母乳サプリ。 小児科医ママが「ビタミンDサプリ」の活用を推奨するワケ

母乳育児はビタミンD不足による「くる病」に注意【子ども用サプリはBabyDなど】│こそログ~山陰子育て応援ブログ~

母乳サプリ

母乳育児はメリットも多いですが、一部の栄養素が不足しやすい点には注意が必要です。 母乳育児の子どもに不足しがちな栄養素の一つとして、「ビタミンD」があります。 最近は共働き世帯が多いため、完全母乳育児の割合は少ない印象もあり、あまり患者さんとビタミンDについて話をする機会は多くありません。 子どもの栄養相談をする機会にはビタミンDについてお話をすることがあるので、その内容についてまとめます。 まずはじめに、誤解しないでいただきたいこととして、ビタミンDが不足しがちになるからと言って、母乳育児を否定しているわけではありません。 母乳育児ならではのメリットもたくさんありますし、我が家の子ども達も離乳食が始まるまではほぼ母乳だけでした。 「母乳育児を選択した場合に、ビタミンDが不足しないように」注意喚起をすることを目的としています。 また、母乳育児の子どもにも使えるビタミンDサプリ【BabyD】も紹介しています。 ビタミンD欠乏性くる病が増加【日光浴は大切ですが、過度にならないように】 ビタミンD不足による問題として、「ビタミンD欠乏性くる病」の発症原因になることが挙げられます。 ビタミンD欠乏性くる病は、近年報告数が増加しています。 くる病は、ビタミンDの欠乏やその他の代謝異常などにより骨の石灰化障害につながる病気で、O脚やX脚などの骨変形や成長障害の原因となり得ます。 くる病はビタミンDを補充するだけで予防できる可能性がある病気なので、知っておいていただきたい知識の一つです。 なお、 ビタミンDは日光に当たることでも生成されますが、過剰に日光に当たることは皮膚がんのリスクを上げるなどのデメリットにも注意が必要です。 子ども、特に赤ちゃんは、大人と比べると皮膚が薄いため紫外線による影響も大きく、過度な日光浴はおすすめできません。 「日光浴は15分程度で良い」と書かれている事が多いですが、15分とはあくまで目安あり、住んでいる地域や時期などによっても左右されます。 環境省の資料には以下のように記載されています。 引用:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015 過剰な日光浴もおすすめしませんが、過剰に日光を避けるのもおすすめ出来ません。 「赤ちゃんの日光浴ちょうどよい時間」を示すことは出来ませんが、適度な日光浴は大切です。 ビタミンDが不足しないために【母乳育児は特に注意】 母乳育児の場合、ビタミンDは不足しやすいです。 以下の報告は、日本の健康な4歳未満の子ども290人の血清25-ヒドロキシビタミンD(25OH-D)を調査した結果です。 参考: この報告では、母乳育児をした乳児の75%以上、食物が摂取された乳児および幼児の14. 6%以上がビタミンD欠乏または不十分な状態にあると定義されています。 粉ミルクには母乳の数倍のビタミンDが含まれているため、粉ミルクをメインにしている場合はビタミンDの欠乏は起こりにくいとされます。 では、どれぐらいのビタミンDを摂れば良いのでしょうか。 対策として、以下の2点を提案しています。 母親のビタミンD摂取量を増やす• 子どもにビタミンDサプリをあげる 順に説明します。 母親のビタミンD摂取量を増やす そもそも成人女性のビタミンD摂取量自体が十分とは言えません。 ビタミンDは、鮭やマグロなどの魚、牛レバー、卵、きのこ類などに含まれていますが、ビタミンDを含む食品自体が少ないので、食事の偏りがあると不足することもあります。 海外ではビタミンDが不足しないように、牛乳にビタミンDを添加している国もあります。 そして、母親が少し多くビタミンDを摂取したぐらいで、母乳中のビタミンDが十分量になるとも言えません。 ビタミンDは脂溶性ビタミンなので過剰摂取による過剰症にも注意は必要ですが、通常の食事のみで過剰になることはまずないと考えます。 また、ビタミンDのサプリメントを併用していたとしても、適切な量を守っている以上、過剰になることは考えにくいです。 子どもにとって十分な量かつ、母親にとって過剰にならないための適切な量ははっきりしませんが、 母親が積極的にビタミンDを摂取することで、母乳中のビタミンDを増やすことは出来そうです。 Amazonなどでは購入できず、医療機関や、森下仁丹のオンラインショップ(医療関係者からの紹介必要)で購入出来ます。 BabyDとBabyD200のどちらも、母乳育児のお子さん向けを対象としています。 200は使われている方を知らないのではっきりとしたことは言えませんが、BabyDは味もなく飲みやすいので、続けることが困難という話は聞きません。 母乳育児はメリットもとても多いですが、母乳が完全栄養というわけでもありません。 ビタミンDについて不安があれば、一度かかりつけの小児科や薬局で相談してみることをおすすめします。 多いとは言えませんが、ビタミンD製剤(アルファロール)を処方されているケースもあります。

