ファインダー ズ キーパーズ。 『ファインダー・キーパーズ』

楽天ブックス: ファインダーズ・キーパーズ 下

ファインダー ズ キーパーズ

Louis Vuitton ルイヴィトン• ASOS エイソス• GUCCI グッチ• HERMES エルメス• CHANEL シャネル• PRADA プラダ• FENDI フェンディ• Christian Louboutin クリスチャンルブタン• VALENTINO ヴァレンティノ• BALENCIAGA バレンシアガ• Coach コーチ• Saint Laurent サンローラン• CELINE セリーヌ• Nike ナイキ• Michael Kors マイケルコース• LOEWE ロエベ• Maison Margiela メゾン マルジェラ• Stella McCartney ステラマッカートニー• Dior ディオール• Tory Burch トリーバーチ 我们只能从这个网站发送至日本, 然而你也可以继续在我们的英文网站浏览购买。 THE LARGEST DESIGNER FASHION ONLINE IN JAPAN• SHIPPING INCLUDED All prices include a shipping fee.

次の

キングの「ファインダーズ・キーパーズ」”Finders Keepers”を読んだ感想。

ファインダー ズ キーパーズ

見つけたトランクにあったお金と原稿。 ピートは、生活苦の家族に匿名でお金を送る一方、原稿に心酔していく。 その原稿もお金に変えようとした時、ピートに危機が迫る。 妹の訴えから調査に乗り出したホッジス達。 迫る危機の中、ピートや家族を救えるか? キングのミステリー2作目。 前作ミスター・メルセデスの主人公ホッジスが立ち上げた探偵社ファインダーキーパーズに持ち込まれた事件の話だが、前作の事件との絡みも語られたり、ホッジスがメルセデス事件の犯人を気にしたりと、3部作の中の1篇としても連動を見せている。 上巻は、ピートとお金と原稿を隠したモリスのそれぞれの話がメインとなる。 キング作品恒例序盤での背景説明で、この部分がないと、2人の原稿への想いがわからなくなるので、必須ではあるし、話自体もおもしろい。 ただ、丁寧な説明のためか、ちょっと間延び感があった。 下巻に入って、モリスの狂気が、加速していき、サスペンス度合いが上がるのだが、大まかにそれぞれはこう動くというのが、背景説明でわかってしまうところが、気になった。 前作も犯人描写も筋の一つなので、誰だがわからないというのではなかったが、登場人物達が、それぞれ模索しながら突き止めていくところを俯瞰的に見ることにサスペンス感があった。 今回も双方を細かく描写しているので、誰だ感はない。 細かい区切りで、ピート、モリス、ホッジス達の動きを描くことで、その微妙なズレによるサスペンス感は、ドキドキさせるし、楽しんで読める。 ただ、前回の方がよりサスペンス感があったかなという思いが、拭えないまま終わった感じだった。 ミザリーでも思うが、キングの小説家が関わる作品は、小説家にしか感じられないだろう恐怖感や創作物に対する気持ちが伝わってくるように感じる。 ミザリーも登場人物への昏倒というのがあったが、今回もまた然り。 また、今回は小説や文学に対する知識や思いも感じられる。 もう一つ感じられたのは、生きる中で、何を優先で考えるかという点である。 この辺、キングは結構一貫しているかなと思うが、それを基に考えると、モリスとピートの小説「ランナー」シリーズへの昏倒ぶりが、後々考えさせられるポイントになってくる。 ホッジス達の行く末は気になるので、最終作も読んでみたい。 「キングが本気で挑んだミステリ」の第二弾。 タイトルは、ホッジスとホリーの探偵社の名前だが、俗語で「拾った物は自分の物」という意味もある。 まさにこの一言がすべての始まりとなる。 ホッジスが事件に絡むのは中盤以降。 前半は「拾った物」を巡って対峙するふたりの人物を中心に展開していく。 今回は作家の未発表原稿が重要な鍵を握っており、その流れなのか、作中のキャラが実在の作家や作品名に言及しているシーンが多く見受けられる。 これはそのままキングの思いやこだわりなのだろう。 なので本筋から逸れていると感じる時間も多々あり、ミステリ度はやや低め。 全体を通して見てもミステリ的にはそんなに展開していないのだが、少年と犯罪者の距離が縮まっていくプロセスはサスペンスフルで、胃痛を伴う緊迫感に支配される。 この辺りの読者に対するプレッシャーは巧いなあと感心しつつ、ハラハラは止まらない。 甘めの評価になったのは、やっぱり掛け値なしに面白かったから。 家族に対する少年の想いも共感できるし、その少年に寄り添うホッジスの目線もよかったと思う。 いよいよ次回は最終章。 チラ見せ的なラストがとてもとても意味深。 キングがミステリ三部作をどう結ぶのか、今から期待はハンパないわー。 殺された作家のノートが仮釈放中のモリスと高校生になったピートの運命を捩り合わすところに元警官の探偵ホッジスがどう絡んでいくのか、読みだしたら止まらない下巻。 彼らの行動はすべて現在形で書かれ、さながら三つの場面を並行して視ているような感覚に陥る。 もしかしたら『ミスター・メルセデス』も同じような書き方がったのかもしれないが、読んでないのでわからない。 訳者あとがきによると、隠棲して殺された作家ロススティーンは、サリンジャーとアップダイクを思い起こさせるとあったが、ニューヨーク住まいで突然引退した作家といえばサリンジャーだが、アップダイクは読んだことがないので年代記スタイルの長編小説のほうはわからなかった。 これを機会にアップダイクも読んでみよう。 ミステリーとしてもちろん楽しめるが、全編キングの文学愛に満ち溢れていて、特にアメリカ文学の書誌学的見地からレポートを書けば特Aくらい貰えるんじゃないか、とすら思える。 「ランナー」シリーズの主人公ジミー・ゴールドを軸に、モリスとピートは合わせ鏡のように似ている。 モリスの妄執は常軌を逸しているが、ピートがモリスにシンパシィを寄せてしまうラストには共感してしまう。 「退職刑事ホッジス三部作」の二作目ということで、完結編に向けてのお膳立てを整えることをキングは忘れてはいない。 この調子でいけば、完結編はキングお得意のサイコホラー風味のミステリーになりそう。 ホッジス、ホリー、ジェロームのトリオがどんな戦いに挑むのか。 翻訳が出版されるまでには『ミスター・メルセデス』を読んでおこうと思う。 1947年メイン州生まれ。 高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。 74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。 その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。 代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。 「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。 全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。 「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。

