三井住友visaデビュープラス デメリット。 三井住友カード デビュープラス ETCカードのメリットデメリットと詳細&申し込み

三井住友VISAデビュープラスカード完全ガイド!メリット・デメリットは?年会費や特典を徹底調査!

三井住友visaデビュープラス デメリット

昔は 「学生がクレジットカードを持つのは危ない!」というような風潮がありましたが、現在では「 クレジットカードを持ってないのは珍しい!」というような社会になってますよね。 世の中の変化と共に「お金をジャラジャラ持つより、クレジットカードの方が断然効率的だ!」ということが浸透してきているように思います。 ですが、学生向けのクレジットカードは現状ではまだ少なく、クレジットカードを持ったことがない、初めての人にとってはややこしく、分かりにくいものでしょう。 「ややこしいからまた今度でいいや…」と先延ばししてしまい、 クレジットカードの知識がないまま社会人になってしまうのも、それはそれでデメリットが多いです。 これからクレジットカードや電子マネーの社会は普及していくことは確実なので、是非学生の内からクレジットカードの知識を付けて、慣れておきましょう! クレジットカードは色んな機能やキャンペーンなどがあり、ややこしいのは事実ですが、 基本的な部分だけ抑えておけばOKです! 特に三井住友VISAデビュープラスカードは学生向けということで使用用途が絞られているので分かりやすい親切設計のカードです! 追記:カードのデザインが追加されました! 学生の方でも持ちやすいオシャレでかっこいいデザインが2種類追加されました! 黒いカードはステータスを感じさせるスタイリッシュでかっこいいデザインに。 ピンクのカードは女子大生にピッタリのかわいいおしゃれなデザインに。 より学生専用カードらしいデザインになりました。 ほかの学生カードにはこんなオシャレなデザインはめったにないので、デザイン重視で選びたい方にぜひおすすめします。 学生は社会人とは違い『固定収入』がないため、クレジットカードの申し込みをためらってしまいますよね。 クレジットカードを利用したことがない人は「クレジットカードって『お金』が絡んでくるから何か大変そう…」というイメージを持ってしまいがちです。 もちろん計画的な使用は必要ですが、使用に関して自分のライフスタイルに必要なポイントだけを抑えておくことで、クレジットカードは心強い味方になってくれます! まず始めに抑えておくべきクレジットカードの注意点は 「クレジットカードを持っておくだけでお金はかかるか?」です。 三井住友VISAデビュープラスカードの諸手数料は以下の通りです。 作る、持っておくだけでお金はかかるの? 諸手続き 諸手数料 入会金 無料 カード発行費 無料 事務手数料 無料 年会費 1年目無料 年一回のカード利用で翌年度 無料 解約手数料 無料 つまり、2年目以降の年会費のみ、気をつけておけば、持っておくだけでは無駄なお金は発生しないということです。 2年目以降の年会費は無料にならないの? 1年目は無料でも2年目から年会費がかかるクレジットカードは多数あります。 三井住友VISAデビュープラスカードも同様に2年目から1250円+税の年会費がかかります。 それでも月額にすると 112. 三井住友VISAカードの種類 年会費 エグゼクティブカード以上 リボ払い利用= 割引 クレジットカード利用= 割引 リボ払い利用+クレジットカード利用= 割引 その他の三井住友VISAカード リボ払い利用= 無料 クレジットカード利用= 割引 リボ払い利用+クレジットカード利用= 無料 三井住友VISAデビュープラスカード 年一回のクレジットカード利用=無料 メリット2:ブランド力の絶大な安心感! クレジットカードはお金を扱うものです。 よく「ポイントが獲得できるので、カードを作りませんか!?」と勧誘してくるデパートもあります。 でもクレジットカードは、その会社がお金を貸すもの。 「クレジットカード作りませんか!?」=「お金貸してあげますよ!?」と言っているようなものです。 そこらへんの無名のデパートから「お金貸してあげますよ!?」といわれても「怪しい…」と思ってしまいますよね。 実際に、入会させておいて年会費や諸手数料が引かれたり、 入会したらメールでしつこくお店の情報を送ってくる会社も多数あります。 三井住友ブランドの実績 三井住友カードは創業50周年を迎えている老舗です。 しかも世界で最も利用されている Visaカードを日本で初めて発行したのも三井住友カードです。 金融業界初のPマーク取得! Pマーク(プライバシーマーク)とは日本工業規格(JIS)が認める個人情報保護体制の基準を満たしているマーク。 基準って何?という疑問があると思いますが、要約すると「法律に規定されているJIS Q 15001の個人情報保護レベルを、第三者が満たしていると認めた」ということです。 いわば 国に安全性を認められているってことです! 三井フィナンシャルグループという大御所の強み クレジットカード業界での実績もそうですが、三井住友カードは三井フィナンシャルグループの一員です。 そのブランドは各方面からの信頼感を集めており、有名店舗との提携により、ポイントやID決済に対応してくれる店舗が多数あります! しかも、三井フィナンシャルグループの一員であることから、 ブランドの安心感は国内一といっても過言ではないでしょう。 メリット3:審査が通りやすい! 三井住友VISAデビュープラスカードは元々18歳〜25歳の学生向けに作られたカードです。 ですので 学生でも容易にクレジットカードの審査が通ります。 