オセロニア アレス デッキ。 【オセロニア】アレスの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロニアです。

オセロニア アレス デッキ

同キャラの使い道とスキルについて 使用制限があって連れていけない同キャラは、 スキルレベル上げに使用することができます。 同キャラという事は同じスキル・コンボスキルなので強化の際に確率的にレベルが上がります。 スキルレベルがMAXでなければキャラレベルがMAXでも強化できます。 例えばユルルングル同士で強化する場合はこんな感じです。 ベースのユルルングルのレベルがMAXなのでキャラレベルは上がりませんが、スキルレベルが55%の確率で上がることが分かりますね。 55%という事は、 当然失敗する可能性もあるのでご注意ください。 確率は掛け合わせるキャラを増やせば増えていきます。 ただ、実はこのスキル上げは、同キャラである必要はなく同じスキルまたはコンボスキルを持つキャラを素材にしても上がります。 例えばこんな感じです。 素材のニーズヘッグはBランクのキャラですが、スキルの 「竜の囁き」がユルルングルのスキルと被ります。 なので、この場合でもユルルングルのスキルを確率的に上げる事が出来ます。 一応、少し注意してほしいのは、同じ名前のスキル名でもキャラによって最大レベルが違うという事です。 ユルルングルの「竜の囁き」はMAXレベル2ですが ニーズヘッグの「竜の囁き」はMAXレベル1です。 なので逆の掛け合わせではレベルが上がりません。 まぁ注意しなくても通常はあり得ない状況だと思いますが・・・ このように、同キャラに限らず同じスキルを持つキャラは素材として使えるので無暗に売却などに使わず、一度ご自身の デッキキャラをチェックしましょう。 Sランクキャラはほとんどスキル・コンボスキルのMAXレベルが2か3なので、素材に使える低いランクのキャラがいたら強化チャンスですね。 キャラが増えてきたら是非、ご自身の駒箱をチェックしてみましょう。。

次の

【オセロニア】クラスマッチ13種の「属性補正」とおすすめデッキを大考察!

