みょうが 使い方。 みょうがの育て方・プランター&地植え・農家の栽培方法・美味しい夏野菜を家庭菜園で収穫♪

みょうがの使い方は薬味&それ以外にも!切り方は?|健康♡料理♡美容♡恋愛

みょうが 使い方

ほのかな苦みと独特の香りが特徴のみょうがは、香味野菜として日本各地で栽培されています。 本記事では急速冷凍したみょうがを活用する方法や、炒め物、煮物など、みょうがを使った食品の冷凍・保存・解凍方法を解説します。 みょうがの基本 みょうがにはカルシウムやカリムが含まれているほか、香り成分のアルファピネンも豊富です。 アルファピネンには、食欲増進、消化促進、血行促進、発汗作用といった効果があるといわれています。 傷がなく締まっており、つぼみが見えていないものがよいみょうがとされています。 この状態がよいときに食べたり冷凍をしたりするとよいでしょう。 みょうがの旬は6~10月、若い茎を軟白栽培して少しだけ日に当てて赤みをつけたみょうがたけは3~5月とされています。 みょうがは酵素反応が少ないため、生の状態で冷凍をした後、凍ったままきざんだり、加熱したりして使うほか、解凍しても使えます。 ただし、冷凍・解凍によりみょうがの細胞膜が壊れて、水分が流出し、柔らかくなってしまう点には注意しましょう。 冷凍前に刻むか、凍ったまま刻めば、さほど食感の変化が気にならずにすみます。 茹でたり炒めたりした加熱済みのみょうがは、酵素が失活しており、食感が既に変化しているため、問題なく冷凍・解凍できます。 みょうがを使った食品の冷凍方法 生みょうが 袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。 凍ったまま刻んだり、加熱調理をしたりして使う。 流水解凍や自然解凍をしてそのまま使ってもよい。 炒め物、煮物 袋に入れて脱気包装をするか、ラップ等で隙間なく包装して冷凍。 解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。 野菜の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには? 野菜は冷凍をすると、水分を維持する機能が失われてしまうため、食感が落ちてしまいやすい食品です。 葉物、根菜、いもなど野菜の種類に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。 コンサルティング・商品開発のご相談は お気軽にこちらからどうぞ•

