ホタルイカ おつまみ。 らくで簡単 おつまみレシピ

【レシピ別】ホタルイカのおつまみに合うお酒は、どんなお酒?

ホタルイカ おつまみ

春のおつまみの定番 ホタルイカに迫る 春が旬の食材のひとつが、ホタルイカですね!小さくて可愛らしい見た目がなんとも愛くるしいったら。 愛くるしいのは見た目だけではなく、おつまみレシピのバリエーションは様々だから余計に愛くるしい。 生で食べたり、ボイルして酢味噌で食べたり、アヒージョにしたり、パスタに入れたり。 色々な楽しみ方をすることができますね。 味の特徴は、 生で食べるとイカらしい弾力 わずか とコクのある内臓の苦味が感じられます。 さらに、ツルッとした口当たりも個人的にはすごく好みです。 ボイルにすると、その苦味は緩和されてしまいますが、弾力が少し増してきます。 ただ、 総じてそれほどホタルイカ単体では、味の癖が強いわけではありませんので、醤油や酢、味噌などの調味料に味が引っ張られてしまうことが多いような気がします。 もう少し、ホタルイカについて迫ってみましょう。 日本におけるホタルイカの主な産地は、兵庫県や富山県です。 その中でも富山県産のホタルイカは、産卵の時に集まるサイズの大きなメスだけを漁獲するので、質が非常に高いと言われ高値で取引されています。 また、内臓ごと食べられるホタルイカは栄養豊富です。 その中でも注目の栄養成分は、某有名栄養ドリンクDなどでも有名な『タウリン』です。 体が疲れやすい方や肝機能に不安がある方は、ぜひ食べておきたいところですね。 ホタルイカは、どんなお酒に合うの? さて、本題です。 ホタルイカは、どんなお酒と一緒に楽しむのがいいのでしょうか。 個人的な見解も含みますが 簡単に代表的なおつまみとオススメのお酒をご紹介していきます。 には スーパーなどでもよく売られているボイル酢味噌には、どんなお酒がいいでしょうか?? なぜ、酢味噌なのか… 笑 私の オススメは、すっきり系の日本酒です。 食材自体のインパクトがあまり強くないので、日本酒もインパクトが強すぎないものがいいと思います。 細かい相性の良し悪しはありますが、 『軽い口当たり』『柔らかな』『軽快』『スッキリした』『さらさらした』などと記載のある日本酒でチャレンジしてはいかがでしょうか。 ちなみに、春のホタルイカに、春限定の日本酒を合わせるなんていうのも、通なお酒の楽しみ方ですよ。 には ホタルイカは炒めても美味しいです。 菜の花と一緒にバター炒め 炒め物にするならば、ホタルイカだけではなく、同じく春の味覚の「菜の花」や「竹の子」、「春キャベツ」、「アスパガス」などと一緒に、バター醤油で炒めてみてください。 絶品おつまみが出来上がりますので。 そんな ホタルイカのバター醤油炒めには、やっぱりビールですかね。 ビールの中でも、日本人には馴染みの深いピルスナータイプがオススメです。 甘さは控えめで、程よい苦味を持ち、そして、軽快なキレ味が相性抜群ではないでしょうか!もう少し通な楽しみ方をするならば、 ビールを酸味の強いサワーエールなんかにしてみてもいいかもしれません。 には 最後に、ホタルイカのおつまみレシピでよく見かけるのが、アヒージョです。 ホタルイカのアヒージョには、白ワインがオススメです。 ただ、白ワインと言っても幅が広すぎる!と言われそうなので、個人的なオススメを紹介します。 こちらも細かい良し悪しはあるとして、 スペインの白ワインはいかがでしょう。 海鮮系のアヒージョに合わせるスペイン白ワイン定番は、『アルバリーニョ』というブドウを使った銘柄のワインです。 さらに、通な方は『マンサリーニャ』もオススメです。 『マンサリーニャ』は、スペインのシェリー酒の中でも海に近いサンルカール・デ・バラメーダの街で造られたフィノ 酵母を使って熟成させたタイプのシェリー酒 で、繊細で爽やかな味わいは、ホタルイカだけでなく魚介との相性が抜群です。 【まとめ】 いかがだったでしょうか。 ホタルイカに合うお酒といっても、調理方や味付けによって相性の良いお酒は変わってきます。 今回は細かい説明は省きましたが、あなたも春が旬のホタルイカのおつまみを楽しみながら、その楽しみを倍増させるぴったりのお酒を見つけてくださいね! この記事がそのお酒選びの参考になれば幸いです!それでは。 レビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。 感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください。

