ご 相談 させ て いただき たく 存じ ます。 賜りたく /文例・敬語の使い方・意味

「ご相談させて頂きたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご 相談 させ て いただき たく 存じ ます

ご相談 = 相談すること• ご・お~いただきたく = 「〜してもらいたい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご相談いただきたく存じます」の意味は… 「相談してもらいたいと思います」 であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 「相談してください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。 ニュアンスとしては 「相談してもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。 あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご相談いただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「相談」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご相談していただきたく存じます」は間違い敬語となりますのでご注意を。 この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「相談していただきたく存じます」とすれば正しい敬語になります。 理由は長くなるので省きますが、あくまでも「ご相談いただきたく存じます」をつかうことをオススメします。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご相談いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】相談してほしい!と伝えるビジネスメール 「ご相談いただきたく存じます」の使い方 文字どおり何かしら「相談してほしい!」と言いたいときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】xxさんにご相談いただきたく存じます。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールに使われます。 ようするに「相談してほしい!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。 なお「ご相談 をいただきたく存じます」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 人事部・ノマドです。 さて、先ほどお電話いただきました給与改定の件、人事部xx課長(内線1234)が担当いたしております。 つきまして仔細に関しましてはxx課長にご相談いただきたく存じます。 このたびはお役に立てず誠に申し訳ございません。 何卒よろしくお願いいたします。 さて、ご依頼いただいておりました営業マニュアルの件、添付ファイルにて送付いたします。 なお顧客対応においてマニュアルに記載のないシーンに直面しましたら、 事前に小職までご相談いただきたく存じます。 よろしくお願い致します。 「ご相談 いただきたく存じます」でも十分に丁寧ではありますが… 「ご相談 いただければと存じます」とすると、より丁寧な敬語になります。 たとえば、• 【例文】xxさんにご相談いただければと存じます。 のようにして使います。 意味と違い・使い方 どちらも言いたいことは結局のところ「相談してほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「 いただければ」という敬語になります。 したがって「ご相談 いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら相談してもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。 「ご相談 いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが… 「ご相談 いただければと存じます」だともっと大げさになります。 かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。 そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。 まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。 【例文】xxさんにご相談いただきたく、お願い致します。 【例文】xxさんにご相談いただきたく、お願い申し上げます。 のようにして使います。 あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。 そんなときに活躍するのが「ご相談 いただきたく、お願い致します」です。 「ご相談 いただきたく存じます」だと「相談してもらいたいと思います」という意味であり、 「ご相談 いただきたく、お願い致します」だと「相談してもらいたい、お願い!」というような意味になります。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 文章のバランスを考えてお好みでお使いください。 なお「ご相談 をいただきたく、お願い致します」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 敬語の解説 一応「ご相談 いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。 もとになる単語「相談」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 「ご相談 いただきたく存じます」 「ご相談 いただければと存じます」 「ご相談 いただきたく、お願い致します」 だけでなくシンプルに 「ご相談をお願い致します」としてもOKです。 意味としては「相談をお願いします!」であり、 言いたいことは結局のところ「相談してほしい」となります。 たとえば、• 大変ありがたいこと。 これまで紹介しきれなかった敬語もふくめ丁寧レベルごとにまとめておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご相談ください• ご相談くださいませ• ご相談いただけますか?• ご相談ください• ご相談くださいませ• ご相談いただけますか• ご相談いただけますでしょうか• ご相談をお願い致します• ご相談いただきたく、お願い致します• ご相談いただきたく存じます• ご相談いただければと存じます• ご相談のほどお願い申し上げます• ご相談くださいますようお願い申し上げます• ご相談いただきますようお願い申し上げます• ご相談くださいませ• ご相談をお願い致します• ご相談いただきたく、お願い致します• ご相談いただきたく存じます• ご相談いただければと存じます• ご相談いただきますようお願い申し上げます• ご相談いただけますようお願い申し上げます• ご相談くださいますようお願い申し上げます• ご相談いただければ幸いです• ご相談いただければ幸甚に存じます• ご相談いただけましたら幸いです• ご相談いただけますと幸いです• ご相談いただけますと幸甚に存じます• ご相談いただけましたら幸甚でございます• ご相談いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご相談 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご相談賜りますようお願い申し上げます• ご相談いただければ幸いです• ご相談いただければ幸甚に存じます• ご相談いただけましたら幸いです• ご相談いただけましたら幸甚でございます• ご相談いただけましたら幸甚に存じます• ご相談賜りますと幸いです• ご相談賜れますと幸いです• ご相談賜りましたら幸いです• ご相談賜れましたら幸いです• ご相談賜りますと幸甚に存じます• ご相談賜れますと幸甚に存じます• ご相談賜りましたら幸甚に存じます• ご相談賜れましたら幸甚に存じます なお「ご相談 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

