前世記憶 実話。 前世の記憶がある5人の子供~ママ達が聞いた不思議な話

輪廻転生が実在することが量子論で判明! 専門医「死後、あなたの意識は次の人の脳に張り付く」

前世記憶 実話

スピリチュアルが浸透している今だからこそ、前世や来世、現世との関係を疑問に思い興味を持つようになった人も少なくありません。 訪れたことがない国でも、旅行のパンフレットやSNSなどで目に触れる機会はとても多くなりました。 そんな写真などからの情報により、何となく懐かしさを覚えることがあります。 実際訪れると、心が落ち着く感覚になる場合もあります。 このような感覚は、前世でいた場所の可能性があります。 私たちは、少なからず苦手意識を持つことがあります。 特別なきっかけがあったわけではなく、前世からの因縁があり苦手意識を持っていることもあります。 生まれ変わりがあるか、ないのか?という問いかけには多くの専門家が口を揃えて言いますが生まれ変わりは実際にあるといいます。 もちろん、ひとつの考え方に過ぎないので信じるか信じないかは、受け取る側次第だという事です。 ズバリ、カルマの法則です。 カルマとは、今世での課題のこといいますが、宿題や使命などという言葉で表現される人もいます。 イメージは、階段のようなものがあり誰もが頂上を目指すのが魂の世界の話です。 魂の成長に合わせて階層が異なり、人間界のような学年のようなものですが、他の学年を見ることも知ることもないので、比べることがないからそれはそれで幸せを感じています。 その階層には、さまざまな試練がありそれをクリアするとステージアップします。 試練を乗り越え、さまざまな経験を積むことで魂が磨かれます。 ゲームでいうとレベルアップのようなもので、レベルを上げるために人間界で魂を磨くのです。 魂の成長においては飛び級があります。 レベルは必ず一段ずつあがるものではなく、優秀な人はどんどん上昇します。 私たちは、魂を成長させ磨くために、生まれ変わるのです。 つまり、カルマを解消するために人は生まれ変わるという法則があります。 死後どのくらいのサイクルで人は生まれ変わるのか?という疑問に、子供の周期は短いという説があり約4年5か月というサイクルがあるといわれています。 しかし、もう一方では100年単位で生まれ変わると言われており、平均300年~500年という説もあります。 高次元の人ほどあの世にいる期間が長く、あの世の指導霊からそろそろ、人間界へ行きなさいと言われて人間界にくるケースもあります。 人間界には時間の概念であって、時間で人々が動き約束をし、判断をします。 ところが、あの世の時間の流れ方は違い、月日の経過の仕方も異なるようです。 人間界で300年という月日はあの世では数か月と言われています。 つまり、生まれ変わりの年月は人それぞれで、回数や生まれ変わるまでの期間はその人の魂の磨かれ方によりさまざまです。 ダーウィンの進化論の法則にもあるように、人間は人間にしか生まれ変わりません。 動物の死後と人間の死後は別の場所に向かい、同じ世界に行くことはないからです。 ですが、二度と会えなくなるわけではありません。 生まれ変わった時代で、必要があるときに必ず巡り合うことができます。 人間が生まれ変わるのは、魂を磨くために生まれ変わります。 何度もいいますが動物は動物として生まれ、人間は人間として生まれ変わります。 動物を愛するのは自由ですが、動物を子ども扱いして育てる方もいます。 大事に育てるのは悪いことはでありませんが、どんなに大事に育てても、来世で可愛がっていた動物が人間になることはありません。 人は人として生まれ変わり、犬や猫に生まれ変わるということはありません。 フランスのとある修道院で生まれ過ごしていた女の子がいます。 閉鎖された空間の中で男性との接触はなく、限られた女性とだけのコミュニティで過ごした前世を持つ女性の話です。 もちろん、前世では男性と付き合うどころか修道院の外へ出ることを許されずに過ごしていたことで、生まれ変わったら子どもが欲しいと願っていたそうです。 彼女は、現世で前世の願いを叶えましたが、男性との接触は不慣れなもので、無意識に自分の気持ちを抑え込むことが癖になっていることが原因のひとつで、旦那さんとは離婚しましたが、離婚後は子供の父親と母親としてベストな関係でいるようです。 さらに、離婚後は女性としての楽しみを覚え、子どもがいないときは、女性としての喜びを実感しているという話があります。 パトリックにはケビンという兄がいたが、パトリックが産まれる12年前に神経芽細胞腫で亡くなっています。 ケビンの癌は足を引きずるように歩き始めたことが原因で病気が分かったそうです。 その後、骨折で苦しみ、頭蓋骨にあった小さなコブの検査も行われました。 化学療法を行ったものの、2歳で死亡し、左目は失明していました。 パトリックは生まれた時から体に3つの特徴があり、それは亡くなった兄の傷と全く一緒。 パトリックは歩き始めるとすぐに、足を引きずるようになり、病院に行ったが何も問題は見つからなかったそうです。 それから、月日が経ちパトリックが4歳半になると、「前の家に戻りたい」と母親に言い出すようになりました。 パトリックはその家のことを詳細に覚えており、亡くなった兄の手術についても話すようになったそうです。 しかし、引っ越したのはパトリックが生まれる前のことで、ケビンの手術のことをパトリックに話した人は誰もいなかったので、パトリックはケビンの生まれ変わりのようです。 インドのアルナ・ミアナに住む6歳の少年、タラニジ・シングは、2歳の頃から、自分の事をアルナ・ミアナから離れた村に住む「サトゥナム・シング」だと話していたそうです。 彼の記憶は実に鮮明で、前世の父親の名前や、当時自分は16歳で、スクーターにはねられて、1992年9月10日に亡くなった事も覚えていたそうです。 タラニジの話があまりにも不思議なので、彼の父親が調査を行ったところ、「サトゥナム・シング」という男子学生が実際に存在していたことが判明しました。 それは当時の彼の教師からの情報ですが、事故原因も、財布に残されたルピーの金額も全て一致しており、二つの家族が初対面した時、タラニジはサトゥナムの写真に直ぐに反応したそうです。 さらに、法医学者ヴィクラム・ラージュ・チャウハンはタラニジの話を新聞で知り、強い興味を示しました。 筆跡鑑定を行ったところ、タラニジとサトゥナムの筆跡は完全に一致したことでも有名な生まれ変わりの話です。 現世でいう、児童養護施設のようなところで多くの子どもたちの成長のために懸命に働いていた女性がいました。 身寄りのない子どもたちの世話をしながら、自分の子どもを養育し肝っ玉母ちゃんのように子供たちに愛され充実した日々を送っていたようですが、子どもたちをサポートするばかりで夫婦の関係は冷え切っていた女性が、現世では夫婦の時間を大事にするために生まれ変わった人がいます。 現世では、子どもに恵まれず子作りはしたもののご縁がなく、悩んでいたそうです。 前世を視てもらう機会があり、子どもに恵まれないことを相談したところ、前世で多くの子どもを育ててきたこと、現世では夫との時間を大事にするために生まれ変わった事を知ったという話があります。

