おお たけ 消化 器 内科 クリニック。 愛知県稲沢市で糖尿病、甲状腺、消化器疾患ならおおこうち内科クリニック

愛知県稲沢市で糖尿病、甲状腺、消化器疾患ならおおこうち内科クリニック

おお たけ 消化 器 内科 クリニック

「つらくない」「見逃さない」「安全な」内視鏡検査を目指します 「おおたけ消化器内科クリニック」は、消化器内科と胃・大腸の内視鏡検査を専門に行っているクリニックです。 「つらくない」「見逃さない」「安全な」内視鏡検査の提供を目指しています。 実際に、当院で検査を受けられた患者さんの多くが「ここでまた受けたい」と言われています。 胃がんや大腸がんの早期発見に貢献し、苦しむ人を一人でも減らしたいと考えています。 当院は赤坂駅(東京都港区)の出口からすぐ近くにあります。 オフィスへの行き帰りやショッピングのついでにもアクセスしやすいため、気軽に寄ることができます。 当院では「胃内視鏡検査」「大腸内視鏡検査」「胃・大腸内視鏡検査」を検査コースに設定しています。 内視鏡検査の基本的な認識としては、先端部のCCDカメラで消化管内部を直接観察する検査方法であり、胃内視鏡検査では胃がん・食道がん・十二指腸潰瘍など、大腸内視鏡検査では大腸がん・大腸ポリープなどの疾患リスクをチェックします。 とくに症状がない方にこそ人間ドック・健康診断の受診を推奨 「おおたけ消化器内科クリニック」は予防医学を重視し、胃カメラ・大腸カメラによるがん検診を実施しています。 人間ドックや健康診断は、症状が現れていない疾患リスクを拾い上げることが本質です。 そのため当院では、「最近調子が悪いから検査を受ける」のではなく、とくに症状がない方、健康状態に自信がある方にこそ受診していただきたいと考えています。 早期発見・早期対応の重要性が高い検査を提供 早期発見・早期対応の重要性が高い検査を提供することが大切だと当院では考えています。 そのひとつが高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の検査、そしてもうひとつががん検診です。 なかでも当院では、胃がんと大腸がんの発見に力を入れています。 胃がん・大腸がんはいずれも消化器系のがんですが、どちらも日本人が亡くなるがんとして上位に入っています。 そして、胃がん・大腸がんともに、早期発見・早期対応することで死亡リスクを抑えられるケースもあるのです。 胃がんの主要因であるピロリ菌感染の有無を判別 おおたけ消化器内科クリニックでは、胃がんリスクを早期に発見するには、胃カメラでの検査が有用だと考えています。 胃がんの発症にはピロリ菌感染が密接に関係しています。 