アーバン リサーチ 系列。 URBAN RESEACH(アーバンリサーチ)メンズバッグの特徴や魅力、世間の評判は?

アーバンリサーチ運営のオンラインストア「URBS」が韓国ブランドに密着した新コンテンツを公開

アーバン リサーチ 系列

いわゆる、自社でウェアやバッグなどを作って展開しているメーカー、というわけではなく、あくまでも基本的には、国内外の優良品を買い付けているセレクトショップという位置づけです。 日本国内では、セレクトショップというと、BEAMS や、SHIPS、UNITED ARROWS などが有名ですが、アーバンリサーチも、同系列で、複数のセレクトショップブランドを展開させるなど、非常に勢力を伸ばしています。 本家アーバンリサーチの他には、アーバンリサーチロッソ、アーバンリサーチサニーレーベル、アーバンリサーチドアーズ、アーバンリサーチテイラー、センスオブプレイス…、などが存在します。 全てを覚えるだけでも大変なくらい、それぞれの雰囲気に合わせて、ターゲットを分け、キメ細かくブランドをわけて展開しているというわけです。 (出典:) 商品の特徴について グループの代表的存在である、アーバンリサーチ本体の特徴についてですが、基本的には、都会的で洗練されたアイテムばかりが取り揃えられています。 綺麗目トラッド系、などと評されていることもあります。 同系列でも、その他のブランドは、もっと日常に密着したような、シンプルに着心地を追求しているベーシックなものを展開させていたり、ファストファッション的な魅力を取り入れていたりするのですが、本家アーバンリサーチについては、仕事やデートなど、オンの場でも使えるような、カチッとした雰囲気のものが揃っている、ということです。 購入層や価格帯について アーバンリサーチの購入層は、20代〜40代くらいまでの、都会的でスタイリッシュな雰囲気を好む男女です。 バッグの価格帯については、1万円台のものが多く、高くても2万円台くらいまで、となっています。 世間での評判は? アーバンリサーチについて、世間の人々は、最先端の感性を持つ、洗練された都会的な人々が身に付けるブランド、という印象を持っているようです。 ただ、あまりにもアーバンリサーチ内で展開されているブランドが多いため、それぞれの方向性について、どういった違いがあるの?ということを気にし、混乱している人もいるようです。 そういった時には、各ブランドの違いを、まとめて解説している回答などをチェックしてみるとわかりやすいでしょう。 オススメの商品をご紹介 afecta FUTURE CAPSULE BAGPACK アーバンリサーチで非常に高い人気を誇っているバックパックです。 立体的なフォルムが、洗練された都会派っぽい空気を醸し出しています。 メインの素材に使われているのは、熱や摩擦に強いと言われているポリエステルで、生地の裏側にPVC加工が施されており、防水効果が高められていると同時に、型崩れしにくいという特徴も持ち合わせています。 価格は、9,180円となっています。 レザートートバッグ A4サイズが収容可能で、高い汎用性を誇るレザートートバッグです。 ロゴ入りのタグが付属している以外は、非常にシンプルな外見をしていますが、底辺には鋲が施されていたり、天井は安心のジップ開閉式になっているなど、造りはとても丁寧です。 カラーバリエーションは、いずれも使いやすい4種類。 ブラック、チョコ、ネイビー、ブラウン、が用意されているので、用途に応じて好みのものをチョイスしてください。 価格は、11,880円です。 どこで購入できる? アーバンリサーチの商品が取り扱われている店舗は、全国の、そごう、ルミネ、ペリエ、ららぽーと、大丸など、大手の有名デパート、ショッピングモール等に、インショップとして入っています。 店舗数は多い方のブランドになりますので、まずは最寄りのショップを検索してみてください。 オンラインでの販売も盛んに行われていますので、公式サイトを覗いてみるとよいでしょう。 まとめ 以上、日本の有名なセレクトショップ、アーバンリサーチについて、その特徴や魅力、世間の評判などをお伝えさせてもらいました。 本家アーバンリサーチだけでなく、その傘下には、細かいニーズに合わせた、様々なブランドが展開されています。 精力的に活動の幅を広げているブランドであり、日常のありとあらゆるシーンにマッチするアイテムが必ず見つかるはずですので、積極的に利用してみてください。 いきなり本家からデビューするのに抵抗を感じる…という人には、アーバンリサーチ内にある、ファストファッション寄りのブランド、からスタートしてみる、という手もありますので、こちらも是非、併せてチェックをしてみてください。

次の

アーバンリサーチって年齢層はどのぐらいの人が多いの?世間が持っているイメージは?

