アイフォン 再 起動。 【iPhone X】『再起動(電源オフ)』と『強制再起動』の方法

【iPhone X】『再起動(電源オフ)』と『強制再起動』の方法

アイフォン 再 起動

セーフモードとは、iOSに何らかの不具合が起きてしまったときのための 「診断用モード」のことです。 診断するために、iPhoneを通常起動するに当たって必要な機能やアプリ以外は無効状態になります。 一部のアプリがiPhoneを起動する際に干渉してしまい不具合が起こるケースもあります。 アプリが原因でリンゴループしていた場合はこれでリンゴループから復帰する可能性があります。 ただ一つ注意点があります。 セーフモードを起動したiPhoneは必要な機能やアプリのみがある状態になります。 今までApple storeでダウンロードしたアプリはない状態です。 なのである意味で初期化を選択することにもなってしまうのでご注意ください。 バックアップデータがある状態でお試しされることをおすすめします。 【リカバリーモードを起動する方法】 iPhoneの電源を消している状態でケーブルをiPhoneに接続してください。 復元は工場出荷状態に戻すことになり、iPhoneのデータを初期化してしまいます。 必ずアップデートからスタートしてください。 WindowsでアップデートできなければMacで、MacでアップデートできなければWindowsでそれぞれアップデートしてみましょう。 特にWindowsでアップデートできなかった場合、Macだとしっかり復活することが多いようですね。 これは同じApple社の製品だからといった意味合いもあります。 Windowsでエラーが出るようであれば一度Macで同期してみることをおすすめします。 【解決策2】修理店に行って相談 上記の方法を自分で試しても復帰できなかった場合でも、 修理店に持っていくことで意外な復活を果たすこともあります。 特に経験が豊富な修理店であれば適切な対処でiPhoneを復活させてくれるケースもあります。 東京都内にはiPhone修理業者が数多くあるエリアがいくつかあります。 そういったエリアに店舗を持つ業者は修理事例が多いため、適切な対処をしてくれるお店が見つかりやすい傾向にあります。 まずはお店に電話連絡をしてみて、 「リンゴループ復旧の対応が可能か」「かつてそういった事例があったか」を確認すると良いかもしれません。 修理店ではバッテリーのコネクタを外して放電してくれるので、コネクタを外して15分くらいしてから改めてアップデートを試すと大丈夫な場合があります。 また、近くにMacのPCを持っている人がいない場合も、修理店なら持っているケースもあるので、ダメ元でお願いに行くと良いかもしれませんね。 バッテリー交換orコネクタ修理 PCと接続しても復帰しなかったり、そもそもPCが認識しないといったケースになると事態は深刻です。 その場合には即日修理店で修理を依頼してみましょう。 バッテリー交換によってリンゴループから復帰する場合があります。 ライトニングコネクタ部分の損傷によりPCがiPhoneを認識しない場合はライトニングコネクタ部分の修理で改善されるケースがあります。 前述しましたが、iPhoneX以降であればFace IDが壊れてしまったことが原因でリンゴループになることもあります。 iOSが問題というわけではないこともあるので断定が難しいのです。 ただし修理店舗で頼む場合は修理には費用がかかることと、復帰しなかった場合でも作業料を取られるケースが多いので、その点だけは覚悟しておきましょう。 修理店に事前に電話連絡などして直った場合や直らなかった場合の修理金額を確認すると良いでしょう。 【復元する方法】 1. iPhoneの電源を切る 2. PCでiTunesを起動 3. ケーブルでiPhoneとPCを接続 4. リンゴマークが出たら電源ボタンだけを離し、上述の通りに機種毎にホームボタンやボリュームダウンボタン、ボリュームアップボタンの押し続ける これでDFUモードに入れます。 このDFUモードですが、リカバリーモードとやり方がほとんど一緒なためDFUモードに入らずリカバリーモードになることがあります。 リカバリーモードはiPhoneの画面にiTunesのロゴが真ん中にあります。 しかし、DFUモードでは画面が暗転している状態でiTunesがiPhoneを認識します。 iPhoneの画面にiTunesマークがある場合はもう一度手順通りやり直しをしてみてください。 DFUモードとはいったいなんなのか? ざっくり言うとiPhoneを強制的に初期化・最新のiOSにアップデートするモードです。 DFUモードに入ったら、あとはiTunesに表示される復元の手順を進めればOKです。 しかしこのDFUモードなどの復元を使用すると 残念ながらiPhoneの中のデータは失われてしまいます。 これでもダメなら本体を交換orMNP これでもリンゴループから復帰しなかった皆さん。 本当に残念です。 アナタのiPhoneが無事に復帰する可能性は限りなく0に近いでしょう。 Appleやキャリアで交換することになります。 もちろんデータは消失し、修理料金がかかることになります。 もしくは、リンゴループの場合は端末自体が壊れているのであって、SIMカード自体は生きている事が多いです。 このリンゴループをきっかけにMVNO(格安SIM)にMNPするのも選択肢としてはアリかと思います。 特に、下記の方は格安SIMに変えた方が料金がお得になります。 1.毎月の通信費を抑えたい人 2.ネット通信がメインの 3.あまり電話しない人 まとめ 不必要な強制終了やiOSアップデート時のケーブル離脱やWi-Fiエリアから出ることはリンゴループを招く原因になります。 リンゴループを発症したらSIMの抜き差しやセーフモード、iTunesでの同期・アップデートを試しましょう。 それでもリンゴループから復活しなければ修理店に相談してみましょう。 データは消えてしまいますがiPhoneを復元することで再び使用可能になることがあります。 復元もできないようであればApple storeやキャリアに持って行って交換となります。 万が一リンゴループに突入してしまったら今回紹介した方法を試してみましょう。 初期化をしなければ直らないという場合もあります。 そういった「もしも」にそなえて、iCloudやiTuneにバックアップを取ることも忘れずにいましょう。

