ビット コイン 半減 期 と は。 ビットコイン半減期が4年ぶりに到来、価格上昇の要因と今後の展望【ブロックチェーン講座】

ビットコイン(BTC)の半減期は2020年?半減期の設定理由と価格への影響を徹底解説!

ビット コイン 半減 期 と は

ビットコインの半減期について ビットコインの半減期は、その名前の通り、 マイニング(採掘)報酬が半分になるタイミングのことになります。 ビットコインの数が半分に減るわけではありません。 マイニングで得られる報酬が半分になるという意味です。 ビットコインは 約4年に1回に「半減期」が行われ、最終的には2140年頃に総産出量が2,100万ビットコインになったところで新規発行が終了します。 半減期前後は価値を上げやすい3つの理由 希少性が増す 半減期で半減するマイニング報酬は、新しいビットコインが生まれる枚数が純粋に半減になるということです。 すなわち、より入手しにくく希少になり、価値があがりやすくなります。 マイナーが安く売らなくなる ビットコインのマイニング(採掘)には、高性能の採掘マシンなどの設備代、人件費、特に電気代がかかります。 マイニングの報酬が半減するということは、これまでのビットコインの価格で売っていると単純に報酬が半分になります。 採掘を行うマイナーは、高い設備費用などをかけて採掘しているので、半減した報酬のビットコインを採算をとるために安く売らないようになります。 マイナーにとって、半減期のイベントは給料が半分になるようなものです。 利益を出していくために、安く売りにくくなります。 売り圧が減る また 仮想通貨の採掘報酬が半減するということは、純粋に売り圧が減ります。 ビットコインを採掘している人(マイナー)は、報酬のビットコインを売って生活していますから、報酬のビットコインが半減したら売る量も半減するというわけです。 過去のビットコインの半減期の時期、報酬量 21万ブロックが生成されるごとにビットコインのマイニング報酬は半減していきます。 これが約4年に1回でオリンピックの時期に起こる周期となっています。 最初のビットコインの半減期は2012年11月に迎えました。 次の半減期は2016年7月でした。 5BTCになりました。 まとめると ・ビットコイン誕生から最初の半減期までの報酬50BTC ・2012年11月から報酬25BTC ・2016年7月から報酬12. 5BTC ・2020年から報酬6. 25BTC このように約4年に1度、マイニング報酬が半減します。 半減期の過去のデータを見てみよう! では実際に参考に過去のデータを見てみましょう。 弱気相場が続いていましたが、この半減期を機会にビットコインは上昇トレンドに転じました。 そして2013年度にバブルが起こります。 半減期前後で価格が大幅に上昇しました。 ただし、上がりすぎたのか半減期前に1ランク下げました。 取引量が増加している点も注目です。 この半減期から上昇トレンドに転じ、2017年にビットコインの人類史上最高のバブルが起こりました。 ライトコイン半減期 別の例を見てみましょう。 ビットコインと性能が似ているライトコインを例にします。 ライトコインも価値が上昇して下降したものの1ランク価値が上昇しました。 今気付いたけどLTCの伸び具合が半端じゃない。 これが半減期効果か — zori gs100zori 当時のツイッター上での報告です。 LTCの伸びが凄かったことがわかります。 このようにビットコイン以外の通貨も半減期前後には価格が上昇傾向にあります。 2020年のビットコインの半減期が重要な理由 2020年のビットコインの半減期は重要です。 それは 仮想通貨の全体の時価総額の半分がビットコインだからです。 これは世界の通貨の米ドルの割合と同じくらいです。 仮想通貨界の米ドルがビットコインなのです。 ビットコインのドミナンス(支配力)は、記事作成段階の2019年3月時は約50%。 ビットコインの半減期の影響で多くの通貨も左右されるでしょう。 2020年に特に注目したいのは、半減期前後のマイナーの動向です。 現在、ビットコインの暴落と採掘費用がかかるため、電気代の安い国でもマイナーが徐々に採算がとれなくなってきています。 もし、あなたがマイナーで利益がほとんど出ない状態で2020年にもらえるビットコインの報酬が半分になるとわかっていたらどうしますか? おそらく事前に撤退するか、高値になるまで蓄えておくでしょう。 損益分岐点付近まで差し掛かったビットコイン。 半減期でさらに報酬が半減する影響は大きいです。 ビットコインの2020年の半減期っていつなの? 結論から述べると、次のビットコインの半減期は2020年の5月頃です。 ビットコインの半減期は約4年に1度という周期です。 ただ、正確には21万ブロック毎に半減期が起こります。 約4年となっているのは、ネットワーク状況により、必ずしもブロックが10分で生成されるわけではなく、多少のずれが生じます。 よって、 ビットコインの半減期の正確な日時は日々変化します。 この日々変化するビットコインの次の半減期を知る目安となるサイトがあります。 2つほどご紹介します。 現段階では、2020年5月24日と記載されていますが、日々変わります。 以前、2017年に見たときは、2020年の7月1日が次の半減期と記載されていました。 しかし、現在は2020年5月24日頃と記載されています。 2019年末頃、再びカウントダウンタイマーで確認し、2020年はこまめにチェックして見ると良いでしょう。 こちらでは5月21日と記載されていますね。 このようにマイナーの採掘スピード次第で半減期の時期が少しずつずれていきます。 ビットコイン以外の半減期(ブロック報酬減)の時期がわかるカウントダウンタイマーをまとめました。 2020年は、BCH、LISK、ETC、モナコインなど国内取引所で販売されている通貨の半減期が目白押しです。 興味があれば上記事をご覧ください。 2019年に前哨戦のライトコインの半減期 2019年の7月末~8月初旬頃にライトコインの半減期があります。 ライトコインはビットコインほどの規模はないものの、POWの仕組みで性能が似ており、2020年のビットコインの半減期を占うイベントになるでしょう。 もしも、従来通りに価格が1段階上昇するようなら 「歴史は繰り返す」でしょう。 最後に 最近、こう思うようになりました。 「ビットコインのチャートがインターネットや金などに似ている。 しかし、成長が早いのは、市場が365日動いているだけではなく、ビットコインの半減期が関係してるのかもしれない。 実際、まだ10年の歴史ではありますが、約4年に1度バブルを繰り返し、底上げを繰り返しています。 さて、現在のビットコインのチャートを見ると、比較的、安定しています。 底値にも見える一方で、週足で見ると 上値をいまだに切り下げています。 よって、さらに落ちる可能性があり、今はあまり良い状態ではないですね。 ただ、過去のビットコインのチャート通りになるのであれば、この辺りから徐々に購入を試してみるのもありです。 ビットコインの半減期は、稀代のチャンスだと感じています。 過去もトレンドを変えています。 もしも、今年、現在の価格を維持できれば、来年の半減期前は買い予定です。 少なくとも過去2度は、上述の通りに半減期の前後から急上昇し始めて、その1年後にはバブルが起こっています。 2度あることは3度あるといいます。 2020年のビットコインの半減期は、注目しておきたいイベントです。

