カマンベールチーズ 効能。 チーズの栄養・カロリー、効果効能。チーズは太る?ダイエット中でも大丈夫って本当?

カマンベールチーズ【カロリーと栄養成分】【GAROP】

カマンベールチーズ 効能

Contents• チーズは健康維持につながる血糖値のコントロールに役立ちます!ダイエット効果も! 健康を維持する上で気を付けたいのが血糖値です。 血糖値が高くなる食事を続けていると糖尿病や肥満になるだけでなく、血管にダメージがかかり動脈硬化や循環器系疾患、脳梗塞などさまざまな病気を引き起こすこともあります。 チーズは低GI食品で、その数値は30~33程度と大豆やキノコと同レベルです。 低GI食品であるチーズは、食事による血糖値の上昇をコントロールし、体の健康状態を良好に保つ助けになってくれます。 上でも触れましたが、肥満の原因も血糖値の上昇と言われています。 ですので、食事にチーズを取り込むことで、 血糖値の上昇を抑え、結果、脂肪をつきにくくしてくれる効果も あるんです。 ちなみに、ダイエットに関してチーズの効果を付け加えると、 チーズに含まれるカルシウム、ある種のペプチド、ビタミンB2が体脂肪の燃焼を促すという報告もあります。 さらに、チーズの 乳脂肪は他の食品の脂肪よりも消化吸収後に体に蓄積されにくいという特徴があります。 チーズというとダイエットの敵というイメージがありますが、取り入れ方次第で大きな健康効果をもたらしてくれます。 意外にもチーズには循環器系疾患の予防効果も これまで、チーズの乳脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸は、血清コレステロール濃度を高め、循環器系疾患のリスクが上がると考えられていました。 しかし、最新の研究では、乳製品と循環器系疾患の間には関連性がないだけでなく、むしろ乳製品、特に 発酵乳製品の摂取量が多い方がそ のリスクが低下すると主張する論文が多いとのこと。 また、実際にチーズから摂取する飽和脂肪酸の量は、よほど食べ過ぎない限り健康に悪い効果を及ぼす量にはなりません。 それよりも、ステーキやハンバーグなど外食で多くなりがちな肉中心の食事を見直すなど、日々の食事トータルで摂取する飽和脂肪酸の量を意識すべきです。 チーズは、循環器系疾患のリスクをむしろ減らせる効果もあることに注目です。 あなたの骨を太くし、若さを保ってくれます チーズはとても効率の良いカルシウム供給源です。 チーズの熟成中にできるカゼインホスホペプチド(CPP がカルシウムの吸収を促進してくれます。 その吸収率は50~60%と小魚類の倍です。 さらに 乳由来の塩基性たんぱく質(MBP)が骨をつくる骨芽細胞の働きを高めてくれるとも言われています。 骨は体の骨格としてだけではなく、体にさまざまなよい効果を与えてくれる大切な器官であることがわかっています。 逆に骨が細く弱くなると体はどんどん老化し衰弱していきます。 いつまでも若く健康でいるために意外と見落とされているカルシウムの摂取。 チーズを食べることで骨だけでなく体全体が若返ります。 チーズはすべての必須アミノ酸をバランスよく含み、美肌効果も! チーズ中のたんぱく質は熟成の過程でペプチドと遊離アミノ酸に分解されます。 そのアミノ酸組成はすべての必須アミノ酸を含む20種類がバランスよく含まれています。 特にチーズは、 人間の体内で生成できない必須アミノ酸を効率よく摂取できます。 それによって、 筋肉量の維持・増加や美肌効果、集中力・思考力の向上など、健康かつ生き生きした生活を送るうえで必要な様々な効果が期待できます。 