次の

新しくなったアイフォンX/ XS/ XS Max/ XR 再起動および強制再起動の方法

アイフォン 再 起動

セーフモードとは、iOSに何らかの不具合が起きてしまったときのための 「診断用モード」のことです。 診断するために、iPhoneを通常起動するに当たって必要な機能やアプリ以外は無効状態になります。 一部のアプリがiPhoneを起動する際に干渉してしまい不具合が起こるケースもあります。 アプリが原因でリンゴループしていた場合はこれでリンゴループから復帰する可能性があります。 ただ一つ注意点があります。 セーフモードを起動したiPhoneは必要な機能やアプリのみがある状態になります。 今までApple storeでダウンロードしたアプリはない状態です。 なのである意味で初期化を選択することにもなってしまうのでご注意ください。 バックアップデータがある状態でお試しされることをおすすめします。 【リカバリーモードを起動する方法】 iPhoneの電源を消している状態でケーブルをiPhoneに接続してください。 復元は工場出荷状態に戻すことになり、iPhoneのデータを初期化してしまいます。 必ずアップデートからスタートしてください。 WindowsでアップデートできなければMacで、MacでアップデートできなければWindowsでそれぞれアップデートしてみましょう。 特にWindowsでアップデートできなかった場合、Macだとしっかり復活することが多いようですね。 これは同じApple社の製品だからといった意味合いもあります。 Windowsでエラーが出るようであれば一度Macで同期してみることをおすすめします。 【解決策2】修理店に行って相談 上記の方法を自分で試しても復帰できなかった場合でも、 修理店に持っていくことで意外な復活を果たすこともあります。 特に経験が豊富な修理店であれば適切な対処でiPhoneを復活させてくれるケースもあります。 東京都内にはiPhone修理業者が数多くあるエリアがいくつかあります。 そういったエリアに店舗を持つ業者は修理事例が多いため、適切な対処をしてくれるお店が見つかりやすい傾向にあります。 まずはお店に電話連絡をしてみて、 「リンゴループ復旧の対応が可能か」「かつてそういった事例があったか」を確認すると良いかもしれません。 修理店ではバッテリーのコネクタを外して放電してくれるので、コネクタを外して15分くらいしてから改めてアップデートを試すと大丈夫な場合があります。 また、近くにMacのPCを持っている人がいない場合も、修理店なら持っているケースもあるので、ダメ元でお願いに行くと良いかもしれませんね。 バッテリー交換orコネクタ修理 PCと接続しても復帰しなかったり、そもそもPCが認識しないといったケースになると事態は深刻です。 その場合には即日修理店で修理を依頼してみましょう。 バッテリー交換によってリンゴループから復帰する場合があります。 ライトニングコネクタ部分の損傷によりPCがiPhoneを認識しない場合はライトニングコネクタ部分の修理で改善されるケースがあります。 前述しましたが、iPhoneX以降であればFace IDが壊れてしまったことが原因でリンゴループになることもあります。 iOSが問題というわけではないこともあるので断定が難しいのです。 ただし修理店舗で頼む場合は修理には費用がかかることと、復帰しなかった場合でも作業料を取られるケースが多いので、その点だけは覚悟しておきましょう。 修理店に事前に電話連絡などして直った場合や直らなかった場合の修理金額を確認すると良いでしょう。 【復元する方法】 1. iPhoneの電源を切る 2. PCでiTunesを起動 3. ケーブルでiPhoneとPCを接続 4. リンゴマークが出たら電源ボタンだけを離し、上述の通りに機種毎にホームボタンやボリュームダウンボタン、ボリュームアップボタンの押し続ける これでDFUモードに入れます。 このDFUモードですが、リカバリーモードとやり方がほとんど一緒なためDFUモードに入らずリカバリーモードになることがあります。 リカバリーモードはiPhoneの画面にiTunesのロゴが真ん中にあります。 しかし、DFUモードでは画面が暗転している状態でiTunesがiPhoneを認識します。 iPhoneの画面にiTunesマークがある場合はもう一度手順通りやり直しをしてみてください。 DFUモードとはいったいなんなのか? ざっくり言うとiPhoneを強制的に初期化・最新のiOSにアップデートするモードです。 DFUモードに入ったら、あとはiTunesに表示される復元の手順を進めればOKです。 しかしこのDFUモードなどの復元を使用すると 残念ながらiPhoneの中のデータは失われてしまいます。 これでもダメなら本体を交換orMNP これでもリンゴループから復帰しなかった皆さん。 本当に残念です。 アナタのiPhoneが無事に復帰する可能性は限りなく0に近いでしょう。 Appleやキャリアで交換することになります。 もちろんデータは消失し、修理料金がかかることになります。 もしくは、リンゴループの場合は端末自体が壊れているのであって、SIMカード自体は生きている事が多いです。 このリンゴループをきっかけにMVNO(格安SIM)にMNPするのも選択肢としてはアリかと思います。 特に、下記の方は格安SIMに変えた方が料金がお得になります。 1.毎月の通信費を抑えたい人 2.ネット通信がメインの 3.あまり電話しない人 まとめ 不必要な強制終了やiOSアップデート時のケーブル離脱やWi-Fiエリアから出ることはリンゴループを招く原因になります。 リンゴループを発症したらSIMの抜き差しやセーフモード、iTunesでの同期・アップデートを試しましょう。 それでもリンゴループから復活しなければ修理店に相談してみましょう。 データは消えてしまいますがiPhoneを復元することで再び使用可能になることがあります。 復元もできないようであればApple storeやキャリアに持って行って交換となります。 万が一リンゴループに突入してしまったら今回紹介した方法を試してみましょう。 初期化をしなければ直らないという場合もあります。 そういった「もしも」にそなえて、iCloudやiTuneにバックアップを取ることも忘れずにいましょう。

