そのような折に。 「そんな中」の敬語表現・そんな中の使い方と例文・別の敬語表現

コロナ時代の VR 音楽イベント・ガイド

そのような折に

その節はの意味 その節はの意味は「あの時・その時」 まず、「その節は」の意味は簡単な言葉に直すと「あの時、その時」という意味になります。 基本的には未来ではなく、過去のある地点で相手との間に起こった事柄、またはそれが起こった時点を示します。 日常生活でも用いられますし、ビジネスでも頻繁にその使用が見られる非常に汎用性が高く便利な表現です。 もちろん、口語で「あの時は、その時は」と使っても間違いではありません。 しかしこの場合、少しカジュアルすぎる響き、あるいは軽い響きとなります。 このような理由からも、特にビジネスでは目上の人に使う敬語表現の一つとして「その節は」という表現が使われています。 良く似ている「その説は」とは全く違う意味を表す 「その節は」という表現に非常によく似た表現に、「その説は」というものがあります。 この2つはそれぞれの表現を読んだ際には「そのせつは」となり音が全く同じになり、それにより意味も混同しやすいので注意が必要です。 「その説は」は「その話は、見解は」という意味で主に何か特定の説や話を主語として会話に持ち込みたい場合に使い、「その説は」のようにある過去の時点を特定する意味はありません。 特にメールではタイピングミスでこの「その説は」を使ってしまうケースが多々見受けられます。 書き言葉で使用する場合は特に注意です。 」です。 この例文はビジネスでも日常会話でも非常によく使われますので、ぜひこの機会に覚えてください。 これを簡単な日本語に直すと、「その時はありがとうございました。 」という意味です。 例えば、この表現を伝えたい相手と以前、食事に行った、または一緒に食事に行ったなど過去のある特定の時点を指し、それをあえて言葉にしないながらも以前すでに会ったこと、そしてそれに対する相手への感謝の気持ちを示すストレートな表現です。 自分が是非感謝したい、という相手に積極的に使ってみましょう。 」です。 これは、1つ目の例文と同様、過去に相手にプライベートや仕事でお世話になったことがあることを相手にストレートに伝える表現です。 この表現には、「また今回もお世話になります。 」という気持ちが込められます。 例えば、ビジネスシーンでは「その節には貴社に大変お世話になりました。 今回のプロジェクトでもどうぞよろしくお願いいたします。 」という形で使用できます。 過去と現在の地点を上手に結び、相手との関係性を強固にできる便利なフレーズです。 使い勝手が良いのでこれもぜひ覚えましょう。 」です。 このフレーズ内「尽力」とは、「何かに対して力を尽くすこと、労力を割くこと」を意味します。 したがって、この表現は特にある時点での相手の労力にこちら側が感謝したい際に使用します。 より具体的な例文例としては、「その節は弊社担当者鈴木様に尽力いただき、誠にありがとうございました。 お陰様で、先月の全体会議は盛会でした。 」などの形で使用することができます。 目上の人や大事な取引先が自分のために割いてくれた時間や労力を敬う気持ちで使用しましょう。 」です。 これは、主に相手に挨拶代わりに用いる使い方です。 簡単な日本語に直すと「あの時は、どうもお世話になりました。 」という意味になります。 これはよりカジュアルな場面で面識ある相手に対してよく用いられます。 したがって、ビジネスの現場で特に目上の人に対してこの表現を多用するのは好ましくありません。 相手をひにくったり、あるいは少し見下したりした印象を与えかねないので、使用はすでにある程度気心の知れた人に対する場面のみにとどめておきましょう。 それぞれの表現を相手ごとに上手く使い分けるのがポイントです。 以上までで、「その節は」の正しい意味や具体的な例文をいくつかご紹介してきました。 下記関連記事では、「遅ればせながら」というフレーズについて分かりやすくまとめています。 この表現の正しい意味やビジネスで使用される場合の敬語表現の使い方など気になる人は当記事と合わせてぜひチェックしてみてください。 先述した通り、「その節は」という表現は基本的には未来ではなく、過去の特定の時点を表すものです。 これに対して、「その折は」という表現は、過去と未来の両方の時点を表すことが可能です。 「その折は」の具体的な使い方をいつくかご紹介すると、「その折は大変お世話になりました。 」、「その折はまたどうぞよろしくお願いします。 