オセロニア アレス デッキ

回復耐久デッキ毒デッキ 戦術とデッキコンセプト 序盤はフルカスやヨシノといった相手の残HP量に依存する攻撃で大きなダメージを与え、その後は罠やカウンターで相手のHPを削りながら、手駒ロックやスキル無効で相手のペースを崩して闘う戦術です。 デッキを組む際のポイントは、アヌビスとエクローシアなど、同一の効果を持った駒を複数枚入れて、できるだけ駒運に左右されずに安定して闘えるようにすることです。 リーダーにすべきキャラ 相手の残HP量に依存して特殊ダメージを与えるフルカスとヨシノがおすすめです。 これらの駒は初ターンから大ダメージを出せる数少ない駒で、相手とのHP差が離れにくい本デッキでは必須です。 同じような効果を持った駒はニューイヤーフルカスと進化アダラブルハがいますが、2枚以上返すという発動条件が大きなネックになります。 これらの駒は初手に出せないので、相手の特殊罠にかかる危険性があります。 また、2枚返しは辺を取ることが多いので、罠を設置する貴重なタイミングが失われてしまいます。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 591 【魔属性】 超オススメ! A 初期キャラ魔コレクションガチャ キーポイントとなるキャラ 罠、カウンタースキルを持つ駒 このデッキでは中盤のダメージは全て、罠とカウンターによって出します。 罠には通常攻撃ダメージを返すタイプと特殊ダメージを返すタイプがあります。 ポイントとなるのは特殊ダメージを返す罠で、 最近流行りの神統一攻撃デッキに効果的なだけではなく、竜デッキ等の本来効果がないデッキに対しても警戒心を抱かせ続けることができます。 罠のダメージ量も重要ですが、様々なタイプの罠を編成することで相手を惑わせることができます。 特にひっくり返されて発動するタイプのカウンターを編成すると、相手を混乱させるだけではなく、罠ダメージを重複させることも可能です。 オススメはアゲハやギルタブルルで、ヘイランなどコンボが特殊ダメージの毒駒の隣に置いて返さざるを得ない状況にして大ダメージを出したり、ハーピストエンジェルなど、強力な特殊ダメージをコンボに持つ駒の導線上に置いて牽制することができます。 オススメキャラ 罠・カウンタースキルを持った駒はかなり多いので、現在取得可能、かつ超オススメできるキャラのみに絞って紹介します。 No キャラ レアリティ 入手方法 105 【魔属性】 超オススメ! アゲハ A 決戦イベント 無効スキルを持った駒 無効スキルとは、コンボスキルを使えなくするもので、竜統一速攻デッキや神統一攻撃デッキなど、コンボスキルを使ってダメージを出すデッキに対して、絶大な効果を持ちます。 相手をコントロールする上で、コンボスキルによる大ダメージは絶対に受けてはいけないので必須になります。 無効スキルを持った駒の種類は少なく、発動条件やコンボスキルを無効にする数によって差別化されます。 現状では発動条件は2種類あり、場に出ている同属性の駒の数によるものと、返した駒の枚数によるものがあります。 オススメは返した駒の枚数によって発動するタイプでアヌビスとエクローシアが該当します。 このタイプの利点は、速攻タイプのデッキによるX打ちに対応できることです。 エクローシアの場合、S枠を使いますが、後半に3枚消せるとほぼ全てのコンボスキルを消すことができ、相手が盤面の不利を覚悟で出してきたハーピストエンジェルなどに対応できるため、大きなダメージを受けることなくオセロ的に優位に立つことができます。 また、 2枚入れることで手駒に来る確率が上がるだけではなく、1枚目を使った後に相手の無効に対する警戒心をなくすことができます。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 954 【魔属性】 超オススメ! A プレミアムガチャ逆転コイン 後半に火力が出る駒 罠やカウンターを中心とした攻撃は決定力が無く、相手も警戒して大きなダメージを与えてこないため、勝負が長引きHPも均衡することが多いです。 そのため、こちらから勝負を仕掛ける際に候補となる攻撃スキルは、 「ライフバースト系 HPが減少するほど大きな特殊ダメージを与える 」と「コインオルス系 盤面の駒の総数に応じた特殊ダメージを与える 」が最有力です。 相手は罠を警戒して一撃で削り切れるタイミングで勝負を仕掛けできます。 それまでに主要なコンボが潰れていればこちらのHPが3500から4000の時に仕掛けて来ます。 その時、フルカス分のアドバンテージがあるため、大体相手のHPは3000位なので、 その1ターン前の相手のHPが4000から5000の時に削り切れれば勝てるためそれを基準に駒を選定します。 理想はライフバーストではヴァイセ、コインオルスではアンドロメダです。 この2体は盤面や繋ぎ方次第では6000超えのダメージを与えることができます。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 870 【神属性】 超オススメ! これらは辺に置いて使う永続的なデバフと違い、シールドと同じような使い方をします。 デバフはシールドと違い貫通できず、返されなくても効果が発動するため、1ターンを凌ぎたい時には効果的です。 オススメキャラ No キャラ レアリティ 入手方法 585 【神属性】 超オススメ! これらのデッキは大抵のデッキに対して主導権を握れ、どんな時でも一発逆転が狙えます。 これらのデッキと戦う際にそれらの利点を潰して戦うことが求められ、罠系のデッキはそれが可能です。 HPを常に同等に奪い続けるため、攻撃デッキに対して他のデッキでは奪えないようなダメージを与えられる利点もありますが、それ以上に相手が慣れていない展開に持ち込めるので戦力以上に混乱させられることが最大の強みです。 その反面、回復デッキとの相性が非常に悪く、盤面を有利に進めても最終的にHP差で負けてしまうことも多々あります。 一応戦術としては、いくら序盤でダメージを与えても回復されてしまうので、フルカス、コインオルス系、ライフバースト系を終盤まで温存して、コンボも利用しながら一気にダメージを与えることが挙げられます。 毒を使用していないのでミヤビなどを入れても面白いかも知れません。 このデッキの魅力は相手の戦力や行動を読みながら対戦する必要があるので、バフデッキや速攻デッキとは違った臨機応変な立ち回りができる点だと思います。 また、罠やカウンターは選択肢が多く、攻撃方法によって駒を入れ替えることもできるため、デッキを構成する自由度が高い点も魅力です。 オリジナリティがあるデッキを組みたい方は是非試してみてください。

次の

【オセロニア】同キャラの使い道は?使用制限とスキルについて!