認知症を予防する効果もあるんです チーズに含まれるたんぱく質に、 脳内のセロトニンを増やす効果があるという報告があります。 セロトニンが増えると、学習機能の向上や精神安定、認知症予防など、脳機能の改善に繋がります。 また、 認知症原因物質の産生を抑制する効果もあることがわかっています。 特にカビ系チーズやウォッシュタイプのチーズにその効果は顕著です。 健康問題でとりわけ重要度が増す認知症にもチーズは良い効果を及ぼしてくれます。 ピロリ菌を抑制、健康維持に欠かせないビフィズス菌も増やしてくれる胃腸のとも 青カビチーズに含まれる遊離脂肪酸は、 胃潰瘍の原因菌であるピロリ菌を抑制する効果があることがわかってきました。 さらに、ソフトタイプのチーズには、 腸内のビフィズス菌を増やす増殖因子が含まれていることが最近の研究で明らかになっています。 腸内環境を整えることは、健康を維持する上で最も大切なことと主張する専門家は多くいます。 腸内環境が健康問題のすべてを解決すると言う専門家もいるほどです。 チーズは腸に乳酸菌を生きたまま届けるプロバイオティクス食品でもあります。 健康に良い効果を与える善玉菌優勢な環境をつくるのにチーズはあなたの強い味方になってくれます。 塩分を取るならチーズで!高血圧予防効果も! チーズの中に含まれるカルシウムやある種のペプチドには血圧を下げる健康効果もあります。 さらに、チーズ中に多く含まれるカリウムには ナトリウムを排出する効果があり、高血圧の原因でもある塩分の取りすぎを抑えることもできます。 もちろんチーズ自体に塩分は含まれていますが、 塩分を摂取しても血圧が上がりにくい性質があるんです。 血圧が上がらないと血管に強い圧力をかけることがなくなり、血管のダメージを緩和して、それに伴う疾患を予防してくれます。 例えば料理に使う塩をチーズに置き換えてみてはいかがでしょうか。 同じ塩分摂取量でもより血圧の上昇を抑え、体に優しい美味しい料理に仕上げることができれば一石二鳥です。 健康効果まとめ(デメリットもあるけれど・・) 以上、チーズの健康効果について見てきました。 あなたが思っている以上にチーズは優秀な栄養食品であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。 もちろん、チーズには脂肪も多く含まれていてカロリーの高い食べ物ではあります。 塩分量もチーズによっては多く、食べ過ぎるのは健康的とは言えません。 しかし、単純にカロリーや脂肪量、塩分量が多いという面だけを見てチーズを評価してしまうのはもったいなさ過ぎます。 先程ご紹介したように、脂肪も質が良く体に吸収されにくい性質がありますし、塩分があっても同時に血圧を下げる効果もあるので、同量の食塩を摂取するよりも断然体に優しいのです。 さらに、必須アミノ酸をバランスよく備えた上質なタンパク源であったり、若さの維持に欠かせない骨を丈夫にしてくれたり、血糖値を下げる働きがあるなど健康に良いことがたくさんあります。 しかもチーズは発酵食品ですので、まだまだ分かっていない健康効果もあると言われています。 乳製品の健康効果については今も多くの学者が様々な主張をしています。 正直調べれば調べるほど、どの主張が正しいのか判断できなくなります。 しかし、今回ご紹介した項目は実証実験でも明らかにされている確かなものです。 ぜひあなたもチーズを上手に食卓に取り入れて健康と美しさの維持に役立ててください。 より詳しくチーズの健康効果について知り合いあなたは、本記事の参考文献でもあるチーズプロフェッショナル協会出版の「チーズを科学する」という書籍を読んでみてください。

次の

チーズの効果効能~ダイエット・美容・血糖値・白髪改善効果は?

