腰痛 椅子 クッション。 腰痛に椅子クッションおすすめ5選と椅子の簡単ストレッチで腰痛対策方法

腰痛クッションの選び方│おすすめ口コミ効果ランキング

腰痛 椅子 クッション

オフィス向け腰痛対策クッションの選び方 腰痛の原因は、悪い姿勢によって 骨盤や背骨が曲がったり歪んでしまうことで発生しますが、 骨盤に対して効果のあるものや、背骨に効果のあるものなどに分けられます。 猫背が気になるなら背中をサポートするクッション• 骨盤の歪みが気になるなら骨盤を立てるクッション• また、椅子に座っている間にお尻がズリズリと前に出てしまう 「前すべり」が起こることで、骨盤が倒れて背中が曲がってしまいます。 この「前すべり」にならないように、設計されているクッションもあります。 座面のあるタイプでは、 前すべりの防止加工が施されているものを選ぶと 正しい姿勢を長時間維持しやすいのでおすすめです。 座面の前側が盛り上がった形状になっていれば 前すべりはしにくくなっていると考えていいでしょう。 また、見た目には分かりませんが、表面が滑りにくい素材になっているものや 内部に特殊な素材が使われているものもあるので そのあたりもよくチェックしておくといいと思います。 MOGU モグ バックサポーターエイト お尻、腰、背中をサポートする8の字型になったクッションで、 お手頃価格なのもあってか、Amazonや楽天市場でもかなりの人気ぶり。 肌触りもよく「気持ちいい」という口コミが多く投稿されています。 整体の待合室などに使用されている例もあるぐらいなので 姿勢をサポートするといった効果はあなどれません。