次の

みょうがは生で食べられる!生食の注意点と下ごしらえのコツ

みょうが 使い方

みょうがとは ミョウガはショウガ科ショウガ属の多年草で、平安時代にはすでに食用として利用されていました。 英語ではjapanese gingerと呼ばれますが、原産は日本とも中国とも言われていて、はっきりしません。 みょうがの味と香りってどんなの? みょうがは、爽やかさと苦味をあわせもった独特の香りをしています。 味はわずかな辛味に加え、少し舌が痺れるようなえぐ味があるので、そこが苦手な人もいるのではないでしょうか。 みょうがの旬っていつ? みょうがには二種類あり、7月~8月にかけて収穫されるものを夏みょうが、9月~10月にかけて収穫されるものを秋みょうがといいます。 また、秋みょうがの茎が伸び、やわらかくなったものをみょうがだけといい、こちらは3月~5月にかけて収穫されます。 また、夏のものというイメージが強いみょうがですが、実は秋みょうがの方が色・香りともに良く、粒も大きいです。 みょうがの栄養成分は? みょうがの成分は、ほとんどが水です。 それにより、水分補給と栄養補給を兼ねられるために、夏のものとされているようです。 水以外には、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、ビタミンB群、Cなどを含んでいます。 また、みょうがの香り成分はアルファピネンといい、ひのきに含まれるものと同じです。 みょうがのカロリーってどれくらい? みょうがのカロリーは100gにつき12kcalです。 みょうがにアレルギーや副作用はあるの? みょうがの副作用として心配されるのが、昔から言われている「みょうがを食べると物忘れがひどくなる」という話だと思います。 ですがこれは迷信であり、みょうがに物忘れを激しくするような成分は含まれていません。 なぜそのような迷信が生まれたのかというと、古い物語に人の名前をなかなか覚えられない登場人物がおり、その名前がみょうがだったことから広まったようです。 そのほかにも、みょうがは特に副作用の心配はなく、アレルギーもまれです。 ただし、粘膜が敏感な人は食べ過ぎると喉や口の中に痛みを感じるかもしれません。 これはみょうがのぴりっとした刺激によるもので、一時的でおさまります。 みょうがとしょうがの違いは? みょうがとしょうがは、どちらもショウガ科ショウガ属の植物です。 スーパーに売られているものを見るとまるで違いますが、実は、根や葉は見分けが付かないほどそっくり。 もし、家庭で両方栽培するのなら、茎の長さで判断するといいでしょう。 しょうがの茎は50センチほどにしかなりませんが、みょうがの茎は1メートルを越します。 また、みょうがが花蕾を食べるのに対ししょうがは根茎を食べるなど、食用になる部分も違います。 食感は、シャキシャキとした歯ざわりと、抜けるような香りを楽しむのがみょうが、刺すような辛味と独特の辛味を感じるのがしょうがです。 加えて、みょうがの原産が中国だという説によると、みょうがとしょうがは同時期に日本に持ち込まれ、それぞれ「兄香 せのか 」、「妹香 めのか 」と呼ばれていたのが、のちに「しょうが」「みょうが」となったようです。 みょうがの効果・効能とは みょうがの成分は、ほとんどが水です。 それに加えて、余分な塩分を排出してくれるカリウムが含まれているので、みょうがは体内の水分調整をしてむくみをとったり、ドロドロになった血液をサラサラにしたりします。 そのほか、以下のような効果・効能があります。 眠気を覚まし、頭をスッキリさせる効果• 胃腸の健康を保ち、食欲増進や消化を促進させる効果• 血行を良くし、貧血を改善したり、血圧を下げたり新陳代謝をあげたりする効果• 口内炎や舌炎、風邪によるのどの痛みを緩和する効果• 抗酸化作用による眼精疲労の改善や眼病の予防• 鎮静作用、鎮痛作用、解熱作用、解毒作用 みょうがの基本的な使い方と食べ方 みょうがは薬味として使われることがほとんどです。 小さく切って冷奴にのせたり、そうめんに添えたりするといいでしょう。 みょうがの選び方 いいみょうがの選び方は、大きくて、丸みや張りのあるものを探すことです。 美味しいみょうがにはツヤと重量感があります。 みょうがの切り方 みょうがは、まず縦に半分に切り、そのあとで茎の部分を切るのが基本です。 辛味とアクを抜くためには、繊維に沿ってせん切りした後、30秒ほど水にさらすといいでしょう。 また、冷奴に乗せるなど、食感をなるべく抑えたいときには、繊維に並行に(輪切りに)切るのがおすすめです。 みょうががメインになるような料理のレシピは? 薬味で使われることの多いみょうがですが、漬物などの一品ではメインとなることもあります。 みょうがの甘酢漬け みょうが3個を縦半分に切って一分ほど茹で、ザルにあげたら軽く塩をふります。 熱がとれたらボウルに入れ、昆布だし大さじ6、お酢大さじ4、砂糖大さじ2と2分の1、塩小さじ4分の1を加えて半日ほどおく。 みょうがとナスの和え物 ナス一個を薄切りにして10分ほど水にさらす。 そのあと水から上げたら塩をふり、よく絞る。 ナスと細かく刻んだみょうが、鰹節1パックを混ぜ合わせ、ポン酢で和える。 器に盛って、しらすを好きなだけ乗せたら出来上がり。 みょうがの豚バラ巻き みょうがを縦半分に切って豚バラをグルグル巻く。 小麦粉を振って甘辛ソースで炒める。 ソースは黄金比、醤油、砂糖、酒、みりんを各大さじ1。 ものすごーくご飯にあいます。 みょうがの保存方法は? みょうがは濡らしたキッチンペーパーでくるんで冷蔵庫で保存しましょう。 タッパーに、水と一緒に入れてつけておいてもかまいません。 また、みょうがは冷凍保存しても栄養成分が変わらない嬉しい食材です。 一ヶ月ほど保存したいときは、使いやすい大きさや形に刻み、チャック付きの袋に入れて冷凍庫で保管するといいでしょう。 夏はみょうがを食べて体調管理を! 特に副作用等の心配もなく、栄養と水分の両方を補給できるみょうが。 とくに夏には、積極的に摂取したいものですよね。 ただ、みょうがには、「物忘れがひどくなる」と一緒に、「妊婦さんは食べないほうがいい」という話もありますが、こちらはあながち的外れでもありません。 なぜなら、水分を多く含んでいるということは、それだけ体を冷やす食べものだから。 もちろん、成分によくないものがあるというわけではありませんので、どうしても食べたいのなら我慢をしなくても大丈夫ですが、くれぐれも食べすぎには注意しましょう。 夏を感じさせる薬味であるみょうが。 それはつまり、夏に食べるのに適しているということだったのです。

