デススト ルー。 【デススト考察】ルーとサムの関係性について【重度のネタバレあり】

【デススト】BBを焼却所へ運べの攻略チャート|依頼70【デスストランディング】|ゲームエイト

デススト ルー

、ミュール、テロリストは一度倒しても、何度も復活する。 BTの座礁地帯は、して天候を確認&操作できる。 川の中に浸かれば、サムが持つ水筒のモンスターエナジーが自然回復する。 全ての場所をで繋ぐと、あとのメンテナンス管理が大変になるし、 カイラル通信量の上限に引っかかったりやすいので、必要な場所に設置するのがいい。 ジップラインはなるべく300mで繋ぎたい。 オンライン接続プレイであれば、 『』が付けられて同期したジップラインは、バージョンアップして残す方向性で、 0いいねのジップラインは修理しないで破棄し、同じ場所に新たにジップラインを建てるのがいい。 そんな感じで修理素材のカイラル結晶を節約できる。 北側にはBTの座礁地帯があるので、ストーリー序盤では ルート1を進むといい。 ルート1では梯子とロープが必要になるが、ストーリー序盤ではBTと戦う術がないので、 しゃがみ移動+R1長押しで呼吸を止めながら、BT座礁地帯を通過するのは面倒くさい。 なので、山岳ルートを進むのがおすすめ。 やを入手したら、 ルート2を進むのがおすすめ。 BTが出現しても無視して、道なりに強行突破してしまえば、ほとんど捕まらない。 ジップラインで繋ぐ場合は、いくつかの支柱をVer. 2にアップグレードして350mで繋ぐと、 ギリギリK2西中継ステーションまで支柱4本で接続できる距離でした。

次の

【デスストランディング】ストーリーと世界観|ネタバレ注意【デススト】|ゲームエイト

デススト ルー

スポンサーリンク ルーデンスマニアがいる場所 ルーデンスマニアは、「K2西中継ステーション」と「K2西配送センター」のちょうど真ん中あたりにいます。 少し分かりづらい場所にいますが、「K2西中継ステーション」側から行くと山を登って、「K2西配送センター」側からだとハシゴを使って登ることができます。 自分が行きやすいほうからルーデンスマニアが住んでいる場所へ行きましょう。 一度落とし物を渡すとカイラルネットが繋がるので、他のプレイヤーのアイテムがわかるようになります。 必ず一度は落とし物を届けましょう。 ルーデンスマニアへ会いに行く道順 ルーデンスマニアの家に行くには、2つのルートがありますが、どちらも問題があります。 「K2西中継ステーション」からでは、ミュールが見張っている場所を通らなければなりません。 「K2西配送センター」からでは、BTが出現するルートを通る必要があります。 敵に遭遇せずに進むには、「K2西配送センター」から山を通って行きましょう。 「K2西配送センター」側から登れる場所を進み、山道を行きましょう。 どうにか渡って行けますし、ハシゴを用意しておけばサクサクと進めます。 ルーデンスマニアの家の下へ辿り着いたらハシゴをかけてます。 辿り着いたあとは端末を起動し、落とし物を渡してカイラル通信を繋げてもらいましょう。 寄り道をしてカイラル通信をつないでいこう 『デスストランディング』では、本筋とは関係ないところでもカイラル通信を繋げる場所があります。 落とし物を届けることによって繋げてくれるので、知らない人ものを見つけたら必ず届けておきましょう。 その周辺の通信が繋がれば他のプレイヤーの痕跡も見えるので、より移動がしやすくなります。 全てのエリアを復旧させられるように落とし物を見つけたら寄り道してみると良いでしょう。

次の

依頼No.70『BBを焼却所へ運べ』

デススト ルー

考察記事の補足・修正です。 アーカイブ今持ってる分をいろいろ読み直したので、ルーとサムについて間違ってるとことか修正しつつまとめ。 前回の考察記事 例によってネタバレ有なので、要注意。 これだけ見てもつまんないので 未クリアの人は絶対に見ないでくれよな。 まだ間違ってるところがあるかもしれないからあくまでも参考程度に。 違ってる箇所があれば指摘してくれると嬉しいです。 BBの製造方法 BBの条件は脳死状態の母体に産み落とされた子供であること。 アーカイブのダイハードマンの告白やマンハッタン消失事件の話を総合すると、スティルマザー(脳死母)は複数いる模様。 BBの起源は偶然医師によって発見された。 産婦人科医が脳死状態の母体から赤ちゃんの臍帯に触れた瞬間、黒い靄のような幽霊を見る。 これがBT。 直後付近一帯がまるごとクレーターに。 ビーチを人間達に見せることで、デス・ストランディング(絶滅が必ず起こること)を信じてもらいたかった。 それによって絶滅を回避する手段を一緒に考えようとしていた。 そのためにBBを量産しようとしていた。 カイラル通信によりアメリカを繋ぎ直す人柱としての役目は、デスストランディングによりアメリカが本格的に分断された後から考えだされたもの。 遅くともマンハッタン消失から1年後、クリフの事件頃にはBBを人柱にする方向で実験が進んでいた。 サムについて クリフォード・アンガーと妻リサ・ブリッジズの息子。 ブリジットに撃たれた時に一度ビーチに行き、アメリによって送り返されたのでその時に死ねない体「帰還者」となってしまう。 その後ブリジットの養子となり性がストランドに。 アメリとは姉弟としてビーチで度々会っていた。 本編見ても分かる通り、現在のサムはBBとしての能力は失われている。 デッドマンの説明によるとBBの能力を発揮するには脳死母が肉体的に存在していることが必要の様なので、クリフによりリサが介錯された時点でBBの力は失われていたみたい。 BB28号(ルー)について BBの製造過程で集められた脳死母から産まれた、サムとは全く無関係のBB。 ワンチャン、サムのクローンである可能性も無くはないけど、今のところ決定打は特にない。 物語的にも必然性ないしね。 ルーは30%を引けなかった? エピソード14のラストシーン、ボーっと見てて30%引けたんだ、よかったねぇ~なんて思ってましたが、アメリのペンダントを握らされてますね。 引けてなかったわ…。 アメリがルーに握らせてビーチから送り返してくれたんでしょう。 「最後のサービスだから感謝してよね」ってニュアンスでしょうか。 ルイーズ 奥さんはルーシー(アーカイブとデッドマンの発言から)。 その子に付けるはずの名前だったのではないかと。 だからやっぱりルーの名前っぽい。 人の子として産まれ直したからルイーズと呼ぶことにしたんだろうね。 ていうかルーって女の子だったの?(今更).

次の