カマンベールチーズ 効能

プロセスチーズ:加熱処理してあるチーズ ナチュラルチーズ:加熱処理していないチーズ プロセスチーズはスーパー等で販売されている一般的なチーズです。 加熱処理しているので、保存がききます。 一方、ナチュラルチーズはモッツアレラ・カマンベール等の種類があり、それぞれ、栄養価もカロリーも異なります。 以下は牛乳、プロセスチーズ、主なナチュラルチーズの栄養価とカロリーの比較一覧表です。 牛乳 モッツァレラチーズ クリームチーズ カマンベールチーズ プロセスチーズ カロリー(kcal) 67 276 105 346 310 339 タンパク質(g) 3. 3 18. 4 13. 3 8. 2 19. 1 22. 7 脂質(g) 3. 8 19. 9 4. 5 33. 0 24. 7 26 炭水化物(g) 4. 8 4. 2 1. 9 2. 3 0. 9 1. 15 0. 19 0. 15 0. 22 0. 48 0. 38 チーズの効果効能 チーズの効果と関係のある主な栄養素は以下になります。 ・タンパク質 ・炭水化物 ・脂質 ・カルシウム ・ビタミンA ・ビタミンB 各々の栄養素にどのような効果があるのかを見ていきます。 タンパク質 チーズ中のたんぱく質は熟成の過程でペプチドと遊離アミノ酸に分解されます。 そのアミノ酸組成はすべての必須アミノ酸を含む20種類がバランスよく含まれています。 その中には 美肌効果のあるアミノ酸もしっかり含まれています。 炭水化物 炭水化物の含有量が大変少なく、食後の血糖値を数値化したGI値が低い(30~33程度)ことから、血糖値が上がりにくい。 脂質 乳脂肪は他の食品の脂肪よりも 消化吸収後に体脂肪として蓄積されにくいという特徴があります。 即ち、「太りにくい」と言えます。 カルシウム チーズはカルシウムが多く 脂肪の吸収を阻害する働きがある。 また、カルシウムが不足とイライラの原因になります。 チーズに含まれるカルシウムは体内に吸収されやすい特徴があります。 チーズはカルシウムが豊富な上、吸収されやすいので、骨粗しょう症の予防や精神安定につながります。 ビタミンA ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にし、また、 美肌効果が期待できます。 さらに、ビタミンAは、視覚を正常に保ち目の健康を維持、免疫力を高め風邪の予防にもつながる効果もあります。 ビタミンB チーズには 脂肪の代謝を促進するビタミンB2が豊富に含まれており、摂取することで 脂肪の溜まりにくい体を作ることができます。 チーズの美容効果 チーズにはタンパク質(アミノ酸)、ビタミンA、ビタミンBが豊富に含まれています。 ビタミンA、ビタミンBには以下の効果があります。 お肌の乾燥や肌荒れから守ってくれます。 その為、正常なターンオーバーになるので 肌代謝を高め綺麗なお肌をつくってくれます。 又、カルシウムも豊富な為、イライラ(ストレス)も軽減してくれます。 結果、肌荒れ防止に効果があると言えそうです。 チーズのダイエット効果は? チーズに含まれる栄養素の働きから、チーズはダイエットに効果的な食品であると言えます。 実際にチーズダイエットを実践している方もいます。 但し、チーズはカロリーが高いので食べ過ぎには注意です。 チーズの効果的な食べ方については後述します。 チーズは糖尿病に効果あり? 牛乳やチーズ、卵などが、糖尿病の予防効果があるという研究が発表されているそうです。 dm-net. php 上記の記事から一部、抜粋します。 乳製品の1日の消費量は、週に5サービング程度が最適だと言う。 1サービングはコップ1杯 200mL の牛乳、ヨーグルト 200g 、 チーズ40gにする。 食品に含まれる脂肪は、糖代謝とインスリン感受性に影響を与えるため、 2型糖尿病のリスクで重要な役割を果たしていると考えられている。 治療の基本は栄養バランスの良い食事であることを忘れてはなりません。 