次の

iPhoneが勝手に再起動する不具合が突然発生?試すべき対処法

アイフォン 再 起動

目次 タップすると読みたい部分まで飛べます• iPhoneのアプリを終了、再起動する方法 それでは、早速アプリの終了方法をご紹介致します。 1、まず、iPhoneのホームボタンを素早く2回クリックします。 2、すると裏で動いている バックグラウンド アプリが表示されます。 右に払うと、ずら~っと表示されますので、消したいアプリを、、、 3、上に払うことで終了させる事が出来ます。 これで完了です。 簡単ですね! 再起動は、またホーム画面からアプリをタップして起動させれば行えます。 あまり知られていないちょっと自慢できる小技 実はiPhoneの画面の左端をぎゅっと押し込むと、ホーム画面をダブルクリックした時と同じ動作になります。 まって今気づいたんだけど、iPhoneの左端ギュッと押すとホームボタン二度押しと同じこれになるの?え、初めて知った。 あまり知られていない機能ですので、お友達に自慢できちゃいますね! アプリをまとめて一括で終了させる方法はある? たくさんのアプリを起動させていた場合、一度に終了させたい場合もあるでしょう。 しかし、結論から言うと 全てのアプリを一括で終了させる方法はありません。 ただ、3本指で3つまでなら同時に終了させることが出来ます。 もちろん2本指でも可能です。 たくさんのアプリがある場合は、これで地道に終了させていきましょう。 アプリを終了させてもバッテリー節約にはならない 結論から言うと、 アプリを終了させても充電の節約にはなりません!むしろ、 アプリを終了させるとバッテリーの消費が大きくなってしまいますので逆効果です。 バックグラウンドにあるアプリたちは、実はフリーズ状態で存在しています。 これを終了させてから、再び0から起動させようとした時、電力を大きく消費してしまうというわけです。 なので、バッテリーの事を考えるとアプリは裏で常に動かしていたほうが良いということになりますね。 バックグラウンドのアプリを終了させるのは何のため? それでは、この機能は何のために存在しているのでしょうか? 答えは簡単で、 アプリの不具合が起こった場合のためです。 iPhoneを使っていると、アプリの調子が悪い、うまく動かないなどの不具合が起きることがあるでしょう。 そういった場合は一旦アプリを終了させて再び起動させる、つまり再起動を行う事で改善される場合があります。 <今、読まれてます!> <iPhone人気記事TOP6>•

次の