「頂きたくお願い申し上げます」の使い方と例文・敬語の種類

ご 相談 させ て いただき たく 存じ ます

目上の人やお客様などに対して、許可や同意を得るために使います。 同じ立場や目下の人に対しては使えませんので注意してください。 漢字で書く「頂きたく存じます」との違い 「いただきたく存じます」の「いただき」はひらがなですが、ここを漢字にした「頂きたく存じます」というフレーズもよく見かけますよね。 この二つのフレーズには、何か意味の違いがあるのでしょうか?それとも単なる書き方の違いで、意味は全く同じなのでしょうか? 実はひらがなの「いただきたく存じます」と、漢字の「頂きたく存じます」には、 はっきりした意味の違いがあります。 漢字の「頂く」は、「(物などを)もらう」という動作を表す時、つまり動詞として使う時に使用します。 一方でひらがなの「いただく」には動詞としての「もらう」という意味はなく、「~して欲しい」という意味で補助的に用いられています。 このように動詞としての本来の意味を失って、補助的に使われる動詞を「補助動詞」といいます。 「いただきたく存じます」の正しい使い方 ここまで「いただきたく存じます」の意味を詳しく見てきましたが、次は具体的にどんな文章で使えるのかを知りたいところですよね。 特に「いただきたく存じます」は日常生活ではあまり使わないフレーズですから、どう使えばいいかピンとこない方もいるはずです。 以下で 「いただきたく存じます」の基本的な例文をいくつかご紹介しますので、ぜひ実際のビジネスシーンで使ってみてください。 ビジネスシーンやメールで使える「いただきたく存じます」の例文 お時間をいただきたく存じます 例えば 先方とアポイントメントを取りたい時に、「打ち合わせのお時間をいただきたく存じます」といった使い方ができます。 または 用事や準備などで相手を待たせなければならない時、「少々お待ちください」のより丁寧な表現として、「お時間をいただきたく存じます」と使うことも可能です。 お教えいただきたく存じます 相手から何かを教えてもらいたい時、「教えていただけますか」などの代わりに「お教えいただきたく存じます」を使うとより丁寧になります。 もっと丁寧にしたい場合は「 ご教示(きょうじ)いただきたく存じます」を使うのもオススメです。 ご高覧(こうらん)いただきたく存じます 「ご高覧」は「見てもらう」の丁寧語で、「ご覧いただく」よりさらに丁寧な表現になります。 目上の人に書類や資料を見てもらいたい時に使える表現です。 「ご高覧」は日常生活ではほぼ使うことはありませんが、ビジネスシーンでは活用の幅が広い単語です。 知らなかった方はこの機会に知っておきましょう。 「いただきたく存じます」の言い換え表現 上で説明したように、「いただきたく存じます」は、「~して欲しいと思います」「~してもらいたいと思います」を丁寧にしたフレーズです。 なので 同じ意味になる表現ならどれでも言い換えることができます。 といってもどんなフレーズで言い換えればいいか分からないと思いますので、以下で少しだけ例をご紹介しましょう。 「いただきたく存じます」の言い換えで使える例文 「いただきたいと思います」「いただければ幸いです」 「いただきたく存じます」では堅苦しすぎる場合、 もう少しくだけた表現として、「いただきたいと思います」「いただければ幸いです」などを使うとよいでしょう。 相手との立場の違いや距離感を踏まえて、うまく使い分けられれば完璧です。 「~くださいますようお願いします」「~いただきますようお願い申し上げます」 「いただきたく存じます」は非常に丁寧な表現ですが、 こればかり繰り返すと堅苦しく不自然になってしまいます。 「~くださいますようお願いします」「~いただきますようお願い申し上げます」などの言い換え表現を混ぜて、同じフレーズばかり続かないように気をつけましょう。 「いただきたく存じます」の英語表現 英語には日本語の「いただきたく」や、「存じます」にピッタリ対応する英単語というのはありません。 なので英語で「いただきたく存じます」を表現したい場合は、へりくだって同意を求めるような表現の中から、その場に合ったものをケースバイケースで使い分けることになります。 シンプルな表現としては 「Can I ~」「Could you ~」 などがあります。 「いただきたく存じます」に比べるとかなり軽いニュアンスなので、同僚や少し目上の人などに使うとよいでしょう。 もう少し丁寧にしたい場合は 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」 といった表現がおすすめ。 「もしかしたら乗り気ではないかもしれませんが、よかったら~してくれませんか」といったニュアンスになります。 ビジネス英語でよく使われる表現です。 日本人が多用しがちな 「I would like you to ~」 は 少し上から目線な印象になるので使わないほうがいいでしょう。 「いただきたく存じます」をビジネスシーンで上手に使おう! 「いただきたく存じます」のような 相手に同意・許可を求めるフレーズは、ビジネスシーンでは頻繁に出てきます。 ちゃんとした正しい表現ですので、二重敬語を心配して使うのをためらっていた方も、ぜひこの機会に使ってみてください。 表現の幅が広がって、ビジネスをより円滑に進められるようになるでしょう。

次の

「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

ご 相談 させ て いただき たく 存じ ます

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の