次の

ビットコイン半減期が4年ぶりに到来、価格上昇の要因と今後の展望【ブロックチェーン講座】

ビット コイン 半減 期 と は

ビットコイン(BTC)の半減期とは の半減期とは、マイニングの報酬が半分になる時期のことを指します。 以下、半減期について詳しく説明していきます。 まず、ビットコインはマイニングによって新規発行されています。 マイニングとは、取引の整合性を調べて新たにブロックを作成し、そのブロックをに繋げていく作業のことです。 マイニングに成功するとビットコインが新規発行され、マイナーは報酬が得られるという仕組みになっています。 ビットコインでは、マイニングの報酬が一定期間を経るごとに半分ずつ減っていくように設定されており、その半分に減るタイミングを半減期と呼んでいます。 ちなみに半減期は全ての通貨に設定されているわけではなく、やなど、半減期が無い通貨もあります。 ビットコイン(BTC)に半減期を設定する理由 ビットコインの発行上限は2100万BTCと定められています。 例えば金や石油などは埋蔵量が決まっているため、残りの埋蔵されている金や石油の価値が上昇していきますが、同様にビットコインも価値を上げていくことを目的にして発行上限を定めています。 しかし上限を設けたことにより、 同じペースで通貨が発行され続けるとすぐに上限に達してビットコインの希少価値が高まり、需要に供給が追いつかなくなって一気にインフレが起きる可能性があります。 そのため、ビットコインには半減期を設定することで発行枚数を制限し、需要と供給のバランスを取っているのです。 ちなみにすべてのビットコインが掘り出されると言われているのは「2140年」と予想されています。 ビットコイン(BTC)の半減期はいつ起こるのか ビットコインは21万ブロックを生成するごとに半減期が訪れるように設定されており、ブロックは約10分に1個生成されています。 21万ブロックが生成されるには約4年かかるので、 概ね4年に一度のタイミングで半減期が訪れることになります。 ビットコインでは、最初のマイニング報酬は50BTC、1回目の半減期が2012年で25BTC、2回目が2016年で12. 5BTC 、3回目は2020年と言われており、報酬は6. 25BTCになります。 ビットコイン(BTC)の半減期による価格への影響 ビットコインの半減期が与える影響としては大きく2つの可能性があると考えられています。 報酬が減ったことによってマイナーが減り、が減少して価格が下がる可能性• 供給量が減ることによって価格が上がる可能性 過去の半減期前後の価格変動を見ると、半減期の1~2ヶ月前から徐々に上昇し、半減期の直前から半減期が終わった後に価格が下落、その後はまたゆっくりと上昇をしています。 長期的にみれば価格は上昇していることになります。 次の2020年と予想されている半減期も、その傾向と同様の価格変動になるのではないかと言われています。 しかし半減期の価格変動には、ビットコインの普及率や時価総額など様々な要因が絡んできます。 またそれ以外にも「ビットコインの8割ほどが既に発行されている」という今までにない状況でもあるため、これらの因子を考量したうえでビットコイン半減期による価格変動を予測していくとよいでしょう。 今後のビットコインの価格変動が気になる方は【】の記事を参考にしてください。 【2位】 最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所 【急上昇!】 東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる! 【1位】 現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。 取引手数料無料! 【2位】 ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所! 【3位】 一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単に リップルなどの人気銘柄の売買ができる!.

