カップ ヌードル グリーン カレー。 「カップヌードル グリーンカレー」(9月23日発売)

日清カップヌードル「グリーンカレー」がおいしい!

カップ ヌードル グリーン カレー

原材料:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)、スープ(豚脂、糖類、でん粉、クリーミングパウダー、香辛料(唐辛子、生姜(タイ産)、にんにく、カファライム)、魚醤、チキン調味料、小麦粉、香味調味料、植物油脂、ココナッツミルクパウダー、カレー粉)、かやく(味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、香料、かんすい、クチナシ色素、カロテン色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、炭酸Na、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)• 41 Kg 梱包サイズ 39. 3 x 29. 7 x 11. 7 cm メーカー名 日清食品 原産国名 日本 原材料 油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)、スープ(豚脂、糖類、でん粉、クリーミングパウダー、香辛料(唐辛子、生姜(タイ産)、にんにく、カファライム)、魚醤、チキン調味料、小麦粉、香味調味料、植物油脂、ココナッツミルクパウダー、カレー粉)、かやく(味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、香料、かんすい、クチナシ色素、カロテン色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、炭酸Na、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む) パターン: 2 グリンカレー 商品紹介 エスニックの定番メニュー「グリーンカレー」が、カップヌードルシリーズに仲間入り。 ココナッツのクリーミーなスープをベースに、本場タイ産の生姜と青トウガラシの辛さが絡み合う濃厚なグリーンカレーヌードルです。 【具材】蒸し鶏、赤パプリカ、パクチー 【別添】レモングラスとスパイスがきいたグリーンカレーペースト 必要なお湯の目安量:290ml 80g当たり エネルギー:386kcal、たんぱく質:8. 1g、脂質:18. 1g、炭水化物:47. 7g、食塩相当量:4. 3g、ビタミンB1:0. 16mg、ビタミンB2:0. 25mg、カルシウム:93mg ご注意(免責)>必ずお読みください においが強いもののそばや直射日光を避け、常温で保存してください 商品紹介 辛みと酸味をきかせたクリーミーで濃厚なトムヤムクンスープ。 新製法によるフレッシュな香りと色合いにこだわったパクチーでより本格的な味わいになりました。 ココナッツミルクの甘さとスパイスの辛味が重なり合うスープ。 パクチーの色味、香りアップでより本格的になりました。 ココナッツのクリーミーなスープをベースに、本場タイ産の生姜と青トウガラシの辛さが絡み合う濃厚なグリーンカレーヌードルです。 唐辛子の辛みとキムチの旨みを利かせたピリ辛濃厚豚骨スープが特長です。 フカヒレの姿煮をイメージし、チキンとポークをベースにオイスターソースをきかせた濃厚なスープが特長です。 仕上げに加える「オイスター香味油」は、カキの旨みと香りがアップし、スープのコクをさらに深めました。

次の

【日清グリーンカレーヌードル】まずいって本当?食べた正直な感想

カップ ヌードル グリーン カレー

女優の山咲千里さんが紹介していたのは、 カップヌードルのシーフードに「チキンとタイカレー グリーン」をトッピングするという一品。 薦められて一緒に食べた女優・遠野なぎこさんも「何これ、おいしい!」と大絶賛しているではないですか! めちゃくちゃ気になるな……!! ということで、さっそく試してみることにしました。 【あふれんばかりのビジュアルに若干戸惑う。 】 作り方はいたって簡単。 カップヌードルにお湯を注いで3分待ち、その上にグリーンカレーの缶詰を乗せるだけ! これまでに見たことないような不思議なビジュアルのカップヌードルが完成しました……。 缶詰の中身を豪快に全乗せしたら、カップ麺の容器からドボドボとあふれてしまったので、 麺のお湯は少なめにするか、缶詰は様子を見ながら乗せていくのがよいかと思います。 【何これ、マジでうんまいです】 さて、お味はというと…… わああああーーー、エスニック感がスゴいーーー!!! 遠野なぎこさんが 「本格的なタイ料理屋さんに来たみたい」と表現していましたが、これ、タイ料理屋さんで出てきても気づかないかも……。 そもそも、いなばの缶詰「チキンとタイカレー グリーン」は、グリーンカレーペーストやココナッツミルクなどだけでなく、こぶみかんの葉も入っているほどの本格派。 缶詰といえどもクオリティがそうとう高いんですよね。 そこに魚介のコクたっぷり&ちょっぴりミルキーなカップヌードル シーフードのスープが加わって、 旨味が倍増、エキゾチック感もマシマシに。 つるつるっとした麺もタイ料理との相性抜群な気がします。 【おうちで簡単にタイ料理屋さん気分!】 さらに、山咲さんが「これをどんぶりに入れると一品っぽくなる」というのでやってみると……。 ますますタイ料理屋さんに来たような気分になったよーーー!!! たまたま家にあったパクチーも乗せたんですが、合わないわけがない。 たいへんおいしゅうございました。 コンビニにある2品を組み合わせて簡単にできちゃう タイカレーヌードル。 「タイ料理が食べたいけどなかなか難しくて……」という方は、ぜひおうちで作ってみてね~! 参考:、 執筆: c Pouch Photo: c Pouch.