オセロニア アレス デッキ

長く続いたアプリは少ないが、オセロニアはで超駒いっぱい持つくらいにはやってこれた。 ダイヤCまでいって伸び悩む今になって、一つの疑問が生まれる。 「対策にあのコマは何レベルまでしか上げない」とか、そんな領域のスあたりとやって、たまたま勝ったを重ねてみても、どうなんだ? 続けて4種100勝も埋めたが、なんだ、これより上で生きてく為には、色んなものを断ち切って、手持ちの中でテンプレに近づけてストイックに立ち回るしかない気がする。 続かん。 オセロニアに求めるのは ス上位になってなんなのだ? 成れもせんけど。 「なんだこいつ」 そう思われて勝つ方がよっぽどおもろい。 今まで続いたのは、それを追求してきたからだ。 だが、おそらくそれはコンスタントな勝利を手放さねば得られない快感だろう。 特にダイヤから先、勝利以外に余計なものを求めて勝率の上がろうはずもない。 だが、それでいい。 定石を捨てる。 も見ない。 ムチャくそをやって勝つデッキを考えていく。 これは楽しそうだ。 半端に罠リペアデッキ やってみたかったデッキがある。 アダーの罠めくり直しデッキだ。 あれは楽しそうだった。 でもアレスを持ってないし、課金して引く気もない。 そこで、闘化ヘイランだ。 先月なぜか急に3枚もきたヘイランに出てもらう。 1ターン待てば弱めの通常ダメージ罠駒を二枚召喚。 コンボで2枚リペア 罠を待機に戻す 、同時に1枚につき600の毒ダメージだ。 対してアレスはスキルが3枚リペアの1枚につき700吸収というヤベーやつ。 罠デッキは攻撃を耐えるのが前提なので2100吸収は輝く。 コンボも3枚リペア1枚につき1500特殊ダメージ。 罠で火力出すのは相当運がいるのは自明だが、4500特殊で持ってくんだから恐ろしい。 まあ持ってないが。 どうせなら罠と反撃のみで組んでやれと、有りったけの駒とスキルフェアリーでこれを作った。 コロシアムで試すが、ただ持ってる罠・反撃・ヘイランってだけなので穴だらけだ。 特に以下。 反撃が多すぎてヘイランのリペアが腐る• 効率よくダメージを出す置き方が見えん• よく圧勝される• ヘイラン闘化解放されたとき結構いたデッキなので驚いてくれん 1と4は致命的だ。 改造していく。 半端に罠多めリペアに混ぜ混ぜデッキ で、まず反撃を減らして罠を増やす。 最初からと我ながら思うが、自分、やってみんと気付かんのだから仕方ない。 で、二つのことが出てくる。 HPを持たせたい• 火力を出したい てことで、まずを突っ込む。 当然回復足りない。 なのでシェヘラザードと、ヤシも入れる。 いい感じでキモい。 これでやってみると、意外と勝てる。 負けても追い詰める。 シェヘラザード1つでは足りない気味だが、と回復バフが重なれば 毎ターン2000近い回復。 辺にピリキやイヴェットをおければ、相手が魔や神でもそれなりに決定打を飛ばしてくれる。 ヘイランのリペアを回す時間的余裕も作れる。 シェラザードリーダーで後半なっても罠ばかりだから、戸惑ってもくれるしなかなか良い。 だが、このデッキは致命的な欠点をはらんでいた...... 定石しちゃってるじゃねえか..... そう、このデッキ、少なくともシェヘラザード置くまでは定石をなぞるしかなく、を置きたいからその後も定石をやるしかなく、回復バフ保持で攻めたいからやはり最後まで定石をなぞるしかないのである。 これは違う。 もっと、とんがっていなければならない。 大体、回復しながら罠とか、勝とうとする姿勢がいかん。 もっと、とっちらからねば、俺の求めるものはオセロニアの盤面には出てこない。 そこで方針を変えようと思いついたのが、 確かに罠だ。 でも相手のHPが先に減っていくデッキ である。 先行罠リペアしながら反撃隣におくデッキ どう転ぶかは置いておく。 まずは相手のHPを素早く飛ばしたい。 選んだのはお馴染みのこいつ。 先々月急に3枚きた彼女に出てもらった。 まあ、大体4000から6000後半くらい持ってくので、リーダーにして即出しの人も多い。 でも、俺は神ゴマリーダーで実は罠盛りだったときの相手の反応が好きになっていた。 そこでこれを持ってくる。 最近リーダーで見なくなった進化である。 闘化の無属性1. 4倍バフが強力だからそっちに使う人が増えたのだろう。 今年の正月で3枚きた俺には関係ない。 二つは相反しているが、結局のところ体感的にはダメにほぼ差はない。 効率的には白でも黒でも最大火力を出せるヨシノリーダーだろう。 は白だった場合必ず1発自分にダメが入るので、最大とはいかない。 でも、をリーダーにし、いつ来るのかもわからんヨシノがまさかの登場を果たしたときの相手の反応こそみたいのである。 で、こうなった。 まあムチャくそである。 異彩を放つ二枚を紹介したい。 まずこれ。 金色である。 3枚返さすのは骨だが、この尖り具合、素晴らしい。 バンクに寝てたがいつ取ったんだろうか? 通常? アヌビス? 引っこんどれ そして金色リッチ。 彼とヨシノがコンボしたら7つ敵用Bダメマスに変わる面白さ。 このデッキ、要は相手 プレイヤー の混乱具合。 少しでも判断を迷わせる要素を突っ込みたいのだ。 さて、次回はこのデッキをコロシアムで試す。 お楽しみに。 donation91969.

次の