たべ のこし 剣 盾。 【ポケモン剣盾】ジャラランガ育成。新技ソウルビート!強いの??

【ポケモン剣盾攻略】ポケモンの体力を奇数・偶数にする理由一覧【ソード&シールド】

たべ のこし 剣 盾

【概要】 S3はTOD環境が終わり、ラプラス環境が来る前にトゲキッス・カビゴン・ミミッキュをベースとしたスタンダードな構築を作れる最後のチャンスであると考えたため、これら高KPのポケモンを使用した構築を完成させるべくヴァーパッドさんのS2構築をスタート地点として考察を始めた。 【レンタルチーム・勝率】 TNユウ 137戦96勝41敗 勝率70. 9時過ぎの最終戦で12位から挑戦、1桁チャレンジを失敗しての21位着地だった。 【個別解説】 ドラパルト@たべのこし おくびょう すりぬけ 193 236 -x-127 252 -121 4 -96 4 -180 12 りゅうのはどう たたりめ おにび みがわり 環境にいるほぼ全てのカビゴンに後投げが可能。 カビゴン対面から裏に負担をかけ続けたいため、ドラゴン技は龍星群ではなく竜の波動を採用。 綺麗な配分さえ纏まればドラゴンアロー祟り目でも良い。 素早さは最低限のドラパルトミラーとアイアントを考慮し、180とした。 ドリュウズ@きあいのタスキ ようき すなかき 185-187 252 -81 4 -x-85-154 252 じしん アイアンヘッド がんせきふうじ つるぎのまい 先発に雑に投げられるよう襷を持たせたが、後発で選出した際の対ドリュウズへの切り返し性能と、ダイマックスをドリュウズに使うプランが残る立ち回りの広さを評価し、すなかきで採用した。 剣舞・ステロ・つのドリルで迷ったがダイマックスとの相性を考え、今回は剣舞を選択した。 ロトム@オボンのみ ひかえめ ふゆう 157 252 -x-143 124 -155 124 -128 4 -107 4 ハイドロポンプ ボルトチェンジ あくのはどう わるだくみ 初手でカバルドン展開に出しやすくするためにCを振った。 技構成はロトム受けに引かれた際、そのまま居座りで崩しにいける悪巧みと悪の波動を採用した。 ロトムの代わりにヤレユータンを使用していた時期があった。 トゲキッス@ラムのみ おくびょう てんのめぐみ 161 4 -x-115-172 252 -135-145 252 マジカルシャイン エアスラッシュ だいもんじ わるだくみ 普通の型。 対ドリュウズ・カビゴンをそれぞれドリュウズとドラパルトで手厚く対策していたため、あらゆる構築に通しやすいポケモンであった。 長い期間、火炎放射で使用していたがダイバーンの性能に頼る試合が多いと感じたため、終盤は大文字に変更した。 ミミッキュ@いのちのたま ようき ばけのかわ 131 4 -142 252 -100-x-125-162 252 ゴーストダイブ じゃれつく かげうち つるぎのまい 普通の型。 信用のできるストッパー。 ダイマックスをミミッキュに使う機会が少なくはなかったため、最速のじゃれつく剣舞で汎用性を重視した。 カビゴン@フィラのみ いじっぱり くいしんぼう 236 4 -177 244 -117 252 -131 4 -51 4 すてみタックル ヒートスタンプ アイアンヘッド のろい キョダイマックス個体。 受けの弱い構築に対して先発で選出し、高火力高耐久で負担をかける。 火傷しなかった際の削りの早さを優先しノーマル技は捨て身、サブ技は抜群の取りやすい炎と鋼を採用した。 重量技は鈍い1積みでHBナットレイを倒せるヒートスタンプを選択。 初手で削り役として選出する他、ドラパルトがトゲキッスと対面した際の引き先としても使用する。 S3お疲れ様でした。 【余談】 ガラルビギニング優勝者として、S4から始まるであろうラプラス環境について一つ言うと、ラプラス一匹で環境がとても大きく変化する可能性が高いです。 S3までとは全くの別ゲーが始まるつもりでやることをおすすめします。