例外はありますが、ピロリ菌が胃に定着するのは一般的に5歳くらいまでと言われています。 そして、ピロリ菌感染がある場合には、30歳くらいから萎縮性胃炎という変化が見られます。 胃の内部を直接観察することができる胃カメラは、胃の萎縮をみることでピロリ菌の有無をある程度判断することができ、ピロリ菌感染が確認された場合には保険での除菌につなげることも可能です。 また、ある程度進行しないと判断が難しい異変であっても、胃カメラであれば鮮明な映像で観察することができます。 苦痛の少ない胃カメラを目指し、鎮静剤や鼻からの胃カメラに対応 当院では、胃カメラの苦痛軽減にも注力しています。 胃カメラで苦痛を感じる理由のひとつは、胃カメラに対する不安や恐怖心から喉や首、肩に力が入りすぎてしまうためです。 そしてもうひとつは、検査中に唾液を飲み込むと、唾液は本来流れる胃でなくて肺や器官に流れ、むせてしまうパターンです。 当院では、長年内視鏡検査を行ってきた医師が対応しており、ご希望の場合には鎮静剤の使用にも対応しています。 また、おう吐感が少ない鼻からの胃カメラにも対応しています。 大腸がんを早期に発見するためにも50歳からの受診を推奨 現在、日本人のがん罹患数は増加傾向にあり、なかでも大腸がんは罹患数・死亡数ともに上位で、女性に限って言えばがんの死亡数1位は大腸がんです。 一方で、大腸内視鏡検査を行う医師が少ないという現状もあり、大腸カメラを受ける人はまだまだ少ないと感じています。 大腸がんが発症するメカニズムに関してはまだ明確には分かっていませんが、ポリープが大きくなってがんになるケースが多く指摘されています。 そしてポリープに関しては、検便では判明しないことがあります。 そのため当院では、検便の受診はもちろんですが、50歳を目安に定期的な大腸カメラの受診を推奨しています。 受診者の様子を見ながら大腸カメラを実施 もちろん、当院では大腸カメラの苦痛軽減にも配慮しています。 食道・胃・十二指腸と異なり、大腸は複雑に曲がりくねっています。 そのため、大腸カメラでは腸をうまく手繰り寄せながら挿入していくテクニックが必要になります。 当院の大腸カメラは、お話しをできる程度に鎮静剤を使用し、内視鏡検査に精通する医師が受診者の様子を見ながら検査を行います。 少しでも痛みを感じたら、遠慮なくお申し出ください。 掲載している情報についてのご注意 各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。 人間ドック・がん検診を探す• 人間ドックを年代別で探す• 人間ドックを沿線・駅から探す• 近くの都道府県で探す•