塩分、飽和脂肪酸、糖分の過剰摂取は、糖尿病を悪化させるおそれがあります」 記事を見る限り、チーズに「血糖値を下げる」「糖尿病に効果がある」と言うことではなく、糖尿病になるリスクが低下する、ということのようです。 尚、チーズの糖質(炭水化物)はごく僅かなので、他の食品に比べると、血糖値が上がりにくいと考えられます。 従って、チーズは糖尿病の食事療法である糖質制限食に向いていると言えるかもしれません。 チーズは白髪に効果あり? チーズには白髪を改善する効果があるという話がありますが、本当でしょうか? 白髪の原因と対策 老化によって新陳代謝や酵素の働きが衰えると、髪の色を決めるメラノサイトという細胞の働きが低下し、白髪の原因となります。 白髪を予防するには、新陳代謝や酵素の働きを補う栄養素を摂取する必要があります。 チーズで白髪が改善する理由 牛乳やチーズなどの乳製品には、メラノサイトを活性化するために必要なカルシウムが豊富に含まれています。 そのため牛乳やチーズを食べれば、 メラノサイトが活性化してメラニンが多く作り出されるようになります。 前述したようにチーズには豊富なカルシウムが含まれ、さらに吸収率が高いことが特徴です。 魚介類約30%、野菜類約15%なので吸収率の高さは一目瞭然です。 また、 髪の毛のほとんどはタンパク質でできているので、タンパク質をしっかり摂取することが大切です。 その点、チーズには必須アミノ酸もしっかりと含まれています。 これらにより、チーズは白髪改善に役立つ食品だと言えます。 チーズの効果的な食べ方 「チーズの効果的な食べ方」という時、念頭にあるのは「ダイエット」という方が多いのではないでしょうか? 前述したようにチーズはダイエット向きの食品です。 では、ダイエットに効果的なチーズの食べ方をご紹介します。 間食代わりに食べる 間食で甘いものを食べていた方はチーズに代える。 チーズには糖質が殆ど含まれていないので最適です。 但し、食べ過ぎるとカロリーオーバーになります。 食べ過ぎに注意しましょう。 ダイエットにおすすめのチーズ ダイエットにおすすめのチーズはです。 チーズの中でも一番カロリーが低いです。 食事や間食に取り入れると良いでしょう。 夜、チーズを食べる時の注意 これはチーズに限らず、他の食品でも同じですが、夜は脂肪を溜め込みやすくなります。 夜8時以降には食べ物を口にするのは肥満のリスクが高まるそうです。 ダイエットが目標なら、理想的には夜8時までに夕食を終えたいところです。 夕食から寝るまでの時間が空くと、小腹が空いたりしますが、その時はチーズを少量食べると空腹がまぎれます。 しかし、 寝る前はNGです。 チーズなど高タンパク質・高脂肪の食品は消化に時間がかかり、睡眠を妨げます。 質の良い睡眠はダイエットにも大切なので、寝る3時間前までに食事は終えましょう。

次の

チーズの健康効果7選!美味しいだけじゃないんです!

カマンベールチーズ 効能

この記事の目次• 【1】多彩なチーズの仲間たち。 ブルーチーズはどの種類? チーズとひとことで言っても、じつは意外とたくさん種類があります。 まず、加工の有無で「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2つに大きく分けられます。 次に、ナチュラルチーズの中で、製造方法などにより6つのグループ(種類)に分けることができます。 ブルーチーズと呼ばれるチーズは、この6つの種類のうちの1つです。 (1)プロセスチーズとナチュラルチーズ 「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」という呼び方は、日本人の耳にも馴染みが深いのではないでしょうか。 そもそもチーズの原料は、• 羊 などの乳です。 これらの動物の乳を発酵させたものが「ナチュラルチーズ」、その名のとおり自然な形に近いチーズと言えます。 プロセスチーズはナチュラルチーズよりも長期間保存ができ、味もほとんど変わりません。 