申し上げます 致します。 「いたします」の正しい使い方とは?「申し上げます」等との違いも

「ご連絡申し上げます」の例文・正しい使い方|メール/敬語

申し上げます 致します

「ご連絡申し上げます」という表現が使われることがあります。 しかし、この表現が使われている時に「ご連絡申し上げます」というフレーズについて疑問を抱いている人がいるのも事実です。 どんな疑問でしょうか。 それは「ご連絡申し上げます、は日本語として正しいのか」という疑問です。 おそらく、あなたも1度はこのような疑問について感じたことがあるのではないでしょうか。 もし「ご連絡申し上げます」が日本語として間違っているのであれば、職場の上司やお客さんと会話をしている時に、この表現を使うのを控えたいと感じるはずです。 「ご連絡申し上げます」は正しい日本語なのでしょうか。 それとも、間違った日本語なのでしょうか。 「ご連絡申し上げます」は正しい敬語 結論から言いますと「ご連絡申し上げます」は正しい敬語になります。 そのため、職場の上司であったとしても、大切なお客さんであったとしても、このフレーズを使うことができます。 「ご連絡申し上げます」という表現を聴くことによって違和感を覚える人がいるのも事実です。 不快に感じているというわけではなくて、本当にこの表現が日本語として正しいのかどうか疑問に感じているだけです。 そのため、この表現を使ったとしても、相手に不快感を与えることはありませんし、 間違った文法の日本語を使っていることにもなりません。 自信を持って「ご連絡申し上げます」というフレーズを使うことがわかります。 「連絡申し上げます」の意味 「連絡申し上げます」という言葉の意味は非常に簡単です。 単純に「連絡します」という考えを相手に対して伝えることが可能になります。 普段の会話のように「連絡しますね」もしくは「連絡させていただきます」という表現を使うことも可能です。 しかし、可能なのであれば「連絡させていただきます」という表現ではなくて「連絡申し上げます」という表現を用いた方が良いと言えるでしょう。 「連絡させていただきます」というフレーズでも同じような意味を伝えることは可能ですが、回りくどい言いましょうしているような印象を受けてしまう場合があるからです。 あまりに言葉遣いに気を使いすぎて、相手に対する意味が伝わりにくくなってしまうようでは、会話がスムーズに運ばなくなってしまいます。 そのようなトラブルを避けるためにも、他の表現を使うことができるでしょう。 「ご連絡申し上げます」は謙譲語 では「ご連絡申し上げます」という言葉は、敬意が深く示されている表現になるのでしょうか。 結論から言いますと「ご連絡申し上げます」には深い敬意意味が示されていることになります。 なぜなら、この表現には謙譲語が使われているからです。 謙譲語とは敬語の中でも敬意が示されている文法の1つのことです。 謙譲語を使うことによって、自分の身分を低くして相手を見上げるような形で会話することが可能になります。 会話をしている相手も、自分のことを上の立場とみんなした言葉遣いがされていることに気づくことができるので、気持ちの良い印象を受けるはずです。 そのため「ご連絡申し上げます」という言葉を目上の人と会話しているときに使ったとしても何の問題もないということができるでしょう。 「ご連絡申し上げます」の意味と使い方とは? 「ご連絡申し上げます」という言葉に、どのような意味があるのが正確に理解することは非常に重要です。 この言葉を間違った意味で使ってしまうことのないために、これから「ご連絡申し上げます」の意味について紹介します。 「ご連絡申し上げます」の意味 簡単に言うと「連絡します」という意味を「ご連絡申し上げます」というフレーズで伝えることが可能になります。 比較的簡単な意味が「ご連絡申し上げます」というフレーズにあることがわかるのではないでしょうか。 しかし「ご連絡申し上げます」という言葉に使われている「ご」という言葉に注目することもできます。 この「ご」という言葉が文章の初めに使われることによって、この言葉を言われている人に対する敬意が示されることになります。 たった一文字なので違いがないと感じる人もいる可能性がありますが、実際のところは大きな違いを生み出しています。 目上の人や職場の上司と会話をしているにもかかわらず「連絡申し上げます」と「ご」を使わない表現を選択している人がいるのも事実です。 言葉遣いにうるさい上司だったとしたら、そのようなフレーズが使われているのを聞いて不快に感じてしまう可能性もあります。 メールにてご連絡申し上げます ある商品に関する疑問があったとします。 そのような時には、その商品を販売しているメーカーに電話で質問することがあるでしょう。 その質問内容についてメーカー側がすぐに答えられないとします。 そんな時に「メールにてご連絡申し上げます」という表現が使われることがあります。 この「メールにてご連絡申し上げます」というフレンズによって「メールで連絡しますね」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 この場合、お客さんに対して「にて」という表現が使われているので、このフレーズを使うのはふさわしくないと考えている人がいるのも事実です。 