次の

生まれ変わり実例!輪廻天生前の前世はあるのか?

前世記憶 実話

こんにちは、ヤギです。 私たちは生まれ変わるのか? 今回は「輪廻転生が本当か?ウソか?」を 根拠をもって証明していこうと思います。 なぜ、私は輪廻転生のウソ&ホントを証明しようと思ったのか? それは、もし私たちが死後に何度も生まれ変わるのであれば、 何かをやり残したり、何かをやり遂げるためだと 考えられるからです。 単純に考えればそうですよね? やり残したこと、やり遂げたいことがなければ、 この世に何度も戻ってくる理由なんてない (笑) なので『輪廻転生が真実』であるのなら、 みんなで共有した方が良いと思いました。 それによって、みなさんが自分の生きる意味や、 自分が今世でやるべき使命は何なのかを 真剣に考えられるからですね^^。 ちなみに、当ブログは・・・ 「根拠を大切に」がモットー なので、輪廻転生のウソ&ホントが証明できる 信憑性の高い情報を探しました。 そして見つけたのが『ソウルサバイバー』という実話本です。 条件2:その外部情報が脳の 『記憶の合成』によって 「ニセ記憶」を作っていないか? 『外部情報』 赤ちゃんはお腹の中にいるときから、 両親の会話やテレビから情報を取っています。 さらに、生後に見聞きする情報も加えると、 赤ちゃんは想像以上の情報を受け取っています。 『記憶の合成』 脳は「記憶」を混ぜあわせることで 実在しない「ニセ記憶」を作ることがあります。 例えば、ひらかたパークで迷子になった記憶と 伊勢丹に行って泣いた記憶がごちゃ混ぜになり、 『高島屋の屋上遊園地で迷子になって泣いた』 と、記憶が合成されちゃうのがそうです(汗) 本人は「勘違い」という自覚はありませんが、 過去の曖昧な記憶ほど合成されやすくなります。 特に、子供の脳は未発達だからね・・・ 情報が混ざって「記憶の合成」がされやすく、 ウソかホントの見境いがつかなくなることは良くあること。 まず、米軍パイロットの前世記憶を持つ2歳児が 両親に話したことをまとめると・・・ そうです。 2歳児の発言と現実が、見事一致したのです。 しかし、間違っていた点が1つだけありました。 それは、ジェームズが乗っていた戦闘機は コルセアではなく『 ワイルドキャット』だったことです。 ここが、輪廻転生を否定したい、父親の唯一のよりどころでした。 しかしです。 ジェームズの「実姉」が生きているのが分かり 父親はジェームズのお姉さんに会いに行きます。 で、お姉さんから「ジェームズの写真」をもらうのですが、 そこには「コルセア」を背にしたジェームズが写っていたのです。 写真:コルセアを背にする前世のジェームズ 実は、ジェームズは硫黄島へ出撃する前に、 別部隊でコルセアのテスト飛行を任されていたのです。 ここは『 記憶の合成』による勘違いですが、 父親は、輪廻転生をついに受け入れました。 ちなみに、2歳児も「ジェームズ君」で、 前世と同じ名前だったのが意味深ですよね(笑) 前世の記憶がある子供が教えてくれた「前世と生まれ変わりの関係」とは? 写真:ジェームズ君本人 調査後、父親はジェームズ君を、 『お前が僕の息子で本当によかったよ』 そう言って抱きしめたそうです。 すると、ジェームズ君は・・・ 『だって僕がパパを選んだから』 と、返事したことが書かれています。 さらに、ピンク色の大きなホテルにある砂浜で パパとママを見つけて選んだとも話しました。 実際、両親はピンクの建物で砂浜のある ロイヤルハワイアンホテルに宿泊しており、 その5週間後にジェームズ君を妊娠しています。 