次の

腰痛対策 正しい椅子の座り方

腰痛 椅子 クッション

出産や普段の座り方、姿勢の悪さなどの影響を受けやすい骨盤。 しかし、ストレッチや運動でケアするのはなかなか難しいですよね。 そんなときにおすすめしたいのが骨盤矯正クッションです。 「骨盤矯正クッション」と呼ばれていても医療機器でなければ骨盤を矯正する効果はなく、あくまでも骨盤をサポートし、正しい姿勢の維持を助ける商品です。 しかし、正しい姿勢をキープすることは日々の健康維持にも役立つため、姿勢の悪さに悩んでいる人にはぴったりなアイテムですよ。 今回は、 正しい姿勢の維持を助ける骨盤サポートクッションの選び方と、通販レビューでも人気の商品をランキング形式でご紹介します。 医療機器以外では骨盤を矯正する効果が認められた商品は存在しません。 体にかかる負担を軽減させたい方に人気の「骨盤サポートクッション」ですが、 座るだけで骨盤を正しい位置に戻すのは難しいでしょう。 ただし、正しい姿勢をサポートすることは可能です。 骨盤に関する悩みの原因の多くは姿勢の悪さ。 正しい姿勢をサポートするには効果的なアイテムと言えます。 骨盤サポートクッションを使えば、普段は分かりづらい骨盤の位置を意識し、正しい姿勢をキープすることが可能。 正しい姿勢を保つことにより、日々の健康維持に役立ちます。 骨盤サポートクッションは、自分の 骨盤の状態・体型・悩みに合ったものを見極めて、正しく使っていくことが、きれいな姿勢を維持するための近道です。 早速、自分にぴったりの骨盤サポートクッションを手に入れて、健康的な身体を手に入れましょう! 骨盤サポートクッションの硬さや耐久性も重要なポイントです。 頻繁に使用してもつぶれにくく、しっかりと支えてくれる硬めのものを選びましょう。 一番のおすすめは、腰の負担を軽減してくれるマットレスなどにも使われる「高反発ウレタン」。 長時間座る方など座り心地を優先したい場合は、枕などにも使われる 「低反発ウレタン」も選択肢に入れるとよいですよ。 逆に、クッション材に綿やポリエステルが使われているものは、すぐにへたってしまいがち。 また、あまりにも柔らかいものはサポート力が弱く、せっかく座っていても簡単に普段の自分の楽な姿勢に戻ってしまう可能性があります。 適度な硬さがあり、お尻の痛みも防いでくれるものが理想的でしょう。 程よい硬さの低反発ウレタンで、通気性の良いU型のクッション。 滑り止めが付いていてずり落ちないので、長時間座っていても疲れにくいのが特徴です。 お尻や太ももにしっかりフィットする設計で、無理なく正しい姿勢をキープできます。 自宅やオフィスはもちろん、車のシートにも乗せて使うことが可能。 長時間の運転は腰や背中への負担も大きいので、 腰まわり・骨盤をサポートするクッションとして試してみる価値ありですよ。 カバーは通気性の良いメッシュ素材で、長く座っていても蒸れにくいのが嬉しいポイント。 もし 汚れた場合はカバーだけを外して洗濯できるため、清潔に保つことができるでしょう。 フィット感を重視したい方へ ウレタンとゲルの二層構造、足を組まなくても楽に座れる 高密度の低反発ウレタンが体の負担を軽減。 5〜7cm メーカー推奨用途 自宅用・オフィス用(椅子用)・車シート用 自宅用・オフィス用・車シート用 自宅用・椅子の背もたれ用 オフィス用・車椅子用・車シート用 オフィス用・車椅子用・車シート用・飛行機用 自宅用・オフィス用 オフィス用・車シート用 自宅用・オフィス用・車シート用 車椅子用・車シート用・オフィス用 自宅用・オフィス用・車椅子用・車シート用 商品リンク• 骨盤サポートクッションをより効果的に利用するためには、座り方もポイントです。 ただ普段と同じように座るのではなく、 背筋をまっすぐ伸ばすことを意識して座るようにしましょう。 猫背のまま座ったり、クッションよりも浅めに座ったのでは、逆効果になってしまいます。 各メーカーごと骨盤をサポートするために、傾斜やくぼみをつけていますが、自分の お尻がすっぽり収まっている状態が理想的。 途中で体勢を変えてズレてしまったときは、そのままにせず、最初から座り直すようにしましょう。 また、 椅子の上に置いて座るときには、足の裏全体がしっかり床に付く高さに合わせることも大事。 普段使っている椅子の上にそのまま置いてしまうと、どうしても高くなってしまい姿勢が悪くなってしまうので、注意してくださいね。

