質量 パーセント 濃度 問題。 中1理科「質量パーセント濃度の求め方」

中学理科【計算問題】「質量パーセント濃度の計算」

質量 パーセント 濃度 問題

中1理科で学習する 「 水溶液」、その中でも 水溶液の質量パーセント濃度を求める問題が、苦手な中学生も多いと思います。 そこで今回は 水溶液の濃度を求める問題の解き方について、解説していきます。 ぜひ、あなたの勉強にご活用下さい。 「 溶質」は、 水などに溶けている物質のことでした。 食塩水なら、 食塩が 溶質です。 「 溶媒」は、 溶質を溶かしている液体のことでした。 食塩水なら、 水が 溶媒です。 「 溶液」は、 「溶質」が「溶媒」に溶けた液体のことでした。 水溶液の濃度を求めるには、 溶質・溶媒・溶液についての正しい理解が不可欠です。 自信がない人は、ここでしっかり覚えてから続きを読み進めてくださいね。 それでは 「質量パーセント濃度」の求め方について、解説していきますね。 質量パーセント濃度を一言で説明すると…、 「 水溶液中の溶質の質量の割合を百分率で表したもの」 です。 式で表すと以下のようになります。 これだけでは何のことだかよく分からないと思うので、食塩水を例にもう少し詳しく説明しますね。 ここに、 90gの水に 10gの食塩を溶かしてできた 100gの食塩水があるとします。 質量パーセント濃度を求める方法は、わかりましたか? 次は 水溶液の濃度を求める計算問題に取り組んでいきますので、自信がない人はもう一度見直しておきましょう。 水溶液の濃度を求めるには、 溶質の質量と 水溶液の質量が分かっている必要がありましたね。 この問題では、 溶質の質量は 砂糖40g。 質量パーセント濃度を求める式に 水溶液の質量を当てはめるとき、 間違えて溶媒 水 の質量を使ってしまう人がいますので、注意して下さいね! 最後に 「溶質の質量」を求める問題をやっておきましょう。 まず、次の問題を読んでみて下さい。 問 8%の 食塩水300gにふくまれている食塩の質量を求めましょう。 食塩水の質量に割合をかければよいのですが、 1つ注意が必要です。 濃度は、 割合を100倍した百分率 % で表されているので、 割合を求めるには 濃度を100で割る必要があるのです。 08になります。 ここまで説明してきた 中1理科「質量パーセント濃度」の問題を下の画像に載せていますので、チャレンジしてみましょう! 解答は、以下の通りです。

次の

中1理科「水溶液」濃度の計算が10分で理解できる!

質量 パーセント 濃度 問題

質量パーセント濃度 計算問題 次の問いに答えよ。 1 砂糖水250gがある。 2 200gの水に、砂糖を50g溶かした。 このときできた砂糖水は何gか。 次の問いに答えよ。 水は少なくとも何g必要か。 2 質量パーセント濃度12. 3 塩化ナトリウムが30gある。 選択問題• 穴埋め問題• 一問一答問題• 理科の勉強 理科は憶えることもたくさんありますがただ暗記するのではなくなぜそうなるのかをふだんから考える習慣をつけていきましょう。 問題をやって、間違えたところはもう一度教科書などをみて自分が間違えた理由を考えてみてください。 できればノートに間違えたところを書き出し、まとめてからもう一度同じ問題や類題をやってみましょう。 問題のやり方 ここにある問題のうち基礎問題は語句を確認するための穴埋め問題です。 また同分野の基本問題として一問一答問題もあります。 習ったばかりの分野や、苦手な分野はまず基礎問題をやって間違えたところを覚えてから、同じ分野の一問一答問題をやりましょう。 そうやって繰り返して基礎力をつけてから思考力の必要な発展問題に取り組みましょう。 5 2.

次の

【中学1年理科】質量パーセント濃度の計算演習問題

質量 パーセント 濃度 問題

飽和水溶液 物質の溶解度まで溶けている水溶液。 つまり、その物質は、今の水温ではこれ以上解けない城他愛を言う。 結晶 水溶液を冷やす実験で取り出した粒のような規則正しい形の個体。 再結晶 一度、溶かした物質を再び結晶として取り出すことを再結晶と言います。 再結晶を利用すると、純粋な物質を得られます。 <取り出し方> (例1)水溶液の温度を下げていくと結晶になって出てくる。 ミョウバンなど。 (例2)水溶液を加熱して水を蒸発させると、結晶になって出てくる。 塩化ナトリウム(食塩)など。 質量パーセント濃度 水溶液の質量に対する溶質の質量の比を水溶液の濃度といい、濃度を百分率(%)で表したものを質量パ-セント濃度といいます。 次の( )にあてはまる適語を答えよ。 (1)食塩水の水のように、物質をとかしている液体を( )という。 (2)物質が、それ以上とけることのできない水溶液を( )という。 (3)(2)のとき、物質のとける限界の質量を( )という。 (4)溶液に溶けた物質を、結晶として取り出すことを( )という。 (5)90gの水に10gの食塩を溶かした。 この水溶液の濃度は( )%になる。 問題2 下の図は、塩化ナトリウムとミョウバンの100gの水に溶ける最大の質量(溶解度)と温度の関係を表しています。 次の問いに答えなさい。 (1)温度が変化しても、溶ける量がほとんどかわらないのは、塩化ナトリウムとミョウバンのどちらか。 この水溶液を冷やしていくと、結晶が出てきた。 次からもっとも近い値を選び、記号で答えよ。 このときの水溶液の質量パーセント濃度を求めよ。

次の