消え た フッ 化 水素。 高純度のフッ化水素を韓国がつくれない理由とは?

蛍石から超高精製フッ化水素を製造してるのは日本だけで、市場占有率...

消え た フッ 化 水素

高純度のフッ化水素を韓国がつくれない理由? 韓国も高純度のフッ化水素を生産する能力はありそうですが、 なぜ自国生産ができないのでしょうか? それには日本がフッ化水素を生産し管理してきた 歴史が関係しています。 国内で最初にフッ化水素酸の国産化を実現したのが 森田化学です。 フッ素の草分け的存在として、 1世紀にわたる 技術の研鑽(けんさん)と ノウハウの積み重ねを行ってきたのです。 実は、フッ化水素を生産し管理してきた歴史は 100年以上にもなるのです。 いわゆる老舗であるからできる技術やノウハウが存在しますので、 これを数年やそこらで構築するのは難しいのではないでしょうか? もちろん韓国も高純度フッ化水素の生産に取り組んだ時もありました。 2012年9月27日に慶尚北道亀尾市の化学薬品メーカー 「ヒューブグローバル」のしくじりで、燃料送出バルブが開き、ガス漏れが発生。 その現場にいた4人は全身に薬品による火傷を負い、その後病院で治療中に全員亡くなる…といった大事故を引き起こしてしまったのです。 さらに、韓国ではフッ酸(フッ化水素酸)の 分解スピードが極めて遅いことから 土壌と植物にも長期間、悪影響を与えるといった後味の悪い事故となってしまったのです。 従って、フッ化水素生産には高い技術力や管理能力などが要求されるため、 日本以外の国では適格に作れないのが今の状況です。 「サムスン電子」や 「SKハイニックス」という韓国を代表する半導体企業も事実上、 必要な量のほとんどを日本から輸入するしかない現況となっているのです。

次の

韓国政府「フッ化水素が消えた理由は日本に返品したから」→韓国野党議員にすらデタラメだと反論される

消え た フッ 化 水素

Youtubeを中心として、韓国からフッ化水素が40トン行方不明になっていると言う噂が有る。 これに対して、韓国政府が噂を否定する解説を出している。 正直なところ、バカらしいのでそれ程真剣に調べていないけれど、少し調べると以下の事実が分かってきた。 「韓国が今年1〜5月に日本に輸出したエッチングガス量が39. 65トンであるのに対し、日本が韓国から輸入したエッチングガス量は0. 12トンに過ぎない」とし「日本が(エッチングガスの対北朝鮮搬出を)主張するポイントは、このようだ。 韓国が疑惑を調査する必要がある」との統計不一致疑惑を主張した。 これが40トン行方不明説の根拠らしい。 韓国政府は既に関連企業を調査し、流出を示す証拠は一切見つかっていないと報告しているが()、しつこく40トン行方不明説を垂れ流す輩がいる為、わざわざ声明を出したのが以下である。 【韓国政府の説明】 簡単に説明すると、 ・韓国関税庁の記録では、フッ化水素を韓国から日本に39. 65トン輸出した(不良品の返品) ・日本の財務省の輸入記録は0. 12トンなので、39. 53トンが消えたと言う疑惑を持たれている ・これは統計が実際の輸入国ではなく、原産国に基づいて集計される事を理解していない誤解 ・39. 65トンの内39. 62トンは中国産であるため、日本の輸入統計にはカウントされない ・残りの0. 03トンも当初の起源が日本産なので日本の輸入統計にはカウントされない ・0. 12トンは低純度フッ化水素で韓国の統計には反映されず、日本の統計には反映される と言うことらしい。 そしてこの文章に納得。 日本は安全保障上の信頼性を打ち出しておきながら、フッ化水素の北朝鮮流出疑惑などについて具体的な根拠を一つも提示せずにいます。 フッ化水素流出の正当性がない輸出規制をめぐり、日本が引き続き言葉を変えて提示するのは一つの主張だけです。 このような日本の主張を、日本の極右マスコミで主張し、これを再び、いくつかの私たち国民が拡散をさせる非常に残念なことが一ヶ月以上続いています。 因みに、世耕大臣もフッ化水素の第三国への流出は否定している事も付け加えておく。

次の

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到

消え た フッ 化 水素

ほぼ独占です。 *というか日本以外にあるんですかね? ちょっと調べたくらいでは出てきませんでした。 というか国内でも3社が製造していますが、実質的には1社の独占体制。 *核兵器とか少量の需要なら割高でも自主生産出来ると思いますよ。 商業ベースで割の良いものが作れるかどうかの問題です。 *また、日本は韓国に対して戦略物資、これを停めたら韓国の経済に大ダメージを与えられるってのを希ガスとか半導体製造装置とか複数持っていますね。 *因みにこの一社、ちょっと大きめの中小企業(上場はしている)の規模です。 つまり市場自体が然程大きくないんですよ。 製品としての価値は高いけれど絶対的な必要量が多く無いので、他社が参入しないのでしょう。 で、この手の分野で特異な日本があっさりシェアを取って余所は競争する程の規模は無いと撤退したのかと。 *トップ企業でも売り上げ300億だからね(連結で)。 この程度の市場規模だと一旦イニシアチブ取ったら余所はもう撤退しますわ。 他の例でも超純度の薬液精製を請け負っている会社って日本とドイツにしかないんだよね。 実験室レベルで使われる0. 00000~とか限りなく純粋な薬液。 小さな瓶で数百万とか数千万の代物。 薬液メーカーから仕入れて純度を上げて販売。 必要だよ、実験では限りなく理想的な環境でやりたいだろうし。 でも、大量生産する訳じゃないからそんなにはいらない。 一瓶数百万も実験試薬の卸問屋がもっともっと小さな瓶で安く販売している。 でも、これだって、輸入が駄目ってなったら大変なんだよ。 他国はより良い試薬で実験できるのに自分達は出来ないってなるんだから。 こういった出来れば国内生産させたいけど、経済性を考えると出来ないってのは沢山あるよ。

次の