次の

【みんなが作ってる】 ホタルイカ おつまみのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ホタルイカ おつまみ

春のおつまみの定番 ホタルイカに迫る 春が旬の食材のひとつが、ホタルイカですね!小さくて可愛らしい見た目がなんとも愛くるしいったら。 愛くるしいのは見た目だけではなく、おつまみレシピのバリエーションは様々だから余計に愛くるしい。 生で食べたり、ボイルして酢味噌で食べたり、アヒージョにしたり、パスタに入れたり。 色々な楽しみ方をすることができますね。 味の特徴は、 生で食べるとイカらしい弾力 わずか とコクのある内臓の苦味が感じられます。 さらに、ツルッとした口当たりも個人的にはすごく好みです。 ボイルにすると、その苦味は緩和されてしまいますが、弾力が少し増してきます。 ただ、 総じてそれほどホタルイカ単体では、味の癖が強いわけではありませんので、醤油や酢、味噌などの調味料に味が引っ張られてしまうことが多いような気がします。 もう少し、ホタルイカについて迫ってみましょう。 日本におけるホタルイカの主な産地は、兵庫県や富山県です。 その中でも富山県産のホタルイカは、産卵の時に集まるサイズの大きなメスだけを漁獲するので、質が非常に高いと言われ高値で取引されています。 また、内臓ごと食べられるホタルイカは栄養豊富です。 その中でも注目の栄養成分は、某有名栄養ドリンクDなどでも有名な『タウリン』です。 体が疲れやすい方や肝機能に不安がある方は、ぜひ食べておきたいところですね。 ホタルイカは、どんなお酒に合うの? さて、本題です。 ホタルイカは、どんなお酒と一緒に楽しむのがいいのでしょうか。 個人的な見解も含みますが 簡単に代表的なおつまみとオススメのお酒をご紹介していきます。 には スーパーなどでもよく売られているボイル酢味噌には、どんなお酒がいいでしょうか?? なぜ、酢味噌なのか… 笑 私の オススメは、すっきり系の日本酒です。 食材自体のインパクトがあまり強くないので、日本酒もインパクトが強すぎないものがいいと思います。 細かい相性の良し悪しはありますが、 『軽い口当たり』『柔らかな』『軽快』『スッキリした』『さらさらした』などと記載のある日本酒でチャレンジしてはいかがでしょうか。 ちなみに、春のホタルイカに、春限定の日本酒を合わせるなんていうのも、通なお酒の楽しみ方ですよ。 には ホタルイカは炒めても美味しいです。 菜の花と一緒にバター炒め 炒め物にするならば、ホタルイカだけではなく、同じく春の味覚の「菜の花」や「竹の子」、「春キャベツ」、「アスパガス」などと一緒に、バター醤油で炒めてみてください。 絶品おつまみが出来上がりますので。 そんな ホタルイカのバター醤油炒めには、やっぱりビールですかね。 ビールの中でも、日本人には馴染みの深いピルスナータイプがオススメです。 甘さは控えめで、程よい苦味を持ち、そして、軽快なキレ味が相性抜群ではないでしょうか!もう少し通な楽しみ方をするならば、 ビールを酸味の強いサワーエールなんかにしてみてもいいかもしれません。 には 最後に、ホタルイカのおつまみレシピでよく見かけるのが、アヒージョです。 ホタルイカのアヒージョには、白ワインがオススメです。 ただ、白ワインと言っても幅が広すぎる!と言われそうなので、個人的なオススメを紹介します。 こちらも細かい良し悪しはあるとして、 スペインの白ワインはいかがでしょう。 海鮮系のアヒージョに合わせるスペイン白ワイン定番は、『アルバリーニョ』というブドウを使った銘柄のワインです。 さらに、通な方は『マンサリーニャ』もオススメです。 『マンサリーニャ』は、スペインのシェリー酒の中でも海に近いサンルカール・デ・バラメーダの街で造られたフィノ 酵母を使って熟成させたタイプのシェリー酒 で、繊細で爽やかな味わいは、ホタルイカだけでなく魚介との相性が抜群です。 【まとめ】 いかがだったでしょうか。 ホタルイカに合うお酒といっても、調理方や味付けによって相性の良いお酒は変わってきます。 今回は細かい説明は省きましたが、あなたも春が旬のホタルイカのおつまみを楽しみながら、その楽しみを倍増させるぴったりのお酒を見つけてくださいね! この記事がそのお酒選びの参考になれば幸いです!それでは。 レビューは、筆者の個人的感覚に基づきます。 感想には個人差がありますので、悪しからず、ご了承ください。