むしろ三井住友VISAデビュープラスカードは25歳を超えている方は作ることができません。 ですが、満18歳〜25歳であれば、学生、社会人、自営業、公務員だれでも作ることが可能です。 未成年は親の承認が必要? 18歳〜19歳の場合は 親の承認が必要です。 しかし、他の学生カード、例えばエポスカードでは 「電話での確認」などが必要ですが、 三井住友カードの場合は「承認書類の提出」です。 電話での承認に比べるとハードルが低いですね。 メリット4:業界最高水準のポイント還元率! 三井住友VISAデビュープラスカードではショッピングで貯まる ポイント倍率が業界内で最高水準にあります。 しかもこれは三井住友カードの中でも 三井住友VISAデビュープラスカード限定の得点です。 他の三井住友カードを使用するとポイント1倍(等倍)のところが、三井住友VISAデビュープラスカードだと 常に2倍になります。 一回の使用だとそんなに大差はありませんが、 積み重なると雲泥の差があります。 三井住友VIAAカードでは1000円につき1ポイント貯まるので、ポイント還元率だけで言うと0. 1%となります。 しかし、1ポイント5円の価値で交換できるため、還元率は0. 学生専用の三井住友VISAデビュープラスカードでは 入会から3ヶ月間はポイントが通常の5倍! 三井住友VISAカードの還元率が0. (1000円で5ポイント貯まり、交換すると25円分の価値になる計算となります) 小額で見ると少なく感じますが、 還元率2. 5%はクレジットカード業界ではかなり高い還元率です! 例えば• 新生活の引越しや家具の購入で出費が多くなる時期• 夏休み冬休みなどの旅行、イベントの時期• 年末年始などのショッピングが増える時期 などに合わせて発行し、3ヶ月間で20万円分利用すると1000ポイント貯まる計算となります。 「え?!20万円も利用してるのに1000ポイントしか貯まらないのか?」と、全然ポイント貯まってないように見えますが、1ポイント5円分の価値なので、1000ポイントで5000円分の価値となります。 この貯まった1000ポイントを商品に交換してもいいのですが、私がオススメしているポイント活用法は、他のポイントに移行して使うことです。 1000ポイントを他のポイントに交換すると…• 楽天ポイント=5000ポイント• Tポイント=4500ポイント• ヨドバシカメラ=5000ポイント• dポイント=5000ポイント• nanacoポイント=3000ポイント• スタバ=4000円分• 楽天Edy=3000ポイント• Amazonギフト=5000円 1ポイント3円~5円の価値があるので、1000ポイントを交換すれば最大5000円以上の価値が生まれます。 しかも大学生にとって嬉しい交換先ばかりです。 現金払いでは絶対にできないことですし、三井住友VISAデビュープラスカードだからこそできるワザです。 三井住友VISAデビュープラスカードを発行して3か月間で合計10万円の買い物をするだけで、約5000円相当のポイントにして使えます。 (満25歳まで) 年間100万円利用すると2000ポイント貯まります。 1ポイント5円の価値があるので、最大10000円分のものと交換ができる計算になります。 2000ポイントを他のポイントに交換すると…• 楽天ポイント=10000ポイント• Tポイント=9000ポイント• ヨドバシカメラ=10000ポイント• dポイント=10000ポイント• nanacoポイント=6000ポイント• スタバ=8000円分• 楽天Edy=6000ポイント• Amazonギフト=10000円 もちろん、ポイント交換数は指定できるので、細かく振り分けすることも可能です。 5000ポイントを振り分けて使うと…• 毎年50万円分のカード利用をするだけで、毎年これだけのポイントを貯めることができるんです。 Gポイントを経由するともっと賢くポイントを活用できる! ここで知ってほしいのがGポイント。 知らない人も多いかと思いますので、今回はぜひここでGポイントを覚えておいてほしいです。 Gポイントは店舗で利用できるものではなく、各種ポイントの仲介できるポータルの役割を果たしています。 ワールドプレゼントポイントからGポイントに移行して、さらにGポイントから以下のポイントに移行することができます。 間違いなくお得です。 しかも、LINEポイントやWAONポイントなど、直接交換ではできなかったポイント先にも、Gポイント経由すれば交換できるようになります。 ポイント交換できる幅が広がり、より多くの場所でポイントを効率よく使いこなすことができます。 1人暮らしをしている学生さんなら、お米やインスタント食品などの食品を楽天市場で購入すれば節約にもなりますし、食材の買い出しをイオンで買うならWAONポイント使ったり、授業で使う道具をAmazonで購入したり、スタバでレポート作成したり、リクルートポイントに交換すればじゃらんで使えるようになるので一人旅も無料でできたり。 自分のライフスタイルにあわせてポイントを交換すると非常にオトクです。 Gポイントの存在を知るだけで、三井住友VISAデビュープラスカードをよりお得に賢く使いこなせます。 特にデパート系のクレジットカードはその系列のデパートでしか貯まらなかったりします。 ですが、三井住友カードはその実績から各有名店舗の信頼を獲得し、提携店舗は誰でも聞いたことがある店舗ぞろいです。 ポイントの貯め方は大まかに分けて2種類。 ネットショップで貯める• リアル店舗(街)で貯める それぞれの提携店舗を紹介します。 