次の

授乳中の母乳対策にサプリメントは大丈夫?飲み方の注意点や影響は?

母乳サプリ

Contents• DHAは母乳から赤ちゃんへ~成長に大事な栄養素 赤ちゃんの成長に大きな影響 DHAは、青魚に含まれている不飽和脂肪酸で、私たちの体内では作られることのない必須脂肪酸であると知られています。 赤ちゃんの成長に欠かせない成分であるといわれており、特に脳の発達に優れている栄養素であることが分かっています。 脳の神経細胞に影響を与え、情報の伝達がスムーズになるように神経細胞を保護する働きがあるのです。 赤ちゃんの脳には、胎児である20週頃からDHAがどんどん蓄積していくといわれています。 そのDHAは、2歳ごろまで増えていき、脳の成長に影響を与えるものだといわれています。 さらに脳の神経細胞は12歳ごろまで発達していきます。 脳にとってのDHAは、潤滑油のような存在で、脳神経から伝わる情報が滑らかになるようにする役割があります。 逆にDHAが少なくなると、脳神経が酸化して、情報伝達が悪くなり、記憶力や判断力の低下につながってしまうのです。 ただし胎児にDHAをしっかりと送り届けるには、ママさんが十分なDHAを摂っていなければなりません。 ではママさんはどれくらいDHAを摂る必要があるのでしょうか。 ママはいつでもDHAが不足している 赤ちゃんの成長を考えるには、しっかりとDHAを摂っていなければならないことが分かりました。 では、どれくらいのDHAを摂っていかないといけないのでしょうか。 厚生労働省では、現代の日本人においては、DHAがかなり不足している状況だと警告しています。 厚生労働省が発表している「」の中では、DHAを1日に1000mgを摂るように勧められているのです。 しかしDHAを1000mg摂るためには、クロマグロのお刺身であれば、10人前も食べないといけない量で、とても補うことはできないのです。 ようするに、いまママさんが食べているDHAの量では、赤ちゃんはおろか、自分自身の栄養のためにも満たないことがはっきりと分かっています。 もしもママさんが魚嫌いであるとしたら、さらにDHAが不足している状態ですから、赤ちゃんのためにも補うことを考えなくてはならないのです。 妊娠後期の胎児はDHAを貯め込んでいる? 赤ちゃんの脳は、妊娠後期から急激に発達するといわれています。 産まれた直後の赤ちゃんは、ほんの小さな脳で350g~400g程度であるといわれています。 それが、1才になるころには800g~1000g程度にまで成長する事になります。 ちなみにいいますと、大人の脳は1400g程度であって、1才から20年間ほどで400g~600gしか大きくならないのです。 しかし産まれた直後から1才までの間に450g~600g程度大きくなるのですから、いかに1才までの脳の成長が重要なのかお分かりになると思います。 ようするに、このものもいえない赤ちゃんの時期が脳の発達には、一番大事なことであるといえます。 実は、この脳の発達の中で重要なのがDHAであることが分かっています。 というのも、脳の神経細胞をつなぐ筋繊維のことをシナプスといいますが、情報伝達に必要なこのシナプスに大きく影響を与えているのがDHAです、シナプスには多くのDHAが含まれていることが知られているからです。 赤ちゃんは胎児である20週目あたりから2歳くらいまで脳にDHAをどんどん蓄積していることが分かっています。 これは脳の成長に必要なためなのです。 DHAは妊娠中や授乳中にどれだけ飲めばいいの 厚生労働省が推奨しているDHAの摂取量は 厚生労働省では、さまざまな栄養素について必要な摂取量を発表していますが、DHAについては日本人の魚の摂取量が減っていることから、もっと積極的に摂るように推奨しています。 