春の お 彼岸 2020。 「お彼岸」2020年はいつ?意味とお盆との違いについて

彼岸になぜ墓参りやおはぎ?意味や2020年はいつからいつまでについても

春の お 彼岸 2020

3月17日は春のお彼岸入り 今回は 「春のお彼岸入り」について解説していきます! 2020年のお彼岸の入りは3月17日となります。 日本ではお彼岸にという文化が忘れられつつありますよね。 それではそもそもお彼岸とは何なのかを解説します。 お彼岸の由来とは? お彼岸は元々は仏教用語で「煩悩に満ちた現世である此岸 しがん を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味があります。 仏教の世界では西の方向を「西方浄土」と呼び、阿弥陀様がいる方角であり極楽浄土の世界があるとされているため、西の方向に向かってお祈りをしていました。 そして、 我々の住む此岸と仏様の住んでいる彼岸が最も近くなるのが春分の時期であるため、春分をお彼岸としてご先祖様(仏様)にお祈りするようになりました。 これは太陽が真東から昇って真西に沈むことから、 此岸と彼岸が最も通じやすくなると考えられていたためです。 お彼岸の日程はどうやって決まる? お彼岸は 「春分の日」や「秋分の日」を「中日」として、前後の3日間を合わせた7日間となります。 お彼岸に入る日の事が「お彼岸の入り」となり、お彼岸が終わる日の事を「お彼岸の明け」と呼びます。 春分の日や秋分の日については太陽が真東から真西に沈む日であり、これは 毎年必ず同じ日付と決まっているわけではありません。 そのため、春分の日や秋分の日を基準に決まるお彼岸の時期も毎年変わることとなります。 ちなみに2020年のお彼岸の時期は以下の通りです。 3月17日 火 彼岸入り 3月20日 金 中日 春分の日 3月23日 月 彼岸明け 初彼岸とは? 家族などの 故人が亡くなってから迎える初めてのお彼岸は「初彼岸 はつひがん 」と呼ばれています。 初彼岸だからといってこれといった特別なお参りが必要であったり作法があるわけではありません。 お彼岸の入りには仏壇や・仏具を掃除して清めるようにして、お彼岸の期間中にはお花やお供え物を供えるようにしてください。 春のお彼岸はぼたもち、その理由は? 春のお彼岸といえばぼたもちをイメージする人も多いのではないでしょうか? これにはちゃんとした理由があります。 春には気温が温かくなりたくさんの花が咲きますよね。 春に咲く花のひとつに「牡丹(ぼたん)」がありますが、この 牡丹の花を見た時にあずきの粒を牡丹に見立てたことから「ぼたん餅」、つまり「ぼたもち」になったとされています。 春の花である牡丹に見立てたぼたもちが、春のお彼岸のイメージにぴったりであることからお供えされるようになりました。

次の

春彼岸の意味や由来は?2020年はいつなのか教えて!