ネットショップなら「ポイントUPモール」 「ポイントUPモール」は三井住友VISAカードの会員サイト経由で、各ネットショップにアクセスするとこでポイントが獲得できるサービスです。 ジャンル 店舗名 ポイント倍率 総合 Amazon 楽天市場 LOHACO Yahoo! com ヤマダ電機 WEB. ポイントUP• キャッシュバック のどちらかが選択できます。 エントリー後、街でその店舗でカード利用すると選んだ方のサービスが適用されます。 提携店舗の代表的な例は以下の通りです。 なんでこんなに倍率が高いの? 学生向けであるのに、なぜこんなに倍率が高いのか?と疑問を持たれる人もいるかと思います。 通常の三井住友VISAカードに比べて利便性が良すぎます。 その理由は 「学生向けであるから」という点にあります。 学生は社会人とは違い、固定収入がないため、利用できるお金の料も社会人に比べて当然低くなります。 そのため、ショッピングの利用得点に特化して、クレジットカードの利用機会を増やそうということですね。 例えば「マイルが貯まります!」と言うサービスに力を入れられても、出張や海外勤務がない学生にはあまり関係ありませんよね。 つまり、 三井住友VISAデビュープラスカードは学生や若い人のライフスタイルに合わせて設計されているカードといえます。 メリット5:審査が通りにくいゴールドカードへ自動昇格! 18歳〜25歳向けのカードと聞くと、必然的に 「25歳を過ぎたらどうなるの?」という疑問が湧いてくると思います。 三井住友VISAデビュープラスカードでは25歳を過ぎると、 自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードへ昇格されます。 三井住友VISAプライムゴールドカードはクレジットカードの利用経験が少ない人にはあまり馴染みがないと思いますが、審査基準が厳しいカードです。 特に 自営業やフリーターでは取得するのが難しいカードです。 三井住友VISAプライムゴールドカードは何がちがうの? プライムゴールドカード デビュープラスカード 年会費 年間5000円 条件クリアで最低1500円 初年度無料 条件クリアで無料 利用限度額 最高200万円 最高30万円 海外旅行傷害保証 最大5000万円保証 無し ショッピング保証 最大300万円 最大100万円 空港ラウンジの使用 無料 無し 完全に別物と考えた方が良いですね。 満26歳になったら自動的に昇格することができ、社会人になって金銭的に余裕が出てくる時期にゴールドカードが持てるのはかなりのメリットです。 飲み物や食べ物が無料で提供され、くつろげる空港のラウンジを利用できるのは1つの憧れであり、ステータスですよね。 ゴールドカードは強制的なの? 満26歳で自動的に昇格しますが、 「絶対に持たなければいけない!」というワケではありません。 利便性は下がりますが、三井住友カードが提供している「三井住友VISAクラシックカード」または「三井住友VISAクラシックカードA」という一般的に幅広く利用されているクレジットカードに切り替えることも可能です。 また、「三井住友VISAデビュープラスカードのメリットがなくなるならいらない!」という方は無料で解約することもできます。 つまり• プライムゴールドカードへ昇格• 一般的なカードへ切り替え• カード利用の解約 の中から好きに選べるということです。 カードの解約は電話で出来るので、簡単に行なえます。 無条件でゴールドカードに昇格でき、不要であれば解約できる。 最強のカードです! 3.三井住友VISAデビュープラスカードのいまいちポイントについて 三井住友VISAデビュープラスカードの唯一のデメリットは 「海外旅行傷害保険がない」という点です。 海外旅行傷害保険ってなに? 海外旅行傷害保険とは海外旅行中に事故やケガ、盗難に遭った場合、その金額の全部もしくは一部をカード会社が保証してくれるというサービスです。 海外に頻繁に行く学生や、卒業旅行に行く人にとっては デメリットになる点ですね。 なぜ、海外旅行傷害保険が付いてないのか?というと、 三井住友VISAデビュープラスカードが学生向けに作られていて、海外出張や旅行に頻繁に行く人向けに設計されていないという理由があります。 その分、学生に向けたメリットは多くなってます。 海外にいく人はどうすればいい? じゃあ海外によく行く学生や、留学に行く学生はどうすれば良いのか?ですが、この解決方法が簡単で、 『カードの複数持ち』です。 元々クレジットカードはカードごとに特徴が違うので複数持つことは珍しくありません。 「国内ショッピング用」「海外用」「生活費用」「緊急用」という感じで、複数のカードを持ち歩いている社会人がほとんどです。 18歳〜25歳ではそんなに多くのカードは必要ないと思うので、 「海外用」「国内用」の2枚を持っておくだけでかなり快適に日常を送ることができるでしょう。 海外用のクレジットカードは何が良いの? 実は海外用のクレジットカードも VISAカードが最強です。 全国200カ国で使用されている、 世界のどこでも使えるのがVISAカードです。 三井住友VISAカードでは「三井住友VISAクラシックカード」から海外旅行傷害保険が最大2000万円で付いているので、三井住友VISAデビュープラスカードを持つのであれば、同じ系列、同じサイトで利用状況を確認できる 「三井住友VISAクラシックカード」を取得するのがベストです。 4.三井住友VISAデビュープラスカードの最大の特徴!こんな人におすすめしたい! 