次の

骨盤矯正クッションのおすすめ人気ランキング10選【オフィスや車で使えるものも!】

腰痛 椅子 クッション

座っていても腰痛は起こる!? 出典: 腰痛は、血行不良から起こるケースが多いです。 特に、 デスクワークで長時間座っている方は、血流が悪くなって新鮮な血液が全身に巡らなくなり、腰痛の原因となります。 また、 パソコン画面を見続けていると前傾姿勢になりがちで、このような姿勢も腰痛につながります。 座り姿勢と立ち姿勢を交互に行えば血行不良を防げますが、オフィスではそうもいかないため、腰痛椅子を使うことが求められます。 腰痛椅子の選び方 ここからは、腰痛椅子の選び方をご紹介していきますね。 腰痛椅子にも色々あるので、どのポイントを重視したいかを決めてから選んでいきましょう。 背もたれのタイプで選ぶ 腰痛椅子には、 ハイバックタイプ・ミドルバック・ローバックタイプという、3種類の背もたれのタイプがあります。 それぞれ特徴が違うのでニーズに合わせて選んでくださいね。 ハイバックタイプ 出典: 背もたれが高めのタイプです。 首から腰まで支えるタイプや、首から上の後頭部まで支えてくれるタイプがあります。 緩やかなS字形状で自然な背骨ラインをキープできるため、腰への負担も軽減できますよ。 座り姿勢が3時間以上続く場合におすすめで、疲労が溜まりやすい後頭部から首周辺も支えてくれるので、腰に掛かる負荷を軽減してくれます。 ローバックタイプ 出典: 背もたれが低めのタイプです。 コンパクトで圧迫感がないため、場所を選ばず使えます。 かわいいデザインの商品も多く、機能もシンプルなので値段も魅力的です。 背骨のサポート力が低いため、1時間程度の使用には適していますが、それ以上の使用には不向きです。 ミドルバックタイプ 出典: ハイバックタイプとローバックタイプの中間が、ミドルバックタイプです。 背もたれが脇の下あたりまであり、ロータイプよりも背骨のサポート力が高いです。 ハイバックのような圧迫感がなく使いやすいですが、連続使用は3時間程度が理想です。 側生地の素材で選ぶ 側生地の素材に注目するとより快適に使えますよ。 素材としては、メッシュ・布張り(ファブリック)・皮革などがあります。 それぞれ特徴が異なるので、環境や目的を考慮しながら選んできましょう。 メッシュ 出典: 通気性が高いのが特長で、ジメジメ・ムシムシする梅雨や夏場も気持ちよく使えます。 質感も柔らかいので、長時間使用にもおすすめです。 中には、競技用メッシュを使用した商品もあり、 通気性・法湿性・放熱性が高いので、オールシーズン快適に使えます。 布張り(ファブリック) 出典: デスク全般に使用されている素材で、布張りソファーの質感に近いです。 通気性はメッシュよりも劣りますが、 放湿性に優れているのでサラッとした使い心地です。 リーズナブルな値段も魅力の1つです。 皮革 出典: 本革(レザー)と合成皮革の2種類があり、本革はメンテナンスは面倒ですが、使うほどになじんでいきます。 合成皮革は耐久性は低いですが、お手入れがしやすくリーズナブル、そのうえ本革のような高級感も持っています。 正しい座り姿勢のキープ力で選ぶ 出典: 座り姿勢では、背骨が緩やかなS字ラインをキープできる椅子が理想です。 人間工学(エルゴノミクス)設計の腰痛椅子なら、体圧分散効果が高く腰に負担が掛かりにくいので、長時間使用でも快適です。 商品にS字ライン・人間工学などと書かれたものおすすめです。 シートのクッション力で選ぶ 出典: クッション性の高いシートは、体圧分散効果も高いため血流の滞りを防ぐことができます。 高反発ウレタンなどがおすすめで、8~9cmほどの厚みがあるとより効果的です。 高さ・角度調節の有無で選ぶ 出典: 身長に合わせて高さ調節ができることも大切です。 座面の高さは商品によって違いますが、日本人には43cmから53cmくらいで高さ調節ができるものがおすすめです。 ガス圧式の高さ調節なら、座ったまま調節ができるので便利です。 体型によって角度調節ができると、より快適に使えます。 腰痛椅子のおすすめ人気ランキング15選 ここからは、腰痛椅子のおすすめランキング15選をご紹介していきます。 選び方で絞った商品と比較して、より満足できるものを見つけてください。 腰部には可動式サポートクッションが付いており、好きな位置にセットできます。 また、使わないときは取り外しもOKです。 