しかし、現実問題として「メールにてご連絡申し上げます」という表現は、かなり一般的に使われています。 この言葉を言われている人が敏感でなければ、問題にはなりません。 あまり心配することなく使うことのできるフレーズということができるでしょう。 わかり易いメールが大事 要件について最初に言及する まず、どのような用件でメール送っているのか言及することが非常に大切です。 最初に、メールの内容について理解することのできる1文が記されていれば、その後のメールの内容も理解しやすくなることでしょう。 では「ご連絡申し上げます」という表現を使いながら、どのようにメールの内容について簡潔に記すことができるのでしょうか。 でご連絡申し上げます 「ご連絡申し上げます」という文章だけでは「連絡します」という意味しか伝えることができません。 つまり、メールや電話で相手に対して連絡をするという意味を伝えることができたとしても、どのような用件で連絡しているかについては伝えることができていないことになります。 そのような状況だったとしても「でご連絡申し上げます」というフレーズを上手に使うことができます。 「でご連絡申し上げます」というフレーズに他の表現を組み合わせることによって、連絡しているテーマや内容について上手に伝えることが可能になります。 具体的にどのような例文を作ることができるでしょうか。 お見積もりの件でご連絡申し上げます 例えば「お見積もりの件でご連絡申し上げます」という文章を作成したとします。 この文章を使うことによって、相手に連絡していることだけではなく、どのような内容の連絡をしているかを伝えることが可能になっています。 メールを受け取っている人は、最初にどのような内容のメールが書かれているか知りたいと感じるはずです。 どのような感情を抱いている中「お見積もりの件でご連絡申し上げます」という文章をメールの始めの方で見つけることができれば、安心するのではないでしょうか。 これから、メールの本文で扱われている内容について、あらかじめ推測することができるからです。 そのため、相手にとってわかりやすいメールを送りたいのであれば「お見積もりの件でご連絡申し上げます」というフレーズのように、最初に要件について言及することができるでしょう。 ビジネスメールの中で、すぐに使うことのできる、実用的なフレーズです。 「ご連絡申し上げます」と「差し上げます」の違いとは? 「差し上げます」も謙譲語 「ご連絡申し上げます」という表現が謙譲語になることを学ぶことができました。 実は「差し上げます」という表現も謙譲語にあたります。 そのため、目上の人と会話をしている時であったとしても「差し上げます」というフレーズを使うことができるでしょう。 しかし、注意が必要なのも事実です。 「差し上げます」というフレーズを使うことによって不快に感じてしまう人がいるのも事実だからです。 言葉遣いに厳しい人だと、取引先の人に対して「差し上げます」というフレーズが使われているのに違和感を感じることもあります。 そのため、不安に感じるのであれば「差し上げます」という表現を控えた方が良いでしょう。 企業によっては「差し上げます」を禁止してる 企業によっては、相手の取引先の人を不快にさせることを恐れて「差し上げます」という言葉を使わないように研修している場合があります。 もし、あなたがそのような企業に属しているのであれば「差し上げます」という言葉を使うことがないように十分注意する必要があるでしょう。 印象は人によって違う それでも「ご連絡差し上げます」もしくは「差し上げます」という文章が使われているからといって、全ての人が不快に感じるわけではありません。 多くの人は、どんな言葉遣いで自分に話しかけられているかについて厳密に考えてはいません。 むしろ、言葉遣いよりもないように集中しているので、極端に変な言葉遣いをしない限り注意されることはないでしょう。 結論から言うと「ご連絡差し上げます」は、この言葉を言われている人の印象やこの言葉は捉え方によって、使い分ける必要があるということになります。 全ての人に使えるわけではありませんが、あまり敏感になりすぎて、言葉遣いだけに意識を集中してしまうことを避けましょう。 多くの場合は、会話をしている内容に重きを置かれることになるからです。 「ご連絡申し上げます」で事実以上のことを伝える 「ご連絡申し上げます」という言葉を使わなかったとしても、これから何らかの形で相手に対して連絡をするという意味を伝えることができるでしょう。 それでも「ご連絡申し上げます」という言葉を使っている人がいるのはなぜでしょうか。 なぜなら、この言葉で事実以上のことを伝えることができるからです。 どういう意味でしょうか。 単純に、相手に連絡をするという意味だけではなくて、相手を深く敬っていることを伝えることができています。 特に、取引先の人や職場の上司と会話をしているのであれば、積極的に「ご連絡申し上げます」という言葉を使うようにしましょう。 そのようにすることによって、事実だけではなく、自分が相手の人を深く謝っていることを確実に表現することができるようになるでしょう。