次の

【ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期】2019年

ビット コイン 半減 期 と は

半減期とは ビットコイン半減期の本質を解説 ビットコインの仕組み 半減期という仕組みを理解するにはまず、ビットコインの ブロックチェーンと マイニング(採掘)というシステムを理解しなければなりません。 ここでは簡単に説明しましょう。 ビットコインには中央管理者がいないため、ビットコインが誰の口座から誰の口座に流れたかの記録が必要です。 この取引記録のまとまりを ブロックチェーンと呼びますが、ブロックチェーンに正確に取引記録を記入できた人には 報酬としてビットコインが与えられます。 このようにブロックチェーンに取引記録を書き足して報酬をもらうことを、マイニングといいます。 世界中の人々はまだ世の中に出回っていないビットコインをマイニング 採掘 するために、ブロックチェーンを繋いでいくのです。 ブロックチェーンの詳しい仕組みについてはこちら。 ビットコインの半減期とはなにか 半減期とはずばり、 マイニングにおける報酬が半分になってしまうタイミングのことです。 ビットコインの1回のマイニング報酬は当初50BTCでした。 しかし2012年の半減期で25BTCに、2016年の半減期で12. 5BTCになりました。 ビットコインの半減期が訪れるタイミングはあらかじめ決められています。 ブロック ブロックチェーンの最小単位のようなもの)は約10分に1個生成されるように設定されているのですが、 半減期は21万ブロックが生成された時に訪れると決められているのです。 「ビットコインは4年に1回!」のように書いてあるサイトも散見されますが、これは結果としてそうなっているだけであって、本質的には ブロックの生成速度で決まっています。 実際にブロックの生成速度はブロックの計算難易度や、マイナー マイニングする人 たちの競争に影響を受けるので、10分ぴったりではありません。 これまでの傾向からいくと、 半減期は4年よりも少し早まる傾向にあります。 なぜ半減期は必要なのか 例えば、 円やドルなどは中央銀行がその発行量を管理しているので、インフレになったら発行量を減らし、デフレになったら増やすなどの コントロールができます。 しかしビットコインには中央管理者がいないので、 発行量をコントロールすることができません。 一方、ビットコインの発行上限はあらかじめ 約2100万BTCと決められています。 発行上限が決まっているなら、誰もが上限に達する前にビットコインが欲しいと思うでしょう。 そのため同じペースでビットコインがマイニングされると、 急激なインフレがおきてしまう可能性が高いのです。 そこで考えだされた仕組みこそが 半減期なのです。 ビットコインにおけるマイニングはビットコインの新規発行とみなせるので、マイニング報酬を半分にするタイミングを設けることで、ビットコインが新規発行されすぎるのを防いでいるのです。 こうすることで、緩やかにビットコインの価値を上げることができるのです。 半減期とは 3回目の半減期はズバリ、2020年5月 ビットコインは今まで2012年と2016年の2回半減期が訪れました。 現在のマイニング報酬は12. 5BTCなので、 次の半減期では6. 25BTCになるわけですね。 では、3回目の半減期はいつ来るのでしょうか。 ビットコインが初めて発行されたのが2009年なので、だいたい3〜4年ごとに半減期が訪れているのがわかります。 ですがすでに述べたように、半減期は決して「〇年おきにくる」というものではなく ブロックの生成速度に依存しています。 これをもとに次の半減期を予想してみましょう。 ブロックの生成速度は約10分に1個で、半減期は21万ブロックに1回訪れます。 さらに現在のマイニングの計算競争なども考慮すると、 次の半減期は2020年5月に訪れます。 2回目の半減期が2016年7月だったので、やはり 4年よりは若干早くなっています。 価格はどうなる? 2012年と2016年の半減期を分析してみた ビットコイン半減期 in 2012 ビットコインの初めての半減期は2012年11月にありました。 しかし、実はこの時には 特に目立った値動きはありませんでした。 2013年に入ってビットコインは確かに値上がりしましたが、これにはキプロス危機などの要因がからんでいて半減期の影響はさほど大きくなかったと思われます。 このようになった理由としては、 当時はまだ ビットコイン利用者自体が少なかったことが挙げられるます。 