写真:ジェームズ君の両親が宿泊していたロイヤルハワイアンホテル 私たちは、両親を選んで生まれてきているのかも知れません。 もちろん「こんな両親を選んだつもりはない」と 言う人もいるかも知れません。 でも、前世の記憶を持つジェームズ君の話から、 私たちはそれぞれ「クリアしたい課題」を設定して生まれてきており、 その課題に最適な両親を選んでいるように思えるのです。 課題というのが重ければ「ゲーム」と言ってもOKです^^。 あなたが現世でクリアしたいゲームを作るには ・キャラ(体と心) ・ステージ(環境) この2つの設定が不可欠であり、 それには「両親の選択」が重要なのが分かります。 で、そのゲームをクリアすることで、 人生最悪の状況やピンチが、いっきに好転する。 「私たちはそれぞれクリアしたい課題を設定して生まれてきており、その課題に最適な両親を選んでいる」 ということに関してなんですが、例えば、貧しく紛争が絶えない、多くの人がとても幼くして命を落としてしまうような国に生まれてきている子供たちも、そんな環境にいる親を選んで生まれてくるんでしょうか?さらには、望まない妊娠で人口中絶されてしまう胎児たちはどうでしょう。 自分を産んでくれすらしない親をわざわざ選んでいるんでしょうか? 他のスピリチュアル系のサイトでも「子供は親を選んで生まれてくる」というようなことを何度か読んだことがあったのですが、その度に疑問に思っていたのです。 もしよければヤギさんの考えをお聞かせ下されば嬉しいです。 Yさん、はじめまして^^。 それは多くの人が疑問に思われることだと思います。 正直、この真実はあの世に行ってみないと分からないと思います(汗) まず、中絶をされる胎児については、私は「まだ魂が宿っていない命」が多いのではないかと考えています。 記事にも書いていますが「魂」は脳にあるのではなく独立した存在だという諸説があります。 前世の記憶があるのも魂は脳(肉体)とは別個のものだからだと説く研究者もいます。 なので、中絶のケースは、胎児の体験というよりも「母親と父親、その家族の体験」として必要な課題だったのかも知れません。 そのときの苦悩は人生での大きな経験になります。 世の中に出ないまま亡くなる命については、私は上記のように考えています^^。 次に、紛争や飢餓などの悲惨な環境で生まれる人々についてですが、これは「その人が100%選んでいる」と、私は考えるようにしています。 とても冷酷な解釈のようですが、実は、これ以外に、その人が救われる考え方はありません。 なぜなら、他人や環境のせいに生きるということは、自分に主導権がないという「絶望的な生き方」になるためです。 反対に、自分が100%決めているというマインドで生きることは「100%主導権がある生き方」です。 このとき「どんな出来事が起こっても全て委ねよう」というマインドになります。 これは「うまくいかなくてもうまくいかなくても全てうまくいっている。 なぜなら自分が全てを決めているのだから」というマインドで、どんな状況でも平安な心で生きるための唯一の答えだと、私は考えています。 もちろん、これは非常に難しいことです。 結果、紛争や飢餓に満ちた国や地域は減ります。 正直、全人類がこのようなマインドを少しでも持ち「人類の集合的無意識」を高めること。 これがない限り、世界平和の実現はありません。 スピリチュアルの人が良く言うような「地球が次元上昇する」というようなことは、人類がマインドを変えない限り、口を開けて待っていても永遠に来ません(汗) 以上、回答になってないかも知れませんが少しでも参考なったら幸いです^^。