厚生労働省が発表している「」では、DHAについては1日1000mg摂るように勧めていますが、実際、これだけのDHAを魚で摂っていくには、相当な量を食べなければなりません。 特に青魚に多くのDHAが含まれているといわれていますが、DHA1000mgがどれくらいの魚の量か見ていきましょう。 青魚 DHA含有量 サンマ 1尾 1200mg うなぎのかば焼き 80g 1100mg イワシ 2尾 1100mg マグロの刺身 4~5切れ 1000mg ブリの刺身 6~7切れ 1000mg もしも魚がお好きでなければ、魚肉ソーセージなど魚が加工されたもので摂取することもできます。 しかし実際、DHAを1日1000㎎摂り続けるということは、かなり困難なことがお分かりになるでしょう。 大の魚好きでもない限り、厚生労働省が推奨する魚の量を食べ続けることは不可能なことであるといえます。 DHAは魚かサプリのどちらで摂る方がいいの? 実は、厚生労働省から、このような資料も一般の方向けに出しています。 「」という資料ですが、魚を摂取するための注意事項なのです。 この資料を見ると、魚はとても身体にいいものですが、妊娠中には注意が必要であると書かれています。 どういうことかというと、魚は天然のもので、海に含まれている水銀が魚に蓄積されているというものです。 この資料では、焼いたキンメダイであれば1週間に1切れだけ、ミナミマグロの刺身であれば1週間に2人前しか食べないように注意されています。 すべての魚というわけではなく、サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマなどでは特に注意しなくてもよいものもありますが、妊娠中の魚の摂取は気を付けておいたほうがいいでしょう。 魚の中に蓄積された水銀は、ママさんが摂りこんでしまうと、胎盤を通じてお腹の中の赤ちゃんに蓄積してしまい、体外に排出させることができなくなるのです。 水銀は健康に悪影響を与えることにもなりますから、とても注意が必要です。 魚は安全であるといわれるものを摂取するようにして、足りない分に関しては、DHAサプリで補うことがいいでしょう。 不足分はDHAサプリで 先ほどから申している通り、魚を摂取することでDHAを1日1000㎎摂ることは、量を考えても水銀リスクを考えてもなかなか難しいことかと思います。 特にDHAを積極的に摂った方がいい人は、妊娠中であって、さらにお魚が嫌いな人やあまり普段から魚を食べない人であるといわれます。 しかしそのような人であれば、なおさらDHAを1日1000㎎摂ることは難しいですから、DHAサプリを積極的に飲むことをおススメします。 「妊娠中にサプリメントを飲んでもいいの?」 と質問を頂くことがありますが、飲み過ぎなどしない限りは、まったく問題ではなく、むしろ積極的に飲んでいくことをおススメします。 DHAサプリでも国産のものであれば、品質はまったく問題なく、むしろ医薬品と同等の品質管理や製造が行われていますし、水銀などもしっかりと除去されたものが販売されていますから、安心できると思います。 また酸化しないような工夫もされているDHAサプリが多くありますから、新鮮な魚を摂るほどに品質の高いものも多くあります。 DHAサプリに記載されている目安の摂取量を飲み続けていけばいいでしょう。 DHAサプリの始めどきや辞めどきは? 子づくりを意識した時がDHAサプリの始めどきである理由 赤ちゃんの脳の発達は、胎児である20週目くらいから2才くらいにおいて急激に発達します。 では、ママさんは、どのくらいの時期からDHAサプリを飲んでいけばいいのでしょうか。 できれば子づくりを意識した瞬間から、DHAサプリは積極的に飲んでいくことをおススメします。 というのも、赤ちゃんの脳の発達が20週目からとはいえ、その頃に飲み始めるのでは遅く、脳を形成する時期というのは、妊娠の初期の段階だからなのです。 