2012年時点ではビットコインの認知度は低く、半減期にあまり注目が集まらなかったのかもしれません。 では次に、ビットコインユーザーが増えた2016年の値動きを見てみましょう。 ビットコイン半減期 in 2016 より 2016年の2回目のビットコインの価格変動は2013年に比べて特徴的です。 まず青い矢印に注目しましょう。 半減期は7月でしたが5月くらいからじわじわと ビットコインが値を上げてきました。 そして6月末に一旦価格が急降下し再び持ち直しています。 5月から値が高騰した理由は断言できませんが、半減期という一大イベントを前にビットコインに注目が集まったからだと思われます。 この高騰である程度の利益を得た人が、半減期を前に利益確定しようとしたのが青い矢印の急降下の理由だと思われます。 では 長期的な目で見た場合はどうでしょうか。 赤い矢印 が長期的な変動。 短期的には乱高下がありますが、半減期を経てビットコインの 価格帯は一段階上がっていることがわかりますね。 マイニング報酬が半分になるということは、新規発行されるビットコインが減るというわけですから、需要と供給の関係でビットコインの価格は上がるのです。 価格はどうなる? 次の半減期にビットコインの価格は上がるの? 次の半減期にビットコインはどのような値動きをするのでしょうか。 様々な角度から考察してみましょう。 ビットコイン過去2回の半減期 さきほど解説した過去2回の半減期を振り返ってみます。 1回目の半減期はビットコイン利用者が少なく、特徴的な値動きもないので判断材料としては物足りませんが、半減期を経ても価格が下がらなかったことは確かです。 では次のビットコインの半減期にも価格は上昇し、さらに2回目の半減期のような特徴的な値動きをするのでしょうか? 実は、そう言い切るにはまだ早いです。 より正確に予想するためにも、ビットコイン以外の暗号資産 仮想通貨 が半減期の前後にどのような値動きをしたのか見てみましょう。 暗号資産 仮想通貨 ライトコインの半減期 より これはライトコインの2015年8月の半減期のチャートです。 よく見ると ビットコインの半減期と同じような動きをしていますね。 価格はどうなる? ビットコインは半減期を繰り返すとどうなる? ビットコインが採掘されつくした世界 半減期とは、ビットコインの新規発行を抑制するためのシステムだと先ほど説明しました。 しかしビットコインには発行上限があり、新規発行が抑制されたとしてもいつか上限に達する日が来るはずです。 もし今のペースを保ったままビットコインが順調にマイニングされた場合、 最後のビットコインがマイニングされるのは2140年ごろだと言われています。 これを機に、ビットコインを新規発行するためのマイニングが行われることはなくなります。 しかし ビットコインのエコシステムを稼働し続けるためには、マイニング作業を続けることが必須です。 これまでマイニングによる報酬として新規発行分のビットコインを獲得する権利を得られていましたが、 2140年以降はトランザクション手数料のみがマイナーの利益となります。 ビットコインのトランザクションでは、取引手数料が高いモノを優先的にマイニングプールから取り出して選ぶことができるので、高いモノから順に処理されていきます。 ひとたび流通量が一定量に達すると、インセンティブを取引手数料として払うことが可能になり、ビットコインは規定以上流通することはないのでインフレから完全に解き放たれることになるのです。 半減期という巧妙なシステムに敵はいるか? 半減期というシステムはビットコインの新規発行を抑制するという目的以外に、 マイナーのインセンティブ 誘因 を抑えるという役割もあります。 マイニングには膨大な計算量を要すため、マイナーたちは計算処理能力の高いコンピュータを駆使して計算を行っています。 しかしこれには電気代がかなりかかるので、マイニング報酬よりもコストが上回る場合にはマイニングをしません。 半減期で報酬を減らすことにより、うまくマイニングまでコントロールしているわけです。 しかし近年、 量子コンピュータというものが注目されています。 量子コンピュータとは、今までのコンピュータとは違った方法で演算ができる次世代のコンピュータのことで、 計算能力は従来よりも飛躍的に向上します。 もしこれを使って低コストでマイニングができるようになったら、半減期というシステムは機能するのでしょうか? そしてそもそも、それだけの演算速度があればブロックチェーン上の記録まで改ざんできてしまうかもしれません。 もしかしたら ビットコインの価値が新たな技術によって脅かされる日が来るのかもしれません。

次の