春の お 彼岸 2020

お彼岸を決める 春分の日・秋分の日というのは、国民の祝日とし定められています。 しかし、春分の日も秋分の日も、他の祝日のように毎年同じ日に決められてるというわけではないのです。 これは、太陽と地球の関係が大きく関わっています。 天の赤道(せきどう・天における地球の赤道の延長線)と、黄道(こうどう・太陽の通り道)が交わる「春分点」・「秋分点」という2点があり、太陽がその点を通過する瞬間をそれぞれに「春分」「秋分」となり、昼の時間と夜の時間がほぼ同じとなるといわれています。 地球は365日と6時間程かかって、公転(こうてん)していているため、毎年ズレが生じるわけなのです。 毎年、国立天文台が官報(かんぽう)で公表した日が、「春分」「秋分」となります。 この 「春分」と「秋分」が、それぞれお彼岸の中日(ちゅうにち)になるわけです。 2020年の春の彼岸の入り〜彼岸明けはいつ? 2020年春のお彼岸は 3月17日(火)から3月23日(月)となります。 春のお彼岸は、 春分の日の前後3日ずつの合わせて7日間となります。 お彼岸の由来 もともとお彼岸の「彼岸」は、サンスクリット語の「波羅密多」(パーラミター)から由来し、到達する・完成する・成就するというという意味合いがあります。 仏教においては、煩悩と迷いの世界である「此岸 しがん 」にいる者が「六波羅蜜 ろくはらみつ 」の修業を修することで、「彼岸(悟りの世界)」へ到達することが出来るといわれています。 お彼岸の頃は昼間と夜の長さがほとんど同じと言われ、東に位置するといわれる「此岸」に対して、西に位置づけられる「彼岸」が一番距離が近いとされるのが彼岸の時期ということから、お彼岸にご先祖の供養をするようになったといわれています。 お彼岸とお盆の違い お盆とお彼岸はどのような違いがあるのか疑問に思う人も少なくないと思います。 どちらも各家の子孫がご先祖様に手を合わせ、感謝の心を運ぶという意味では同じなのですが、少し趣き(おもむき)が違います。 お盆というのは、 お盆の期間に亡くなった方の魂は家に帰るといわれ、そのご先祖様の魂を迎えるという風習です。 お彼岸は、 彼岸と此岸が一番近くになるといわれる期間に、こちらからご先祖様に供養を捧げにいくというような風習となります。 お彼岸でするべきこと お彼岸では具体的にどんなことをして過ごすのが良いのでしょうか? お墓・仏壇・仏具をきれいにする 日本では、お彼岸の日にお墓参りに行くこと慣習になっています。 普段お仕事などで忙しい方は、お彼岸の時期にご先祖が眠っている お墓や仏壇、仏具のお手入れをするのも良いです。 六波羅蜜を意識した生活を送る お彼岸は六波羅蜜を由来としていることを紹介しました。 以下6つの修業を通して、迷いや苦しみの世界から悟りの世界に到達するという、修行者の期間がお彼岸だったのです。 お彼岸の時期には、 六波羅蜜を意識した生活を送るのも良いのではないでしょうか。 お彼岸でするべきこととして、お墓参りをご紹介しましたが、 お彼岸のお墓参りに行く際にはどんなことに気をつければよいのでしょうか? ここではお墓参りをする時間やお供え物について紹介していきます。 お墓参りは何時に行くのがいい? お墓参りに行く時間帯に決まりなく、いつでも問題ありません。 しかし、できることなら 午前中もしくは日の明るい時間帯に行かれることをお薦めいたします。 というのも、ご先祖様を自分たちの用事を先に済ませて、ご先祖様のお参りはその後でというような ついで参りはよくない、という昔からの言い伝えがあるからです。 ご先祖様のことを一番初めにするということは、ご先祖様を敬ったり感謝する心の現われなのですね。 また午前中に行くほうが、掃除もしやすく気持ちもよいと思います。 もちろんお仕事の都合や、いろいろなご事情があり、午後からお参りに行かれる方も少なくないと思います。 そうした場合もなるべく、 墓地の管理人さんにご迷惑をおかけしない時間帯に行くほうがよいと思います。 お彼岸の中日は毎年祝日になっていますので、普段お仕事される方などがご家族と一緒にお墓参りに行かれることもあり、比較的混雑するため、中日を避けて行かれるのが無難です。 お彼岸に適したお供え物 お彼岸のお供え物として代表的なものが、 ぼたもちやおはぎがあります。 これらに使う「小豆」に 魔除けの力があるとされていて、江戸時代頃から当時は貴重だったお餅と、砂糖を使って「ぼたもち」や「おはぎ」が作られるようになったと言われています。 ちなみに「ぼたもち」と「おはぎ」、基本的にどちらも同じ食べ物です。 春のお彼岸の頃には、牡丹の花が咲くことから「ぼたもち」と呼ばれ、牡丹に似せてやや大きめに作られるようです。 秋には萩の花が咲くことから「おはぎ」と呼ばれ、こちらはやや小さめに作られているようです。 お彼岸の期間は計7日ありますので、その他のお供え物としては、日持ちのするゼリーやお菓子など小分けしやすいもので、賞味期限が2週間以上あるものを選ぶほうがよいでしょう。 以下の記事では、お彼岸の墓参りについてさらに詳しく解説しています。 ぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。 春のお彼岸は、春分の日の前後3日ずつの合わせて7日間である 秋のお彼岸は、秋分の日の前後3日ずつの合わせて7日間である• 2020年春のお彼岸は3月17日(火)から3月24日(月) 2020年秋のお彼岸は9月19日(土)から9月25日(金)• お彼岸の期間は、お墓参り・仏壇などの手入れや六波羅蜜を意識した生活を送る• お墓参りに行く時間帯に決まりはないが、できれば午前中もしくは日中が好ましい• お彼岸のお供え物として「おはぎ」や「ぼたもち」、その他日持ちのするお菓子などがよい• 2016年〜2019年のお彼岸・彼岸入りの時期をまとめて紹介 ご先祖を大事にする習慣を、これからも大切に伝え残していきたいものですね。 最後までお読み頂きありがとうございました。 終活ねっとでは他にもお彼岸に関する記事を多数紹介しております。 以下の記事では、彼岸の法要について解説しているので、詳しく知りたいという方はぜひご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