最大の特徴はやはり 「学生向け」「若年齢層向け」ということでしょう。 クレジットカードの歴史からいうと、若者がカードを持つ文化ができたのは最近です。 クレジットカードを持つのであれば、平凡なカードを闇雲に複数毎持つよりも、何かに特化したカードを2〜3枚持つことがベストです。 その中でも三井住友VISAデビュープラスカードはネットショッピングや街での買い物をする学生に特化したカードだと言えます。 初心者でカードを使うのが初めてでちょっと怖い!• 持っていてダサくないカードがいい!• キャッシング枠は多くなくて良いから安心できるカードがいい!• ちょっとした買い物に使いたいだけ! という人は三井住友VISAデビュープラスカードを1枚持っておけば間違いありません。 三井住友VISAデビュープラスカードは各サイトで好評価を得ていて、クレジットカード業界では 「最初にクレジットカードを持つなら『三井住友VISAデビュープラスカード』でしょ」というくらいのスタンダードなものになっています。 多くのクレジットカード比較サイトでも、三井住友VISAデビュープラスカードを強く推奨しています。 学生に多機能すぎるカードは危険! クレジットカードはあくまでも 「お金を借りる」というカードです。 他の会社では多機能を謳っていますが、固定収入のない学生にとって多機能はむしろマイナス要素です。 「海外でもお得です!」• 「国内でもお得です!」• 「キャッシング枠は100万円以上です!」• その点では三井住友VISAデビュープラスカードは• 「買い物時のポイントが業界最高水準です!」• 「キャッシング枠の上限は30万円までです!」 という感じで、メリハリのついた非常に信頼のおけるカードです。 5.三井住友VISAデビュープラスカードはどういう使い方が最もお得になるのか? 三井住友VISAデビュープラスカードは先述の通り、学生のショッピングに最適化されています。 入会から3ヶ月間は ポイント5倍、通常時は ポイント2倍なので、そこを上手く活用するとお得感が増します。 Step1. イベント時期に合わせて申し込み!• 入学時期• 引越し時期• 長期休み時期 など、ショッピングの機会が増える時期にカードを取得します。 入会から3ヶ月間はポイントが5倍なので、家具や服を買うと、 他のクレジットカードでは有り得ないほどのかなりの倍率でポイントが付与されます! Step2. ネットショッピングは「ポイントUPモール」から! 三井住友VISAカードの会員サイトから「ポイントUPモール」経由で買い物をすることで通常のポイント倍率に三井住友VISAデビュープラスカードの 2倍の倍率を上乗せして獲得できます。 Amazonや楽天市場など、誰もが利用するネットショップは網羅されているので利用する際は 必ず「ポイントUPモール」を経由しましょう。 Step3. 街での買い物の前は「ココイコ!」にエントリー! 会員サイトから 「ココイコ!」にアクセスし、よく利用するお店にエントリーしておきましょう。 エントリーは無料ででき、お店でカードを利用すると 自動的にポイントやキャッシュバックがあるので、必ず事前に登録しておきましょう。 Step4. クレジットカードを使う機会が無い時は!? 2年目以降は年会費が1250円かかります。 ですので、年会費が無料になる条件である 「年一回のクレジットカードの利用」を満たしましょう! 極端な話ですが、コンビニで10円のガムを買っても「年一回のクレジットカードの利用」の条件クリアで1250円の年会費は無料になります。 友達とのカフェや、ちょっとした飲み物を買うときなどはクレジットカードで払い、 それ以外は使用しなくても持っておくだけでOKです。 Step5. 26歳でゴールドカードへ!! 満26歳で三井住友VISAプライムゴールドカードへ自動昇格です。 学生や20代には馴染みのない「ゴールドカード」ですが、自動昇格することを前提に三井住友VISAデビュープラスカードを利用する人は沢山います。 他の学生向けのカードは年齢制限に達すると、一般カードに切り替わったり、そのまま解約になったりするのでメリットがあまりありません。 ゴールドカードは社会的にもステータスになり、あなたのクレジットヒストリーに残ります。 この一連のStepは三井住友VISAデビュープラスカードでしか踏むことはできません。 まとめ これからは、小銭をジャラジャラして、レジでモタモタするような文化が減少していき、クレジットカードや電子マネーでスムーズに買い物をするのが主流の社会になってきます。 若いうちからクレジットカードに触れておきたいですね! まとめると• 18歳〜25歳であれば誰でも 審査が通りやすい• 発行に掛かる 諸手数料は無料• 初年度 維持費は無料• 10円でも使えば1250円の 翌年度年会費は無料• 使用せずに 持っておくだけでもゴールドカード が手に入る• ポイント倍率は 業界最高レベル です。 クレジットカードを発行したことがない人にとっては「クレジットカードは何か怖い…」という印象だと思いますが、 中身を詳しく知ってしまえばメリットが多いことが分かります。 例えばAmazonなどのネットショップではクレジットカードでしか買えない物があったり、代引きでは手数料がかかりますね。 そう考えると 金銭的にも時間的にもクレジットカードを持っておいた方がお得です! 申し込みは10分程度も済み、迷っているのであれば申請して、不要と感じれば簡単に解約できるので、 利用者には何のデメリットもありません。 学生であれば持っておいて損のない1枚です!.