次の

医院紹介|赤坂のおおたけ消化器内科クリニック

おお たけ 消化 器 内科 クリニック

「つらくない」「見逃さない」「安全な」内視鏡検査を目指します 「おおたけ消化器内科クリニック」は、消化器内科と胃・大腸の内視鏡検査を専門に行っているクリニックです。 「つらくない」「見逃さない」「安全な」内視鏡検査の提供を目指しています。 実際に、当院で検査を受けられた患者さんの多くが「ここでまた受けたい」と言われています。 胃がんや大腸がんの早期発見に貢献し、苦しむ人を一人でも減らしたいと考えています。 当院は赤坂駅(東京都港区)の出口からすぐ近くにあります。 オフィスへの行き帰りやショッピングのついでにもアクセスしやすいため、気軽に寄ることができます。 当院では「胃内視鏡検査」「大腸内視鏡検査」「胃・大腸内視鏡検査」を検査コースに設定しています。 内視鏡検査の基本的な認識としては、先端部のCCDカメラで消化管内部を直接観察する検査方法であり、胃内視鏡検査では胃がん・食道がん・十二指腸潰瘍など、大腸内視鏡検査では大腸がん・大腸ポリープなどの疾患リスクをチェックします。 とくに症状がない方にこそ人間ドック・健康診断の受診を推奨 「おおたけ消化器内科クリニック」は予防医学を重視し、胃カメラ・大腸カメラによるがん検診を実施しています。 人間ドックや健康診断は、症状が現れていない疾患リスクを拾い上げることが本質です。 そのため当院では、「最近調子が悪いから検査を受ける」のではなく、とくに症状がない方、健康状態に自信がある方にこそ受診していただきたいと考えています。 早期発見・早期対応の重要性が高い検査を提供 早期発見・早期対応の重要性が高い検査を提供することが大切だと当院では考えています。 そのひとつが高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の検査、そしてもうひとつががん検診です。 なかでも当院では、胃がんと大腸がんの発見に力を入れています。 胃がん・大腸がんはいずれも消化器系のがんですが、どちらも日本人が亡くなるがんとして上位に入っています。 そして、胃がん・大腸がんともに、早期発見・早期対応することで死亡リスクを抑えられるケースもあるのです。 胃がんの主要因であるピロリ菌感染の有無を判別 おおたけ消化器内科クリニックでは、胃がんリスクを早期に発見するには、胃カメラでの検査が有用だと考えています。 胃がんの発症にはピロリ菌感染が密接に関係しています。 例外はありますが、ピロリ菌が胃に定着するのは一般的に5歳くらいまでと言われています。 そして、ピロリ菌感染がある場合には、30歳くらいから萎縮性胃炎という変化が見られます。 胃の内部を直接観察することができる胃カメラは、胃の萎縮をみることでピロリ菌の有無をある程度判断することができ、ピロリ菌感染が確認された場合には保険での除菌につなげることも可能です。 また、ある程度進行しないと判断が難しい異変であっても、胃カメラであれば鮮明な映像で観察することができます。 苦痛の少ない胃カメラを目指し、鎮静剤や鼻からの胃カメラに対応 当院では、胃カメラの苦痛軽減にも注力しています。 胃カメラで苦痛を感じる理由のひとつは、胃カメラに対する不安や恐怖心から喉や首、肩に力が入りすぎてしまうためです。 そしてもうひとつは、検査中に唾液を飲み込むと、唾液は本来流れる胃でなくて肺や器官に流れ、むせてしまうパターンです。 当院では、長年内視鏡検査を行ってきた医師が対応しており、ご希望の場合には鎮静剤の使用にも対応しています。 また、おう吐感が少ない鼻からの胃カメラにも対応しています。 大腸がんを早期に発見するためにも50歳からの受診を推奨 現在、日本人のがん罹患数は増加傾向にあり、なかでも大腸がんは罹患数・死亡数ともに上位で、女性に限って言えばがんの死亡数1位は大腸がんです。 一方で、大腸内視鏡検査を行う医師が少ないという現状もあり、大腸カメラを受ける人はまだまだ少ないと感じています。 大腸がんが発症するメカニズムに関してはまだ明確には分かっていませんが、ポリープが大きくなってがんになるケースが多く指摘されています。 そしてポリープに関しては、検便では判明しないことがあります。 そのため当院では、検便の受診はもちろんですが、50歳を目安に定期的な大腸カメラの受診を推奨しています。 受診者の様子を見ながら大腸カメラを実施 もちろん、当院では大腸カメラの苦痛軽減にも配慮しています。 食道・胃・十二指腸と異なり、大腸は複雑に曲がりくねっています。 そのため、大腸カメラでは腸をうまく手繰り寄せながら挿入していくテクニックが必要になります。 当院の大腸カメラは、お話しをできる程度に鎮静剤を使用し、内視鏡検査に精通する医師が受診者の様子を見ながら検査を行います。 少しでも痛みを感じたら、遠慮なくお申し出ください。 掲載している情報についてのご注意 各医療機関の情報(所在地、診療時間等)について誤りがある場合は、お手数ですが下記メールフォームからお問い合わせをお願い致します。 人間ドック・がん検診を探す• 人間ドックを年代別で探す• 人間ドックを沿線・駅から探す• 近くの都道府県で探す•