座面は45~52cmで高さ調節OKなほか、最大20度の角度調節付きで座ったままでも伸びができます。 通気性に優れたメッシュ素材でオールシーズン使用も可能です。 マームレスト付きですが、取り外しができるのでニーズに合わせた使い方ができますよ。 背もたれからシートまで全てメッシュ素材なので、長時間座っていても快適です。 ヘッドレストは高さ調節が可能で、ユーザーを選びません。 ジャストフィットのポイントに合わせれば、首や肩の疲労も軽減できますよ。 座面は、シートサイドのレバーを引くだけで45~55cmの高さ調節が可能です。 跳ね上げ式のアームレストで、デスクの天板に引っかかることもなく収納できます。 背もたれは緩やかなS字ライン、シートは座りやすい3D曲線構造となっており、体圧を効果的に分散して腰への負担を軽くしてくれます。 4kg 耐荷重:110kg タイプ:ローバックタイプ 側生地素材:メッシュ 機能:腰部サポートバー付き・高さ調節可(座面43~55cm)・360回転キャスター付き・ガス式昇降機構・通気性 座りやすくて低価格が魅力 背もたれは肩甲骨付近まであり、腰のラインにフィットしてくれる腰痛椅子です。 腰部にはサポートバーが付いており、腰に掛かる負荷を軽減できます。 座面は43~55cmで高さ調節ができ、身長が低めな方でも安心して使っていただけます。 調節はシート横に付いているレバーで簡単に行えますよ。 ガス圧式昇降なので、座ったまま高さ調節が可能です。 マームレストが付いていないため、デスクにもスッキリ収納できます。 値段がとても魅力的なほか、11色ものカラーバリエーションがあって選びやすいです。 実際に使用している方からも「座り心地がいい」「疲れにくい」と口コミが寄せられています。 背もたれはるS字ライン構造で、約120度のロッキング機能付きです。 体圧分散効果が高く、体重をかけても腰への負荷を軽減できます。 座面は、日本人の身長に適した43~51cmで調節可能です。 ミドルバックタイプなため、長時間のデスクワークで使用するときには定期的に休息を入れて、腰への負担を考慮してくださいね。 腰部にはサポートクッションが付いており、長時間使用でも疲れにくいです。 リクライニング機能はありませんが、体重をかけるだけで背もたれが倒れるロッキング機能が付いています。 ちょっと一息つきたいときに伸びをすれば、背筋がしっかりと伸びて心身ともにリフレッシュできますよ。 メッシュ素材で通気性もバツグンです。 カラーバリエーションも豊富で、ブラックの他にボルドー・ブルー・グリーン・オレンジが揃っています。 好みのカラーが選べると、作業意欲も湧きますね。 ヘッドレストは7段階で高さ調節ができるほか、最大30度の角度調節も可能です。 背もたれの角度は、座り姿勢の90度から寝姿勢に近い155度まで調節できます。 仕事に集中したいときは90度、ホッと一息つきたいときは120度、休息したいときは155度と使い分けができるので、毎日のデスクワークも快適に行えますよ。 メッシュ素材を使っており、通気性も良好です。 収納タイプのオットマン付きで、むくみがちな足もリラックスできますよ。 座面の高さは最大10cm、背もたれの角度は最大160度まで調節OKです。 メッシュ素材で通気性もバツグン、収納式オットマンを引き出せば足も伸ばせますよ。 背もたれは戦闘機型の特徴的なデザインで、リクライニング時には背中全体を包み込むように支えます。 肉厚の高反発ウレタンシートが体圧を均等に分散させるので、長時間使用でも負担が掛かりにくいです。 ヘッドレスト付きで、最大7cmの高さ調節&30度の角度調節が可能です。 緩やかなカーブ状で、後頭部を包み込むようにサポートします。 背もたれも角度調節が可能で、最大155度まで倒せます。 S字ラインで自然な姿勢をキープできるので、腰に負担を掛けません。 シートも厚みがあってクッション性が高く、血行不良予防にも効果的です。 座面は45~55cmで高さ調節が可能です。 ひじ掛けも高さ調節OKで、一番落ち着く位置にセットできますよ。 ヘッドレスト付きで、腰だけでなく首や頭の負担も軽減してくれます。 ヘッドレストは角度調節ができるので、自分の心地いい角度にジャストフィットします。 レッグフレーム・キャスターは、強化ナイロン製で耐久性に優れているほか、音も静かで床を傷付けません。 首にはクッションが付いており、取り外せるので腰に使うこともできます。 