次の

18歳~25歳限定クレジットカード【三井住友VISAデビュープラスカード】

三井住友visaデビュープラス デメリット

25歳以下の若者限定のクレジットカード。 デビュープラスカードは、の中で、 断然還元率が高いのですが、ヤングな人しか申込みできません。 25歳以下限定のクレジットカードという事で、若者のみ申込み可能です。 また、クレジットカードの発行も若過ぎても無理。 18歳以上にて審査基準に満たすので、 18~25歳限定のクレカとなります。 「初めてクレジットカードを持つ学生・新社会人の方に」というキャッチコピーですが、 学生だけでなく、新社会人でなくとも申し込み可能です。 25歳までに申し込めば、有効期限内は26歳を超えても所持できますが、 26歳になってしまったら、問答無用に申込み不可能となります。 初年度は年会費無料。 年1度でも利用すれば、翌年度以降も年会費無料。 年会費無料の「デビュープラス」ってなってますが、 他の三井住友カード同様、本来は 年会費1,250円です。 初年度年会費無料で、 年間1回でも利用すれば翌年度も無料になるというカラクリです。 まぁ、他のクレジットカードよりも優れている点も多く、メインカードにも成り得るので、 最低でも年一回は使うハズ。 使わないで終わる心配は無いかと。 問答無用に年会費無料では無いので、ご注意を。 ちなみに、ETCカードも同様に、 初年度無料、 年一回の利用で翌年も無料となります。 ETCカードだけ有料のクレカは多いので、車乗る人には有り難い。 いつでもどこでも還元率1. 0%以上。 通常カードの2倍の高還元率。 三井住友カード デビュープラスは、ポイントがいつでも 2倍。 通常の還元率は 0. 5%なので、還元率は 常時1. 0%となります。 三井住友カードの中でも還元率1. 0%は他に無く、高還元率クレカ並の還元率です。 また、 入会3か月はポイント5倍なので・・・還元率は脅威の 2. 5%となります。 入会3か月は無敵です。 三井住友ブランドだけでなく高還元。 コレが最大のメリット。 利用額に応じたステージ制度。 ランクによりボーナスポイントも貰える。 年間利用額が多ければ、翌年移行はステージがアップ。 利用額に応じたボーナスポイントも貰えるようになります。 前年利用額が 50万以上でステージ V1、 100万以上でステージ V2、 300万以上でステージ V3・・・ 最高ランク「ステージV3」の場合、 50万円利用で 150ポイント、以降10万円毎に 30ポイント貰えます。 ちなみに、プライムゴールドになると、ボーナスポイントは倍になります。 ステージV3で、50万利用で 300ポイント、以降10万円毎に 60ポイントとなります。 50万利用でボーナス1500円なら悪くないかもね。 26歳以降はプライムゴールド、30歳以降はゴールドへアップグレード 三井住友デビュープラスは、18歳から25歳限定のクレジットカードですが、 26歳以上となった最初の更新月に、 自動的に三井住友カード プライムゴールドへアップグレードされます。 三井住友のヤングゴールドカードが、何の審査も無しに所持できてしまう。 また、三井住友カード プライムゴールドを所持し続ければ、 30歳以降の更新月に、今度は 自動的に三井住友カード ゴールドになります。 って、 金融機関系のクレジットカードで審査も厳しく、結構なステータスカード。 なかなか所持できないカードだと思っております。 年会費が高いだけのアメックスゴールドよりも、ステータス性は高いかと。 ヤングゴールドカードになるのが嫌なら、 26歳以降の更新タイミングで、 三井住友カードへの変更も可能だし、 年会費1,250円すら発生するのが嫌なら、 最悪解約する事も可能です。 強制で「ヤングゴールドカード加入&年会費5000円支払」というわけでも無いので、ご安心を。 デメリットは若者限定という事。 利用限度額&キャッシング限度額が低い。 利用限度額が 最大80万円と、他社クレジットカードに比べると低いです。 無料のクレジットカードは 最大100万円くらいなので・・・若干ね。 バリバリ使う事を想定している人は、少々頼り無いかと。 学生版のデビュープラスの場合、更に限度額が低くなるので注意です。 デビュープラス学生版との違い。 限度額が少ない分、審査は容易。 「三井住友カード デビュープラス」には、 学生版の「三井住友カード デビュープラス(学生)」も有ります。 学生版という事で、特別な事情が無ければ、審査は容易に通るかと思いますが・・・ 学生クレカなので、 限度額は最大30万円と低くなります。 キャッシング利用枠に至っては 最大5万円です。 学生と言っても高校生は対象外なので、大学生や専門学校生がターゲット。 普通の学生で社会人並の所得は得られるとは思えないので・・・限度額は仕方無いですね。 