次の

「ご連絡申し上げます」の意味と使い方・正しい日本語なのか

申し上げます 致します

「申し上げ」という言葉を会話やメールの中で使いこなすためには「申し上げ」の意味を正確に最初に理解しておかなければなりません。 意味がわからない状態だと、知らない間に間違った仕方で「申し上げ」を使ってしまう可能性があるからです。 そのため、これから「申し上げ」の意味について紹介します。 正しい理解を得た後に「申し上げ」の例文での使い方について注目しましょう。 「申し上げ」の意味 「申し上げ」は「言う」を敬語表現にしたフレーズです。 そのため、基本的には「言う」という言葉を使いたいと感じた時に「申し上げ」を使用すれば、間違った意味で相手に対して自分の考えが伝わってしまうことは避けられます。 「言う」だと友達や仲のいい人に対してフランクな言い方をしている印象を与えますが「申し上げ」ではかなり深い敬意を会話の相手に対して示すことができます。 目上の人と会話をする時に役立つフレーズです。 「申し上げ」には謙譲語が使われている 「申し上げ」には謙譲語が使われています。 謙譲語を使用すれば、会話をしている人と自分の立場を比べた時に、自分の立場を低くみなすことによって相手に敬意を示すことができます。 そのため、基本的には謙譲語を使うことによって、かなり目上の人と会話をすることが可能になります。 会社の社長と会話をしている時や、取引先の人と話している時に「申し上げ」を使用すれば、相手の立場にふさわしい敬意を表現できます。 お悔やみ申し上げます 他にも「お詫び申し上げます」という実用的なフレーズを作成することができます。 このフレーズの最初の部分に使用されている「詫びる」には「心苦しく思って、謝ること」という意味が含まれています。 その「詫びる」という言葉に「お」とつけることによって、深い敬意を会話の相手に示すことが可能になります。 簡単に言えば「お詫び申し上げます」で「私が悪かったです。 ごめんなさい」と敬意を込めながら表現していることになります。 目上の人に謝る時の便利フレーズ 自分と会話をしている相手の人が目上の人であったとしても年下の人であったとしても、自分の側に責任がある時にはしっかりと謝らなければなりません。 しかし、そんな場面で問題なのは目上の人に対して謝る時に使用する言葉です。 言葉遣いによっては相手を不快にさせてしまうからです。 それでも「先日はご迷惑をおかけしました。 お詫び申し上げます」というフレーズで目上の人に対して謝罪をすれば、言葉遣いで相手を怒らせてしまうことを防げます。 感謝申し上げます 「取り急ぎ申し上げます」というフレーズを会話やビジネスメールの中で使用するのであれば、このフレーズによって表現することのできる意味を正確に理解しておかなければなりません。 ビジネスマンによっては「早めに連絡させていただきます」という意味でこのフレーズを使っているものの、それは間違った使い方だからです。 「取り急ぎ申し上げます」の「取り急ぎ」には、時間がなくて急いでいるという意味だけではなく「とりあえず」という考えを含まれています。 そのため、本当に急いでいる状況で「取り急ぎ申し上げます」と言えば問題はありません。 しかし、時間がたっぷりあるにも関わらず 「取り急ぎ申し上げます」と間違えて取引先の人に言ってしまうと、とりあえず、なんとなく対応していると思われてしまいます。 知らない間に取引先の人を不快にさせてしまうことのないように気をつけましょう。 祈念申し上げます 「祈念申し上げます」というフレーズも会話の中で使用されることがあります。 「祈念」には「心から祈る」「願い事を祈りながら、達成されるように念ずる」という意味が含まれています。 そのため、誰かの今後の生活が良くなるように、その人の目標が達成されるように心から願っている時に「祈念申し上げます」を使用することができます。 間違った使い方をしないためにも「祈念申し上げます」は成功を願うために使うフレーズであることを忘れないようにしましょう。 葬式などの場面で「祈念申し上げます」は使用してはなりません。 当然のことながら、誰かの成功や活躍を祈るような場面ではないからです。 「申し上げ」と「申しあげ」の違い 「申し上げ」とほとんど同じような意味のあるフレーズとして使われているのが「致します」です。 でも、この二つのフレーズを使い分けるのは非常に難しいと感じるのではないでしょうか? どうやって「申し上げ」と「致します」を使い分けられるのか紹介します。 表現したい考えに注目する 注目すべきなのは「申し上げ」と「致します」で表現することのできる考えです。 どちらのフレーズであっても謙譲語が使われています。 しかし、元々は「申し上げ」は「言う」で「致します」は「する」が動詞の原形になっています。 そのため、考えに注目して「言う」と「する」のどちらを選択したいのか選ぶことができます。 「感謝申し上げます」でも「感謝致します」でも結局同じことを伝えているため、自分が表現しやすいフレーズを選択することができるでしょう。 「申し上げ」で表現上手になる.

