に ん ぷ の 修羅場。 にゃんこ速報~修羅場・キチママ・生活まとめ~

鬼女乱舞

に ん ぷ の 修羅場

前スレの袷の着物の者ですが、着物はもう苦しいからイヤだとコトメが言ってるそうで、 着物は貸さなくて済みそうです。 が、今度はドレスを着ていくそうで、嫁子の貸しなさい だそうです。 ドレスってのは披露宴とかに着ていけそうなドレスらしいです。 もう、面倒になったんで「アー、ドレスねー。 いいんじゃないですかー。 コトメちゃん若いんだからおもいっきり派手なドレスが似合うと思いますよー。 コトメちゃんのことはトメさんが一番わかってると思うんでー、トメさん選んであげてください。 」 と言うと嫁子の貸せと・・・ドレスなんて持ってないよ。 持ってないけど「わたしのサイズじゃコトメちゃんきれないでしょー。 着物着る時補正いらない体型だもん。 コトメちゃん夫君より体重あるんでしょう? ムリムリムリムリ!!」と電話ガチャ切りしときました。 DQじゃないかな・・・ 主人にはメールで知らせましたので、〆てくれると思います。 主人のほうがDQしてくれそうですが。 トメは群れて嫁に嫌味を言うのが大好き。 いつもトメ友人3人とコトメとトメでねちねちやられる。 昨日も私が一人で洗い物をしている間、5人は談笑。 「嫁の実家は犬小屋みたいに小さい」「育ちが悪くて躾が大変」 だの言われた。 もう我慢ならなくなり洗いおけに貯めていた水を5人にぶちまけてやった。 驚き怒鳴ってくるトメの襟首つかんで 「嫁いびりなんて育ちのいい人は高貴な趣味をお持ちですね。 私はやられたことを絶対忘れませんから。 老後に何されても文句は言えませんよ。 いつまでも従順でいると思うなよ。 ここまで喧嘩売られたんだから買ってやる」 で、一発ビンタして帰ってきた。 その後トメから主人ケータイに電話が鳴りっぱなしになり、ウザがられて着拒にされてた。 これにていい嫁キャンペーン終了。 二度と行かない。 コトメの子の小学校は、登下校で危ない場所に親が旗持って立つ当番がある。 コトメは仕事してて時間的に当番やってられないから、 トメが代わりにやってる。 ある日トメからメール来て、急に用事が出来たから代わりに行って~だと。 当番開始が2時15分からなのに、メールが来たのが2時00分。 うちからコトメ子小学校までは車で30分。 さらに義実家に寄って、旗もとってこにゃならんとか無理。 だから「無理です」とだけ返信した。 トメは私に頼んで安心したとかで、返信も見ず、行かなかったから当番不在。 コトメ子小校区は、有名な連れ去りがあったとこと隣接していて、 保護者の意識と登下校に賭ける情熱がすごいと有名な小学校。 当番すっぽかしたコトメは、メアド知ってるあらゆる保護者から罵倒され、 会議では名指しで糾弾されて、泣くまで吊るしあげられたらしい。

次の

鬼女乱舞

に ん ぷ の 修羅場

友達にセコケチがいてびっくり。 友達Aは石鹸作りをしていて、興味を持った私。 一緒に石鹸作る?と聞いてきたので、Aの家に昨日行ってきた。 おなかの具合が悪かったから、その旨伝えたんだけど、完全額面通りに受け取ったみたいで、出してきた昼ごはんが雑炊。 「いくらなんでも雑炊なんてしょぼい」って言ってみたけど、 「おなかの具合が悪いんでしょう?ウチは調子悪いときはいつもこれ。 」 「有機野菜使ってるし、鳥も卵も特別に取り寄せたものだから、すっごくおいしいのよ」 という返事。 そりゃー野菜もてんこ盛りでおいしかったけど、雑炊だけってどんだけケチ。 石鹸作りも一緒に作っている時に匂いってつけられないの?って聞いたら 「エッセンシャルオイルで香り付けは出来るよ」っていうからしたいって言ったら 「石鹸の香り付けに使うような量はちょっと・・・余裕ないな、私もめったに香り付けしないし、ごめんね。 」だって。 石鹸を熟成させるのに発泡スチロールの箱に入れるんだけど、熟成するのに1ヶ月以上かかるからってその箱を持ち帰れるようにしてくれたんだけど、 「熟成終わったら箱取りにいくからよろしくね」って言われたよ。 そんなにケチとは思わなくてびっくりしたよ。

次の

鬼女まとめ速報

に ん ぷ の 修羅場

20年生きててはじめて自分が托卵の子だと知った。 まだ気持ちの整理がついていないので吐き出したくて書き込みします。 支離滅裂な点があったら見逃してください。 私、大学2年。 実家を出て女子寮に入ってる。 5月のはじめに父から電話が掛かってきて、「金輪際俺はお前に一円も出さない。 大学に通いたければ夜の店にでも行け」と突然言われた。 突然過ぎて唖然とした私に父は一方的に喋って切った。 父は感情的になると早口になる人で、言っていることの半分も聞き取れずかけなおしたけど出なかった。 実家の電話にかけたら兄が出て、「今立て込んでいるから話せない。 後日連絡するから待て」と言われて電話を切られた。 母にかけても出なかった。 数日経って、兄から明日会いに行くから時間を作るように言われた。 女子寮だから男性は兄でも入れなくて、大学の近くにあるファミレスで会って話をした。 兄の口から母の浮気と私が托卵の子だってことを聞かされた。 何の冗談かと思った。 私の顔は父方だし、自分が父の子ではないと考えたことなんかなかったからわざわざそんな冗談を言いに上京して来たのかと笑いたかったけど笑えなかった。 兄の目がゴキブリでも見ているような目だったんだ。

次の