レバーひとつで90~170度までリクライニングでき、無段階調節なので最適な角度でくつろげます。 収納式のオットマン(フットレスト)も付いていて便利ですよ。 リクライニング幅が広いハイバックタイプの椅子を求めている方や、低価格でも高級感ある椅子が欲しい方におすすめです。 アームレスト一体型の背もたれは、90度から最大120度まで角度調節可能です。 もちろん高さ調節もでき、座面は44~54cmで調節できます。 高密度ウレタンが入っており、適度なカーブがあるため体圧を均等に分散します。 そのため、長時間座っていても腰やお尻への負担が少なく快適に使えます。 12位 オカムラ オフィスチェア ビラージュ 8VCM2A-FHR1 外寸:W49. 2~108. ミドルバックタイプで、アームレストなしのシンプルタイプです。 背もたれは樹脂素材のメッシュ構造で、通気性もバツグンです。 汚れてもサッと拭き取れ、メンテナンスのしやすいです。 背もたれのメッシュは、上部~中間、中間~下部で穴形状が違い、上部~中間はフレックス面で背中をやさしく支え、中間~下部は硬いサポート面で腰をしっかり支えます。 リクライニングの反発力を、ユーザーの体格や体重に合わせて自動調整します。 リクライニングは操作なしで行えるので、とても便利ですよ。 ハイバックタイプで、後頭部をやさしく支えるヘッドレストが付いており、腰痛はもちろん肩こりなども軽減できます。 ヘッドレストは5段階の高さ調整、3段階の角度調整が可能です。 体型にフィットするよう設計されているほか、背もたれにあるランバーサポート・座面前後スライドなどが、体圧分散効果が高めて腰にかかる負担を抑えます。 他にもアームレストの高さ調整など、細かい機能がたくさんついて使い勝手もバツグンです。 ハイバックタイプで、後頭部をサポートするヘッドレストが付いています。 座面は、42~51cmの範囲で高さ調節ができますよ。 値段が割高ですが、メッシュ素材で通気性が良く、豊富なカラーバリエーションで人気があります。 画面凝視による前傾姿勢を防ぐため、シートのみを独立前傾させるオープンポジション機能が付いています。 前かがみになっても、背骨と大腿骨の角度が開くため自然なS字ラインをキープできます。 メーカー保証もしっかりしているので、安心して使えますよ。 15位 ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード グラファイト Bサイズ ポスチャーフィットSL 外寸:W68. 5cm 重量:約20kg タイプ:ローバックタイプ 側生地素材:メッシュ 機能:高さ調節可(40. 様々な種類がありますが、その中でも人間工学(エルゴノミクス)に基づいて設計されているのが、このアーロンチェアシリーズです。 身長や体型、ニーズに合わせて高さやリクライニング角度などが調節できるため、自分の体にジャストフィットできます。 ミドルバックタイプで値段は割高ですが、充実した機能でリピーターが多く、ユーザー評価も高い商品です。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 4,999円 3. 7 4,999円 3. 6 3,772円 4. 01 9,860円 4 4,822円 3. 4 21,980円 4 14,870円 2. 4 16,980円 3. 9 10,999円 4. 4 13,800円 4. 18 14,980円 4. 5 25,589円 3. 6 62,980円 3. 6 97,347円 4. 4 107,800円 4. 49 座り心地を試せるとベスト!無理なら口コミも参考に 出典: 自分の体形にフィットする腰痛椅子を探すには、やはり実際に座ってみることがベストです。 なぜなら、商品によって座面の高さやシートの奥行が違うからです。 実店舗を持っているメーカーなら、購入前に試し座りができるので失敗が少ないです。 店舗を持たないメーカーの商品が気になる場合は、商品情報をしっかり確認するとともに、口コミも参考にしてみてくださいね。 まとめ 腰痛になると、仕事だけではなく日常生活にも影響を及ぼします。 腰痛椅子は、腰への負担を軽減できるように設計されていため、快適で効率の良い作業が行えますよ。 特に、長時間のデスクワークを行う方は、ここでご紹介した選び方やランキング商品を参考に自分に合った腰痛椅子に変えてみてはいかがでしょうか?.

次の