次の

《予約可》おおたけ消化器内科クリニック|人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

おお たけ 消化 器 内科 クリニック

クリニックについて 胃がん・大腸がんで苦しむ人を減らしたい 当院は消化器内科のほか、特に胃と大腸の内視鏡検査を専門に行っているクリニックです。 専門をうたっているのは、とにかく、胃がんや大腸がんで苦しむ人を一人でも少なくしたい一念からです。 当院院長は数々の医療機関で内視鏡検査の経験を重ねてきました。 現場で磨いてきた技術を生かし、「つらくない」「見逃さない」「安全な」検査をモットーにしています。 実際に、当院で検査を受けられた患者さんの多くが「ここでまた受けたい」と言われています。 患者さんの症状はさまざま。 気軽にご相談を 来院される患者さんの症状は、腹痛をはじめ、食欲不振、だるさ、貧血、吐血、下血、肌が黄色くなる黄疸などさまざまです。 特に目立った症状はなくても、何か体に不調を感じたらお気軽にご相談ください。 診療への思い 根拠に基づいた、自ら納得できる医療を 当院では、信頼していない医療は行いません。 根拠が乏しく患者さんのためにならない医療は医者としてやりたくないのです。 当院ではしっかりと医学的な根拠があり、効果が見込める医療を患者さんに提供したいと考えています。 患者さんが納得できるようわかりやすく説明 「効く薬だから、はい」と言って薬だけを処方するような診療はしません。 一般の方は医者に比べて医療には詳しくありませんから、そういった方々の立場を想像し、専門的な言葉を使わずにできる限りわかりやすい説明をしようと心がけています。 病状をはじめ、処方する薬の特徴、これについてはメリットのほかデメリットも十分にお話します。 患者さんにも医療のことを知ってもらい、正しい医療を選択できるようになってもらいたいのです。 また、逆にわからないことははっきりと言います。 これは自分がわかる範囲のことを自覚しているからで、当院の自信の現れでもあります。 言葉を濁して結論を避けたり、ごまかしたりすることはしません。 大切なのは妥当性があるかどうか 妥当性のある医療を大切にしています。 例えば、患者さんが胃カメラの検査を要望される場合に、それが本当に必要であるか患者さんにヒアリングを重ねながら検討します。 他の例として、抗生物質を望まれてもそれが不必要であれば、厳しいと思われても医療として正しいことをお伝えします。 それは、患者さんのことを思ってこそのことです。 あいさつ 患者さんに寄り添う医者でありたい 皆さん、初めまして。 2015年に開業したおおたけ消化器内科クリニックの大竹真一郎です。 僕は高校中退後に医者になった、一般の医者とはちょっと変わった経歴を持っています。 子どものころは遊び心のある少年でした。 高校を中退しましたから、大学を卒業して会社員に、といった道は考えづらく、手に職をつけたいと思って、父の知り合いのような大工になるか、ケーキ作りが好きだったからパティシエになるか、などといろいろと考えました。 最終的には、父の職業だった医者になりました。 それは、頑張って勉強しました。 僕はエリートではありませんから、悩んでいる患者さんの気持ちがわかります。 肝臓が悪いのについついお酒を飲んでしまう方など。 だからこそ、患者さんに寄り添い、地元の友人のようにときに厳しいこともちゃんと言える医者でありたいと思っています。 ジェネラリストをベースとしたスペシャリストに 僕は消化器を専門にしていますが、幅広い医療知識を持ったジェネラリストをベースとした上で、スペシャリストな医者でありたいと考えています。 この考えは大学卒業後にお世話になった教授の考えに共感したからで、実際に、患者さんを総合的に診て病気を絞り込んで診断をする内科医には欠かせないことだと思います。 目標は「胃腸と言えばおおたけ」 そうした考えのもと、魅了されたのが内視鏡検査でした。 検査の技術を高めたいと関西を飛び出し、内視鏡検査のレベルが高い関東の複数の病院で修行しました。 好きこそ物の上手なれと言うように、自分で言うのも何ですが、スキルがめきめきと上がり、各病院の第一線で検査ができたと自負しています。 もちろん、消化器内科の外来で患者さんの身近なお腹の悩みにも応えます。 「胃腸と言えばおおたけ」。 開業して間もないですが、将来的には多くの患者さんにこう言ってもらえるよう、日々、良い診療をしていきたいと思います。 どうぞ、よろしくお願いします。 著書紹介 皆さんが正しい医療のことを楽しく知られるように、本も書いています。 過去に主婦の友社から刊行された『人間ドックにだまされるな!』の改訂版である「本当は怖い! 人間ドックの正しい受け方について僕の考えを書いています。 よろしければ手に取ってもらえれば幸いです。 「過去出版物」 『医師が本当に実践している ツッコミ健康法」(TOブックス) 『人間ドックに だまされるな!』(主婦の友社) 『腸内環境からきれいになるスッキリ美人ダイエット』(ぱる出版) 『驚異の8時間ダイエット』(宝島社) 『消化器専門ドクターが明かす 腸の「吸収と排出」が健康の10割』(ワニブックス) 『3週間ですっきり腸美人に生まれ変わる30の方法』(主婦の友社) 『病気にならないのはどっち!? 』(ダイアプレス) 『本当は怖い!健康診断&人間ドック』(主婦の友社).

次の