次の

万能HBたべのこしカビゴン

たべ のこし 剣 盾

たべのこしを入手するためだめに、するのも大変なので、次に紹介する3つ目の方法実践が一番オススメです。 木の実のなる木(ワイルドエリア)を揺らす たべのこしは、ワイルドエリアに存在する『木の実のなる木を揺らす』と入手できます。 木の実と一緒に落ちていきます。 木を揺らすと、ホシガリス・ヨクバリス・チェリンボが落下してきてバトルになります。 この時、木の実だけでなくたべのこしも奪われてしまうので注意が必要です。 ホシガリス・ヨクバリス・チェリンボが落ちてこないように、木を揺らすタイミングを覚えておくと効率よくたべのこしを獲得できます。 木の実の木からポケモンが落下するタイミングは、木の揺れの大きさで判断ができます。 (ポケモンが落ちてくる木を揺らす回数などは決まっていない) 「揺らす」選択後、木の揺れ方を要チェック。 揺れが大きくなってくるとポケモンが木から出現する合図。 ポケモンが出現する前に揺らすをやめて、木の実やたべのこしをGETしましょう。

次の

【ポケモン剣盾攻略】ポケモンの体力を奇数・偶数にする理由一覧【ソード&シールド】

たべ のこし 剣 盾

サンムーンから登場のジャラランガ。 出た当時は 600族の恥とまで言われて叩かれていたのを思い出します。 汗 ですが今作で「 ソウルビート」という新技を覚えたことで、戦況を大きく変えれるんじゃないか? 今作では活躍できるんじゃないか? そんな期待をしながら今回育成してきます。 種族値 HP 75 攻撃 110 防御 125 特攻 100 特防 105 素早 85 合計 600 種族値だけみると、 高めの耐久と火力が目立ちますね。 これだけみたら強そうですよね。 何故恥とまで言われたんでしょうか。 ラプラス等のこおりタイプを相手にすることが多い現環境では特殊受けが強いと判断しました。 防御面は後から説明します。 特性・持ち物 特性:ぼうおん 音系の技が無効となります。 ニンフィアのハイパーボイス無効が強いなぁと思い採用しています。 持ち物:たべのこし ソウルビートで減ったHPを補います。 防御1. 5倍になっても物理受けがやや不安な為、ワイドブレイカーを採用。 攻撃ランクを下げながら戦います。 HPを気にしながら、ドレインパンチとワイドブレイカーの使い分けが大事になってきます。 それでは戦っていきます。 実戦 ウインディ戦。 じゃれつくが怖いところですが、フレアドライブで攻めてきました。 ソウルビートを積んでいるのでダメージはほとんど通りませんね。 本来ならウインディは基本じゃれつくを覚えているので交代推奨です。 フェアリー4倍は痛いですね。 ギャラドス戦。 とびはねるの存在を忘れて勝ち誇ってました。 すいません。 笑 ソウルビート前だとダイジェットで起点にされるかも。 ワイドブレイカーで攻撃を下げても倒されてじしんかじょうで攻撃が上がりますので、交代推奨です。 アーマーガア出したいとこ。 笑 win. ギャラドス ゴリランダー戦。 対面でゴリランダーなら、ソウルビートの大チャンスです。 高確率でとんぼがえりを打ってきますので、起点にしましょう。 グラスフィールドとたべのこしで粘り強い戦い方ができるでしょう。 win. ジャラランガ パッチラゴン戦。 ダイジェットを積まれ、素早さ負け。 素早さに努力値を振ってない。 汗 相手持ち時間いっぱい使っていたので、 素早さ種族値調べてたな絶対。 笑 ジャラランガ把握されてないあたり悲しい。 泣 win. パッチラゴン カバルドン戦。 ステルスロックは予想できたのでソウルビートしていきます。 ついでにワイドブレイカーもいれていきます。 ステルスロックほえる型かぁ・・と思いきや ぼうおんでほえる無効。 ドヤ顔させて頂きました。 硬い硬い。 寝ている間にラプラスに交代されました。 ジャラランガだとこの対面が多そうなのは予想していたので、 特殊受けの強さが際立ちました。 れいとうビームもしっかり耐え倒していきます。 そのまま続いてエースバーン戦。 相手はスチルで防御上げを狙ってきますが無視して、 ダイドラグーンで攻撃を下げます。 というわけで、 まさかの3タテです。 運が良かったのももちろんありますが、ジャラランガについてよく知らない人が多いからこそ強いのかもしれませんね。 この記事のせいで フェアリー統一パとかが出た日には、泣くしかありません。 汗 まとめ 新技ソウルビート。 剣盾でこんな救済措置がされるとは思っていませんでした。 他の600族に比べたらまだまだ劣るかもしれませんが、 それでも使ってみる価値があると思います。 あ、アイアンヘッド1回も使ってないや。 カテゴリー.

次の