東京 都 蓄電池 補助 金。 【令和2年度】最新:家庭用蓄電池補助金速報 最新!6月25日更新!!|全国対応|エコでんち

東京都の蓄電池補助金【2020年最新版】

東京 都 蓄電池 補助 金

ページ内目次• 国からの補助金 SII(環境共創イニシアチブ)から家庭用蓄電池への追加公募がありました。 補助金額 一律20,000円 問い合わせ先 環境共創イニシアチブ(事務局) TEL:03-5565-3820 東京都からの補助金 補助要件• 都内の住宅において新規に設置される機器(未使用品)であること。 交付決定後に契約締結すること。 ただし、令和2年2月29日までに契約締結したものについては、交付決定前の契約締結であっても補助の対象とする。 令和元年8月10日から令和3年9月30日までに補助対象機器等を設置すること。 ・太陽光発電又は家庭用燃料電池装置(エネファーム等)と併設し接続をすること。 (1)『リチウムイオン畜電池』は、国が実施するネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業における対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したものであること。 (2)『電気自動車・住宅間相互電力供給装置』は、一般社団法人次世代自動車振興センターが対象機器として認定した充電器のうち、電気自動車に蓄電している電力を住宅用電源に利用できるものであること。 北区内に居住又は居住する予定の場合は、その住宅に自ら使用する目的で助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 北区内に事業所を有する又は有する予定の場合は、その事業所に自ら使用する目的で助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 北区内の管理組合等の場合は、その建築物の共用部分に助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 建物が賃貸又は使用貸借の場合は、その所有権者から設置又は施工についての同意を得ていること• 個人住民税又は法人住民税を滞納していないこと• 導入しようとする機器等が、未使用のものであること• 同一年度内にこの助成制度に基づく同じ種類の助成を受けていないこと• 導入しようとする機器等について、区の助成を受けていないこと• 建築物の販売、貸付け等による利益を目的としていないこと• 江東区内に住宅(店舗、事業所等を併用する住宅及び賃貸住宅を含む。 を所有する個人又は区内に自らが所有する住宅を求めようとする個人• 賃貸住宅又は使用貸借住宅の居住者(住宅の所有者から設備を設置することについて同意を得ている場合)• ) ただし、次の方には助成金を交付できません。 蓄電池システムは、太陽光発電システム(蓄電池と同時導入、または既に導入していること)を利用して充電できること• 蓄電池システムは、国が平成28年度以降に実施する補助事業の対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブ新しいウインドウが開きますにより登録されていること• 太陽光発電システムは、一般財団法人電気安全環境研究所新しいウインドウが開きますによる認証、または国際電気標準会議のIECEE-PV-FCS制度に加盟する海外認証機関による認証を受けていること。 太陽光発電システム(既に設置されている太陽光発電システムを含む)に常時接続するものは、一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したもので、太陽光発電システムにより発電した電力を蓄電できるものであること• タイナビ蓄電池を利用の際は『ご意見・ご要望』の欄に 『最安値の販売店を希望しています。 』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。 また、 相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場や販売店ごとのサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

次の

家庭に対する蓄電池等補助事業 :東京都地球温暖化防止活動推進センター

東京 都 蓄電池 補助 金

ページ内目次• 国からの補助金 SII(環境共創イニシアチブ)から家庭用蓄電池への追加公募がありました。 補助金額 一律20,000円 問い合わせ先 環境共創イニシアチブ(事務局) TEL:03-5565-3820 東京都からの補助金 補助要件• 都内の住宅において新規に設置される機器(未使用品)であること。 交付決定後に契約締結すること。 ただし、令和2年2月29日までに契約締結したものについては、交付決定前の契約締結であっても補助の対象とする。 令和元年8月10日から令和3年9月30日までに補助対象機器等を設置すること。 ・太陽光発電又は家庭用燃料電池装置(エネファーム等)と併設し接続をすること。 (1)『リチウムイオン畜電池』は、国が実施するネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業における対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したものであること。 (2)『電気自動車・住宅間相互電力供給装置』は、一般社団法人次世代自動車振興センターが対象機器として認定した充電器のうち、電気自動車に蓄電している電力を住宅用電源に利用できるものであること。 北区内に居住又は居住する予定の場合は、その住宅に自ら使用する目的で助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 北区内に事業所を有する又は有する予定の場合は、その事業所に自ら使用する目的で助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 北区内の管理組合等の場合は、その建築物の共用部分に助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 建物が賃貸又は使用貸借の場合は、その所有権者から設置又は施工についての同意を得ていること• 個人住民税又は法人住民税を滞納していないこと• 導入しようとする機器等が、未使用のものであること• 同一年度内にこの助成制度に基づく同じ種類の助成を受けていないこと• 導入しようとする機器等について、区の助成を受けていないこと• 建築物の販売、貸付け等による利益を目的としていないこと• 江東区内に住宅(店舗、事業所等を併用する住宅及び賃貸住宅を含む。 を所有する個人又は区内に自らが所有する住宅を求めようとする個人• 賃貸住宅又は使用貸借住宅の居住者(住宅の所有者から設備を設置することについて同意を得ている場合)• ) ただし、次の方には助成金を交付できません。 蓄電池システムは、太陽光発電システム(蓄電池と同時導入、または既に導入していること)を利用して充電できること• 蓄電池システムは、国が平成28年度以降に実施する補助事業の対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブ新しいウインドウが開きますにより登録されていること• 太陽光発電システムは、一般財団法人電気安全環境研究所新しいウインドウが開きますによる認証、または国際電気標準会議のIECEE-PV-FCS制度に加盟する海外認証機関による認証を受けていること。 太陽光発電システム(既に設置されている太陽光発電システムを含む)に常時接続するものは、一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したもので、太陽光発電システムにより発電した電力を蓄電できるものであること• タイナビ蓄電池を利用の際は『ご意見・ご要望』の欄に 『最安値の販売店を希望しています。 』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。 また、 相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場や販売店ごとのサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