カード審査には、親の信用情報も大きく影響してくるかと。 iD一体型では無く、iD専用カードが別発行となる。 チャージ不要の電子マネー「iD」対応となってますが・・・ 三井住友カード デビュープラスは、 iD一体型のクレジットカードにする事はできません。 結果、iD利用可能店舗でも、クレジットカード払いにするハメになるかと。 他の三井住友カードはiD一体型に対応しているんだけどね。 これもデビュープラスのデメリットだね。 iDを使えて、クレジットカードが使えない店って、ほとんど無いから。 複数所持するのは面倒だし、クレカ1枚で済むなら、クレカしか持たなくなると思う。 電子マネーWAON、PiTaPaなんかも紐づけできますが、 全て別カードでの発行となります。 海外旅行損害保険が付帯しない。 保険カードと併用を勧める。 三井住友カード デビュープラスには、 他クレカで当たり前に付帯している、 海外旅行損害保険が付帯しておりません。 まぁ実際のところ、海外旅行保険の恩恵って受ける人も少ないと思うし、 無料で保険適応したいなら、他社のクレジットカードで補強すれば良い。 海外旅行損害保険は、無料クレカでも当たり前に付帯しているし、 無料クレカでも、海外旅行損害保険が自動付帯のクレカも有ります。 海外旅行損害保険狙いなら、がオススメ。 三井住友カード(学生)、三井住友カードA(学生)との違い。 には、 三井住友カード デビュープラス(学生)以外にも、学生カードが有ります。 三井住友カード(学生)と、三井住友カードA(学生)、 女性専用の三井住友カード アミティエ(学生)です。 三井住友カード(学生)• 年会費無料。 海外旅行傷害保険(最高2,000万円) 三井住友カード A(学生)• 年会費250円。 初年度無料。 年会費無料。 海外・国内旅行傷害保険(最高2,500万円) 三井住友カード デビュープラス(学生)との違い• デビュープラス以外はポイント2倍にならない。 満18歳以上の学生(高校生は除く)なら、 26歳以上でも申込可能。 VISA以外にもMasterブランドも選択可能。 旅行傷害保険が付帯している。 写真入りICカードが選べる。 カード裏面に顔写真。 iD一体型のクレジットカードが選べる。 デビュープラスカード以外は、ポイント2倍にならず、還元率が 0. 5%となります。 その代わりに、デビュープラスには無い 旅行保険が付帯してます。 と言っても、クラシックカードは、海外旅行傷害保険のみ付帯なので・・・正直微妙。 旅行保険狙いなら、海外・国内共に保険適応となるクラシックカードAを利用しましょう。 年会費250円は発生するけどね。 また、デビュープラスとは違い、VISAだけでなくMasterブランドも選べ、 クレカに顔写真を入れる事も可能。 iDもクレジットカード一体型で、無駄にカードが増える事も無い。 還元率は 0. 5%と普通だけど、利便性は高いクレカとなる。 ちなみに、女性限定のアミティエ(学生)なんかも有る。 クラシックカードA(学生)と同等の内容で、年会費無料となるので、 旅行保険狙いで女性の方なら、の方がお得です。 最大のデメリットは年齢制限。 25歳以下なら、とりあえず申し込んで損は無い。 の強いて言うデメリットは、 海外旅行保険が付帯しない、限度額が低いって事くらい。 年会費無料で、 高還元率1. 0%の 三井住友カードが所持できる。 若い人限定で好条件になっているクレジットカードだから、 実際は 申し込めない人が多いってのが、本当のデメリットだよね。 ちなみに、満26歳になって即、に切り替わるワケでは有りません。 26歳以降の最初の更新月に、カード切り替えとなります。 26歳を過ぎても、デビュープラスカードの有効期限が切れない限りは、 デビュープラスカードの恩恵を受けられるワケです。 25歳で申し込めば、26歳以上になっても数年間は 高還元率&年会費無料で使えます。 25歳なら、まだまだ得できますから! 他社高還元率クレカと比べても、カードスペックは高いです。 知名度、信頼性・・・数字では表せないよねん。

次の

三井住友カード デビュープラスの還元率やメリットとデメリットについて

三井住友visaデビュープラス デメリット

