全般の業務をすべて1人で担当していました。 DB周りで何かあったら、わたしたちはその人を頼るしかない。 転職を意識し始めたものの、新規事業部メンバーへの抜てきなどによって会社からの期待を感じたため、なかなか一歩を踏み出せない状況が続いた。 実際に転職に踏み切るには、2年の歳月を要したという。 「会社に対する思い入れもあって、2年間はもやもやしながら過ごしていましたね。 でも、27歳を迎えたとき、新しいことに挑戦するなら、未経験でも『若い』という可能性で採用してもらえる、このタイミングしかないと思いました」 「DBエンジニア」という新たな道を選択 わずか2週間でORACLE MASTER Silverを取得 自分固有の価値となる特定分野のスキルを極めるために、本格的に転職活動を始めた奥野さん。 DBエンジニアに興味を持ったのは、「たまたま尊敬できるDBエンジニアに出会った」ことがきっかけだった。 しかし奥野さんは、「自分はその両方を身に付けて、いずれはコンサルティング業務に携わりたい」と考えたという。 転職サイトで「Oracle」「DB」といったキーワードで企業を検索したり、エージェントを利用したりしながら、最終的には2社を検討した。 そのうち1社はコンサルティング会社で、こちらの方が奥野さんの志向に近かった。 しかし、面接を重ねるうちに、奥野さんはコーソルに心が惹かれていったという。 「コーソルは何度も面接をしてくれたり、『この社員と話してほしい』と誘ってくれたり、心からわたしのことを知ろうとしてくれました」 業務内容だけでなく、人を大切にする姿勢からも高い意識を感じた奥野さんは、コーソルへの入社を決意した。 転職活動期間はおよそ7カ月。 無事内定を獲得した奥野さんだったが、コーソルへの入社には1つだけ条件があった。 入社までに残された期間は、たった2週間だった。 奥野さんは前職でSQLなどのDB言語に触れた経験はあったものの、断片的にしか関わったことがなかったので、まずは用語に慣れるといった基礎から始めなければならなかった。 奥野さんはこの勉強漬けの2週間を、「大学入試のとき以上でした」と語る。 自宅にOracle環境がなかったため、主に教科書での詰め込み学習だったが、無事に資格取得を果たした。 専門性を追求しながらも、幅広い周辺知識を習得 DBエンジニアの市場価値の高さがやりがいに コーソルに入社してからの約2年間、奥野さんはサポート業務に携わった。 Oracle DB製品のサポート業務というのは、システム開発者や管理者などからのOracle DBに関する問い合わせに、電話やメールなどを通して技術支援する業務だ。 具体的な用語や機能が分からないところからのスタートだったので、苦労の連続だったという。 「お客さまは『知っていて当然』と思って問い合わせてくるので、『分かりません』という回答はあり得ません。 入社までは、前職や資格取得を通じて得たDBの知識を生かせる部分が何かしらあるだろうと思っていましたが、ほとんどなかったですね。 むしろ、サポート業務を通じて得た知識が事前にあれば、前職の開発業務をもっと効率化できたのにと思いました」 技術書や過去事例を調査したり、実機検証を行ったりしながら、徐々に知識を身に付けていった奥野さん。 厳しいスタートではあったが、日々成長実感を得られることに面白さを感じるようになっていった。 入社3年目に、奥野さんはサポート業務を卒業し、現在はOracle DBの設計・構築を行うサービス業務を担当している。 もともとコンサルティングという顧客寄りの仕事を希望していた奥野さんにとって、顧客と会話しながら、本番環境を触って作業を進めるいまの業務はうってつけだ。 非常にやりがいを感じ、新たな知識も身に付けられるようになった。 「サポート業務のときは、Oracle DBの知識習得に集中していましたが、設計・構築業務ではネットワークやハードウェアといったシステム環境全体の知識が求められます。 業務を通してより幅広い知識が身に付くようになりましたね」 さらに、前職の経験もいまでは強みになっているそうだ。 開発業務を経験していることで、開発全般の流れや、各フェーズで何が必要とされているかが分かるので、顧客と話しやすく、仕事も進めやすい。 当時は「こんな広く浅い経験じゃ何もできない」と思っていた前職での経験が、DBエンジニアになって十分に生かせている。 奥野さんは、「DBエンジニアの必要性」を現場で強く感じているという。 顧客先に行き、DBA(データベース管理者)という肩書きで仕事をしている人と話すと、思った以上に知識がなかったりするそうだ。 「自分の仕事は市場価値が高いと実感できますし、大きなやりがいを感じています。 DBの知識はアプリにもつながるし、ネットワークにもつながります。 製品知識を極めれば、セールスという選択肢もある。 DBエンジニアは多様なキャリアパスを描きやすい仕事だと思います」 最後に、今後の目標について聞いた。 「DB技術という専門性を、今後もより深めていきたいですね。 そして、その専門性に業務知識をプラスして、お客さまにもっと踏み込んだサービスを提供していきたいです」 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