次の

「カップヌードル グリーンカレー」(9月23日発売)

カップ ヌードル グリーン カレー

具材(かやく)と別添 具材(かやく)は「味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー」の3種類。 別添にレモングラスと各種スパイスをきかせた「グリーンカレーペースト」(蓋の上についてます)。 原材料 【原材料名】 油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料)、スープ(豚脂、糖類、でん粉、クリーミングパウダー、香辛料(唐辛子、生姜(タイ産)、にんにく、カファライム)、魚醤、チキン調味料、小麦粉、香味調味料、植物油脂、ココナッツミルクパウダー、カレー粉)、かやく(味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸Ca、増粘多糖類、香料、かんすい、クチナシ色素、カロテン色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、炭酸Na、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む) カロリーや成分 栄養成分表示[1食 80g 当たり] 熱量:386kcal(めん・かやく:310kcal スープ:76kcal) たんぱく質:8. 1g 脂質:18. 1g 炭水化物:47. 7g 食塩相当量:4. 3g(めん・かやく:1. 9g スープ:2. 4g) ビタミンB1:0. 16mg ビタミンB2:0. 食べる際はパッケージのアレルゲン情報を確認してください。 食べてみた感想と評価 それでは「カップヌードル<グリーンカレー>」を食べてみた感想をご紹介します。 蓋を取ると、とてもいい香りがします。 コクと旨味のあるスープ。 ココナッツミルクの風味もあり、かなり本格的な味わいです。 辛味は結構ありますが、舌が麻痺するような辛さではなく、ロイタイなどのグリーンカレーと比べると辛味は抑えられて旨味が強い印象。 少し甘みもあり、食べやすかったです。 麺にもスープがよく絡みます。 具材(かやく)は「味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー」の3種類。 味付鶏肉は謎肉のようなミンチではなく、鶏胸肉を裂いたような感じ。 思ったよりもしっかりした味わいです。 赤ピーマンも甘みがあって美味しい。 パクチーは単体で食べると風味を感じますが、普通に食べている分にはそれほど感じませんでした。 なので苦手な人でも気にせず食べれると思います。 カップヌードル<グリーンカレー>の評価 おすすめ度 コク 旨味 辛味 量 麺の美味しさ スープの美味しさ 具材(かやく) コスパ ごはんに残ったスープを入れてみた グリーンカレーということで、普通にご飯と合うかなぁと思い、残ったスープをご飯にかけてみました。 次にご飯ですが、茶碗一杯分(約150g)だと多いかなと思ったので今回は100gを用意しました。 食べてみると悪くない。 いや、むしろうまいかも。 いつも食べているグリーンカレーよりも甘味とコクが強く、辛味は抑えられているのでガツガツといけちゃいます。 本場のグリーンカレーとはちょっと違いますが、日本人の舌にはこっちの方が合うかも!? 今回ごはんの量は100gを用意しましたが、スープが少し余るくらいでした。 食べ方にもよりますが、普通にお茶椀1杯分(150g)くらいでも良かったかなという感想です。

次の