」などの形になります。 1つ目の例文は過去を、2つ目は未来を表しています。 このように、「その節は」と「その折は」は表現する時制を軸に使い分けていきましょう。 「その節は」が基本的には過去の特定の時を表すのに対して、この「その際は」という表現は未来の出来後をを指します。 具体的な例文としては、「来週、会議が予定されていると思います。 その際の司会役をぜひさせてください。 」等の形で使用することができます。 この「その際」という表現は「その節は」と異なり、未来のある時を表す言葉としてしか使用することができません。 この点に注意して使用していきましょう。 「先日」とは「現在から遡ってある程度近い過去の特定の時」を表す言葉です。 イメージとしては数週間、あるいは長くて1、2ヶ月の範囲なら「先日」と言っても差し支えないでしょう。 使い分け方としては、「その節は」と表現した場合の方が「先日は」と言った時より若干丁寧な響きになります。 したがって、相手が目上の場合、あるいはまだ数回しか会ったことがなく、久しぶりに会った面識がそこまでない人の場合に使用するとより効果的です。 「その節は」も「先日は」も過去のある時点を表すという点では共通していますが、「以前は」と使用し際の方が若干カジュアル、そして「その節は」と表現した際よりもそれが起きたことを特定しすぎない響きがあります。 例えば、「その節は大変お世話になりました。 」と「以前は大変お世話になりました。 」という2つの例文があった場合、1つ目は例えば過去にその人と食事をした、仕事をしたという特定の事柄を想起させます。 それに対して、2つ目の場合は特定の事柄というよりはそれが起こった過去の大体の時期、というニュアンスです。 」です。 これは、日常生活でもビジネスでも非常に頻繁に使用される表現です。 簡単な日本語に直すと「こちらこそ、その時はありがとうございました。 」という意味になります。 この返し方は、お礼を言ってくれた相手に対して、自分の感謝の意も伝えられるので、相手も言われて非常に気持ちの良い表現だと言えます。 その点でより豊かな人間構築にも役立つ表現です。 ちなみにこの「こちらこそ~」の表現は、先述した類語表現、「その際は」「その折は」などの例文の返し方としても応用できます。 」です。 この表現も1つ目の表現に続き、汎用性が高い表現です。 この表現は、相手に自分もお世話になったことを伝えるものですが、「こちらこそその節は大変お世話になりました。 」などの形で応用することも可能です。 この表現は特にビジネスシーンでまるで挨拶代わりのように使用されるフレーズでもあります。 以前会ったことのある相手とまた仕事で一緒になった際にこのフレーズを返せると、印象も良くビジネスでの人間関係も円滑に進むでしょう。 ぜひ覚えて活用したいフレーズです。 こちらこそ、その節はありがとうございました。 」です。 このフレーズ内、「とんでもない」とは、自分がへりくだって相手にお礼を述べる際に使用される表現です。 相手の感謝の気持ちに対して、「そんな、こちらもですよ。 」という意味を伝えます。 この例文は、「とんでもないです。 こちらこそ、その節はお世話になりました。 」という形で応用ができますし、「その折」「その際」など類語表現例文への返し方として応用することも可能です。 ぜひこれも状況に合わせて積極的に使用していきましょう。 その節はやその他類語表現を上手に使ってビジネスを円滑に進めよう! 以上までで、「その節は」の意味や正しい使い方などを複数の例文を交えながらお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?今まで、こんな表現は知らなかった!あるいは、表現自体は知っていたけど、意味や使い方を間違って覚えていた!という人もいたかもしれません。 日本語は、特に情緒豊かな言語として世界的にも知られており、その結果それぞれの状況や微妙なニュアンスの違いに合わせて本当に多くの表現を有する言語です。 この記事でも見てきた通り、「その節は」にも「その折は」「その際は」などの類語表現が複数存在しました。 ぜひこれらをビジネスでも積極的に生かしてください。 下記関連記事内では、ビジネス例文としても良く取り上げられる「ご健闘」という言葉の正しい意味や使い方をご紹介しています。 この表現の類語表現である「ご多幸」や「お祈り申し上げます」などの例文の使い方についても分かりやすくまとめられていますよ。 ぜひこちらも参考にしてみてください。