また妊娠が判明するのはだいたい4週目から7週目といわれますから、この時点では脳の形成がもうすでに行われている時期に入っているのです。 そういう意味ではタイミングを計るということは難しいかと思いますので、やはり子づくりを意識し始めたあたりから積極的にDHAサプリを飲むようにして頂きたいと思います。 DHAサプリの辞めどきは授乳が終わるころ それでは、いつまで飲めばいいのというご質問をよく頂きます。 これは、ママさんから赤ちゃんに影響を与え続ける間は、飲み続けて頂きたい時期だと考えられます。 妊娠してから、授乳が終わるまでは、ママさんの栄養を赤ちゃんに与え続けることになります。 母乳を通じて、ママさんの体内にある良質なDHAをどんどん赤ちゃんに与え続けることができますから、その間はDHAサプリをしっかりと飲んで頂きたいと思います。 もしも母乳ではなく粉ミルクを活用される場合には、DHAが含まれている粉ミルクも販売されていますので、活用すればいいでしょう。 離乳食が始めれば、おいしいお魚を食べさせてあげましょう。 DHAサプリは妊娠中でも赤ちゃんに悪い影響はないの? 魚には怖い水銀リスク DHAサプリを妊娠中に飲むことに抵抗を感じる方がおられます。 やはり妊娠しているわけですから、人工に作ったものよりも天然のものをしっかりと摂る方がいいのではないかと思うのでしょう。 そのように感じることも無理はないと思います。 しかし天然の魚には、水銀が含まれているリスクがあります。 これは厚生労働省においても正式に発表していることですが、水銀を多く含んでいると考えられる魚の摂取には注意が必要であると警告しているのです。 こちらの資料「」をお読み頂きたいと思います。 すべての魚に気を付ける必要はないのですが、むしろ天然のものであればこのようなリスクがあるのだと考えておいて頂きたいと思います。 検査済みのものを DHAサプリには、その点、さまざまな検査をして、安心して飲むことができるように配慮されているものがたくさんあります。 代表的なサプリメントでいえば、水銀検査を行っているものが多くあります。 製造される段階で、水銀リスクの低い魚を使用されていることも特徴です。 また水銀だけではなく、放射能汚染に対する検査を行っているDHAサプリもあります。 近年、放射能漏れによる海の汚染リスクなどについて、報道されることが多くなりました。 放射能は水銀ほど魚に蓄積されるものではありませんが、海が放射能で汚染されているとしたら、その魚も放射能汚染されているといえるでしょう。 DHAサプリにおいては、外部の調査機関に放射能検査を出しているものもあります。 気になる方はこのような検査結果を公表しているDHAサプリを選ぶといいでしょう。 酸化しないための工夫がされているか DHAサプリでもっとも重要なことが、新鮮であるかということです。 特にDHAは不飽和脂肪酸という油で、この油は空気に触れることですぐに酸化してしまうといわれています。 酸化してしまうということは、劣化してしまうということです。 劣化したものを飲んでしまうと、やはりDHAサプリの効果を実感することは難しいといえるでしょう。 DHAサプリを選ぶ際には、必ず酸化しないような工夫がされているものを選びましょう。 新鮮なものを新鮮なまま飲むことができるものが一番です。 まとめ DHAサプリを妊娠中・授乳中に飲むべきかどうかについてお伝えしてきました。 DHAは、赤ちゃんの発育にとても大事な栄養で、しかもママさんも不足がちになることから積極的に摂っていきたい栄養素のひとつです。 魚で摂りきれない量については、DHAサプリで摂っていくことをおススメします。 良質のDHAサプリをしっかりと飲んで、元気な赤ちゃんに育ててくださいね。