次の

【話題】自殺未遂で1000年前の記憶がよみがえった日本人男性 / 前世で過ごした1000年前の京都のようすを報告 | バズプラスニュース

前世記憶 実話

調査によると、とされているが、皆さんには前世の記憶があるだろうか? 前世で斧で頭を割られ殺された男性が、その直後、まったく関係のない家庭に男の子として生まれ変わり、前世の記憶をたどって自分を殺した人物を追及し、犯人の逮捕につながった出来事が話題となっている。 ・自分が殺された記憶 シリアのゴラン高原付近にある村に住んでいた男性は、近所の男に斧で殺され、地面に埋められた。 しかし男性はすぐに他の家庭に男の子として生まれ変わり、3年の月日が経過。 男の子は自分が殺された記憶を持っており、その知識を生かして大人たちと現地に向かった。 ・殺された男性の白骨死体発見 最初は信じていたなかった大人たちだったが、自分が住んでいた家やそのようす、そして自分を殺した見覚えのある男も発見。 男の子の指示を受けて地面を掘ったところ、そこには殺された男性の白骨死体が埋められていたのである。 そう、男の子は生まれ変わることで自分の遺体を発見し、犯人を見つけ出したのだ。 ・そのほか男の子の記憶のポイント 1. 最初は犯人の名前を思い出せなかった 2. 前世で済んでいた村や家に行ったら記憶がどんどん思い浮かんできた 3. 殺されたあとに埋められた記憶もあった 死後も魂として意識があったことになる ・犯人に殺された理由は喧嘩 どうしてそんなことができるのか? 現代の科学では説明できない出来事だが、偶然や他人から得た情報では到底説明がつかない出来事。 ちなみに男の子が前世で犯人に殺された理由は、喧嘩。 もともと喧嘩が絶えない仲だったようで、ついに斧で殺人に及んだようだ。 ・転生以外の理由で説明ができない あまりに衝撃的な出来事だからこそ、記憶として魂に刻まれ、生まれ変わってもデリートされないままになってしまったのかもしれない。 そう考えるのはオカルト的すぎるかもしれないが、この出来事、どうしてこうなったのか、転生以外の理由で説明ができる人はいるだろうか。 ・今とは違う前世の記憶 いまインターネット上では「」が話題になっている。 皆さんにも「今とは違う前世の記憶」が眠っているかもしれない。

次の