次の

ファインダーズ・キーパーズ 上 KAZOOさんの感想

ファインダー ズ キーパーズ

06冊 読んだページ 4393866ページ(1日平均1294ページ) 感想・レビュー 本棚 性別 男 年齢 74歳 血液型 O型 職業 事務系 現住所 神奈川県 自己紹介 読書、映画、音楽が趣味のジジイ。 書評・辞書フェチ。 読書のジャンルは問わず(何でも)。 特には、ミステリ、エッセイ、語学(英語、ドイツ語)、数学、経済学、政治学、民俗学、歴史、辞典、コミック。 雑誌、コミックも結構読んできましたが、これからは感想はパスします。 好きな作家は以下の通り。 ・小説(日本) 夏目漱石、森鴎外、小泉八雲、谷崎潤一郎、福永武彦、堀辰雄、五木寛之、宮本輝、連城三紀彦、辻原登、堀江敏幸、平野啓一郎、北杜夫、丸谷才一、吉村昭、開高健、森敦、小松左京、星新一、庄司薫、浅田次郎、阿刀田高、逢坂剛、大沢在昌、折原一、長部日出雄、神坂次郎、城山三郎、北方謙三、北村薫、北森鴻、堂場瞬一、誉田哲也、松本清張、高村薫、宮部みゆき、山本周五郎、司馬遼太郎、藤沢周平、池波正太郎、佐伯泰英、宮城谷昌光、夢枕獏、多和田葉子、原田マハ、梨木香歩 ・エッセイ、コラム、ノンフィクション、評論、歴史、政治、法律、民俗学等(日本) 森本哲郎、小林秀雄、山本七平、沢木耕太郎、柳田邦男、和辻哲郎、土居健郎、木村敏、北山修、井筒俊彦、宮崎市定、萩原延壽、塩野七生、須賀敦子、深代惇郎、辰濃和男、丸山真男、藤田省三、山内昌之、宮本常一、柳田國男、折口信夫、小室直樹、我妻栄 ・経済学(日本) 小泉信三、高橋亀吉、都留重人、大塚久雄、宇沢弘文、熊谷尚夫、安井琢磨、大内力、小宮隆太郎、根井雅弘、吉川洋、岩井克人、石橋湛山 ・数学・語学・古典 矢野健太郎、遠山啓、小野圭次郎、山崎貞、原仙作、佐々木高政、行方昭夫、岩田一男、荒牧鉄雄、小西甚一、萬葉集、芭蕉、蕪村、吉田兼好、紫式部、能、狂言 ・小説(世界) ダンテ、ボッカチオ、シェイクスピア、ディッケンズ、コナン・ドイル、エドガー・アラン・ポー、ヘミングウエイ、ジョージ・オーウェル、モーム、サン・テクジュベリ、セルバンテス、ドストエフスキー、チェーホフ、ゲーテ、ヘルマン・ヘッセ、トーマス・マン、ツヴァイク、カフカ、ジェフリー・ディーヴァー、デニス・ルヘイン、E. ガードナー、ジョルジュ・シムノン、F. クロフツ、レイ・ブラッドベリ、P. ディック、ディック・フランシス、エド・マクベイン、スティーヴン・キング、ラヴクラフト、ジェフリー・アーチャー、ミネット・ウォルタース、サラ・ウォーターズ、ベルンハルト・シュリンク、レイモンド・チャンドラー、ヴァン・ダイン、P. ジェイムス、ダン・シモンズ、ローレンス・ブロック ・評論・ドキュメント(世界) フェルナン・ブローデル、ポール・ジョンソン、デヴィッド・ハルバースタム、デヴィッド・リースマン、エーリッヒ・フロム、ハイエク、ボブ・ウッドワード、アントニオ・ネグリ、ダニエル・ベル ・経済・経営(世界) ケインズ、シュムペーター、マーシャル、ミル、ピグー、アダム・スミス、サムエルソン、リカード、マルクス、ウェーヴァー、ドラッカー、アンゾフ、チャンドラー、アレン、ヒックス、ハンセン、キンドルバーガー、サイモン、バーナード、マイケル・ポーター、ダグラス・マグレガー.

次の