完全解説:三井住友カード デビュープラスが優れている7つのメリット 特典1:18歳~25歳限定のカード。 26歳以降はゴールドカードへ 三井住友カード デビュープラスは、 18歳~25歳の方しか申し込みできません。 25歳を過ぎると、プライムゴールドカード、などに、自動ランクアップできます。 ランクアップ時には、「継続サンクスポイント」がプレゼントされます。 三井住友カード デビュープラスには、 いつでも、ポイントが2倍貯まるメリットがあります。 旅行にあまり行かない方は、ポイントを貯まりやすい、三井住友カード デビュープラスを作るのがおすすめです。 それ以外の年齢の方は、18歳以上(高校生を除く)が申し込める、、を検討しましょう。 なお、三井住友カード デビュープラスには、旅行保険が付帯しません。 旅行保険を付帯したい方も、上記の3つのカードを検討しましょう。 学生でも申し込みできます。 特典2:最短3営業日発行!急な海外旅行でも間に合う 通常、クレジットカードに申し込むと審査だけでも、1週間以上かかることがあります。 しかし、三井住友カード デビュープラスは、最短3営業日発行が可能です。 最短で当日にも審査結果を知らせてくれます。 急な海外旅行、学生旅行で、クレジットカードを発行したい場合でも間に合います。 最短3営業日発行の方法 (1)の公式サイトより、申し込みます。 (2)各銀行のWebサイトで、引き落とし口座の設定(申し込み時)。 (3)審査結果が最短で当日にメールで届きます。 (4)カードが簡易書留で発送されます(ここまでで最短3営業日)。 (5)カードを受け取れば、すぐに使用できます。 郵送期間を含めると、申し込みから約1週間でカードが手元に届き、すぐに利用できます。 特典3:年会費実質無料。 2年目以降は、1,250円かかります。 しかし、年1回以上利用で次年度も無料になります。 年1回以上は、例えば、コンビニで、三井住友カード デビュープラスを使って、100円のパンを買うだけでもOKです。 そのため、実質年会費無料と考えていいでしょう。 2年目以降は、500円かかります。 しかし、年1回、ETCの利用があれば、次年度も無料になります。 ETCカードの利用でも、通行料金1,000円につき1ポイントが貯まります。 また、に登録すれば、ETCポイントを貯めることもできます。 貯めたポイントは、通行料金の支払いに利用できます。 、、は、1,000円につき1ポイント(還元率0. 入会後3ヵ月間はポイント5倍 入会後3ヵ月間はポイント5倍になります。 つまり、1,000円につき5ポイント貯まります(還元率2. これも、三井住友カード デビュープラスだけの特典です。 大学生で一人暮らしをはじめるときに、家具や生活用品をまとめて買うのにおすすめです。 ココイコ対象店で最大18倍 とは、三井住友カード利用者が使えるサイトです。 以下のような対象店舗でお買い物をするときは、ココイコでエントリーしておきましょう。 Amazon、楽天市場、Yahoo! ショッピング、ヤフオク! 、セブンネットショッピング、ロハコ、DHC、ドクターシーラボ、楽天トラベル、Yahoo! トラベル、じゃらん、HIS、エクスペディア、一休. 特典5:マイルやギフト券の交換も可能!ポイントの使い道が多彩 ポイント1ポイントは5円相当として、アイテムやギフト券に交換できます。 貯まったポイントは、以下の特典に交換できます。 ・Amazon、VJAギフトカード、ハーゲンダッツなどのギフト券・商品券 ・ポイント(楽天ポイント、nanaco、WAON、Tポイント、Pontaポイント、ヨドバシカメラのポイントなど) ・USJのチケットや家電、食品、日用雑貨などのアイテム ・ANA、シンガポール航空「クリスフライヤー」、アリタリア-イタリア航空「クラブ・ミッレミリア」マイル ・キャッシュバック ・寄付 交換したい商品がなくとも、 キャッシュバックなら1ポイント=3円で換算し、カード利用代金に充当されるので無駄がありません。 また、Amazonや楽天ポイント、nanaco、Tポイントなど、他社のポイントやギフト券にも交換できます。 三井住友カード デビュープラスは、交換できる他社ポイントの取り扱いが多いです。 ポイントをマイルに交換できる ポイントは、以下の航空会社のマイルへ交換できます。 しかし、三井住友カード デビュープラスは、永久不滅ポイントの有効期限がなく、ポイントUPモールやココイコ加盟店での利用で、ポイントを貯めやすいメリットがあります。 使い方によっては有効な手段です。 特典6:三井住友カードの充実した付帯サービス 三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードの会員が利用できる多彩なサービスがうけられます。 セキュリティへの対策は、他のカードよりも力を入れています。 VJデスク 世界主要都市に設置されたVJデスクを 日本語で利用できます。 ・ホテルやレストラン、チケットの予約の代行 ・観光情報、交通機関の案内 ・ガイド・通訳の手配 ・パスポート紛失・盗難などのトラブル ホノルルのVJデスクは、無料で休憩できるラウンジを利用できます。 ソフトドリンクサービス、手荷物一時預かりサービス、WiFi接続サービスなどもあります。 顔写真付きのカードが選べる カードの裏面に、本人の顔写真入りのカードを発行できます。 不正利用防止に役立ちます。 ICチップ搭載 カードの表面に、ICチップ搭載されています。 そのため、偽造が困難で、不正利用防止に役立ちます。 