次の

蓄電池、燃料電池(エネファーム)等に対する助成金【新制度】 :東京都地球温暖化防止活動推進センター

東京 都 蓄電池 補助 金

ページ内目次• 国からの補助金 SII(環境共創イニシアチブ)から家庭用蓄電池への追加公募がありました。 補助金額 一律20,000円 問い合わせ先 環境共創イニシアチブ(事務局) TEL:03-5565-3820 東京都からの補助金 補助要件• 都内の住宅において新規に設置される機器(未使用品)であること。 交付決定後に契約締結すること。 ただし、令和2年2月29日までに契約締結したものについては、交付決定前の契約締結であっても補助の対象とする。 令和元年8月10日から令和3年9月30日までに補助対象機器等を設置すること。 ・太陽光発電又は家庭用燃料電池装置(エネファーム等)と併設し接続をすること。 (1)『リチウムイオン畜電池』は、国が実施するネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業における対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したものであること。 (2)『電気自動車・住宅間相互電力供給装置』は、一般社団法人次世代自動車振興センターが対象機器として認定した充電器のうち、電気自動車に蓄電している電力を住宅用電源に利用できるものであること。 北区内に居住又は居住する予定の場合は、その住宅に自ら使用する目的で助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 北区内に事業所を有する又は有する予定の場合は、その事業所に自ら使用する目的で助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 北区内の管理組合等の場合は、その建築物の共用部分に助成対象機器等を購入し、設置又は施工する方• 建物が賃貸又は使用貸借の場合は、その所有権者から設置又は施工についての同意を得ていること• 個人住民税又は法人住民税を滞納していないこと• 導入しようとする機器等が、未使用のものであること• 同一年度内にこの助成制度に基づく同じ種類の助成を受けていないこと• 導入しようとする機器等について、区の助成を受けていないこと• 建築物の販売、貸付け等による利益を目的としていないこと• 江東区内に住宅(店舗、事業所等を併用する住宅及び賃貸住宅を含む。 を所有する個人又は区内に自らが所有する住宅を求めようとする個人• 賃貸住宅又は使用貸借住宅の居住者(住宅の所有者から設備を設置することについて同意を得ている場合)• ) ただし、次の方には助成金を交付できません。 蓄電池システムは、太陽光発電システム(蓄電池と同時導入、または既に導入していること)を利用して充電できること• 蓄電池システムは、国が平成28年度以降に実施する補助事業の対象機器として一般社団法人環境共創イニシアチブ新しいウインドウが開きますにより登録されていること• 太陽光発電システムは、一般財団法人電気安全環境研究所新しいウインドウが開きますによる認証、または国際電気標準会議のIECEE-PV-FCS制度に加盟する海外認証機関による認証を受けていること。 太陽光発電システム(既に設置されている太陽光発電システムを含む)に常時接続するものは、一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したもので、太陽光発電システムにより発電した電力を蓄電できるものであること• タイナビ蓄電池を利用の際は『ご意見・ご要望』の欄に 『最安値の販売店を希望しています。 』と入力してください。 それだけで勝手に販売店が価格を競って提示してくれます。 また、 相場だけでなく補助金の確認もできますので、色々と調べるのが面倒だという方にもおすすめのサービスとなっています。 あくまでも見積りサービスとなっていますので、価格相場や販売店ごとのサービスの比較として使ってみるとよいでしょう。 利用は無料ですので、興味のある方は下記公式サイトから最安値の販売店を探してみてください。

次の