アーバン リサーチ 系列

いわゆる、自社でウェアやバッグなどを作って展開しているメーカー、というわけではなく、あくまでも基本的には、国内外の優良品を買い付けているセレクトショップという位置づけです。 日本国内では、セレクトショップというと、BEAMS や、SHIPS、UNITED ARROWS などが有名ですが、アーバンリサーチも、同系列で、複数のセレクトショップブランドを展開させるなど、非常に勢力を伸ばしています。 本家アーバンリサーチの他には、アーバンリサーチロッソ、アーバンリサーチサニーレーベル、アーバンリサーチドアーズ、アーバンリサーチテイラー、センスオブプレイス…、などが存在します。 全てを覚えるだけでも大変なくらい、それぞれの雰囲気に合わせて、ターゲットを分け、キメ細かくブランドをわけて展開しているというわけです。 (出典:) 商品の特徴について グループの代表的存在である、アーバンリサーチ本体の特徴についてですが、基本的には、都会的で洗練されたアイテムばかりが取り揃えられています。 綺麗目トラッド系、などと評されていることもあります。 同系列でも、その他のブランドは、もっと日常に密着したような、シンプルに着心地を追求しているベーシックなものを展開させていたり、ファストファッション的な魅力を取り入れていたりするのですが、本家アーバンリサーチについては、仕事やデートなど、オンの場でも使えるような、カチッとした雰囲気のものが揃っている、ということです。 購入層や価格帯について アーバンリサーチの購入層は、20代〜40代くらいまでの、都会的でスタイリッシュな雰囲気を好む男女です。 バッグの価格帯については、1万円台のものが多く、高くても2万円台くらいまで、となっています。 世間での評判は? アーバンリサーチについて、世間の人々は、最先端の感性を持つ、洗練された都会的な人々が身に付けるブランド、という印象を持っているようです。 ただ、あまりにもアーバンリサーチ内で展開されているブランドが多いため、それぞれの方向性について、どういった違いがあるの?ということを気にし、混乱している人もいるようです。 そういった時には、各ブランドの違いを、まとめて解説している回答などをチェックしてみるとわかりやすいでしょう。 オススメの商品をご紹介 afecta FUTURE CAPSULE BAGPACK アーバンリサーチで非常に高い人気を誇っているバックパックです。 立体的なフォルムが、洗練された都会派っぽい空気を醸し出しています。 メインの素材に使われているのは、熱や摩擦に強いと言われているポリエステルで、生地の裏側にPVC加工が施されており、防水効果が高められていると同時に、型崩れしにくいという特徴も持ち合わせています。 価格は、9,180円となっています。 レザートートバッグ A4サイズが収容可能で、高い汎用性を誇るレザートートバッグです。 ロゴ入りのタグが付属している以外は、非常にシンプルな外見をしていますが、底辺には鋲が施されていたり、天井は安心のジップ開閉式になっているなど、造りはとても丁寧です。 カラーバリエーションは、いずれも使いやすい4種類。 ブラック、チョコ、ネイビー、ブラウン、が用意されているので、用途に応じて好みのものをチョイスしてください。 価格は、11,880円です。 どこで購入できる? アーバンリサーチの商品が取り扱われている店舗は、全国の、そごう、ルミネ、ペリエ、ららぽーと、大丸など、大手の有名デパート、ショッピングモール等に、インショップとして入っています。 店舗数は多い方のブランドになりますので、まずは最寄りのショップを検索してみてください。 オンラインでの販売も盛んに行われていますので、公式サイトを覗いてみるとよいでしょう。 まとめ 以上、日本の有名なセレクトショップ、アーバンリサーチについて、その特徴や魅力、世間の評判などをお伝えさせてもらいました。 本家アーバンリサーチだけでなく、その傘下には、細かいニーズに合わせた、様々なブランドが展開されています。 精力的に活動の幅を広げているブランドであり、日常のありとあらゆるシーンにマッチするアイテムが必ず見つかるはずですので、積極的に利用してみてください。 いきなり本家からデビューするのに抵抗を感じる…という人には、アーバンリサーチ内にある、ファストファッション寄りのブランド、からスタートしてみる、という手もありますので、こちらも是非、併せてチェックをしてみてください。