スーパーやコンビニでよく見かける、スライスチーズや6Pチーズといったおなじみのものがこれです。 安価で求めやすく、食卓にものぼりやすいチーズですね。 (2)ナチュラルチーズの6つの種類 さて、今回のテーマ「ブルーチーズ」は、工場で成形などをする前の ナチュラルチーズの仲間です。 ナチュラルチーズは、原料や製造方法などにより、次の6つのタイプに分けることができます。 青カビタイプ• 白カビタイプ• フレッシュタイプ• ハードタイプ• ウォッシュタイプ• シェーブルタイプ それぞれどんなものなのか、簡単にご紹介しておきます。 青カビタイプ チーズの内側に食用の青カビを繁殖させることで発酵させたチーズ。 断面は白地に青のマーブル模様に見える。 独特の風味が強い。 白カビタイプ チーズの外側を食用の白カビで覆い、内側へ向かって発酵させたチーズ。 外はカリカリ、中はトロッと柔らかい食感が特徴。 フレッシュタイプ 熟成の期間がごく短い、または全くさせないタイプのチーズ。 ヨーグルトのようにクリーミーで、臭みも少なく食べやすい。 日本ではモッツァレラやマスカルポーネがおなじみ。 ハードタイプ 水分をほとんど残さず熟成させたチーズ。 表面は硬く、味はコクがあって濃い。 長期保存に向いている。 チェダーやパルミジャーノ・レッジャーノなどが有名。 ウォッシュタイプ 熟成中、外側を塩分や酒で洗いながら作るチーズ。 中はマイルドだが独特の風味が強く、通向けのチーズと言われている。 シェーブルタイプ ヤギの乳からできているチーズのこと。 シェーブルとは、フランス語で「ヤギ」という意味。 独特の風味が強いが、クセになるファンも多い。 ブルーチーズとは、このうち青カビタイプの総称です。 チーズの中でも栄養価が高く、独特の風味にファンが多いチーズです。 【2】食べれば虜に!ブルーチーズの美味しい秘密 世界にファンが多いとはいえ、ブルーチーズは日本ではまだまだ知名度が高くありません。 でも、だからといって日本人の味覚に合わない……なんてこともないんですよ! 一度食べると、その風味にハマってしまう人も多いんです。 青いマーブルの正体は、青カビ!? チーズの中でも見た目が特殊なブルーチーズですが、あの青いマーブル模様の正体は、他でもない青カビなのです。 青カビを内側の隙間に繁殖させることで、チーズの熟成が進み、美味しくなります。 これは味噌や醤油など、他の発酵食品ともよく似た原理ですね。 でも、「青カビ」というイメージがネックになって、手を出しづらいと考える人も多いかも……。 心配は要りません! ブルーチーズの青カビは食用のもの。 食べても身体に害がないどころか、他の細菌と協力して身体に良い成分を作り出してくれる優れものなのです。 青カビにはそもそも、• 食用の安全なもの• 毒性が強く危険なもの の2種類があります。 正月のお餅や箱の底のミカンなどに生えてくる青カビは、毒性が強く危険なもの。 これは絶対に食べてはいけません。 ブルーチーズに使われる青カビは、これら放置された食品に生えるカビとは全く異なり、心配なく食べられる種類のものなんです。 ブルーチーズは見た目も美しく、食卓にも心にもゴージャスな華を添えてくれます。 お酒や食事が一段格上げされる食材、ぜひ試してみてはいかがでしょう? 通に愛される「世界三大ブルーチーズ」 ナチュラルチーズの一種であるブルーチーズは、さらに原産地や製法ごとにこまかく銘柄が枝分かれしていきます。 中でも、• ゴルゴンゾーラ• スティルトン• ロックフォール の3種類の銘柄は 「世界三大ブルーチーズ」と呼ばれ、世界中の多くのチーズ愛好家に愛されています。 日本人にもおなじみのゴルゴンゾーラチーズは、クセの強いブルーチーズの中では比較的まろやかで食べやすいものです。 ブルーチーズ初心者で、ちょっと勇気が要るかな……と感じる方は、最初にゴルゴンゾーラにチャレンジしてみるのがおすすめです。 【3】ビタミン・ミネラル豊富なエリート食材 では次に、チーズに含まれる成分について見ていきましょう。 カルシウムだけじゃない!