次の

【楽天市場】【送料無料】珍味 おつまみ 酒の肴 無添加【ほたるいか素干し 120g】ホタルイカ蛍イカのおつまみ珍味がたっぷり 酒の肴 イカのおつまみ イカの珍味 ※ほたるいかから出る液だれはイカワタの液ですのでご心配いりません。:日本海珍味店さとも屋

ホタルイカ おつまみ

牡蠣のオイル漬けに続き、今回は 旬のホタルイカのオイル漬けです。 作り置きおつまみ、オイル漬け多めになりそうな予感。 旬の食材は、どんどんオイル漬けにしていく所存です。 だって、オイル漬けって最高の作り置きおつまみなんですもの…。 作り置きの保存性で重要なのが、できるだけ 水分を入れないことと、できるだけ 空気に触れないこと。 水分は腐敗の原因になるし、空気に触れると酸化したりカビが生えやすい。 つまり、食材の水分をできるだけ飛ばして、オイルで食材をコーティングして空気に触れないようにする調理法は、 最強の作り置きおつまみなのです。 春に旬を迎えるホタルイカは、誰もが毎年楽しみにしている食材だと思います。 しかし、美味しそうと思って大量に買ってしまい、使い切れずに悪くしてしまうこもしばしば…(衝動買いしてしまう私が悪い)。 そこで、ホタルイカを長く楽しめるレシピを考えました!! あまりベタベタに味付けせず、ホタルイカ本来の味を残しつつ保存性を高めるといえば、やっぱりオイル漬けかなと。 ボウルに A の調味料を混ぜ合わせて、ホタルイカを和えて5分置く。 すぐに食べられるが、一晩置くと美味しい。 【ポイント】 ・ホタルイカは酒と調味料に漬けておくことで下味がつき、加熱するときにアルコールとともに臭みが飛びます。 ・柚子胡椒を使うことで、ピリッと味が引き締まります。 【保存期間】 冷蔵庫で1週間 【相性の良いお酒】 今回も、間違いなく日本酒ですね。 スッキリしたものから、旨味のどっしりしたものまで、結構幅広く楽しめると思います。 冷酒もよし、熱燗もよし。 ちなみに、ビールと合わせたら臭みが立ったのであまりオススメできません…。 なお、今回は色々な作り方で試してみたのですが、やはり牡蠣と同様、お酒で煎ってからオイルにつけるのが 一番臭みが無く、 旨味が凝縮し、 保存性も高まることがわかりました(私調べ)。 他にはどんな作り方をしたのかと言いますと… <ホタルイカをそのまま漬ける方法> ボイルされたホタルイカを加熱せずにそのまま漬けてしまうと、ホタルイカに付着していた菌が増えてしまうし、臭みが残ってしまった。 <アヒージョ方式> ホタルイカはアヒージョにしても美味しいと思い、さっとオイルで加熱してから冷まして冷蔵庫で保存したら、それはそれで美味しかったが、やっぱりお酒で煎ったものの方が臭みもないし味も濃厚で美味しかった。 ということで、現時点でのわたし的ベストなホタルイカのオイル漬けです。

次の