次の

「ご連絡申し上げます」の意味と使い方・正しい日本語なのか

申し上げます 致します

致します、申し上げます、という言葉は謙譲の意味で使われる言葉だといえます。 たとえば、この言葉の前に書かれる言葉によって、致します、申し上げます、のどちらも使用することがあります。 致します、という言葉はどのような状況、環境、またセンテンスやフレーズだったとしても使われることが多いのですが、申し上げます、というのは悪い意味の場合のセンテンスやフレーズでの使用はできないといいます。 なにかあったとき、相手に対して、ご面倒をお掛け致します、とは言いますが、ご面倒をお掛け申し上げます、とは言わないし、違和感もあります。 申し上げる、という言葉は相手に対していい意味合いの場合しか使わないということです。 何々をして差し上げます、という雰囲気のときに使う言葉なのです。 もっと簡単にいうと 致すというのは、する、という言葉の丁寧語であり、申し上げるという言葉は、言う、という言葉の謙譲語になります。 丁寧語も謙譲語も敬語であることはかわりないので、相手を敬うときに使う言葉だといえます。 ですが、謙譲語の場合は、自ら謙るという意味も加味されることが多いので、敬うという意味の価値観が高くなるということなのです。 文章を書いたときに、申し上げる、という言葉を書くという場合は致す、という言葉も一緒に使うという風に考えておくといいです。 ビジネスのシーンでも使い分けている人が多いといいます。 どんな人や状況でも同じように言葉を使ってしまうと、まるで心がこもっていないように感じるので、よくないということです。 聞き手に対しての敬意を表している その動作が及ぶ相手に対する敬意を表している謙譲語が、致します、という言葉です。 よく、お願い致します、という風に使いますが、これは相手への願いを伝えているのであり、相手を敬う謙譲語になります。 ですが、それを会社で致しました、というのは、相手に対する敬意を表している謙譲語だということです。 実際に何かをしたその人に対する敬意ではなく、話している相手への敬意として使っているのです。 そのしたこと、つまり動作などがその話している相手がしたことかどうか、ということで使い方や意味が変わってきます。 その動作に関係する相手を敬う謙譲語が申し上げます、という言葉になるのです。 聞き手、つまり話している相手に対する敬意は示していない状態です。 たとえば、お届け申し上げます、という言葉は、それをした相手を敬う謙譲語になります。 聞いている相手への敬意として使う言葉ではないということです。 それとは反対に実際にその動作をしたが話す相手だとしても使う場合もあります。 ビジネスの場面では 様々な文章の書類を書くことがありますが、そのとき、きちんとした謙譲語、丁寧語を話せる人というのは、やはり仕事が出来る人という印象で見られることがあるといいます。 社会人として、できるだけ丁寧な言葉を使うのは当然のことです。 なので、しっかりと使い分けをできるようにすることが大切です。 文章として使うときの例文として、何かを頼むときに、していただきたくお願い申し上げます、と書く場合もありますが、していただきたく、お願い申し上げる次第です、という風に書く場合もあります。 この場合は申し上げる、という言葉よりもさらにへりくだったように書いている、と思われる文章です。 ですが、実際はお願いしている、という状況を示しているだけなので、言葉に差はないということです。 いろいろな場面で謙譲語や丁寧語を使うことがありますが たとえばこの言葉以外にも、させていただきます、という言葉があります。 この言葉は相手に対して自分の行動に対する許可をもらう表現です。 行動の可否を問うというよりも、承諾されることが前提の場合に使う言葉だといえます。 一方、自分がある行動をとるということを宣言する表現なのが、致します、という言葉になるのです。 許可を得るという過程を考えて、させていただきます、という言葉のほうが、致します、という言葉よりも丁寧に感じることがありますが、場合によっては行き過ぎたへりくだった印象になり、相手に不愉快な思いをさせる可能性もあるので、気をつけて使うようにしておくことです。 配慮させていただきます、という文章よりも、配慮致します、という言葉のほうがはっきりとしています。 また、回答させていただきます、という文章よりも、回答致します、という言葉のほうが明確に答えを出すことができる、という印象です。 社会に出ると様々な難しい場面に遭遇することがあります。 そのようなとき、きちんとした正しい言葉遣いが出来る人というのはとても印象がいいという人が多いです。 先にも書いたように、正しい言葉遣いをできるように丁寧語、敬語などを学んでおくといざというときに役立ちます。 わかりやすく丁寧な文章を書くことができれば、仕事もスムーズに進むという場合もあります。 なので、しっかりと使い分けを出来るようにしておくことです。

次の