チーズに豊富な成分 ブルーチーズのみならず、チーズの仲間はみんな栄養価が豊富です。 牛や羊の乳からつくられるため、 カルシウムが豊富なイメージのあるチーズですが、 それだけじゃないんです! チーズに豊富に含まれており人の身体に必要とされる成分は、以下のようなもの。 タンパク質• カルシウム• ビタミンA• ビタミンB群• ビタミンE• ビタミンK• 乳酸菌• 炭水化物• レチノール• カリウム• マグネシウム などなど。 どうでしょう。 イメージしていた以上にヘルシーではありませんか? とくに ビタミンB群に関しては、• ビタミンB1• ビタミンB2• ビタミンB3(ナイアシン)• ビタミンB5(パントテン酸)• ビタミンB6• ビタミンB12• 葉酸 と、ほぼ全てを網羅しています。 カルシウムやタンパク質だけでなく、ビタミン・ミネラルも豊富。 かつ少量でこれらを摂取できるという点で、チーズは食材のエリートと呼んでいいでしょう。 中でもブルーチーズは、青カビのおかげで熟成が進み、美味しさも美容・健康効果もギュッと詰まっています。 きれいになりたい女性の味方、ブルーチーズ。 食べることで、どんな美容効果が得られるのでしょうか? 効果(1)美しい肌に生まれ変わる ブルーチーズに含まれる• ビタミンB2• バルミチン酸• セレン の働きにより、お肌が美しくより若く保たれます。 ビタミンB2は、 皮膚や粘膜を守って健康に保ち、お肌の新陳代謝を促進します。 新陳代謝=細胞の生まれ変わりです。 肌細胞が新しく生まれ変わることで、 肌荒れやニキビといった肌トラブルを避けやすく、回復もしやすくなります。 バルミチン酸は、 抗酸化作用を持ちます。 酸化とは、細胞がサビて老化していく現象のこと。 これを防いで お肌のシワを減らし、ニキビなども予防します。 セレンはミネラル成分の一種で、やはり抗酸化作用を持ちます。 お肌の老化や乾燥を防ぎ、お肌の大敵である毒素を体外へ排出する役割を持っています。 効果(2)美しい髪の毛をつくる ブルーチーズに最も豊富な• タンパク質• カルシウム の働きにより、髪の毛を美しく、若々しく保つことができます。 タンパク質は髪の毛の原料!タンパク質がないと新しい髪を育てることができません。 昔から「髪は女性の命」と言います。 実際、髪の毛が人に与える印象って、見た目の印象の中でもかなり大きいですよね。 ブルーチーズにギュッと凝縮された 良質のタンパク質が、ツヤとコシのある髪をつくります。 いつまでも若々しい印象でいられますよ。 カルシウムは精神を落ち着かせる作用を持っています。 イライラやストレスをすっと鎮め、抜け毛を予防してくれます。 とくに女性はホルモンバランスの影響を受けやすく、更年期に向かうにつれて髪のツヤが減り、抜け毛が増える傾向にあります。 ブルーチーズで髪を若々しく保ちましょう。 効果(3)丈夫な白い歯を保つ タンパク質とカルシウムが守ってくれるのは、髪の毛だけではありません。 歯の健康のためにも、この2つは不可欠です。 じつは歯の土台となる象牙質には、タンパク質が欠かせません。 そして歯の外側の石灰化は、カルシウムの役割。 内側でタンパク質が、外側ではカルシウムがしっかり働くことで、白く丈夫な歯が保たれます。 2つのうちどちらが不足しても困るので、バランスよく摂取することが大切です。 ブルーチーズはこのどちらも豊富に含んでおり、効率よく摂取することができます。 効果(4)ダイエットを強力サポート チーズというとカロリーが高い印象があり、ダイエットには不向きだと思われがちかもしれません。 でも 食べる量にさえ気をつければ、チーズは、じつはダイエットを力強くサポートしてくれるんです。 その理由は、以下の5つ。 タンパク質が筋肉をつくり、脂肪を燃やす• カルシウムがイライラを防ぐ• 不足しがちなビタミン・ミネラルを補える• 乳酸菌が便秘を解消• 満足感が大きく、食べ過ぎを防止してくれる 脂肪を燃やすのは筋肉ですが、筋肉の素となるのがタンパク質です。 