次の

「折たく柴の記」(序)です。長文申し訳ございませんが、現代語訳教えて...

そのような折に

ビジネスシーンや手紙などでも使う「そんな折」という言葉の意味はどういう意味なのでしょう。 履歴書の志望動機を書く際にも「そんな折」という言葉を使うことで印象が変わってきます。 「そんな折」という言葉の意味と使い方を理解することで相手に対して良い印象が与えられます。 意味と使い方について紹介します。 「そんな折」の意味 そんな折」とはある特定の時点をさす言葉で、副詞や接続詞にもなり、前に述べたことをさすときが多いです。 「目上の人や上司、お客様や取引先が相手だと丁寧な言い回しとして受け止められるでしょう。 「その折には」という表現だと使いやすくもなります。 「そんな折」の使い方 「そんな折」のさまざまな例文を紹介します。 ・「そんな折、子供ができたとわかり、どれほど嬉しかったことだろう」 ・「そんな折、十数年ぶりに連絡があった」 ・「そんな折には、こちらからお伺いさせていただきます」 ・「そんな折、転機が訪れた」 ・「そんな折にはぜひともお立ち寄りください」 ・「そんな折、先方からの連絡をお待ちください」 ・「そんな折、こちらこそよろしくお願いいたします」 ・「そんな折にはご一報いただけると幸いです」 「そんな折」の使い方は、「そんなとき」や「その際」をイメージするとよいでしょう。 「そんな折」の履歴書での使い方は? 履歴書の中で志望動機を書く際に「そんな折」を使う場合、どのような使い方をすればよいのか紹介します。 一般的な使い方としては、「(今までの経験や流れなどの中で)このような経験、活動、勉強、仕事などをしてきました。 そんな折、御社のことを知り、そのために自分が〇〇したいという気持ちが強くなり、志望いたしました。 」などです。 このようなパターンが多いですが、別のパターンの例文を紹介します。 志望動機(新卒採用の場合) 学生が新卒採用の場合に「そんな折」を志望動機で使う例文を紹介します。 「私は在学中に〇〇を勉強し、〇〇などの資格を取得しました。 この〇〇の資格と〇〇の力を活かせる企業で働きたいと思い就職活動をしていましたが、そんな折、御社の説明会に参加しました。 その際に〇〇に長けている人材を募集していることを知りました。 在学中に学んだ〇〇などを活かし、御社とともに成長していきたいと思い、志望いたしました。 」 志望動機(転職の場合) 転職をする際に「そんな折」を志望動機で使う例文を紹介します。 ・「前職では〇〇の仕事を3年してきましたが、以前からこの業界の仕事に大変興味と関心を持っておりました。 そんな折、御社の求人広告を拝見させていただき、ぜひ応募させていただきたいと思いました。 この業界の仕事は未経験ですが、ぜひチャレンジさせていただきたいと思い、志望いたしました。 」 ・「前職は〇〇部で〇〇の仕事を行ってまいりました。 〇〇の中でも幅広い業務を経験していきたいという思いが強くなりました。 そんな折、御社のホームページで〇〇グループの立ち上げの求人広告を拝見しました。 自分の経験を活かし、新しい経験をさせていただければと思い、強く志望いたしました。 」 志望動機(アルバイトやパートの場合) アルバイトやパートの場合で、「そんな折」を志望動機で使う場合の例文を紹介します。 ・「いつも〇〇店さんを利用していました。 いつも店内はきれいで素敵なところだと思っておりました。 そんな折、〇〇店さんでアルバイト(パート)募集の張り紙を目にする機会がありました。 ぜひ〇〇店さんで働きたいと思い、志望いたしました。 」 ・「〇〇の仕事のアルバイト(パート)の求人広告をホームページで探しておりました。 そんな折、御社の求人広告を拝見させていただき、ぜひ働きたいと思いました。 自分の経験も活かせると思い、志望させていただきました。 」 「そんな折」の読み方は? 「そんな折」の類語は、どのような言葉があるのでしょうか。 「折」という言葉は、「時」や「場合」、「際」の意味があるので「その時」や「そんな時」、「その際」、「その節」や「その場合」が類語として挙げられます。 「時」を使うことによって、その瞬間のことまでを指すので用途的に幅広く使うことができます。 「その時」や「そんな折」、「その節」や「その場合」などは、特定の時点や場合を指す表現となりますが、「その際」は「その時」や「そんな折」よりも未来を指すニュアンスが多いです。 「そんな折」は過去にも未来に対しても使われます。 目上の人や取引先に使う場合に「そんな時」と使うより、「そんな折」と使うほうが丁寧な印象を与えるでしょう。 「そんな折」の英語表現は? なかなか普段使いでは使わない「そんな折」ですが、ビジネスや履歴書などの志望動機で使用すると相手に対して丁寧な印象を持たせることができます。 似たような表現の仕方や使い方があるので、臨機応変に使い分けしましょう。 メールや電話においても「そんな折」を上手に使うことによって、相手に対して好印象を与えられます。 「折」という言葉は丁寧な表現です。 あいさつ文だけでなく、さまざまな場面で使えるでしょう。 「折」という言葉を意識することによって、相手に対する印象がよくなります。 年配の方や目上の人など、相手の言葉遣いを気にする方には、しっかりとした言葉を使うのが礼儀です。 「そんな折」を使いこなしてください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