お買物安心保険(動産総合保険) 三井住友カード デビュープラスで購入した商品が破損・盗難などの損害にあえば、購入日から90日間、年間最高100万円まで補償。 海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。 バーチャルカード バーチャルカードは、ネットショッピングなど、インターネットのみで使えるカードのことです。 利用枠は10万円までと低額に設定された、バーチャルカードを発行できます。 「使ったことがないサービスや海外のネットショッピングで、クレジットカードの番号を入力するのが怖い」という場合に有効です。 不正利用について 紛失や盗難で、クレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまうことはあるでしょう。 しかし、三井住友カードは、24時間365日、不審カードの利用をチェックしています。 さらに、会員保障制度により、特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用分を補償してくれます。 安心してクレジットカードを利用できます。 とはいえ、本会員とほぼ同様のサービスを受けられます(一部特典は対象外)。 配偶者(専業主婦、パート)や学生の子ども(高校生を除く18歳以上)など、審査に通りにくい家族もクレジットカードの特典をいかせます。 旅行保険が付帯しない 旅行傷害保険とは、海外・国内旅行中の傷害死亡やケガ、病気などの傷害事故を保証してくれる保険です。 三井住友カード デビュープラスは、旅行保険が付帯しません。 もしも、旅行保険を付けたい方は、、、を検討しましょう。 学生でも申し込みできます。 ただし、上記のカードはいつでもポイント2倍にはなりません。 ポイント2倍になるのは、三井住友カード デビュープラスだけです。 旅行にあまり行かない方は、三井住友カード デビュープラスの方がおすすめです。 Apple Payとは、カードの代わりに、登録したiPhoneで支払いができるサービスです。 iD加盟店で利用できます。 Apple Payの支払いでも、ワールドプレゼントポイントが貯まります(一部対象外)。 iDは利用できるの? 発行手数料・年会費無料で、三井住友カードiDが利用できます。 iDとは、で利用できる電子マネーのことです。 iDの支払いでも、ポイントが貯まります。 また、ワールドプレゼントポイントは、iDバリューに交換できます。 iDバリューは、iDの利用代金にキャッシュバックできるので、三井住友カード デビュープラスとiDは相性が抜群にいいです。 PiTaPaカードは発行できるの? 関西圏の電車、バス、飲食、ショッピングでの支払いに使えるPiTaPaカードを発行できます。 特別な特典はありませんが、他で発行するのが面倒なら、三井住友カード経由でを発行してもいいでしょう。 WAONカードは発行できるの? 三井住友カードWAONが発行できます。 以下のようなメリットがあります。 ・WAONで200円につき1WAONポイントが貯まる ・毎月20日・30日のお客さま感謝デー5%OFF ・毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーWAONポイント2倍 特典は、他のWAONカードと同じです。 イオンなどで発行するのが面倒なら、三井住友カードWAONを発行してもいいでしょう。 銀聯カードは発行できるの? 三井住友銀聯カードが発行できます。 銀聯(ぎんれん)は、VISAやMasterCardと同じ、国際ブランドのこと。 銀聯加盟店で利用できます。 中国で最も使われるカードとして、人気があります。 中国に旅行に行く際は、検討してみてもいいでしょう。 他の三井住友カードとの違いを教えて? 三井住友カードには、三井住友カード デビュープラス以外にも種類があります。 他の三井住友カードとの特典の違いを知りたい方は、以下ページをご覧ください。 他の三井住友カードとの比較 ・学生や新社会人だけど、ネットショッピングの利用にクレジットカードを作っておきたい ・ポイントを貯めて旅行に行ったり、欲しいものを購入したりして楽しみたい ・クレジットカードでの支払いが心配。 セキュリティが高いクレジットカードを持ちたい 18歳から25歳に限定したクレジットカードです。 そのため、若い方でも、発行できるチャンスがあります。 ネットショッピングなど、クレジットカード決済が必要な場面で役立ちます。 貯めたポイントは、他社のポイントやマイルやギフト券に交換できます。 ICチップや顔写真入りのカードで万全のセキュリティ体制。 不正利用時の補償もあるから、安心してクレジットカードを利用できます。 三井住友カード デビュープラスは、学生や新社会人の1枚目のカードとしておすすめです。

次の