次の

みょうがの効果・効能。栄養成分から食べ方まで

みょうが 使い方

みょうがの使い方は? みょうがは、香りと独特の苦味が特徴的な野菜です。 日本以外にもアジアには自生していますが、 みょうがを食べる国はほとんどないといわれています。 そんなみょうがの旬は主に夏ですが、 6~8月 が旬のものを夏みょうが 8~9月 のものを秋みょうがと呼びます。 旬の時期は限られていますが、 現在はハウス栽培により1年中みょうがを食べることができます。 みょうがの食べ方といえば、 「薬味」が多いかと思いますが、 薬味以外にもみょうがを食べる方法はあります。 薬味としてしか使っていないという方は、 みょうがをメイン食材として使ってみましょう。 みょうがをメイン食材として使う みょうがは薬味としてだけではなく、 食材の一つとして様々な料理に活かすことができます。 みょうがの食べ方としては ・酢の物 ・揚げ物 ・炒め物 ・汁物 ・和え物 などの食べ方があります。 メイン食材として食べる場合は、 甘酢漬けが有名ですが、 それ以外にも様々な調理法があります。 【和える】 サラダ ごま油和え おかか和え 梅肉和え 【炒める】 肉巻き パスタの具 きんぴら 味噌炒め 【漬ける】 甘酢漬け 浅漬け 味噌漬け 醤油漬け 【汁物】 味噌汁 かきたま汁 【揚げる】 天ぷら かき揚げ 【主食】 炊き込みご飯 ちらし寿司 ピザ などの食べ方にすることができます。 特にみょうがの苦味が苦手という方は、 生ではなく、加熱調理すると良いです。 油で炒めると、みょうがの独特の 苦味が弱くなり 食べやすくなります。 天ぷらやかき揚げの他にも、 炒め物にすると、調味料によって味が良くなります。 ここでみょうがを美味しく食べられる 一例を紹介します。 3・続いて、みょうがに豚肉をくるくると 巻きつけます。 豚肩ロース以外にも、 もも肉等で調理可能ですが、 豚肩ロースの方が、巻きやすいです。 4・フライパンを熱し、油をひいて焼き色が つくまで炒めます。 5・全体に焼き色がついたら、 醤油・酒・砂糖を合わせた調味料を フライパンにいれ、絡ませます。 調味液と絡んだら完成です。 肉巻きは冷凍保存もできるので、 大量に作って保存しておくということもできます。 普段、生のみょうがを食べることが多いという方も いるかと思いますが、 調味液との味付けも美味しいです。 その他、定番料理として みょうがの甘酢漬けもよく作られる料理です。 沸騰したお湯でさっと茹で、水気を切って おきます。 2・続いて、みょうが以外の材料を鍋にいれて、 一煮立ちさせます。 3・煮沸した瓶を用意し、 そこにみょうが・調味液をいれて 一晩つけておきます。 あとはそのまま箸休めなどにどうぞ。 みょうがを薬味として使う 薬味として使うのは一般的です。 薬味としてみょうがを使う場合は、 ・冷奴 ・そうめん ・かつおのたたき などの料理にのせて食べます。 そうめん以外にも、うどんやそばなどの麺料理や 魚、肉料理に添えらえることもあります。 ネギやしょうがと一緒にのせるのも良いですね。 薬味としてのみょうがの切り方 みょうがを薬味として使う場合は ・小口切り ・千切り にするのが多いです。 小口切り 小口切りは、みょうがの繊維を断つようにして 切ります。 他の具材と混ざりやすくなるので、 麺料理などに活かすのが良いかと思います。 1・まずはみょうがをよく洗い、 株元を5mmほど切り落とします。 2・みょうがの端から薄く均等に 切っていきます。 3・水につけてあく抜きをします。 4・水気を切ったら完成です。 千切り 千切りは、みょうがの繊維に沿うようにして 切ります。 シャキシャキとした食感が残ります。 1・まずはみょうがをよく洗い、 株元を5mmほど切り落とします。 2・みょうがを半分に切り、 切り口を下にして、薄く切っていきます。 3・水につけてあく抜きをします。 4・水気を切ったら完成です。 みょうがを切るときのポイント みょうがを切る際は、 食べる直前に切るのが良いです。 ただこの成分は揮発性のため、 長時間おいておくと、香りがとんでいってしまいます。 なので、みょうがを食べる際は、 なるべく食べる直前に刻むのが 良いとされています。 みょうがを薬味にする際は、 香りもポイントになってきます。 また、あく抜きも行いますが、 あまり長く水につけておくと 香りがとんでしまいますので、 1分程度を目安にすると良いです。

次の