そんな折の意味や類語は?そんなおりの正しい使い方や例文も

そのような折に

「そんな折」の類語 そんな折の類語は、「その際」や「そんなとき」、「そのとき」、「その場合」があげられます。 「時」を使うと、その瞬間のことまでさし、用途的には幅広く使えます。 しかし、「そんなとき」よりも「そんな折」としたほうが少しかしこまった印象を与えます。 「そんなとき」は友達や知人、同僚といった自分に近い立場の人にも使用する言葉です。 上司や客先には控えたほうがよいでしょう。 特に先方と面識がない場合、相手の性格や年齢が判断できません。 この先初めて会う可能性があるようだと、ある程度はかしこまった対応をしていて困ることはありません。 「そんな折」を使用するようにしましょう。 「そんな折」は時期を表す意味でも使う 「折」とは、そもそも字のごとく、折ることや折ったものを意味しますが、時期や時節で使う場合やその機会をさす場合もあります。 よく見かけるのが、季節でみると「寒さ厳しき折」などの挨拶で使われることが多く、体調面の心配を気に掛けた文面に使用されます。 機会をさす場合は、「ご多忙の折」がよく見受けられます。 季節や機会ともに、後へ続く言葉として用いられ、「~の折(のため)」という丁寧ないい回しで使われています。 また、これらの折は「折り」と、送り仮名の「り」は使いません。 もともと「折り目」は紙などの折った際に付く線をさしますが、物事の決まりやけじめをつけるときにも使用されます。 「折」には何かの区切りに用いられることがあり、上手に利用することで丁寧な人という印象を与える事が出来ます。 ビジネスでは区切りを多用します、「折」を上手に利用することで、丁寧な人という印象を与えることができます。 「そんな折」を使った例文 「そんな折」は前述の言葉に続いて接続詞のような使い方をします。

次の