2020年・2021年の春と秋のお彼岸の期間や迎え方と準備や御供えについて|仏壇ナビ

春の お 彼岸 2020

「暑さ寒さも彼岸まで」。 春めくなかでお彼岸を過ごし、花見の季節へ移っていきます 2020年の春分は、3月20日~4月3日です。 春分は、季節の移り変わりを知るための二十四節気のひとつで、約15日間ごとに24に分けられています。 二十四節気は期間なので、春分(二十四節気の第4)から清明(二十四節気の第5)までの期間をさし、毎年3月21日頃~4月4日頃にあたります。 また「今日は春分です」のように各節気に入る日をさす場合もありますが、春分の場合は、国民の祝日「春分の日」になっています。 なお、日付は固定されているわけではなく年によって変わります。 二十四節気は1年を太陽の動きに合わせて24等分して決められるので、1日程度前後することがあるからです。 二十四節気では、春分の前は、土の中で冬ごもりしていた虫たちが活動を始める頃という意味の「啓蟄」、春分の次は、万物が清らかでいきいきとする「清明」となります。 春分の日は、二十四節気の春分に入る日をさしていて、太陽が春分点を通過した日が春分の日となります。 太陽が真東から昇って真西に沈むため、昼と夜の長さがほぼ同じになりますが、実際には昼のほうが14分程長いそうです。 また、春分の日は彼岸の中日であり、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」趣旨の、国民の祝日になっています。 春のお彼岸の過ごし方 春分の日を中日とした前後3日、合計7日間を 彼岸といいます。 秋にも秋分の日を中日とした彼岸があるため、春のお彼岸(春彼岸)、秋のお彼岸(秋彼岸)などと呼び分けることもあります。 お彼岸といえば、お墓参りをする風習がありますが、その理由は、太陽が真東から昇って真西に沈むため、西にあるとされるあの世と東にあるとされるこの世が最もつながりやすいと考えられているからです(詳しくは「」で解説)。 また、春のお彼岸には「ぼたもち」を食べますが、この頃に咲く牡丹の花にちなんで命名されました(詳しくは「」で解説)。 春分の初侯・次侯・末侯 二十四節気をさらに3つに分けた 七十二侯は、春分の間にこのように移り変わります。 いつも身近にいる鳥としてお馴染みの雀は、枯れ草やわらなどを集めて巣をつくります。 この時期、草木の葉が伸び、雀が隠れてしまうほどになることを「雀隠れ」といいます。 花といえば桜をさすほど日本人に愛されてきた桜。 「花冷え」「花曇り」「花筏」「花あかり」など、桜にまつわることばもたくさんあります(詳しくは「」で解説)。

次の