Sasanomaly きかせたいのは 歌詞

きかせ たい の は

未熟な状態で生まれてくるため気管や気管支が細く狭くなったり、血管が気管に絡まったりして呼吸が出来ない状態になる呼吸器に異常があり口や鼻、気管や気管支、肺などの呼吸器による 呼吸器疾患 ( こきゅうきしっかん )の1つです。 気管軟化症(きかんなんかしょう)という病気について 低体重出生児 ( ていたいじゅうしゅっせいじ ) 未熟児 ( みじゅくじ ) で未熟な気管や気管支など気管軟骨がもろくて弱くなります。 息を吐いた時に気管や気管支の 内腔 ( ないくう )が維持出来ず潰されて 扁平化 ( へんぺいか )になって平べったくなり 閉塞状態 ( へいそくじょうたい )になります。 治療するのが困難な指定難病の1つとして指定されている病気です。 気管軟化症(きかんなんかしょう)の原因について 気管軟化症 ( きかんなんかしょう )の原因は主に2つあると言われています。 2つ目の原因は、気管支近くにある血管に大動脈があり大動脈の 腫瘍 ( しゅよう )が出来たり、大動脈の圧迫が原因とされています。 気管軟化症(きかんなんかしょう)の症状について 喘息 ( )や 肺炎 ( はいえん )になった時に息苦しい感じの呼吸をした時などにみられる「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」といった呼吸音がする 喘鳴 ( ぜんめい )になります。 呼吸する時や泣いた時などにみられる犬が吠える様な「ゴロゴロ」といった音が低い 咳 ( せき )がする 咳嗽 ( がいそう )になります。 重症化して 狭窄 ( きょうさく )の度合が高くなると低酸素血症や呼吸困難といった命の危機に関わるぐらいの症状になったりします。 気管軟化症(きかんなんかしょう)の治療方法について 気管軟化症 ( きかんなんかしょう )の治療方法にはと外科療法の2つの治療方法があります。 である 低体重出生児 ( ていたいじゅうしゅっせいじ ) 未熟児 ( みじゅくじ ) で未熟だった気管や気管軟骨に強度が出る発達して安静にする保存療法 軽症だとだけで経過をみて2歳児までには気管や気管軟骨が強度を持って発達していき自然に治ります。 外科療法である広範囲の気管壁の軟化による気管支の外側をステントと言われる強度の強い円筒で支える外ステント法 気管切開をして気管の内側をステントと言われる強度の強い円筒で 扁平化 ( へんぺいか )された気管の口腔を広げて呼吸をしやすくする内ステント法 圧迫している大動脈を前方に引き上げて胸骨に固定する 大動脈胸骨固定術 ( だいどうみゃくきょうこつこていじゅつ )があります。 気道狭窄きどうきょうさくや気管軟化症きかんなんかしょうの遺伝について 僕が気管軟化症(きかんなんかしょう)になった時の症状について 喘息 ( )や 肺炎 ( はいえん )になった時に息苦しい感じの呼吸をした時などにみられる「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」といった呼吸音がする 喘鳴 ( ぜんめい )になって気管や気管支の 内腔 ( ないくう )が維持出来ず潰されて 扁平化 ( へんぺいか )で重症化して 狭窄 ( きょうさく )の度合が高くなって顔が青ざめるぐらいの呼吸困難になりました。 その症状を和らげて呼吸を安定させるために、喉に穴を開ける 気管切開 ( きかんせっかい )と胸の切開をしてと言われる人工呼吸器を付けて喉から管を入れて直接、呼吸や食事などを生活をしていました。 気管切開(きかんせっかい)をした後の傷の写真 あと、買い物しに行ってて服屋さんとかのCDや有線で音楽がかかってたりするお店に入って店員さんと話したりしていました。 接客業の店員さんって笑顔が大事やと思います。 笑顔で接客してくれるのは嬉しいのですが、たぶんですけど聞こえてないからお客さんに聞き返すって不快な思いさせると申し訳ないなーって思って気遣いだと、適当に頷いて相槌打っといたらいいわ!みたいな感じで、あっ。 そうなんや。 へぇー。 みたいな何の感情も無く言うてる店員さんがいて僕の声が音楽でかき消されて聞こえてないやん。 って分かるぐらいな事が結構あります。 店員さんは、適当に接客の対応してもバレへんわ!って思ってると思うのですが、されてる側からするとめっちゃ普通にバレています。

次の