良質なタンパク質を豊富に含むブルーチーズは、筋トレの強い味方となります。 また、乳製品であるチーズにはカルシウムが多く含まれ、 ダイエット中の我慢によるストレスやイライラを緩和、どか食いを防止してくれます。 詳しくはこちらの記事も読んでみてくださいね。 ただし、脂質も含まれていますしカロリーもそれなりにありますので、食べる量にはやはり注意が必要です。 【5】血管や細胞の若さを保つ!ブルーチーズの健康効果 美容効果だけでもたくさんありましたが、ブルーチーズの効能はまだまだありますよ。 続いて、健康に与えてくれる良い影響を見ていきましょう。 効果(5)整腸作用で毒素を排出 ダイエットの項でも書きましたが、 ブルーチーズは乳酸菌をたくさん含んでいます。 乳酸菌はお腹の中で、• 腸の働きを活発化させる• 食べ物の消化吸収を助ける• 便を健康に保ち、肛門へ送り出す• 病原菌や腐敗菌を排除する などの働きをしてくれます。 ブルーチーズを食べることで、• 便秘や下痢を防ぐ• 体内の毒素を溜め込まずに排出する• 腸の健康を保つ といった 整腸効果が多いに期待できるのです。 効果(6)免疫力がアップする 整腸作用でお腹の調子が整うと、比例してアップするのが免疫力です。 とくに女性は、 歳をとるにつれカルシウムが不足し、更年期が近づくとその傾向が顕著になります。 若い頃と同じように食べていても、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。 乳製品であるブルーチーズは、いわばカルシウムの塊。 いつまでも自分の足で若々しく歩くため、積極的に取り入れていきましょう。 効果(8)血管をアンチエイジング チーズの中でもとくにブルーチーズにあるとされるのが、 血管を柔らかくし、若く保つ作用です。 チーズには、「LTP(ラクトトリペプチド)」という乳酸菌が含まれています。 この乳酸菌には、• 血圧を上げる酵素の働きを抑える• 血管が狭くなる原因を取り除く• 血管を柔らかくする といった働きをする性質があります。 血管を拡げて柔らかくすることで、• 高血圧• 動脈硬化• 動脈瘤• 動脈解離• 不整脈• 弁膜症• 狭心症 など、 血管や心臓などに関わるさまざまな病や症状から、あなたを守ってくれるのです。 よく、イライラするのはカルシウムが足りないからだ、などと言われますよね。 あれって嘘じゃないんです。 カルシウム不足は、日中のイライラだけでなく、夜の眠りにも悪影響を及ぼします。 なかなか寝付けない• 眠りが浅い• 夜中に何度も起きてしまう といった 就寝中の悩みは、自律神経が乱れて興奮と鎮静をうまく調節できていないせいかもしれません。 また、• 寝ても疲れがとれない• 日中眠くて仕方ない• 頭がぼんやりして集中できない といった脳の休息不足による悩みは、睡眠の質を上げることで解消するのが一番です。 ブルーチーズに含まれる 「カルシウム」と「トリプトファン」が、すっと寝付きのよいお休みタイム、ぐっすり休める良質な睡眠へと導いてくれます。 効果(10)月経前のつらい症状をやわらげる 月経前にどうしようもなくイライラしたり、肌や身体が調子を崩してしまう「PMS(月経前症候群)」。 他人にはなかなか伝えづらい、女性特有の悩みですよね。 この PMSは、カルシウムの働きである程度やわらげることができます。 とくに「ブルーチーズが好き」という方には、頑張っている自分へのご褒美として食べるのをおすすめします。 PMSの緩和には、ストレスを減らすことも効果があるんです。 カルシウムと、独特のブルーチーズの風味が、あなたの心をふっと軽くやわらげてくれますよ。 美味しく食べてヘルシー&ビューティに! ブルーチーズの効能、いかがでしたか? 今まであまりなじみがなかった方にも、「ちょっと食べてみたいな」と思っていただけていたら嬉しいです。 美味しい上にちょっぴりゴージャス。 おまけにとってもヘルシーなブルーチーズ! 気になったあなたは、ぜひチャレンジしてみてくださいね!.

次の