次の

母乳を増やすにはどんな方法がある?出が悪いを自宅で改善

母乳サプリ

授乳クッキー(母乳クッキー)とは? 日本ではメジャーではないので、何と訳していいのか分かりませんが、授乳クッキー(母乳クッキー)とは 母乳の出が良くなるとされる材料をふんだんに使って作ったクッキーです。 母乳入りクッキーの事ではないですよ!とりあえずここでは授乳クッキーで統一して呼ぶことにします。 英語では breastfeeding cookies(ブレストフィーディングクッキー)や nursing cookies(ナーシングクッキー)または lactation cookies(ラクテーションクッキー)などと呼びます。 私の住むオーストラリアでは健康食品ショップなどに売っています。 授乳クッキーに含まれる母乳の出が良くなる食べ物 ビール酵母 授乳クッキーを授乳クッキーたらしめるもの、それは ビール酵母です。 ビール酵母は、ビタミンB、鉄、タンパク質、クロム、セレン、その他のミネラルを含む非常に健康的な栄養補助食品で、日本でもサプリとして売られていますが、海外では 母乳の出が良くなる健康食品としてよく知られています。 また、母乳の量を増やすだけでなく、 疲労回復や産後うつにも効果があるとされ、まさに赤ちゃんを産んだばかりのママにうってつけの健康補助食品なのです! ビール酵母の母乳への恩恵は昔から有名で、その昔ビール酵母の働きで母乳の量を増やすために 授乳中のママ達がビールをがぶ飲みしていたというエピソードまであるそうです 笑 (オーストラリアの助産師さんから聞きました。 (ナッツやレーズンなどのコーナーにありました) 見た目はきな粉のもっと細かいバージョンといった感じ。 これが母乳に良いんです! オーツ麦(燕麦) 全粒穀物は母乳を作るホルモンを増やす働きがあると考えられており、その中でも オーツ麦(燕麦)はクッキー生地との相性もとても良いので授乳クッキーの原料としてとてもメジャーです。 プレスされたオートミール(オーツ麦を脱穀したもの) 温かい牛乳やお湯で茹でふやかして食べるのがメジャーな食べ方。 その他母乳に良いとされる食べ物やハーブは沢山あります。 材料(クッキー約70枚分)• 卵 2個• 小麦粉 250g• バター 130g• 白砂糖 100g• 黒砂糖(ブラウンシュガー) 80g• ビール酵母 40g• ベーキングソーダ 小さじ1• オーツ 2カップ半(約250g)• チョコチップ 1カップ(約150g)• 小麦胚芽 大さじ1 サプリではなく、料理やお菓子に混ぜるきな粉のようなビール酵母粉末はインターネットショップで簡単に手に入ります。 オーツもネットショップや輸入食料品店、大きめの製菓材料店や健康食品店で手に入ると思います。 手順 基本的に測って混ぜるだけなので簡単です。 (バターは少しチンして溶かしてしまうと楽)卵と牛乳も入れてよく混ぜる。 最後に形成するのでクッキータネはとりあえず適当にぐちゃっとおいてOK。 オーブンの上段で焼くと表面だけ早く焦げて中まで火が通りにくいので、中段~下段で焼くか、アルミホイルをかぶせる。 最初は半分の量を作ってみて砂糖の量を自分好みに調整してみるのも良いと思います。

次の