次の

アーバンリサーチ運営のオンラインストア「URBS」が韓国ブランドに密着した新コンテンツを公開

アーバン リサーチ 系列

st-hatena. 1977年にはUrban Researchの ブランドを使い アメリカ村から スタートしています。 現在は 国内に200店舗を 各種ブランドをそろえた セレクトショップとして人気があります。 カジュアルファッションの トップラインにある ブランドの一つ。 アーバンリサーチは 「様々な都市をリサーチする」 のコンセプトを ブランド名にしています。 「カジュアルテイストをベースに 世界中からデイリーウェアーや ドレス、ライフスタイル 雑貨までをセレクト」。 DESIGN YOUR LIFE STYLE がアーバンリサーチの キーワードの一つ。 世界中の都市から アーバンスタイルの カジュアルアイテムを集めています。 ウェア、バッグのほか 靴、アクセサリー、小物まで。 アーバンリサーチは 10以上のブランドレーベルを 立ち上げています。 今回はその中でレディースに 力をいれているものに 注目しましょう。 アーバンリサーチドアーズ Urban Research DOORSは 「今の暮らしをここちよく」がテーマ。 カジュアルのキーとなる 日々の生活に着目し、 あまり飾らないファッションを そろえています。 基本的なデザインは ベーシックでシンプル。 使いやすい見立てになっている アーバンリサーチの 入門アイテムでしょうか。 アーバンリサーチロッソ Urban Research Rossoは 上質のカジュアルに フォーカスした レディース中心の セレクトショップ。 「SHOW WINDOW」をテーマに 世界中からインポートした ファッションと オリジナルブランドを 提供しています。 デザインは洗練された ハイセンスなものにシフト。 年齢層も少し高めの 大人の女性をイメージしています。 アーバンリサーチKBF LADY MINIMALをコンセプトに 主張しすぎない 実用性のあるスタイルがテーマ。 ファッションが語りかける ストーリーを中心にして アイテムが存在感を持つシーンを 提供するブランドです。 最新のテーマでは The gleam of dawn 「夜明けのきらめき」を掲げています。 朝焼けの空のグラデーションと 清涼な風に揺れるシルエットを イメージ。 対象とする年齢層は KBFのほうが少し若い 年齢層を意識しているようです。 メンズのアイテムは 意識的に艶を消したような デザインが見られ 年齢層を40代まで広げて いるようです。 レディースの ベーシックカジュアルは コンテンポラリー アーバンスタイルの 香りがするものがあります。 レディースの年齢層は メンズよりも 少し若いグループを 見ています。 飾らないことで主張する トランスルーセントな存在感は 30代までの年齢層の女性が 身にまとう軽快感でしょう。 アーバンリサーチロッソは インポートファッションの源流を パリコレなどからも集めています。 カジュアルウェアとしては デザインの密度が高くなっています。 かなりしっかり手を加えた 形、色のアイテムが 見受けられます。 大人の女性向けの ハイセンスカジュアルとして お値段も少し高めになっています。 KBFはこれよりも 活動的なイメージの ナチュラル感を大切にしています。 ロッソよりも 5~10歳 年下の 年齢層のセルフイメージに 応えるデザインでしょう。 enjoytokyo. ブランドごとに 価格帯が異なります。 オリジナルブランドについては ドアーズが 3,000円 ~ 10,000円 ロッソが 5,000円 ~ 20,000円 KFBが 3,000円 ~ 10,000円 程度になります。 yaplog. 輪郭の柔かいしたカラーが多く 白や黒、カーキと合わせやすい ファッションが多いようです。 タウンウェアとして 着易いカラーを アーバンコンテンポラリーの ラインでそろえています。 ロッソはややパステル系に シフトした感じで きれい可愛い系の しっとりしたシルエット。 ギャザーやリボンなど 立体的な構成のデザインが 多用されています。 このため、ウェア上で光が変化して 深みのあるカラーに なっています。 KBFはナチュラルカラーを ピンポイントでピックしたような 軽い風合いが魅力的。 草で染めたような さらりとしたカラーが ボディラインを 背景にしてしまう 存在感が 演出できます。 froma. 若い年齢層向けの シンプルで 少し大人っぽい、 都市空間で生活するための アイテム。 あまり嫌いな人がいないというのも アーバンリサーチの特徴でしょう。 urdoors. 体型が保たれている方ならば 年齢層が高めの人でも アーバンリサーチの カジュアルは問題ありません。 ウェアの デザインが 基本的に軽いのが特徴です。 高い年齢層の方が着ると シルエットやフォルムが 弱すぎると感じるかも知れません。 もともと、 ファッションの主張は抑え目で あまり飾らずに着るブランドです。 都会の風景に ブレンドインすることを 好ましく感じる方にはお勧めです。 keizai. 色や形の素直なものも 色々とそろっています。 10代前半の年齢層の女性でも 着られるファッションです。 ロッソはやや大人びていますが 20代の女性なら 気持ちよく、美しく着ることに 挑戦できるデザインでしょう。 なお、 アーバンデザインドアーズから 年齢層ティーン以下の キッズ向けの ウェアも出ています。 wimg. したがってアーバンリサーチを 男性が身につけることに 不都合はありません。 メンズの年齢層は 20代から30代後半を 想定していると思われます。 メンズのカジュアルは 白、黒、カーキがベース。 シンプルというより ラフな感覚で やや主張が強い感じです。 40代の年齢層の男性が着るには 個性が前に出すぎる感じがします。 年齢層によらず 男性には受けのよい ファッションアイテムです。 飾り気がないと感じる男性は いると思いますが シルエットや形はきれいなので 基本的にノープロブレム。 ドアーズやロッソは それとなくエアリーで フェミニンなデザイン。 大人っぽい女性の スタイルを表現してくれます。 都会的な女性の ライフスタイルというものを 姿にしてくれるデザイン と言っていいでしょう。 Sponsored Links アーバンリサーチを身につけている芸能人は? アーバンリサーチを 身に着けている有名人には、 どんな方がいらっしゃるでしょうか? 以下にご紹介してみます。 fakc1-1. fna. fbcdn. アーバンリサーチのボーダーが お気に入りです。 ssl-images-amazon. アーバンリサーチの トートバッグを ご愛用されています。 fashion-press.

次の